ブログ

【BESPOKE or Pre BESPOKE?】用途によって使いたいオーダーメード手法

2018年12月8日

学生時代に柔道をされていた体格の良いお客様から、パターンオーダーメイドでスーツを作りたいとご相談がありました。

 

当店のパターンオーダースーツは、クオリティが高くてかなりの補正が出来ますので、お任せ下さい!とお受けいたしました。

 

 

uti

 

 

メージャーリングしていき、補正用のゲージ服をご試着していただいたところで、お客様はあまりにも胸板が厚く肩幅が広いので、当店のパターンオーダー・SARTORIAでは、とてもご満足いただける服がご用意できない事が判りました。

 

そこで当店で型起しをして型紙を作り、仮縫いフィッティングをした上で、お身体に最もバランス良くお仕立てする、BESPOKEすなわちハンドメイドのフルオーダーをご案内いたしました。

 

もう一着の仮縫いはいたしますが、Pre BESPOKEすなわち、協力ファクトリーでのマシンメイドで縫製する事になりました。

 

 

だて

 

 

 

ということで、BESPOKEとPre BESPOKEで仕立てたジャケットを2着並べてみました。

 

 

 2

 

 

皆様にも比べていただきましょう。

さてどっちがBESPOKEでしょうか?

 

 

1

 

 

 

正解は・・・・

向かって「左」の上衣がフルオーダーです。

 

全く同じ型紙を使ってお仕立てしていますので、まず普通の方には判断が付かないと思われます。よく見ると左の上衣はマシンのハンドステッチが入っていたり、肩パッドの雰囲気が違ったりします。

 

 

 

LoroFS (6)

 

 

BESPOKEスーツは、ロロ・ピアーナのFOUR SEASON 260g/m Super130‘sの生地を使いました。

 

 

LoroFS (4) 

 

 

ダークネイビーにマイクロヘリンボーンが刻まれた、張りとコシのあるクラシックなダークスーツ地です。

 

 

LoroFS (5)

 BESPOKE(ハンドメイド)

 

BESPOKEである上のジャケットは、エッジに職人のハンドメイドによって、伝統的な星ステッチが入れてあります。ほとんど見た目が判らないほどの細やかなステッチです。

 

 

nov (4)

Pre BESPOKE(マシンメイド)

 

こちらはブレザーなので、エッジから7mmのポイントにいわゆる「ハンドステッチ」が入っています。AMFハンドステッチというミシンによるステッチです。

これはこれで味のある仕上がりになります。

 

 

 

胸のボリュームは,、バストとウェストから伸びるダーツにより高さを出してします。厚い胸板をすっぽり覆う補正は、お一人づつ型紙を起こすBESPOKEの技術ならではです。

 

 

 

LoroFS (9)

 

 

 厚い胸にはゆっくり稼働できる袖をおつけします。ただし太過ぎないようにすっきりとした袖のフォルムにいたしました。

 

 

LoroFS (8)

 

 

ボタンは本水牛、ライニングはロロピアーナのロゴ入りオフィシャルです。

 

 

 

LoroFS (7)

 

 

 

LoroFS (2)

 

 

合わせてマシンメイドでお仕立いただいたノヴァラ(NOVARA)のシルクカシミアのブレザーともに、ご愛用いただけますとありがたいですね。

 

 

nov (5)

 

 

 

Loro Piana FOUR SEASONS Super130`s WOOL 260g/m

スーツS上下・お仕立て上がりプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダー・仮縫い付きハンドメイド)・・・¥222000

Pre BESPOKE(仮縫い付き・マシンメイド)・・・・・153400

パターンオーダーメイド・・・¥103400

 

 

 

2

 

 

 

 

Pre BESPOKEに関しては、以下の記事もご参照ください!

 

①【新オーダーシステム】 Pre BESPOKE (プレ・ビスポーク)スタート!

 

 

②【新作品】魅力的なフェルラのジャケットをプレ・ビスポークで!

 

 

 

ということで・・・

 

正当派のダークスーツはBESPOKE(フルオーダー)

 

気軽に着たいジャケットはPreBESPOKE(マシンメイド)

 

毎日着るビジネススーツはパターンオーダーメイド

 

用途によって使い分けたいオーダーの手法があります。

 

詳細はぜひスタッフにご相談ください!

 

【男なら】一度は着たい【フランネルのチョークストライプ】

2018年12月1日

かつて20代の私が毎日のように通っていた、西新宿の「思い出横丁」(通称しょんべん横丁(失礼!))の商店街にあった男くさいサングラス屋の店頭には、「死ぬまでに一度はかけたいサングラス」というコピーが書かれた看板が置いてありました。

 

残念ながら私は近眼で要眼鏡等ということもあり、サングラスをこの歳になるまでかけたことがありません。なので最近ひしひしとあの看板のフレーズを思いだすのです。死ぬまでにサングラスかける事あるのかなぁ、と。

 

 

E09C4E5E-9341-490D-A91F-807D23ED30C7

 

 

そして、私たちBespoke Tailorが冬になると思い起こすのが、今回のサングラス屋に近いコピー、「男なら一度は着たいフラノのチョークストライプ」です。

 

もちろん私の作なのですが、フランネルのチョークストライプのスーツは、ほとんどの男性をマニッシュに、かつ嫌みの無いエレガントな姿に導きます。

 

 

 1

 

 

このフラノのチョークストライプの魅力とは何なのでしょうか。起毛のかかった温かいフランネル生地は冬の寒さを防いでくれます。そして温かみのある生地にチョークで引かれたかのようなストライプは、胸からズボンの裾までしっかりと線が落ち、どんな体型の男性でもスマートに見せてくれます。

 

 

 

06FEB8B0-3EC3-41A7-983C-DA7B11A56B4E

 

 

このスーツが似合っている有名人は英国首相ウィンストン・チャーチルでしょう。

彼が愛したBespoke Tailorはサヴィル・ロウのヘンリー・プール。現役時の冬の装いは、ほとんどヘンリープール作フラノのチョークストライプだったようです。

 

 

 

2

 

 

このほどこの魅力的なスーツをオーダーされたお客様は、ヤング・ジェントルメン(Young gentlemen)すなわち昔の英国海軍では「士官候補生」といわれたような若い方です。

 

 

 

5

 

 

6個ボタン、2個掛けのヴェリークラシックなダブルブレステッドのジャケットは、チェンジポケット付きでサイドにベンツを切りました。

 

 

 

6

 

 

ダークグレーベースのフランネルに2センチ弱のチョークストライプが引かれています。やや幅広なストライプは体格のいい方にもピッタリです。

 

 

4

 

 

 

チェンジポケットはブリティッシュ・スタイルの特長ですね。

腰回りが締まります。

 

 

7

 

 

 

ボタンは本水牛のダークブラウンの艶消しをお選びいただきました。

 

 

 

8

 

 

 

ライニングも英国伝統柄の「ブラックウオッチ」をお選びいただきました。見えないところにもこだわる・・・大切なことです。

 

 

 

9

 

 

 

記念写真をいただきました。

 

 

 

10

 

 

 

お客様のお隣のヤング・ジェントルマンは、スリーピースのシングルブレスト3つボタンスーツをお仕立てされました。

 

 

 

11

 

 

 

お身体がスリムですから、このお客様のスーツはボディに着せる事が出来ませんでした。

 

 

 

12

 

 

 

スリーピースがとてもお似合いになる若いお二人。

写真公開OKとのことで、掲載させて頂きました。

 

 

 

 

13

 

 

 

これから様々なシーンでスーツを使う事も多くなるでしょう。

そんな機会にお二人のスリーピースが最大限のサポートをしてくれる事でしょう!

ご愛用いただけますとありがたいです!

 

 

 

ダブルブレスト・スーツ お仕立て上りプライス(税別)

 

生地: カノニコ(イタリア) 340g/m pure wool

 

Bespoke (フルオーダーメイド)・・・¥195000〜

 

パターンオーダーメイド・・・¥88000~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Bespoke】LANVIN…エレガントなスリーピース・スーツ

2018年11月18日

東京トランクショー(展示会)のお知らせ!

 

 

とき: 今週末11月24日・土曜日 16時以降

 

11月25日・日曜日、26日・月曜日=終日

 

 

ところ:ホテルニューオータニ

 

ガーデンタワーデラックスルーム

 

東京都千代田区紀尾井町4-1

TEL 03-3265-1111

 

 

02

 

 

予約制の受注会になります。

 

詳しくはコチラのページからどうぞ!

 

 

 

 

秋が深まり冬の足音が聞こえてくるにつれ、

アトリエの仕事が忙しくなってきました。

 

 

1

 

 

オーダーいただいたスーツやジャケットの生地が次々に入荷、型起こしに仮縫、ワンピースなどの仮縫い、フィッティング、補正などが山積みになってきました。裁断士の伊達がこれを終日黙々とさばいています。

 

 

2

 

 

そんな中、とてもエレガントなスリーピーススーツが仕上がりました。

 

 

4

 

 

 

フランスブランドのLANVINの英国製生地を使ったスリーピース・スーツです。

生地のウェイトは冬中心の300g/m。扱いやすく、しなやかな素材です。

 

 

3-2

 

 

3

 

 

 

毛芯と仕立て職人の技により、バストにボリュームを持たせたマニッシュでスマートなスーツです。

 

 

 

5

 

 

ショルダー部分から前方へカーブしつつ付いている袖は、人間の腕が主として前に動き易くなるように仕立ててあります。

 

 

 

6

 

 

 

7

 

 

バスト100センチ、ウェスト70センチ代というスポーツマン体型のお客様を立体的に包み込み、エレガントなドレープが生まれるようにデザインしました。

 

 

 

5-2

 

 

 

8

 

 

 

ボタンはランバンの本水牛釦、裏地(ライニング)もランバンです。

ボタンも裏地もランバンらしいエレガントなデザインですね~

 

 

 

9

 

 

 

 

今シーズンはランバン生地のオーダーが増えてきました。

先月オーダーいただいたレディーススーツもランバンでしたが、

とても美しいボリュームが出来、良いご評価をいただきました。

 

 

4

 

 

 

7

 

 

皆様もダークスーツをご検討するなら、パリのエスプリ=ランバンの生地でオーダーをお考えになってはいかがでしょうか?

 

 

 

10

 

 

 

 

LANVIN 280~300g/m Super120`s Wool

スリーピース・スーツ お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・¥254000

パターンオーダーメイド・・¥124,000

 

 

【フロックコート】お式の後はノーマルスーツにリフォーム!

2018年11月9日

この春、ご結婚式のためにフロックコート三揃いをお仕立いただいたお客様が、お式後はじめてご来店されました。

オーダーされた際にブログにupさせていただいた記事がコチラです↓

 

 

【お得!】ご結婚式にはフロックコート・スリーピースが式後も便利!

 

 

目的はご結婚式や写真撮影で着用したフロックコートの裾丈をカットし、ノーマルスーツとしてご活用になりたいとのことです。

 

お仕立いただいたフロックコート三揃いはこちらです。

 

 

2

 

 

 

1

 

 

 

ご結婚式前でしたが、お二人の祈念写真もいただきました!

お式でのドレスアップされたお写真も拝見いたしましたが、とても素敵でした!

 

 

9

 

 

このフロックコートが、このようになりました!

 

 

 

13

 

 

 

コート丈を約20センチほどカット。

フロントのカットも今風にイタリア的カッタウェイに加工しました。

 

ビジネススーツとしてご愛用いただけることとになりますね!

 

 

15

 

 

 

14

 

 

今回はカットいたしましたが、エレガントなフロックコートをお式の後もそのままお使いになる方もいらっしゃいます。

 

 

12

 

 

 

 

11

 

 

当店ではフロックコートのお式後のリフォーム代金は無料です。

一生に一度の大切なお式に、「レンタル」ではなく本物をオーダーする、

気持ちも心構えも違ってくるのではないでしょうか?

 

 

フロックコート三揃・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・¥199000~

 

※生地はイタリア、英国の上質なウールをお選びいただきます!