ブログ

【Bespoke】LANVIN…エレガントなスリーピース・スーツ

2018年11月18日

東京トランクショー(展示会)のお知らせ!

 

 

とき: 今週末11月24日・土曜日 16時以降

 

11月25日・日曜日、26日・月曜日=終日

 

 

ところ:ホテルニューオータニ

 

ガーデンタワーデラックスルーム

 

東京都千代田区紀尾井町4-1

TEL 03-3265-1111

 

 

02

 

 

予約制の受注会になります。

 

詳しくはコチラのページからどうぞ!

 

 

 

 

秋が深まり冬の足音が聞こえてくるにつれ、

アトリエの仕事が忙しくなってきました。

 

 

1

 

 

オーダーいただいたスーツやジャケットの生地が次々に入荷、型起こしに仮縫、ワンピースなどの仮縫い、フィッティング、補正などが山積みになってきました。裁断士の伊達がこれを終日黙々とさばいています。

 

 

2

 

 

そんな中、とてもエレガントなスリーピーススーツが仕上がりました。

 

 

4

 

 

 

フランスブランドのLANVINの英国製生地を使ったスリーピース・スーツです。

生地のウェイトは冬中心の300g/m。扱いやすく、しなやかな素材です。

 

 

3-2

 

 

3

 

 

 

毛芯と仕立て職人の技により、バストにボリュームを持たせたマニッシュでスマートなスーツです。

 

 

 

5

 

 

ショルダー部分から前方へカーブしつつ付いている袖は、人間の腕が主として前に動き易くなるように仕立ててあります。

 

 

 

6

 

 

 

7

 

 

バスト100センチ、ウェスト70センチ代というスポーツマン体型のお客様を立体的に包み込み、エレガントなドレープが生まれるようにデザインしました。

 

 

 

5-2

 

 

 

8

 

 

 

ボタンはランバンの本水牛釦、裏地(ライニング)もランバンです。

ボタンも裏地もランバンらしいエレガントなデザインですね~

 

 

 

9

 

 

 

 

今シーズンはランバン生地のオーダーが増えてきました。

先月オーダーいただいたレディーススーツもランバンでしたが、

とても美しいボリュームが出来、良いご評価をいただきました。

 

 

4

 

 

 

7

 

 

皆様もダークスーツをご検討するなら、パリのエスプリ=ランバンの生地でオーダーをお考えになってはいかがでしょうか?

 

 

 

10

 

 

 

 

LANVIN 280~300g/m Super120`s Wool

スリーピース・スーツ お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・¥254000

パターンオーダーメイド・・¥124,000

 

 

【フロックコート】お式の後はノーマルスーツにリフォーム!

2018年11月9日

この春、ご結婚式のためにフロックコート三揃いをお仕立いただいたお客様が、お式後はじめてご来店されました。

オーダーされた際にブログにupさせていただいた記事がコチラです↓

 

 

【お得!】ご結婚式にはフロックコート・スリーピースが式後も便利!

 

 

目的はご結婚式や写真撮影で着用したフロックコートの裾丈をカットし、ノーマルスーツとしてご活用になりたいとのことです。

 

お仕立いただいたフロックコート三揃いはこちらです。

 

 

2

 

 

 

1

 

 

 

ご結婚式前でしたが、お二人の祈念写真もいただきました!

お式でのドレスアップされたお写真も拝見いたしましたが、とても素敵でした!

 

 

9

 

 

このフロックコートが、このようになりました!

 

 

 

13

 

 

 

コート丈を約20センチほどカット。

フロントのカットも今風にイタリア的カッタウェイに加工しました。

 

ビジネススーツとしてご愛用いただけることとになりますね!

 

 

15

 

 

 

14

 

 

今回はカットいたしましたが、エレガントなフロックコートをお式の後もそのままお使いになる方もいらっしゃいます。

 

 

12

 

 

 

 

11

 

 

当店ではフロックコートのお式後のリフォーム代金は無料です。

一生に一度の大切なお式に、「レンタル」ではなく本物をオーダーする、

気持ちも心構えも違ってくるのではないでしょうか?

 

 

フロックコート三揃・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・¥199000~

 

※生地はイタリア、英国の上質なウールをお選びいただきます!

 

 

【BESPOKE】冬が楽しくなる!ドニゴールツイード

2018年11月8日

三洲堂テーラー 東京展示会 ご来店予約受付中!

 

11月24日(土)、25日(日)、26日(月)

 

 

場所: ホテルニューオータニー

ガーデンタワー・デラックスルーム

 

 

 

 

02

 

 

お問い合わせは、当店 099-224-6255 まで

 

詳しくはコチラをご覧ください!

 

 

先日からご紹介している、モロイ&サンズ(MOLLOY&SONS)のドニゴールツイードで仕立てたジャケットが完成しました。

 

 

 

1

 

 

シングルブレスト2個ボタン、サイドベンツ、パッチポケットのツイードジャケットらしいデザインです。

 

 

2

 

 

 

5

 

 

グレイッシュブルーに、ネイヴィー、レッド、イエロー、グリーンなど様々な「ネップ」と呼ばれる糸が織り込まれたドニゴールツイードは、色の万華鏡です。

シャツやネクタイを合わせ易く、かつニットなどをインナーに入れても素敵です。

 

 

3

 

 

 

モロイ&サンズのツイードは目付き390/mのウェイトです。数あるドニゴールの中でも、ジャケットやスーツに最適な中位の厚さが魅力です。

 

 

 

4

 

 

大柄なお客様なので、肩と袖も立体的に着心地良くお仕立てしました。

 

 

4-2

 

 

ボタンは本水牛、ライニングは英国人がツイードジャケットに伝統的に配置してきた、シルバーのキュプラです。

 

 

6

 

 

 

 

8

 

 

 

モロイ&サンズにはこちらのジャケット生地のほか、様々な色合いのドニゴールをコレクションしています。

 

 

m2

 

 

 

11

 

 

 

Made in Ireland

 

MOLLOY&SONS Pure Donegal Tweed 390g/m 

 

ジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド・仮縫付・ハンド仕立て)・・¥167000

パターンオーダーメイド(マシンメイド)・・・・¥80000

 

 

 

doni

 

 

はるか北大西洋の風が吹き抜ける、まだ見ぬアイルランド北部からやって来た「ドニゴール・ツイード」。ここ日本の冬に皆様を温めるジャケットを、三洲堂テーラーがお仕立ていたします!

 

 

 

 

【夢をかなえる?】憧れの「短ラン&ボンタン」をBESPOKE(フルオーダー)で!!

2018年11月5日

西郷さんの軍服や大久保利通のフロックコート、ニッカボッカに旧制高校のマントなど、様々なお洋服をお仕立てしている三洲堂テーラーですが、今回ご紹介するスーツもめったにお目にかかれない服です!

 

 

 

IMG_9160

 

 

 

当店の福留理恵子と並んで立っているお客様が着ている服は、昭和世代には懐かしい「短ラン」と「ボンタン」の組み合わせのスーツです。

 

 

 

10

 

 

 

「短ラン」はその名の如く丈の非常に短いジャケットです。普通はツメ襟ですがこのスーツはノーマルなノッチラペルでお仕立ていたしました。

 

 

 

1

 

 

 

「ボンタン」の語源はやはり鹿児島県阿久根名産のかんきつ類、「ボンタン(文旦)」から来ているようです。超ハイウエスト、腰回りから太もも周辺はなんと巾55センチのたっぷりとしたワタリ巾です。

 

 

6

 

 

ボンタンのベルト位置から股上の頂点までは非常に深く、38センチあります。ベルト位置からウェストの頂点までの深い帯部分には釦が4個付いています。

 

 

 

9

 

 

また、帯部分はしっかりした毛芯を入れ、さらに接着芯を上乗せして硬く仕上げています。まさに腰折れしないように作りました。

 

 

 

8

 

 

 

ハイウエストの背中はVカットされ引き締まった身体に沿って上がります。

背中央のベルトループは伝統的にクロスがけです。

 

 

 

2

 

 

 

ジャケットはシングル1個ボタン。

袖も一個ボタンをお付けしました。

まさに絵に描いた様な「短ラン&ボンタン」ですが、何故かヤンキーぽさが少なく、とてもクラシックなエレガントな雰囲気が出ました。

 

 

3

 

 

 

少し宝塚歌劇団の歩合衣装の様な、あるいは近代の東ヨーロッパのダンディな遊び人のような、不思議な雰囲気です。

 

 

 

5

 

 

 

生地はイタリア、カノニコ(CANONICO)の300g/mのブラックウール。

光沢とある程度の重量がなくては、このような服は出来ません。

 

偶然ご来店されていたお客様のお持ちになった、「トンビ」コートをお借りして着てみました。

 

 

 

4

 

 

 

お客様は15歳の頃短ランとボンタンにあこがれていたけど、着れなかった。

いつかは着てみたいと思っていて、ついに35歳の今夢がかなった、とお慶びいただきました。

 

 

IMG_8436

 

 

 

そんなことを言われるとき、

テーラーをやっていて良かったな、と思います。

 

 

皆様もご自身の想いのある服を、実際に着てみませんか?

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)・・¥178000~