ブログ

【新作品】オールシーズン、230~250g/mのスリーピース

2018年3月22日

ここ数日東京ではときならぬ雪が降り、鹿児島でも気温12度、冷たい風が吹いています。せっかく咲き始めた桜も寒空の下で揺れています。

写真は今朝のBIGIビル近く。午前中は晴れ渡っていた空も今ではどんより曇って来ました。

 

 

10

 

 

この季節のスーツ選びは普段に比べて、少し難しくなります。

 

3月も下旬で暦の上では「春」です。しかし気温が上がらないので、私もメルトン調ウールのダブルブレストのネイヴィーブレザー、サキソニーのグレーのパンツを合わせています。

 

 

12

 

 

 

しかし、週間予報によれば天気は回復し、週末は気温も16~20度ほどに上昇するとのこと。そうなると、スーツも「合服=オールシーズン」が必要になります。

 

オールシーズンの基準は、普通の織りのウールの目付き(重量)1メートル当たり、230~250gといった数字のウェイトの生地になります。

 

 

mil

 

 

今日ご紹介するエルメネジルド・ゼニアの細番手生地、「15Milmil15(クインディッチ・ミルミル・クインディッチ)」は、15ミクロンのSuper170`sウールを原毛に使い、230g/mのウェイトで織り上げています。

 

 

9

 

 

ゼニアはこの15Milmil15を、オールシーズン生地としてコレクションしています。

 

この生地、冬ならスリーピースでもやや寒いのでウォームアップ下着やコートで防寒する。春や秋には上下でたっぷり活用でき、夏場は空調の効いた場所で着る。それが「オールシーズン」となります。

 

 

1

 

 

ということで、15Milmil15のネイヴィープレーン生地で仕立てたスリーピース・スーツが完成しました。

シンプルなシングルブレスト2個ボタン、センターベントのデザイン。ポケットは少しだけスラント(斜め)ポケットにしています。

 

 

4

 

 

 

5

 

 

並みの生地でのクオリティでなはない、デリケートなSuper170ウールは繊維が呼吸しています。晴天ではパリッとなりますが、雨が降るとふわふわと伸びてきます。空気中の湿気を吸収し、繊維が伸びるためにそんな現象が起きます。

 

 

2

 

 

 

生地自体はしなやかです。ジャケットの土台になる芯地をうまく据えてやれば、思うような立体が出来上がります。

 

 

3

 

 

気品ある印象を与えるスクエアショルダー、ラペルの優雅なロール、、、、。

完成度の高い15Milmil15生地だからこそ表現できる美しいポイントです。

 

 

6

 

 

 

ボタンはゼニアのオフィシャルの本水牛。

ライニングもエンジ色のストライプをお選びいただきました。

 

 

7

 

 

 

8

 

 

 

先日ご試着をいただきました。

なで肩で前肩気味のお客様ですが、うまく肩にフィットしました。

 

 

 

11

 

 

 

奥様からのお誕生日プレゼントということで、とてもいい雰囲気に仕上がりスタッフ職人一同ホットいたしました。

 

 

Ermenegildo Zegna 15Milmil15 230g/m

スーツS上下・お仕立て上りプライスは・・・

当店までお尋ね下さい!

 

 

 

9

 

 

 

あると重宝するオールシーズン・スーツ。

皆さまも一着お揃えになっては如何でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【礼服】桜の開花とトラヴェラーのオールシーズンブラックスーツ

2018年3月17日

抜けるような春の青空の下、ここ鹿児島市中心部でも、ソメイヨシノの開花が観られました。

 

昨年より約一週間早いらしいです。昨年の桜は早々に花と葉が混ざり合う「葉桜」になってしまい、「鹿児島の桜」は残念なものでした。今年こそは満開の桜木の下で、お花見ができるとありがたいですね。

 

 

 IMG_4664

 

 

店内は春夏シーズンのスタートが始まり、春物のスーツや、ジャケット、はやくもピュアリネン(麻)などのオーダーが入っています。

 

その中でも、先日入荷してきたロロ・ピアーナの「EVENTS」というウール&シルクのグレーの生地は、この春夏ものとしては芸術品に近い完成度です。

 

 

IMG_4659

 

 

 

現在、SPRING STARTER FAIR 開催中!

 

フルオーダーでは、オーダーシャツまたはオプションライニング

 

パターンオーダーでは、オプションボタンまたはシロセットプレス

 

をプレゼントしています。

 

詳しくはコチラをご覧ください!

 

 

11

 

 

昭和54年に当店でお仕立てしたモーニング・コートをお預かりしました。

 

 

14

 

※BESPOKE(フルオーダー)は、すべて内ポケット内に、日付・作成者名等記入してあります。こちらのモーニングコートの証紙はすでにインクが薄くなり、ようやく読めるほどでした。

 

 

お客様のお義父様が仕立てたモーニングコート三揃は、当時の生地らしくコートとチョッキは黒ドスキン、コールズボンも500g/mはあろうかというストライプ生地を使っています。

 

 

16

 

 

 

生地が頑丈な上にしっかり仕立ててありますので、お義父が若い頃に作られて、仲人や式典にご愛用されたモーニング・コートを、お客様がご自身のお身体に合わせて仕立て直しをされても、全く普通に使えます。

お客様はお二人の御子息様、つまりお義父様のお孫さまのご結婚式でこのモーニング・コートをご着用されます。

 

 

12

 

 

三世代を超えて愛用されるお洋服。仕立てた当店も昭和54年当時、創業者の祖父が店に出ていた時代です。私たちもお客様と同様、三世代にわたり、このモーニング・コートとご縁があるわけですね。

 

 

1

 

 

そのお客様がオールシーズンでご着用できる黒の礼服をオーダーされました。

イタリアのエルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)、250g/mというオールシーズン物、すなわち合服生地です。

 

 

9

 

 

といっても、ゼニアのスーパーファインウールですから、Super120`s相当の艶やかなブラックです。「トラヴェラー」というネーミングから判るように、シワになりにくく、かつ回復性の高い機能的な生地です。

 

 

3

 

 

デザインはシングル2個釦、ピークトラペル、ノーベント。正統派のブラックスーツならピークトラペルで1個ボタンだけ、というカタチが基本です。しかしそれでは少しキザではないか?とお客様がお考えになり、フロントは2個ボタンになりました。

 

 

10

 

 

ゼニアのトラヴェラーは生地に張りがあり、肩から胸の上半身からウェストからヒップにかけて、ジャケットが美しく見えるボリュームを作り易い長所があります。

 

 

4

 

 

6

 

 

大きめな袖を、小ぶりなアームホールに十分に「いせ込み」、肩が動かし易く立体的な袖を作ります。着心地を左右するポイントの一つです。

 

 

5

 

 

今回は共生地の黒のウェストコートを作りましたが、追加して通称「白チョッキ」と呼ばれる礼装用のライトグレーのウェストコートもお仕立てしました。

 

 2

 

 

7

 

 

お祝いの席などでこの白チョッキを着用すれば、とても華やかな雰囲気になります。グレーのコールズボンを合わせていただくと、「ディレクタースーツ」という昼間に着る服としてはモーニングの次に格式の高い礼装になります。

 

 

DS

 

 

しかも一度お仕立てしたら約10年以上はご着用されることと思います。だからこそ、しっかりとした上質な生地と、しっかりとした仕立てが必要ですね!

 

三洲堂テーラーでは、ご紹介したゼニアのトラヴェラー始め、様々なブラックスーツ用の生地を揃えています。

 

礼服のご新調をお考えの際は、ぜひご相談下さい!

 

 

ゼニア・トラヴェラー 250g/m 100%Superfine wool

ブラックスーツお仕立て上りプライス(税込)

BESPOKE(フルオーダー・仮縫付・ハンドメイド)・・・¥259,000~

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・¥145,700~

 

 

 

 

 

 

【新作品】15milmil15 ・ゼニア最高の生地でスリーピース!

2018年3月12日

ここ南九州の各地では山桜が咲き始めました。

 

当店にほど近い、明治16年に建てられた鹿児島県考古資料館前に、結構大きな山桜の老木が佇んでいます。戦前の発展、戦中の爆撃、戦後の復興などを経て毎春薄く淡い桜を咲かせ、近隣の私たちの心を春に誘う存在です。

 

 

12

 

 

イタリアの大手高級生地メーカー、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)は、1910年にその名と同じ、エルメネジルド・ゼニア氏によって毛織物工場として創業されました。

 

1960年代には既製スーツの分野にも進出し、現在では世界80以上の国で約550店舗を展開している総合アパレルメーカーとなっています。

 

 

10

 

 

 

11

 

 

 

戦後まもなくは自由に貿易が出来なかった日本において、当店は1950年頃から沖縄、香港や台湾経由で、このエルメネジルド・ゼニアの生地を仕入てきました。

 

江戸時代の薩摩の密貿易ではないのですが、戦後の混乱期直後でも鹿児島には沖縄航路の船舶が出入りしていて、ある程度のルートが確保できれば、洋酒や輸入タバコ、舶来生地のような贅沢品を取り寄せることが可能だったのです。

 

 

 

mil

 

 

エルメネジルド・ゼニアとの取引は、様々なルートを通して長く続いています。ゼニアのスーツ生地を長く取り扱っている当店ですが、このほどお仕立てさせていただいた、15Milmil(ミルミル)15は、ゼニアの生地の中でも屈指の高級品です。

 

 

9

 

 

15ミクロンの原毛はしなやかで長い繊維になります。Super表記ではSuper170クラス。

これを束ねて糸とし、縦横にしっかりと打ち込みされて織り上げられた15Milmil15生地は、美しく光り、艶やかで、見るからに上質品だと判ります。

 

 

1

 

 

そんな15Milmil15生地を使って仕立てた、レディース・スリーピース・スーツが完成しました。

 

スーツを毎日ご着用されている女性のお客様は、3月末から4月初旬の公式行事で着用するスーツをお探しになっていました。

 

 

2-1

 

周りの男性が公式行事でほとんど「黒」を着ているのに違和感があるとのことでした。自分らしく清潔にかつ社会的に最も信用される色のスーツを着たい、というご希望からゼニアの15Milmil15、ダークネイヴィーの無地でスリーピースをお仕立ていたしました。

 

 

2

 

 

極細番手だからこその深い濃紺。女性の身体という曲線をスーツという滑らかな立体で覆う際に、上質な生地なら、より魅力的により上品に見せることが可能です。

 

 

3

 

 

 

5

 

 

 

ボタンはゼニアオフィシャルの本水牛。

ライニングもロゴ入りのオフィシャルです。

 

 

 

6

 

 

 

7

 

 

 

レディースジャケットの裏は、男性の台場仕立てとは異なり、表に響かないようバストにペンポケット、タバコポケットの位置にも小ぶりな小物入れを配置しています。

 

既製品なら、総裏でポケットは基本的に付けないのですが、BESPOKE(フルオーダー)は、使うお客様のお仕事や機能的な使い易さを取り入れる事も可能です。

 

 

8

 

 

ということで、レディースながらスリーピースで仕立てたスーツは、これからどのようなオフィシャルな会議や式典、行事でもお役に立てる事と思います。

 

すべてのBESPOKEスーツと同じく、お客様のご愛用される事を心より願ってやみません。

 

 

 

4

 

 

 

Ermenegildo Zegna 15Milmil15 230g/m Superfine Australian Wool

スーツS上下 三洲堂テーラー創業10周年記念プライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・¥300,000 (通常40万円~)

 

 

 

 

 

 

【新作品】流行のチェックをシックに取り入れたスーツ登場!

2018年3月10日

今日は朝から雲ひとつない晴天になりました。

風は冷たく強く吹き付けていますが、いよいよ本格的な春の訪れを感じます。

 

 

12

 

 

西郷銅像前の中央公園南端のケヤキの新緑の芽が遂に開き始めました。昨年も3月10日頃でしたが、今年もほぼ同じ日になりました。

自然の営みは正確です。少々冬が寒かったりしただけでは狂わないものですね。

 

 

 

1

 

 

そんな春のひととき、新しいスリーピーススーツが完成しました。

生地は英国の老舗ダロウ・デイル(DARROW DALE)。290g/mのスリーシーズンウールで仕立てました。

 

 

2

 

 

一見ネイヴィーの無地に見えるこのスーツ生地、実は大きめのウィンドウ・チェックがほぼ同系色と透かし柄で入っています。

 

 

3

 

 

この春夏もウィンドウペンやチェックは流行の柄です。

 

インポート生地バンチブックを紐解いてみると、最初の数ページはチェック柄で埋め尽くされています。各生地ブランドも様々なチェックをクラシックウェアの中で展開しようと考えているようです。

 

 

IMG_4578

 

 

オーダーされたお客様はご身長が177センチですが、とてもスリムなご体格です。はじめての本格的なBESPOKE(フルオーダーメイド)ということで、シャープでスタイリッシュな雰囲気をスーツで表現されました。

 

 

4

 

 

腰ポケットは斜めに配置し、チェンジポケットで並べると、とてもシックでスマートです。

 

 

5

 

 

ラペル(下襟)のロールも立ち上がり、立体的な手作り感を出しています。既製品では中々表現できないポイントが、このロール感です。

 

サイドベンツもいスマートな雰囲気を出している要素の一つです。

 

 

 

7

 

 

普段は見えないのですが、ジャケットは背中にぴったりと吸い付いています。

その下にサイドベンツが刻まれています。

 

 

6

 

 

ボタンは本水牛、ライニングは美しい明るめのベージュをお選びいただきました。

 

 

10

 

 

 

9

 

 

 

ご試着をいただいたスーツは、スリムなご体格にとてもお似合いになっていました。

ウェストコート(ベスト)は、スリムすぎて、ボディに着せる事が出来ませんでしたので、ご試着で仕上がりの雰囲気が判りました。

 

 

11

 

 

 

英国生地らしい、しっかりとした打ち込みと風合いの良さが感じられる、ダロウ・デイルのスーツ。別ネームで展開するジョン・フォスター(John Foster)とともに、今シーズンも以下の様なプライスでオーダーを受け付けています。

 

 

13

 

 

 

DARROW DALE / John Foster  220/230g/m pure wool

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー)・・・¥178,000から

 

パターンオーダーメイド・・・¥71,000から

 

 

 SPRING STARTER FAIR も好評開催中!

 

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております!