ブログ

【BESPOKE】撫で肩の方に・・・ご安心ください!

2019年3月23日

2019 春夏VIP INVITATION FAIR スタートしました!

 

インポート&ラグジュアリーなオーダーシャツが、

一枚当たり、▲3000円OFF!

 

詳しくはコチラのページをご覧ください

 

 

 

16

 

 

 

 

撫で肩こそスーツが似合います。

 

私たちBESPOKE TAILOR は日々様々な体格のお客様のお洋服を仕立てています。今回のお客様は「強めの撫で肩」。

元々アングロサクソンの国で生まれた背広は、彼ら白人に多い「撫で肩」に似合っています。

 

 

 9

 

 

様々なお客様のオーダーをいただく当店には「肩の傾斜測定器」が用意してあります。大変レアな機器で、人の首根っこから肩先までの角度を標準的な角度からどれくらい差があるかを測定します。

 

※・・・ちなみにこの測定器「OMスケール」は少量生産ですから、結構値段が高く、しかも将来の供給が少し不安です・・・

 

 

7 

 

 

肩の傾斜は、お客様の型紙に反映されます。

 

写真は私の型紙です。私は左右とも撫で肩ですが、特に「右肩下がり」という字面もイマイチな(笑)体型です。肩線が2本描かれています。下の線は右肩のラインになります。

 

 

6

 

 

今回オーダーをいただいたお客様も、肩の傾斜が左右とも4度以上の強めの撫で肩です。このお客様は通常、ショルダーバッグは肩から確実にすべり落ち、背中からみた背広は「たすき掛け」のようにシワが入ります。

 

 

8

 

 

仮縫いでは重点的に肩の補正をいたしました。

お身体を整えてらっしゃり、バストが大きく張っていてウェストは細めの典型的なスポーツ体型ですから、胸の高さを出して前後のバランスを取る必要もありました。

 

 

10IMG_1409 

 

 

仮縫いから約40日でスリーピース・スーツが仕上がりました。

仕立てた職人は裁縫士の加治木です。立体感のあるラペル作りでは定評のある彼女が緻密にお仕立てしました。

 

 

3 (2)

 

 

生地はロロ・ピアーナ(Loro Piana/イタリア)の定番高品質ウール、タスマニアン(TASMANIAN)。ピュアなSuper150`sウール、250g/m。オールシーズンの合服スーツ地の定番品です。

 

 

3 (4)

 

 

 
ネイヴィー地にシャープな 約2.5センチ巾のピンストライプがエレガントな雰囲気を醸し出しています。

ストライプにも様々ありますが、ピンストライプは頭脳明晰なイメージがあり、正統バンカーズスタイルのスーツにもよく使われています。

 

 

2 (2)

 

 

デザインは、シングルブレスト2個ボタンサイドベンツ。

チェンジポケット付き、カフスは4個ボタンの本格的な英国風クラシックスタイル。

 

 2 (3)

 

 袖は4個ボタンのノーマルな並びで、本穴本開きにしました。

ボタンは本水牛のこげ茶の立体感あるフォルムですね。

 

 

3 (1)

 

 

仕上がったスリーピース・スーツをご試着いただきました。

 

 

 

5

 

 

お客様は4月の新しい職場での赴任の日にこのスリーピース・スーツをご着用されるとのこと。

 

 

 

4 (1)

 

 

永くご愛用いただける服をお仕立てできました。

ありがとうございます!

 

 

 

2 (1)

 

 

Loro Piana TASMANIAN Super150`s 250g/m

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE (仮縫い付きハンドメイド・フルオーダー)・¥337000

プレ・ビスポーク(仮縫付き・マシンメイド)・・¥239200

パターンオーダーメイド・・・・・¥179200

 

【春コート】3月になったら、デニムのスプリングコートがおススメ!

2019年3月8日

2019年・春夏東京トランクショー 始まります!

 

会場:ホテルニューオータニ東京

 


展示会の詳細は、以下のページをご覧ください。

http://sansyudo.co.jp/?p=24265

 

 

本日3月8日・金曜日17時PM~

 

3月9日・土曜日(終日OKです)

 

3月10日・日曜日(終日OKです)

 

 

tokyoTS TEX

 

ご予約お待ちしております!

TEL 090-1977-5160(福留) 、099-224-6255(店舗)

 

または、コチラからどうぞ!

http://sansyudo.co.jp/booking-visit/

 

 

 

 

3月になりました。日も長くなり、日中の明るさも増してきて、いよいよ春らしい雰囲気になって来ました。今日は気温15度まで上がりましたが、冷たい北風が吹き付けています。

 

 

 

11

 

 

今日ご紹介するスプリングコートは、3月になったら着る服です。

気分的にカシミアやダウンではないが、コートは肌寒いので必要・・・

 

そんな時の選択肢の一つが、デニムのスプリングコートです。

 

 

1

 

 

デニムはカジュアルなイメージの生地ですが、パンツとして使うほかにも、意外に様々な使い方があります。

 

 

12

 

 

生地は英国の大手マーチャントブランド、「ホーランド&シェリー」社のピュアコットンのデニム地です。420g/mとウィンターコットンの部類に入りますが、保温性はそれほど無いので、合服生地として考えると面白いです。

 

 

3

 

 

明るい水色のデニム地は、当然ながらダメージ加工などもしていないプレーンな素材です。ただし、一般的に考えるデニムより少しベルベットに近い滑らかな手触りです。

 

 

 

2

 

 

デザインは6個ボタン×2個掛けのダブルブレストにしました。

このような上質なデニムで少しでも多めに身体を覆いたいと思ったのです。

 

一番のポイントは、襟をアルスターカラーにしたことです。

ダブルブレストのお洋服ならではのピークトラペルでは、少し強すぎるイメージです。しかしアルスターカラーは柔らかい印象になります。

 

 

7

 

 

スタッフの伊達が試着してみました。

コート丈はあまり長すぎず、かといってショートコートまではいかない、やや短めのトレンドな着丈です。

 

 

6

 

 

ボタンは本水牛の艶消しの明るめのモノをチョイスしました。

 

 

5

 

 

 

ライニングはこだわりました。少し面白い日本国産、山梨県産「甲州裏地」の青海波模様です。キュプラ100%の玉虫色が珍しい裏地です。

 

 

 

4

 

 

 

前ボタンを留めずに着ても、いい雰囲気になりますね!

 

 

 

10

 

 

 

HOLLAND & SHERRY Pure Cotton denim 420g/m

コートお仕立て上りプライス(税別)

 

パターンオーダーメイド・・・¥120000

プレ・ビスポーク(仮縫い付きマシンメイド)・・¥160000

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥198000

 

【BESPOKE】ご家族のお祝いに着るスリーピース

2019年2月23日

日本の三月は様々なお式が目白押しです。

 

卒業式、入学式、入社式、などの公式な「お式」から身内で催すプライベートなモノまで、誰でも経験がある一連の行事が三月に集中します。

 

 

 15

 

 

今回オーダーをいただいたスリーピーススーツは、お客様のお嬢様の学校のご卒業式に主席される方がお仕立ていただいたお洋服です。

 

 

13

 

 

【お客様】ご自身で会社を経営している40代の方です。技術的なお仕事で現場も多く、おつきあいのご宴会も多いものの、スリムなご体型をKEEPされてらっしゃいます。

 

昔はバレーボールの選手だった事もあり、手足が非常に長く、既製品で探すのも大変とのことです。

 

 

 7

 

 

【ご要望】…普段はワークウェアですが、会合や打ち合わせなどではスーツスタイルが求められています。

 

今回はお嬢様の学校の卒業式に隣席される目的と、秋冬シーズンのお洋服を補強されたいとのことでした。

 

 

2-2

 

 

【生地選び】・・・スキャバルが取り扱っているドレッシーな英国生地がお好みとのことで、スキャバルのコレクション生地ブック「トルネード(TORNADO)」からシャドウストライプの美しいヘリンボーン柄をお選びいただきました。

 

 

IMG_0739

 

 

【デザイン】・・・・・ご卒業式に着用とのことで、やはり格式の高いスリーピースをご希望です。

 

 手足が長くスリムなご体格を生かして、シングル3つボタンのジャケットにチェンジポケットを付け、サイドベンツを切りました。ラペルやポケットのエッジはなるべくシャープな角を作りました。

 

 

 

3

 

 

 

 

5

 

 

 

・・・・通常はエッジは小丸にします。実は小丸の方が職人技でハンドメイドでは難しいので、職人としては「角」は楽だよ・・とのこと。

 

 

 

 11

 

 

ウェストコート(ベスト)もジャケットの3つボタンに合わせて、丈を長めにし、Vゾーン位置を上げています。

 

 パンツは定番のノータックでお裾はダブルのスリムなタイプです。

 

 

 

12

 

 

 

【お仕立て方法とポイント】・・・これまでも身体にフィットして気持ち良く着用してらっしゃる、とのことでBESPOKE でオーダー頂きました。

 

ご姿勢が良くて、胸が張ってらっしゃるので、ジャケットの襟が抜け加減になります。しかもイカリ肩で背中にツキが出やすいご体格です。

 

 

 

6

 

 

 

ネックに吸い付き、背中も綺麗に納めるには、型紙の補正と裁縫士との連携が必要になります。

 

 

 4

 

 

 
【オプション】 スキャバル生地にはオフィシャルライニング(裏地)とボタンが豊富にラインナップされています。ライニングは眼に鮮やかなエンジのロゴ、ボタンは本水牛をお選びいただきました。

 

 

 9

 

 

 

 

8

 

 

【まとめ】・・・・ベルギーのブリュッセルに本部を置き、主に英国のドレッシーな高級品を扱うスキャバル(SCABAL)生地ならではの、楽しさ溢れるスリーピース・スーツが完成しました。

 

 

1

 

 

お客様はご卒業式以外にも、ご会合や懇親会など幅広くこのスリーピースを活用してみたいとの事でした。ご愛用いただけますとありがたいですね!

 

 

IMG_0741

 

 

 

SCABAL TORNADO 320g/m purewool(2PLY)

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー・仮縫付ハンドメイド)・・・¥241000

 

プレ・ビスポーク(仮縫い付き・マシンメイド)・・¥171000

 

パターンオーダーメイド・・・¥111000

 

 

 

三洲堂テーラーBESPOKEのスキャバル関連記事はコチラ!

 

 

①【BESPOKE】誰でも一度はSILVER GHOST(シルヴァーゴースト)!

 

 

②【BESPOKE】SCABAL GOLDEN RIBBONのスーツ登場!

 

 

③【謹賀新年】春はSCABAL。スリーピースが素敵です!

 

【BESPOKE】ダブルブレストの魅力ふたたび!

2019年2月13日

ダブルブレストを気軽に着る時代到来!

 

ダブルブレストのスーツやジャケットのオーダーが増えています。3年ほど前はシーズンで3、4着ほどしか無かったオーダーが、今では毎月2、3着ご注文を頂きます。

 

 

 

 1

 

 

  

 

こちらは30歳ほどのお客様がオーダーされたフランネルのダブル。

 

 

 

 

BDADFFD7-F33D-4A31-B8D9-2B5C01E1EAB0

 

 

 

 

こちらは50代の女性のお客様からのオーダーでお仕立てしたスーツです。

 

 

 

 

 62010AFF-7883-449E-98C1-C259BCCB18F9

 

 

 

 

ジュリー(沢田研二)ファンのスタッフ、福留理恵子も白のダブルのスーツです!

 

 

 

 

 

12 

 

 

 

【お客様】・・・今回オーダー頂いたお客様は70歳のスマートな男性。昔はバレーボールの選手でらっしゃったとか。

 

現役でお仕事についてらっしゃり、普段はダークスーツ姿がほとんどです。

カジュアルウェアは既製品もご愛用されてらっしゃいます。

 

 

 

 

 1

 

 

 

 

 

 

【ご要望】・・・今回はプライベートから軽めの会議などで着用できるお洋服をご希望でした。

 

また最近は少しお痩せになってきて、特にヒップ周辺の筋肉が落ちてきたので、パンツの後ろ姿がお悩みでした。

 

 

 

 

 13

 

 

 

 

 

【生地の選択】・・・カジュアルでビジネスでも兼用できるお洋服、は男性にとって尽きない命題です。

 

お客様はジャケットとパンツをご希望でした。軽く羽織れるカーディガンのようなものは既製品を持ってるので、どちらかと言えばクラシックなイメージの生地を探しました。

ネイビーのブレザーはお持ちなので、ミドルグレーの表面に起伏感あるロロ・ピアーナのウール&シルク&ポリアミド混紡のブークレ素材の無地に決定しました。

合わせるパンツは渋いワインレッドのサキソニーストレッチウールです。

 

ジャケット  Loro Piana Wool &Silk 300g/m  “SILK AIR”

 

 

 

 

 

prop

 

 

 

4

 

 

 

 

パンツ        TRAVALD TOGNA Wool Stretch 290g/m

 

 

 

 

 

estrato (3)

 

 

 

 

estrato (1) 

 

 

 

 

 

【デザイン】・・・ミドルグレーは地味な色合いに分類されるので、デザインをダブルブレストにしました。

ダブルも長く着てないので、少しご不安な様子でしたが、ちょうど私もダブルを着ていた事と、仮縫いフィッティングでどうしても違和感があれば、シングルに変更もできるので、ダブルブレストに決定しました。

 

ダブルブレスト 6個ボタン2個掛け

「正六つ」という正統派。

ベントはサイドで切ります。

 

パンツはスマートにノータック、テーパードして裾幅は狭くダブル(カブラ付)にしました。

 

 

 

 

 2

 

 

 

 

 

【お仕立て方法】・・・もともとBESPOKE のお客様です。

 

また、久しぶりのダブルブレストのジャケットというデザイン上のことや、お腹だけが少し出てきたので、「腹グセ」という腹部のダーツも入れなくてはなりません。

 

パンツはヒップラインをもたつかないようスッキリ見せたい。それには 入念な仮縫いフィッティングが必要です。

 

理想的な仕上がりが期待出来るBESPOKE でお仕立ていたしました。

 

 

 

 

8

 

 

 

 

7 

 

 

 

 

 

 

【オプション】・・・イタリア製の玉虫色のライニングをお選びいただきました。

 

その上で胸ポケットの袋にも使い、ポケットチーフのように胸ポケットから出して使えるようにいたしました。これは最近流行りの小技です(もちろん無料です)。

 

 

 

 

10

 

 

 

 

 

5

 

 

 

ロロ・ピアーナの生地ですが、ボタンはLANVIN の立体感ある個性的なフォルム水牛釦をチョイスされました。このボタンはブランドを超えて人気があります。

 

 

 

 

 9

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

【お客様のご感想】・・・入念な仮縫いフィッティングの効果があり、パンツのラインは美しく流れるようにフィットしています。まずパンツをはいた時点で驚かれました。以前お仕立てしたパンツもご持参され補正を依頼されました。

 

70歳の割にご長身のお客様のにダブルブレストがぴったり決まりました。前から見るとピークトラペルがエレガントです。

 

 

 

 

 

11

 

 

 

 

「背広」というネーミングからも、スーツは背中で着るもの、と言われています。このジャケットはお客様の丸味のある背中をすっぽりと包み、ウェストで自然に絞り、サイドベンツに流れるように落ちていきます。

 

大変ご満足頂いたお客様から、その場で追加の春夏物のジャケット+パンツのオーダーを頂きました。

 

 

 

 

1 

 

 

 

 

【三洲堂テーラーから】・・・年齢を重ね、人生をさまざまに過ごし「似合う服」があります。

ダブルブレストのジャケットはお客様の魅力を引き出し、これからも服を楽しむ新たな楽しみが出来た、というご感想を頂きました。

 

テーラーという仕事をしていて、とても満足なひと時を頂けたお客様に感謝です!