ブログ

【コート】快適な着心地、ラグラン袖のハーフコート

2017年11月3日

ラグラン袖・・・

普通袖と違い、首の付け根から脇にかけてと、肩線を通り袖の先端まで縫い線が通る袖のことです。普通袖に比べ脱ぎきし易く、パッドが無い物も多く着心地が快適です。

 

 

a5

 

 

「ラグラン袖」という名前の由来には2つの説が存在します。

 

どちらの説にしても、初代ラグラン卿、フィッツロイ・ジェイムズ・ヘンリー・サマセット英語: FitzRoy James Henry Somerset, 1st Baron Raglan,)という英国陸軍の軍人の名前に由来しています。

 

 

250px-Raglan

 

 

ラグラン卿は1788年生まれ、ナポレオン戦争期の英国の名将ウェリントン公爵に従い、公爵の姪と結婚しているほど親しい間柄でした。

 

 

クリミア戦争

 

 

ラグラン袖 誕生説その①

 

1815年のワーテルローの戦いで片腕を失ったラグラン卿は、戦後外套や軍服を着るのに苦労しました。そこで懇意の仕立屋に相談し、簡単に着る事が出来るコートをデザインさせました。

この時に出来た袖がラグラン袖であり、以降この袖を付けたラグランコートは、卿の個人的な思惑だけではなく、英国から世界中にファッションとして広がっていった、というものです。

 

 

a4

 

 

ラグラン袖 誕生説その②

 

1954年にクリミア戦争が始まると、ラグラン卿は英国陸軍大将としてロシアに派遣されました。戦場は冬になると非常に寒くなり、本国からの衣服の補給が途絶えがちの兵士たちは、寒さに体調を崩す者が続出しました。見かねたラグラン卿は戦場の後方に山積みされていたジャガイモ袋の底の両端を斜めにカットし、かつ首を出す穴を作って、寒さに凍える兵士たちに着せました。

このカットの方法と、後から急場しのぎで付けた袖のデザインは兵士たちに好評で、戦後の英国でラグラン袖として広まった、というものです。

ちなみにラグラン卿は1955年、祖国を遠く離れたロシアの地で戦病死してしまいました。

 

 

a1

 

 

ということで、①の説が今では有力なのですが、英国発祥の洋服の例にもれず、このラグラン袖のコートは戦争により誕生した意匠となります。

 

 

a2

 

 

この秋冬はラグランコートのオーダーが続き、私も検品試着を繰り返しましたが、最初に書いたようにラグランコートは、着る際にとても楽です。少し五十肩が出ている私には特に楽でした。

 

 

a3

 

 

a6

 

 

このハーフコートは晩秋や春先用にお客様がオーダーされました。

生地はイタリアの、タリア・デルフィノ(TALLIA DELFINO)、290g/mのSuper130ウールです。

 

 

a3-1

 

 

 

チャコールグレーの中柄バーズアイが、風合い良くしっくりとくるコートです。

 

 

a7

 

 

先人の方々が色んな理由で考案したデザイン、時を経て次第に広がり洗練され、私たち現代の日本人にも愛される服となっている事が感慨深いものですね!

 

 

ラグランコート・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー・仮縫い付きハンドメイド)

 

・・¥140,000から

 

納期:約一カ月です

 

【フルオーダー】メンズ&レディース三揃スーツなら三洲堂テーラーへ!

2017年11月2日

このサイトの表題にもありますように、

 

 

OPTION FAIR 開催中です!

 

シャツなら3個まで、パターンオーダースーツなら2個まで

 

フルオーダーは極上ライニングを無料でプレゼントいたします!

 

 

 OPハガキ

 

 

11月は深秋なのですが、私たちオーダー店にとりましては、出来上がりまで約一カ月かかりますので、現在は比較的温かい冬物を中心にご案内しています。

 

また、スーツなら合冬生地でも「三揃い」すなわちスリーピース・スーツをおすすめしています。

 

しかも、メンズのみならずレディース・スーツも三揃い、すなわちウェストコート(ベスト、チョッキの意味)をオーダーされる方が増えています。

 

 

 8

 

 

ということで・・・まず、メンズスーツの堂々たるスリーピースが完成しました。

 

生地はロロ・ピアーナの340g/mのSuper150ウール。しっかりとした打ち込みとウェイトです。こまやかなヘアラインストライプが入り、生地の光沢感もあいまって、とても立体的に見えるスーツです。

 

 

 4

 

 

私もこの生地のスーツを数着持っていますが、どの服も仕事にガンガン使ってもクタクタにならず、ビジネス用の秋冬スーツとしてとても重宝しています。

 

 

9

 

 

ウェストコートはまったくのノーマル仕様です。

尾錠をつけてあり、しかも余裕をもって仕立てていますので、少しお痩せになったら背中でアジャストしていただければ、いいフィット感になります。

 

 

1

 

 

 

レディースのスリーピーススーツもいよいよ人気がでてきました。

全国的に既製品もオーダーメイドも少ないらしく、女性が身につけるウェストコートはこんなにカッコいいのに、どこも作ってくれないそうです。

 

 

1

 

 

三洲堂テーラーは、クラシックなレディーススーツ作りの経験を積むなかで、女性らしい凹凸のあるボディを包み込み、しかも艶の出過ぎない女性らしい清潔感を出すジャケットや、ウェストコート、パンツやスカートをお仕立て出来るようになりました。

 

 

2

 

 

 

4

 

 

 

ビジネス上、次第に男性の部下を率いる女性のリーダーに、きちんとした身なりが求められています。フェミニンになりすぎず、チープでは無いレディーススーツは、BESPOKE(ビスポーク)、すなわちフルオーダーメイドに限ります。

 

 

5

 

 

 

3

 

 

ということで、この秋冬のビジネスウェアやソシアルウェアを検討するなら、ぜひ三洲堂テーラーをご検討下さい。

皆さまのご来店をお待ちしております!

 

 

 

メンズ&レディース三揃スーツ・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー)・・¥208,000から

 

SARTORIA(パターンオーダー・メンズのみ)・・¥79,000から

 

 

 

 

【エッセイ】三洲堂テーラー、最近のトピックスは・・・?

2017年10月31日

意外に風雨が強かった台風一過の月曜日、素晴らしい好天に恵まれました。

 

 

0

 

 

照国神社には日の丸が強い風にたなびいていました。関東では木枯らし一号が吹いたらしいですが、ここ鹿児島でも夜は冷えてきました!

 

en1

 

 

三洲堂テーラー店頭のボディは、イタリア南部ナポリのマーチャント、カチョポリのソフトツイードと、アリビアーテのデニムシャツを着ています。

 

 

en2

 

 

 

ここ最近いよいよスリーピース・スーツのオーダーが増えてきました・・・といいますか、三揃いばかり!というくらいウェストコート(ベスト、チョッキの事)追加でのオーダーが多いのです。

 

その中でも、ダブルブレストのウェストコートも意外に流行しているので、最近もお客様からオーダーをいただきました。

 

 

2

 

 

写真はナポリの高級レディメイドスーツブランド、キートン(Kiton)のインスタグラムから。今年流行のグレーのチェック生地のスリーピース・スーツです。

 

 

3

 

 

この写真は韓流ドラマ「月桂樹洋服店の紳士たち〜恋はオーダーメイド!〜」に出演している韓国人俳優、カン・テヤンが劇中で着用しているスーツです。こちらもダブルブレストのウェストコートを着ています。

 

 

 

4

 

 

カンテヤンさんの後に失礼します!

 

この秋はコートのオーダーも多く、本日もいわゆる「合コート」を納品いたしました。ステンカラーのラグランコートですが、生地をタリア・デルフィノ(イタリア)の290g/mという、コート素材としては軽めのSuper130ウールにしました。見た目はチャコールグレーで落ち着いていますが、着心地は軽やかで温かい。理想の合コートです。

 

 

IMG_2933

 

 

 

また、オーダーメード専門店ならではのご注文もいただいております。

 

写真のM様は小柄なお客様で、今まで既製品はほとんど体型に合わず、だぶだぶのお洋服で我慢されていました。冬のお誕生日とクリスマス前に、バランスの丁度良いスリーピース・スーツが仕上がりました。

 

 

1

 

 

パターンオーダーで仕立てましたが、なかなかいい雰囲気になりまして、周囲の皆さんからも「Mさんお洒落~!」というお声が上がっていました。

 

 

 

このウェブサイトの製品紹介のページは、時系列でお洋服が古いほうからならんでいるので、新作が前になる様にメンテナンスを始めました。順次この秋冬の新作スーツやジャケット、コートなどご紹介いたします。

 

取り急ぎUPした記事は、こちら ↓↓↓ です!

 

① AW ウィンタータスマニアンのスリーピース・スーツ

 

3

 

 

 

 

②AW ゼニア、トロフェオのスリーピース・スーツ

 

w3

 

 

 

③AW ウール&カシミア フランネルのスリーピース・スーツ

 

1

 

過去にブログでご紹介したスーツの中で、印深いものをセレクトしました。

 

ここ最近ブログのアクセス数も伸びてきました!

 

完成品が見えないテーラーのお洋服、その制作過程、お客様のご紹介などなど、コアな情報をこれからも発信いたします!

 

今後ともよろしくご覧くださいませ!

 

【BESPOKE】北アイルランドから、ドニゴールツイードの薫り

2017年10月29日

オーダーメイドオプションフェア開催中!

 

 

OPハガキ

 

こちらは11月13日・月曜日まで!

 

 

 

 

当店ではすっかり定番となりました、英国の生地マーチャントW.BILL社のツイードコレクション。

 

 

 11

 

 

12

 

 

見開き見本帳「ジ・アルバム(THE ALBUM)」には・・・

アイリッシュ・ドニゴール・ツイード(IRISH DONEGALS)、イングリッシュ・メルトン(ENGLISH MELTONS)、ベッドフォード・コードレーン(BEDFORD CORD)など、英国冬生地で人気のある定番を集めています。

 

数シーズン繰り越しで使える、という点でもテーラーにとってはありがたい見本帳です。

 

 

3

 

さて、「ドニゴール・ツイード」の語源の「ドニゴール」の意味は、アイルランドの北部の州の名前になります。アイルランド北部には地名として「アルスター地方」という呼び名があります。例の「アルスターコート」はこの地方で愛されているコートです。

 

アイルランド共和国に属するドニゴール州(イラストの濃い緑色の地区)を含む3州と、連合王国(英国)に属する北アイルランドという2つの地区がこのアルスター地方に含まれています。

 

 

 

余談ですが。。。

 

英国領北アイルランドはかつて、独立派と英国政府との間で非情なテロリズムが吹き荒れた地域でした。私が高校生のだった1980年ごろは「IRA」という過激派が跋扈し、解決のできない、泥沼のような紛争っだた記憶があります。当時は外務省から渡航者に対し、世界で最も危険な街として北アイルランドの首都「ベルファスト」には近寄るなという指示がでていたほどです。

 

6

 

そんな状況の中80年半ばに台頭したロックバンド「U2」は「サンディ・ブラディ・サンディ(SUNDAY BLOODY SUNDAY)」などのアンチテロリズムのプロテスタント・ソングの名曲を発表、こうしたバンドや著名人たちの活動で、私も含め全世界の若者が北アイルランド問題に関心を持ったものでした。

現在、各派の懸命な折衝により、北アイルランドの政情は安定しています。人間が引き起こす悲劇は、人間の努力によって収めることができるのですね。

 

 

 

 

1

 

 

Dunluce Castle

 

 

話をドニゴールに戻しますと、このテロリズムが吹き荒れた日々も、アイルランド共和国に属していたドニゴール州の政情は比較的静かでした。その地で織られた伝統的なツイード生地が「ドニゴールツイード」です。

その特徴は風合いのあるベースの生地に、「ネップ」と呼ばれるランダムに織り込まれた様々な色合いの太めの糸が織りなす豊かな表情です。

 

 

2

 

 

 

大西洋から渡ってくる冷たい風に耐える地元アイルランドの羊からウールを採取し、この地ならではの大地、植生、空と渡っていく雲の色、海や河川の移ろいゆく表情、吹く風が耳元を通っていく音までも、多色使いのネップとともに織り込まれているような、テキスタイルのデザイン。

 

 

8

 

 

厳しい自然の中で培われ、生活の為に織られた生地で仕立てられたジャケットやセーターは、北アイルランドから英国を通り、世界中に広まり、この極東の国でも冬の冷たい風から身を護ってくれます。

 

 

1

 

 

ドニゴールツイードの特性として少しうれしい事は、ハリスツイードより少し手触りがソフトで着心地がいい点です。ツイードはハード過ぎるとお考えの女性の方にもおススメです。

 

 

5

 

 

ツイードジャケットらしいなシングル2個釦、アウトポケットでサイドベンツ。上衿(カラー)にはタブという持ち出しが付いています。

 

 

3

 

 

太めの糸をしっかり打ち込みよく織り上げたツイード生地は、立体感を出していく仕立に向いている素材です。肩やバストからウェストへ立体感のあるドレープがきれいに出てくれます。

 

 

4

 

 

 

本水牛の艶消しのボタン、ライニングは同色のブルー系のキュプラです。

 

 

6

 

 

 

9

 

 

 

お客様はこのジャケットを冷たい風が吹く冬の関東でご着用される予定です。

タートルネックのセーターや厚手のネルシャツを合わせてカジュアルに着てもいいし、ニット系のネクタイを合わせても素敵です。

 

 

10

 

 

このジャケットの詳細はコチラから!

 

皆様にもぜひ一度お試しいただきたいドニゴールツイードのお洋服、オーダーはぜひ三洲堂テーラーにお任せ下さい!