ブログ

【BESPOKE】ご家族のお祝いに着るスリーピース

2019年2月23日

日本の三月は様々なお式が目白押しです。

 

卒業式、入学式、入社式、などの公式な「お式」から身内で催すプライベートなモノまで、誰でも経験がある一連の行事が三月に集中します。

 

 

 15

 

 

今回オーダーをいただいたスリーピーススーツは、お客様のお嬢様の学校のご卒業式に主席される方がお仕立ていただいたお洋服です。

 

 

13

 

 

【お客様】ご自身で会社を経営している40代の方です。技術的なお仕事で現場も多く、おつきあいのご宴会も多いものの、スリムなご体型をKEEPされてらっしゃいます。

 

昔はバレーボールの選手だった事もあり、手足が非常に長く、既製品で探すのも大変とのことです。

 

 

 7

 

 

【ご要望】…普段はワークウェアですが、会合や打ち合わせなどではスーツスタイルが求められています。

 

今回はお嬢様の学校の卒業式に隣席される目的と、秋冬シーズンのお洋服を補強されたいとのことでした。

 

 

2-2

 

 

【生地選び】・・・スキャバルが取り扱っているドレッシーな英国生地がお好みとのことで、スキャバルのコレクション生地ブック「トルネード(TORNADO)」からシャドウストライプの美しいヘリンボーン柄をお選びいただきました。

 

 

IMG_0739

 

 

【デザイン】・・・・・ご卒業式に着用とのことで、やはり格式の高いスリーピースをご希望です。

 

 手足が長くスリムなご体格を生かして、シングル3つボタンのジャケットにチェンジポケットを付け、サイドベンツを切りました。ラペルやポケットのエッジはなるべくシャープな角を作りました。

 

 

 

3

 

 

 

 

5

 

 

 

・・・・通常はエッジは小丸にします。実は小丸の方が職人技でハンドメイドでは難しいので、職人としては「角」は楽だよ・・とのこと。

 

 

 

 11

 

 

ウェストコート(ベスト)もジャケットの3つボタンに合わせて、丈を長めにし、Vゾーン位置を上げています。

 

 パンツは定番のノータックでお裾はダブルのスリムなタイプです。

 

 

 

12

 

 

 

【お仕立て方法とポイント】・・・これまでも身体にフィットして気持ち良く着用してらっしゃる、とのことでBESPOKE でオーダー頂きました。

 

ご姿勢が良くて、胸が張ってらっしゃるので、ジャケットの襟が抜け加減になります。しかもイカリ肩で背中にツキが出やすいご体格です。

 

 

 

6

 

 

 

ネックに吸い付き、背中も綺麗に納めるには、型紙の補正と裁縫士との連携が必要になります。

 

 

 4

 

 

 
【オプション】 スキャバル生地にはオフィシャルライニング(裏地)とボタンが豊富にラインナップされています。ライニングは眼に鮮やかなエンジのロゴ、ボタンは本水牛をお選びいただきました。

 

 

 9

 

 

 

 

8

 

 

【まとめ】・・・・ベルギーのブリュッセルに本部を置き、主に英国のドレッシーな高級品を扱うスキャバル(SCABAL)生地ならではの、楽しさ溢れるスリーピース・スーツが完成しました。

 

 

1

 

 

お客様はご卒業式以外にも、ご会合や懇親会など幅広くこのスリーピースを活用してみたいとの事でした。ご愛用いただけますとありがたいですね!

 

 

IMG_0741

 

 

 

SCABAL TORNADO 320g/m purewool(2PLY)

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー・仮縫付ハンドメイド)・・・¥241000

 

プレ・ビスポーク(仮縫い付き・マシンメイド)・・¥171000

 

パターンオーダーメイド・・・¥111000

 

 

 

三洲堂テーラーBESPOKEのスキャバル関連記事はコチラ!

 

 

①【BESPOKE】誰でも一度はSILVER GHOST(シルヴァーゴースト)!

 

 

②【BESPOKE】SCABAL GOLDEN RIBBONのスーツ登場!

 

 

③【謹賀新年】春はSCABAL。スリーピースが素敵です!

 

【BESPOKE】ダブルブレストの魅力ふたたび!

2019年2月13日

ダブルブレストを気軽に着る時代到来!

 

ダブルブレストのスーツやジャケットのオーダーが増えています。3年ほど前はシーズンで3、4着ほどしか無かったオーダーが、今では毎月2、3着ご注文を頂きます。

 

 

 

 1

 

 

  

 

こちらは30歳ほどのお客様がオーダーされたフランネルのダブル。

 

 

 

 

BDADFFD7-F33D-4A31-B8D9-2B5C01E1EAB0

 

 

 

 

こちらは50代の女性のお客様からのオーダーでお仕立てしたスーツです。

 

 

 

 

 62010AFF-7883-449E-98C1-C259BCCB18F9

 

 

 

 

ジュリー(沢田研二)ファンのスタッフ、福留理恵子も白のダブルのスーツです!

 

 

 

 

 

12 

 

 

 

【お客様】・・・今回オーダー頂いたお客様は70歳のスマートな男性。昔はバレーボールの選手でらっしゃったとか。

 

現役でお仕事についてらっしゃり、普段はダークスーツ姿がほとんどです。

カジュアルウェアは既製品もご愛用されてらっしゃいます。

 

 

 

 

 1

 

 

 

 

 

 

【ご要望】・・・今回はプライベートから軽めの会議などで着用できるお洋服をご希望でした。

 

また最近は少しお痩せになってきて、特にヒップ周辺の筋肉が落ちてきたので、パンツの後ろ姿がお悩みでした。

 

 

 

 

 13

 

 

 

 

 

【生地の選択】・・・カジュアルでビジネスでも兼用できるお洋服、は男性にとって尽きない命題です。

 

お客様はジャケットとパンツをご希望でした。軽く羽織れるカーディガンのようなものは既製品を持ってるので、どちらかと言えばクラシックなイメージの生地を探しました。

ネイビーのブレザーはお持ちなので、ミドルグレーの表面に起伏感あるロロ・ピアーナのウール&シルク&ポリアミド混紡のブークレ素材の無地に決定しました。

合わせるパンツは渋いワインレッドのサキソニーストレッチウールです。

 

ジャケット  Loro Piana Wool &Silk 300g/m  “SILK AIR”

 

 

 

 

 

prop

 

 

 

4

 

 

 

 

パンツ        TRAVALD TOGNA Wool Stretch 290g/m

 

 

 

 

 

estrato (3)

 

 

 

 

estrato (1) 

 

 

 

 

 

【デザイン】・・・ミドルグレーは地味な色合いに分類されるので、デザインをダブルブレストにしました。

ダブルも長く着てないので、少しご不安な様子でしたが、ちょうど私もダブルを着ていた事と、仮縫いフィッティングでどうしても違和感があれば、シングルに変更もできるので、ダブルブレストに決定しました。

 

ダブルブレスト 6個ボタン2個掛け

「正六つ」という正統派。

ベントはサイドで切ります。

 

パンツはスマートにノータック、テーパードして裾幅は狭くダブル(カブラ付)にしました。

 

 

 

 

 2

 

 

 

 

 

【お仕立て方法】・・・もともとBESPOKE のお客様です。

 

また、久しぶりのダブルブレストのジャケットというデザイン上のことや、お腹だけが少し出てきたので、「腹グセ」という腹部のダーツも入れなくてはなりません。

 

パンツはヒップラインをもたつかないようスッキリ見せたい。それには 入念な仮縫いフィッティングが必要です。

 

理想的な仕上がりが期待出来るBESPOKE でお仕立ていたしました。

 

 

 

 

8

 

 

 

 

7 

 

 

 

 

 

 

【オプション】・・・イタリア製の玉虫色のライニングをお選びいただきました。

 

その上で胸ポケットの袋にも使い、ポケットチーフのように胸ポケットから出して使えるようにいたしました。これは最近流行りの小技です(もちろん無料です)。

 

 

 

 

10

 

 

 

 

 

5

 

 

 

ロロ・ピアーナの生地ですが、ボタンはLANVIN の立体感ある個性的なフォルム水牛釦をチョイスされました。このボタンはブランドを超えて人気があります。

 

 

 

 

 9

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

【お客様のご感想】・・・入念な仮縫いフィッティングの効果があり、パンツのラインは美しく流れるようにフィットしています。まずパンツをはいた時点で驚かれました。以前お仕立てしたパンツもご持参され補正を依頼されました。

 

70歳の割にご長身のお客様のにダブルブレストがぴったり決まりました。前から見るとピークトラペルがエレガントです。

 

 

 

 

 

11

 

 

 

 

「背広」というネーミングからも、スーツは背中で着るもの、と言われています。このジャケットはお客様の丸味のある背中をすっぽりと包み、ウェストで自然に絞り、サイドベンツに流れるように落ちていきます。

 

大変ご満足頂いたお客様から、その場で追加の春夏物のジャケット+パンツのオーダーを頂きました。

 

 

 

 

1 

 

 

 

 

【三洲堂テーラーから】・・・年齢を重ね、人生をさまざまに過ごし「似合う服」があります。

ダブルブレストのジャケットはお客様の魅力を引き出し、これからも服を楽しむ新たな楽しみが出来た、というご感想を頂きました。

 

テーラーという仕事をしていて、とても満足なひと時を頂けたお客様に感謝です!

 

 

 

 

 

 

【BESPOKE】ビジネスにカジュアルに、ゼニアのトロフェオ・デニム

2019年2月8日

仕事柄、普段ほとんどスーツを着ないけど、会議や大切な懇親会などではきちんとした服を着なくてはいけない・・・。

 

そんなお悩みの方に、ビジネスで活用できて、カジュアルウェアとしても楽しめるジャケットの選択肢がまた一つ増えました!

 

 

イタリアの高級生地ブランド、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)が提供する、トロフェオ・デニムで仕立てたジャケットをご紹介いたします。

 

 

4

 

 

 

【お客様】・・・・東京トランクショーでオーダーをいただいた50代のお客様も、普段はワークウェアを着てらっしゃいますが、いざという場面ではお洋服姿にならなくてはいけません。

 

ご身長は180センチを超えた立派なご体格なので、自然とお持ちのスーツ類もやや大きめなサイズになってしまうようです。

 

 

 

12

 

 

【ご要望】・・・仕事柄、普段ほとんどスーツを着ないけど、会議や大切な懇親会などではきちんとした服を着なくてはいけない。

ビジネスでもカジュアルでも活用できる装いが欲しい。

という普遍的なテーマにつながるお洋服をお探しになっていました。

 

 

 

3

 

 

【生地選び】・・・様々な生地やデザインをご検討いただく中で、アウトドア派のお客様から、デニム生地のジャケットで上品なものもいいね、というご希望をうかがいました。

また、冬に着るジャケットということで、保温性に弱いピュアコットンの正統デニムではなく、ウールをデニム風にアレンジした生地がいいのでは、ということでゼニアのトロフェオデニムをお選びいただきました。

 

 

11

 

 

 

5

 

 

 

【デザイン】・・・

シンプルにシングル2個ボタン、サイドベンツの正統派のデザインになりました。

見た目がソフトなデニム生地ですから、ポケットはノーマルなフラップでもカジュアル感は損なっていません。

また、端から1センチにミシンステッチをお入れしました。無地のブレザータイプでスポーティーな印象が高まります。

 

 

 

2

 

 

 

8

 

 

 

 

【お仕立て方法】・・・BESPOKE(フルオーダー/仮縫い付き・ハンドメイド)

 

東京でもBESPOKEでオーダーするお店は沢山あるでしょうが、実際にオーダーしようとすると迷うものです。今回はスタッフの福留理恵子の同級生とのご縁もあり、せっかくなのでハンドメイドのフルオーダー、BESPOKEをお選びいただきました。

 

 

13

 

 

 

 

 

 

【オプション】・・・ゼニアのオフィシャルロゴ入りボタン、ライニングをチョイスいただきました。また、せっかくのデニムジャケットですからカフスは本切羽の本開きにされました。

 

 

 

9

 

 

 

9-2

 

 

 

【お客様のご感想】・・・・「世界に一つだけ。身体に合ってピッタリ、着心地サイコー!」と、お客様のブログに掲載していただきました。(ありがとうございます!)その折の写真もいただきました。

 

 

10

 

 

 

【三洲堂テーラーから】・・・・仮縫いフィッティング当日、サイズお直しのご依頼のジャケットをお持ちになりました。

こちらもゼニアのスポーティーな服でした。サイズが大きすぎて身体に合ってないというそのジャケットを限界まで補正しました。

 

その後オーダー服の仮縫いをしましたが、あまりにお身体にジャストフィットしすぎて「裸ん坊が服を着てるみたいな」イメージになるといけないと思い、ご体格にあった余裕寸もお入れしました。

ご身長の割に肩幅が狭く、そこもある程度見た目のシルエットも加味させて頂きました。

 

 

7

 

 

 

出来上がったトロフェオデニムのジャケットは、シャツにネクタイを締めるとキリッとしたイメージになります。またハイネックやタートルネックのニットに羽織るととてもスマートなカジュアル感が滲みます。

 

クルーネックのニットを着て、首にチーフやアスコットタイでも巻いて粋に決めてもいいですね!

ご愛用いただけますとありがたいです!!

 

 

14

 

 

 

【オーダー手法ごとの参考プライス(税別)】

 

Errmenegildo Zegna TROFEO DENIM 500g/m Superfine Ausutralian Wool

 

パターンオーダー(マシンメイド)・・・・・・¥108000

Pre BESPOKE (仮縫い付き・マシンメイド)・・¥148000

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・・¥198000

 

 

 

「デニム」をキーワードにした記事はコチラ!

 

 

①【デニム】ゼニアのスポーティーなデニムジャケット登場

 

②【新作品】ワイルドなBESPOKEデニムジャケット!

 

③【シャツ】アルビアーテ・デニムシャツ

 

 

 

 

 

【募集】一流の仕立職人を目指して・・新人募集します

2019年2月7日

三洲堂テーラーは創業1930年(昭和5年)。

 

 

sansyudo Tailor 店舗 (送付用)

 

 

89年の歴史の中で、数多くの洋服仕立職人が服作りに励んできました。

 

日本でも、イタリア、英国においても、一着のスーツを一人で仕立てる事ができる職人の事を「マスターテーラー=仕立職人」と呼びます。

 

マスターテーラーは大変尊敬される存在です。

 

 

1

 

 

古臭いイメージですが、服飾業界で最も尊敬される存在が、「スーツ」という緻密で芸術的な服のすべてを作ることができる「仕立職人」です。

 

 

 

宮原

 

 

 

 

3

 

 

 

仕立職人にあこがれる方、興味のある方、あなたも目指してみませんか?

 

三洲堂テーラーでは、この春新人職人を募集いたします。

 

男女問いません。ただし、条件があります。

 

①服飾の専門学校卒業生、

 

②服飾製造業界で2年以上勤務経験のある方

 

を募集いたします。

 

 

 

 

AT01

 

 

 

勤務条件など詳細は下記連絡先、またはメールにてお問合せください。

 

三洲堂テーラー 099-224-6255 採用担当・福留

 

メールはこちらのフォームをお使いください

 

未来のマスターテーラーをお待ちしています!