ブログ

【BESPOKE】お洒落な男性はブラウンスーツ!

2018年4月13日

2018年Spring&Summer

 

VIP INVITATION FAIR 16日まで開催中!

 

 

vip

 

 

オーダーシャツ=▲3000円、オーダースーツ=▲5000円!

 

くわしくはコチラをご覧ください!

 

 

前回に引き続き、イタリア、カノニコ(CANONICO)のウール&モヘア生地のスーツが完成しました。今回はとびきりお洒落なブラウンのスーツです!

 

 

 2

 

 

3

 

 

光沢とシャリ感のあるしなやかな、ウール73%+27%モヘア 290g/m。

とても美しく仕上がりました。

 

4 

 

 

シンプルなシングルブレスト2個ボタンのジャケットは、お客様のリクエストでウェストにジャストフィットさせていただきました。

 

 

7

 

 

お顔NGですが、ご身長188センチのスマートで引き締まったお身体によくスーツが似合ってらっしゃいます。

 

 

10

 

 

釦は本水牛の艶のあるこげ茶、

ライニングは表生地と対照的な明るめのベージュです。

 

 

5 

 

 

8

 

 

張りのある硬めの生地で、立体になった時に美しいフォルムが作られる・・・

これがウール&モヘアの長所です。

 

 

9

 

 

 

2

 

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥178,000

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・¥72,600

 

 

11

 

 

生地は専用のバンチブック(サンプル帳)に豊富にございます。

夏のスーツとして、ぜひご検討下さい!

 

 

【お得!】ご結婚式にはフロックコート・スリーピースが式後も便利!

2018年4月7日

今日は何故か急速に冷え込みました。「花冷え」とよく言われますが、すっかり葉桜となった桜並木の下で予定通り「花見」の宴に参加される皆さまも多いと聞きます。くれぐれもお風邪などひかれぬようお気を付け下さい!

 

 

a1

 

 

こんな時には、便利なスプリングコートがおススメです。

 

私も今日はデニムのスプリングコートをクローゼットから出して、スーツの上に着ています。このスプリングコートは、10月末から12月中旬までと、2月末から3月いっぱい着ています。意外に長い期間着用できるコートです。

 

 

10

 

 

さて、この春ご結婚式を控えた新郎様の、フロックコート・スリーピースが仕立て上りました!

 

 

2

 

 

イタリアの大手高級生地メーカー、カノニコ社のライトグレーのウール・260g/mをお選びいただきました。

 

 

4

 

 

当店のフロックコートは、ご結婚式や披露宴が終わった後に、長いコート部分をカットして、ノーマルなスーツにお直しいたします。

 

ちなみに、お直し代金は無料となっています!

 

 

1

 

 

↓↓↓↓↓↓

詳しくは、コチラの商品紹介のページもご覧ください。

 

 

 

3

 

 

多くのご新郎様がブラックやネイヴィーの生地を選ばれるのですが、今回は春の挙式らしく明るいライトグレーをチョイス頂きました。

 

5

 

 

ボタンは少し濃い色のグレー。複雑な表情の練りボタンです。

ライニングは「天女の羽衣」と名前の付いたチャコールグレーのソフトなタイプです。

 

 

 

7

 

 

8

 

 

 

挙式を上げる予定のお二人にご試着の記念写真をいただきました。

 

 

 

9

 

 

とてもいい笑顔ですね! 

末永いお幸せを心より祈念しております!

 

 

 

【新商品】初めてのスーツ、デザインと生地をどう選ぶ?

2018年3月30日

4月から新しい生活が始まるお客様も多い事と存じます。

 

当店にも、服飾専門学校で三年間の技術の習得を終えた若い実習生が、アトリエに入門してきました。

専門学校と違い、これからは自分の手で作ったものを、お客様が実際に着て使うことになります。早速先輩の裁縫士、水迫から厳しい指導のもと運針、直線、まつり縫い、ボタンホール、ステッチなどの部分縫いの実作業に入りました。

一年間は各パーツの縫製を行い、先輩職人のサポートをすることになります。

 

 

9

 

 

新しい人生を歩み始める皆さま・・・大学の入学生、新社会人、そして人生の様々な新生活やお仕事に就く方にとって、スーツはとても大切な「生きる為の服」です。

すべてのお仕事や様々な公的なお式に、スーツは社会契約上の共通項目として必要になります。

そして、全く初めてのスーツを準備するなら、今日ご紹介する濃紺無地のシングルスーツが一番になります。

 

 

2

 

 

ご紹介するスーツは、シングル2個ボタン、センターベント、ポケットもノーマルなフラップ付きのオーソドックスなデザインです。

 

 

8 

 

 

 

7

 

 

 

生地はイタリアの大手高級生地メーカー、カノニコ(VITALE BARBERIS CANONICO)社の、ベストセラー、濃紺(ダークネイヴィー)Super110ウール・260g/m。ほぼオールシーズンの合服スーツ生地です。

 

また同じ濃紺で、少し春夏向けの240g/mの生地も定番で用意されています。

 

 

3

 

 

濃紺のスーツは、入学式、成人式、入社式、そして社会人生活を送るなかで、最も「基本のスーツ」になります。

このスーツが一着あれば、20歳代なら冠婚葬祭でも問題ありません。

 

 

4

 

 

 

濃紺無地のスーツを揃えるならば、シャツの最初は白の綿シャツです。ネクタイは写真の様なレジメンタルでもいいですが、小紋柄や無地なら一番スタンダードです。

 

 

 

1

 

 

一年中着用する事を考えて、裏の仕様は総裏にしました。初のスーツですからライニングは同系色のネイヴィーでシックに。

ボタンはオーソドックスなナット釦です。

 

 

6

 

 

5

 

 

三洲堂テーラーでは、このような最初のスーツの全般をアドバイスいたします。

 

 

 

気になるプライスと納期は以下の通りです。

 

 

スーツS上下・お仕立上りプライス(税別)

 

パターンオーダー・SARTORIA・・・¥59,800~ 納期約35日

フルオーダー・BESPOKE・・・・・¥178,000~ 納期約一カ月(応相談)

 

 

オーダーシャツ・お仕立上りプライス(税別)

 

綿/ポリエステル・・・¥7,800~ 納期約20日間

綿100%・・・・・¥9,500~  納期約24日間

 

 

 

ネクタイ(国産オーダーメイド)・・¥13,000 納期約20日間

ベルト(国産オーダーメイド)・・・¥14,000 納期約20日間

 

 

 季節は春本番。いよいよ4月になりますね!

 

三洲堂テーラーでは、春恒例のお買い得なオーダーフェア

 

2018SS VIP INVITATION FAIR 開催中!

 

 

皆様方のますますのご発展を心より祈念しております!

 

【新作品】ストレッチウールでタイトシルエットなスーツを!

2018年3月28日

いよいよ高級メンズスーツの世界にも、ストレッチ生地のスーツが浸透し始めたようです。

 

ただしストレッチ生地といっても、昔から量販店でも見かける様な、ウールにポリウレタンを大量に混紡させただけの安価な素材ではありません。

Super120クラスのウールにシルクやモヘアをブレンドさせ、微量なライクラを混紡したり、ナチュラルストレッチの織りにしたりという、高級感のあるストレッチ素材がトレンドとなっています。

 

 

 8

 

 

今日ご紹介するロロ・ピアーナ(Loro Piana)の「トラヴェルライン(TRAVEL LINE)」は、220~260g/m、ウール+5%シルク+2%ライクラの混紡が中心です。とてもエレガントな生地コレクションになります。TRAVEL LINEのコレクションにはリネン(麻)混生地もあり、多種多彩なバンチブックとして提供されています。

 

 

 IMG_9709

 

 

一方、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)の「スティーレ・リベロ(STILE LIBERO)」は、210g/mという軽量ウールに1%のライクラを混紡させています。ビジネスユースを最優先に考えたコレクションで、「SUMMER SUITS」というバンチブックに盛夏用生地とともにコレクションされています。

 

 

sl

 

 

 

北イタリアのミルブランド、トラバルド・トーニャ(TRABALDO TOGNA)のエストラート(Estrato)はライクラやポリウレタンをミックスせずに、糸そのものに加工を施して20%以上のストレッチ性を持たせています。ピュアウールとモヘア混紡の2種類をコレクションしています。

 

 

nst

 

 

同じくミルブランドのトレーニョ(TOLLEGNO)も「3D WOOL」という商品を開発、こちらはポリウレタンを1%だけ混紡しています。

 

 

nst2

 

 

これらのストレッチ生地で仕立てたスーツの一番大きな特長は、身体にジャストフィットまたはタイトにフィットさせてお仕立てした場合でも、長時間の着用にストレスを感じさせないという点です。

 

 

nst (6)

 

 

今回仕上がったロロ・ピアーナのTRAVEL LINE生地のスーツは、お客様のご要望により今までのスーツより、さらにジャストフィットにタイトにお仕立てしました。

 

 

nst (4)

 

 

以前、一度このTRAVEL LINEでスーツを作られたお客様は、お身体が完全にお洋服に御馴染んでいます。モデルにしたイタリアブランドのスーツは、ポリウレタン80%の生地を使っていました。

 

 

nst (7)

 

 

 

 

伸び縮みは素晴らしいのですが、見た目と着用感はロロ・ピアーナに敵いません。

最終的にはTRAVEL LINEで3着のスーツをお仕立てしました。

 

 

 nst (11)

 

 

生地に張りがあり、立体的で着心地の良いスーツが仕上がります。

パンツはワタリ幅30cm、ヒザ巾20cm、裾幅が17cmですから、かなりタイトフィットですが、ラインが細く美しくなります。

 

 

nst (10)

 

 

ボタンは本水牛、ライニングはロロピアーナのオフィシャルなロゴ入りキュプラをお選びいただきました。

 

 

nst (9)

 

 

 

nst (2)

 

 

最近の旬なストレッチ生地でのタイトフィットスーツ。

皆様もお試しされては如何でしょうか?

 

 

参考までに・・・

ストレッチ生地を使ったスーツS上下・お仕立て上りプライス

パターンオーダーメイド・・・¥68,200~(TOLLEGNO)

フルオーダー(仮縫い付きハンドメイド)・・¥178,000(TOLLEGNO)