ブログ

【謹賀新年】春はSCABAL。スリーピースが素敵です!

2018年1月4日

2018年、明けましておめでとうございます。

 

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

三洲堂テーラーでは、移転10周年を記念しまして、

 

10th Anniversary SALE 開催中です!

 

 

sale2017AW

 

※詳しくはコチラをご覧ください!

 

 

 

この秋冬は気温が低く、朝晩の冷え込みも厳しい日が続いています。
例年夏に気温が高いと冬は寒くなるといわれます。
お洋服のオーダーも、厚みを表現する1メートル辺りのグラム数すなわち「目付き」が300g/mを超える冬物生地の注文が多くなっています。
ちなみに目付き250g/mがオールシーズンの合服地となります。この数字が250より小さければ、春夏物になります。逆に多ければ秋冬物になるわけです。

 

 

01

 

また、スリーピーススーツのオーダーも多く頂いています。
ウェストコート(ベスト)が一枚ある事で防寒になります。
また、風合いの良い冬生地なら身体を生地ですっぽり覆いたいものです。そうなるとスリーピースやダブルブレストスーツ(ダブルのスーツ)が有効です。

 

 

1

 

 

年末に納品したスーツもスリーピースでした。生地はスキャバルの冬物320g/mウールです。お客様はスリーピース初めてでしたが、このところの寒さからウェストコートが必要となりました。

 

 

10

 


やや細身のスポーツマン体系のお客様は手足が長く、バランスを考えて3つボタン中一個掛けの段返りジャケットをオーダーされました。

 

 

2

 

 

生地の色合いはやや明るいグレー地にブルーとチャコールグレーのストライプが交互に入り、織柄も入っている「オルタネートストライプ」です。
やや幅広のオルタネートストライプは目立つ訳では無いですが、存在感があります。まさに「紳士服」という言葉を絵で描いたようなクラシックな仕上がりとなりました。

 

 

3-2

 

 

生地にしっかりとした目付きがあり、張りと腰もありますので、肩入れや袖付けの仕上がりに立体感が生まれます。
担当裁縫師の水迫がクラシックなスクエアショルダーを作ってくれました。

 

 

4

 

 

ライニングとボタンはスキャバルのロゴ入りオフィシャル。
グレーの表生地に裏地のネイヴィーが対照的です。

 

 

7

 

 

 

9

 

 


もちろんウェストコートの背中もジャケットと同じネイヴィーのロゴ入りです。

ウェストコートがとてもお似合いでしたので、思わず写真を頂きました(笑)!

 

 

5

 

 

6

 

 

 

同時にオーダーされた、トーマスメイソン(THOMAS MASON )のブルーストライプのシャツをご着用されてスリーピースをご試着されました。

 

 

11

 

 


この冬にこのスリーピーススーツは、お仕事のお打ち合わせや懇親会、ご出張などにお役に立てる事と思います。

 

 

 

12

 

 

SCABAL 320g/m Super 100’s wool


スーツS上下お仕立て上がりプライス


フルオーダー(仮縫付きハンドメイド)・・・¥212000〜


パターンオーダーメイド・・・¥110000〜

 

 

10周年記念SALE開催中です!

1月21日・日曜日まで。

この冬のスリーピース、このSALEでお仕立てしませんか?

 

【英国製】グレンチェックのフランネルジャケット

2017年12月24日

※グレンチェック(glen check)・・・

 

・・・グレナカート・チェックの略称。数種の小さな格子の四角形を交互に配することで、大きな格子を描き出している。スーツのほかにハンティングキャップやコートでも比較的よく見かける柄。伝統的でおしゃれ感の高いチェック柄で、定番の柄で男女を問わず人気がある・・・

(英国服飾辞典)

 

 

7

 

 

英国の伝統的な柄のひとつで、スコットランドのアーカートという地の渓谷で織られたところからついた名称。「グレン」はスコットランドやアイルランド地方で「渓谷」を意味します。

正式な地名の「glen Urquhart(グレン・アーカート)」が「グレナカート」という呼称になり、今では通称「グレンチェック」と呼ばれています。

 

 

 gu2

 

 

スコットランドのアーカートは、「ネッシー」で有名なネス湖の周辺に位置しています。アーカート城址はその昔の対イングランド戦争の舞台になりました。

 

gu

 

 

ちなみに、ネス湖の河口にある街が「インヴァネス」市です。「インヴァ」はスコットランド古語で「河口」を意味します。

 

 ec

 

 

英国発祥の服飾用語であるグレン(グレナカート)チェック、インヴァネスコート、アルスターカラー、ドニゴールツイードなどには、スコットランドやアイルランドの様々な地名が由来となっています。まだ見ぬこうした土地に、いつかは旅してみたいと思います。

 

 

 2

 

 

そんな英国の伝統あるミル(織物工場)ブランド、テイラー&ロッジ(Taylor & Lodge)製、グレンチェック柄フランネルのジャケットが仕上がりました。

 

 

3

 

 

大柄なお客様は普段ネイヴィーのスーツスタイルが多く、ネイヴィーのブレザーよりもソフトな印象のジャケットが欲しいとのご相談でした。そこでおすすめしたのがこのグレンチェックの生地です。

 

 

5

 

 

このテイラー&ロッジのフランネル生地は、ラムズ・ゴールデン・ベール(LUMB`S GOLDEN BALE )という高品質の糸を使い、350g/mというウェイトに織り上げています。そのタッチ(手触り)はソフトながら、とてもしっかりとした打ち込みです。

 

 

4

 

 

このしなやかかつ張りのある生地で、ショルダー、バスト、ウェストにかけて美しいドレープを出す事ができました。

 

 

6

 

 

ボタンはグレーの練り釦、ライニングはネイヴィーでメリハリを付けています。

 

 

8

 

 

はるかスコットランドのネス湖に近いハイランド地方。その小さな谷間で生まれた伝統的なグレンチェック柄は、世界中に愛されるパターンとなりました。そして極東の日本の最南端でお客様のジャケットになるとは、ロマンがありますね!

 

1

 

 

 

Taylor & Lodge LUMB`S GOLDEN BALE 350g/m

 

ジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥159,000

 

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・¥78,000

 

【映画】英国製生地スーツで「キングスマン(Kingsman)」気分?

2017年12月21日

来春早々に公開される予定の映画「キングスマン・ゴールデンサークル(Kingsman: The Golden Circle)」。一作目の「キングスマン」は個性あるスパイ映画でした。

 

私はお客様からおススメいただきDVDで鑑賞したのですが、内容も大変面白かったので今度こそ劇場に観に行きたいと思っています。

 

 

 2

 

キングスマンゴールデンサークル公式サイトはこちら!

 

 

この「キングスマン」という名前の謎のスパイ組織は、英国ロンドンの背広街、サヴィル・ロウ(Savile Row)の老舗テーラーを秘密基地にしているという設定です。

 

 

 6

 

 

実際に老舗テーラーのハンツマン(HUNTSMAN)でロケをしており、なんと秘密基地へのエレヴェーターは、仮縫い用のフィッティングルームというところもポイントです。当然ハンツマン仕立てのスーツを着たスパイたちも沢山登場します。

 

 

3

 

 

4

 

 

主演のコリン・ファースや、教官役のマーク・ストロング、名優マイケル・ケインらが着用するハンツマン謹製のダブルブレストスーツを見ているだけでもワクワクしてしまいます。

 

 

10

 

 

劇中では” Manners maketh man”(「礼儀が人を作る」)という格言が出てきます。”maketh”はmakeの三人称単数現在の古い形で、この格言は14世紀後半のオックスフォード大学ニュー・カレッジの創設者、ウィカムのウイリアムの言葉です。

 

 

8

 

 

この Manners maketh man”フレーズは印象的で英国では結構ウケたらしく、追随してポスターも作られました。後ろに「HARRY」とか(笑)。

 

 

7

 

 

2017年クリスマスのビスポークテーラー「ハンツマン」訪問の模様はコチラです。

 

当店の外壁にも掲げている、`Tailor makes the man`もそっくりの格言です。こちらは「紳士服が人を作る」になるのですが、英和辞書の日本語訳では「馬子にも衣装」となっています。ちょっと意味が違うのではないか、と昔から思っているのですが、どうでしょうか?

 

IMG_3657

 

 

ということで、またも英国の老舗ミル「ジョン・フォスター(John Foster)」のスーツが登場です。

 

 

IMG_3659

 

 

ベースはネイヴィー。ハウンドツースの様な柄が織りこまれ、その織り柄が自然光に反射して複雑な光沢と、モード感を漂わせる英国らしい生地です。

 

 

IMG_3660

 

 

カリッとしたドライな手触りで、流行りの艶やかな細番手生地と違う雰囲気です。パターンメイドながら立体感がある仕上がりです。

 

 

IMG_3661

 

 

IMG_3653

 

 

 

ボタンは同系色の本ナット、ライニングはメリハリを考えてライトグレイッシュ・ブルーをお選びいただきました。

 

 

IMG_3654

 

 

英国生地の良さは、しっかりとした打ち込みと、最小限の織りや柄でシックに抑えた紳士趣味を発揮するところでしょうか。まさにテーラーが仕立て易く、ジェントルマンを形作るためには必需品だと感じます。

 

 

12

 

 

ジョンフォスター(=ダロウ・デイル)は、2冊の生地バンチブックからお選びいただけます。

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイドのフルオーダー)・・・¥178,000~

 

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・・・¥69,100~

 

 

 

11

 

英国を代表する高級ミルブランド、テイラー&ロッジも2冊のバンチブックをご用意いたしました!

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイドのフルオーダー)・・・¥222,000~

 

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・・・¥106,800~

 

 

 

5

 

 

英国製生地を使って、ブリティッシュなスタイルに仕上げることは、当店の最も得意な分野になります。

 

 

9

 

 

クールでスタイリッシュなスーツを英国製生地でオーダーすれば、気分はジェントルマンですね!

 

 

 

 

 

【英国生地】ジョンフォスター生地でBESPOKE SUITS!

2017年12月14日

英国王室御用達シャツメーカー、トーマス・メイソン社のオーダーシャツが次々に仕上がってきました。私も3着オーダーしましたが、そのうち一点「タッタ―ソールチェック」のシャツをご紹介します。

 

 

10 (2)

 

 

襟型は「ナポリ・カッタウェイ」カフス型は「ラウンド」です。

 

 

10 (1)

 

 

トーマスメイソンフェアは終了しましたが、三洲堂テーラーには豊富なメイソン生地見本がございます。引き続きメイソン生地のオーダーシャツをご愛用くださいませ!

 

 

12

 

 

約200年前、1819年にジョン・フォスター社は同名の経営者により、イングランド北部の毛織物生産業の中心地、ウェスト・ヨークシャー州で創業されました。

 

 

20

 

 

14

 

 

ジョン・フォスター社のWEBサイトはこちら

 

以来200年紆余曲折、経営者の幾多の交替を経て現在毛織物工場(ミル)として、その名のブランド生地を世界に供給しています。

 

 

9

 

 

私達テーラーの間では、しっかりとした英国生地を安定供給してくれるミルブランドとしてよく使われています。最近の流行の艶やかな細番手生地と違い、あくまでも英国生地らしい中番手に紡がれた糸を、しっかりと縦横に織り上げています、

 

 

8

 

 

このほどオーダーをいただいたスーツは295g/m。しっかりと織り上げられたグレーのヘリンボーン柄の生地は、立体感があり生地の柔軟性も良く、仕立て映えする素材です。

 

 

3

 

 

シングルブレスト2個ボタン、センターベント。

シンプルで飽きのこないデザインは、10年以上着用されても色あせません。

 

 

4

 

 

仕立てた水迫によると、ジョンフォスターの生地は手に馴染み仕立て易い生地だったとの事です。

肩からウェスト、ヒップ周辺にかけて美しいドレープを描きます。

 

 

5

 

 

ラペル(下襟)の美しいロールを作るのに、どれだけの手間と時間がかかるのでしょうか?大量生産品なら接着芯を高圧プレスで張りつけるだけです。一方、仕立職人の水迫は自身の手でひとつづつ身頃と毛芯に「八刺し」を施し、厳しい着用を重ねても美しいラペルロールが崩れないように仕立てていきます。

 

 

2

 

 

 

15

 

 

ボタンは本水牛の艶消し釦をお選びいただきました。

ライニングはグレーと相性の良いネイヴィーをチョイス。色の対比が美しく映えています。

 

6

 

 

・・・・ということで、英国生地を使って伝統的な英国縫製の技術で仕上げられた、グレーのビスポークスーツ。この服を遠い英国のジョンフォスター社のスタッフの方々や、200年前の創業者にささげたいと思います。

 

 

7

 

 

1

 

 

JOHN FOSTER 295g/m PureWool

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー:仮縫い付きハンドメイド)・・・¥178,000

 

SARTORIA(パターンオーダー)・・・¥74,800