ブログ

【SAVILE ROW】紳士服の聖地で購入した「サヴィル・ロウ」の本

2018年1月6日

昨年末のクリスマスに、私の長女が英国ロンドンの仕立屋街、サヴィル・ロウ(Savile Row)にある老舗テーラーの「ハンツマン(Huntsman&sons)」を訪ねました。

 

 

 IMG_0934

 

 

目的は「洋服の仕立」ではなくクリスマスギフトだったのですが、ハンツマンのスタッフの皆さんは快く見知らぬ東洋人の小娘を接客していただき、お店の様子や仕事、裁断士やアトリエの説明をしていただきました。

 

 

IMG_0949

 

 

IMG_0939

 

 

長女が実家もテーラーをしている話をしましたら、親近感を持たれたのか写真もOKと言われましたので、このようにご紹介しています。

 

 

 IMG_0935

 

 

前にもご紹介した本日公開の映画「キングスマン(Kingsman Golden Circle)」の秘密基地こそ、この老舗テーラー「ハンツマン」という設定です。当然観光客も結構群がっていて、店内を覗こうとするのですが、もちろん勝手に入ったり写真は当然NGとことでしたから、長女の妙な度胸に感謝しなくてはなりません(笑)。

 

 

映画「キングスマン ゴールデンサークル」公式サイトはコチラ

 

 

2

 

 

※公開初日、私も観てきましたが・・・前作を凌駕する面白さでした。サヴィル・ロウのスーツスタイルも楽しめました! 明日はダブルブレストのストライプスーツを着て店頭に立とうと思います。

 

 

 6

 

 

 

ハンツマンに対する長女の感想は、ハイブランドの高級店よりも温かく、テーラーらしくある程度雑然としていて、スタッフも落ち着いている。接客はとても丁寧で自分のような若い人間にもきちんと敬称を付けて応対してくれる。「品格」とは何か考えさせてくれる店、とのことです。

(おお、こちらも頑張らなくてはなりません!)

 

 

IMG_3818

 

 

そのハンツマンで購入した本が「SAVILE ROW AND AMERICA」です。これは2015年5月にアメリカ、ワシントンDCの英国大使館公邸で開催された、同名の展示会の詳細をまとめた本です。

 

 

sva

 

 

サヴィル・ロウで活動しているテーラーやアパレルメーカーの団体「Savile Row Bespoke Association」は、サヴィル・ロウという仕立街の概念とそこで生み出される服を、アメリカの中心地で披露したいと考え、このような催しを開催しました。

この本には展示会のコンセプトから、実際に展示した洋服の写真や担当仕立店、そして生地の詳細まで明記されています。

 

 

sva2

 

 

特に面白いのは、展示カテゴリーです。一番最初は「THE MILITARY」、すなわち「軍服」で始まります。サヴィル・ロウは当初、英国軍の将官たちの軍服を仕立てる仕立店街としてスタートしました。したがってこの軍服分野は彼らの起源として外すことは出来ないのでしょう。

 

 

 sva3

 

 

「Formal Wear(礼装服)」、「Daywear(普段着=スーツ)」といったコーナーに追加して、「Sir Winston Churchill(サー・ウィンストン・チャーチル)」、「Gregory Peck and Huntsman(俳優グレゴリー・ペックとハンツマン)」といったサヴィル・ロウがお得意様とした人物達の服が展示されていることです。

 

 

 IMG_3827

 

 

ちなみに「ミリタリー」分野では1800年代の近衛兵の軍服、王族や従僕たちの制服が展示されています。各軍服にはキャプションが付けられています。例えばグルカ兵の服には、「臆病に生きるなら死ぬほうがいい」など。

 

 

sva4

 

 

「フォーマル」コーナーでは、テーブルセッティングとともに、タキシードが飾られています。有名なテーラーの仕立てた夜会服とともに、団体に所属する「アレクサンダー・マックイーン」のディナージャケットも展示されています。クラシックながらモードな香りのあるアヴァンギャルドな夜会服が素敵です。

 

 

sva6

 

 

IMG_3830

 

 

「サー・ウィンストン・チャーチル」コナーには、老舗ヘンリープールが複製したチャーチルお気に入りのフランネルのストライプスーツとならび、ヤルタ会談で着用したウオームコートが展示されています。

 

 

ya 

 

 

実際にヤルタで着用された型紙を元に復元したコートです。ダブルのアルスターカラーのコートの肩には、軍服の影響もうかがえるエポレット(肩章)が付いています。

 

 

IMG_3828

 

 

面白いのは俳優「グレゴリーペックとハンツマン」コーナーです。グレゴリーペックはハンツマンの上顧客でした。彼のご子息から特別に借り受けた実物のスーツやコートは、上衿と下衿を結ぶ線のゴージラインは高く、ウェストも絞られ肩幅もジャスト。全体のバランスから見て現代風なことに驚きです。

 

 

IMG_3824

 

 

「 デイウェア」のいわゆる仕事着としてのスーツ、「ザ・ベントレー・コミッション」のドライヴィング・ジャケット、カー・コートは秀逸です。車の運転にもこんな服でどうぞ!というサヴィル・ロウのスピリットを感じました。

 

 

IMG_3826

 

 

IMG_3829

 

 

・・・ということで、正月早々長々と述べてしまいましたが、紳士たるものやはり「紳士服」が必要なのだと痛感します。

 

Manners maketh  man (マナーは人をつくる)!

 

 

8

 

 

映画「キングスマン」でも主人公のエグジーが、カジュアルな動けるジャージを脱ぎ捨て、ダブルブレストスーツを着て「これじゃないとダメだ!」と、大暴れします。

 

 

1

 

 

永い時間をかけて積み重ねた男性の服装文化の先端はいつも「背広」です。その背広の語源となったと云われる「サヴィル・ロウ」から日本まで伝わった、伝統的な技術と思想の積み重ね。このスピリットを受け継いで、今に生きる私達はスタイリッシュでクラシックなお洋服を作り続けていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

【映画】英国製生地スーツで「キングスマン(Kingsman)」気分?

2017年12月21日

来春早々に公開される予定の映画「キングスマン・ゴールデンサークル(Kingsman: The Golden Circle)」。一作目の「キングスマン」は個性あるスパイ映画でした。

 

私はお客様からおススメいただきDVDで鑑賞したのですが、内容も大変面白かったので今度こそ劇場に観に行きたいと思っています。

 

 

 2

 

キングスマンゴールデンサークル公式サイトはこちら!

 

 

この「キングスマン」という名前の謎のスパイ組織は、英国ロンドンの背広街、サヴィル・ロウ(Savile Row)の老舗テーラーを秘密基地にしているという設定です。

 

 

 6

 

 

実際に老舗テーラーのハンツマン(HUNTSMAN)でロケをしており、なんと秘密基地へのエレヴェーターは、仮縫い用のフィッティングルームというところもポイントです。当然ハンツマン仕立てのスーツを着たスパイたちも沢山登場します。

 

 

3

 

 

4

 

 

主演のコリン・ファースや、教官役のマーク・ストロング、名優マイケル・ケインらが着用するハンツマン謹製のダブルブレストスーツを見ているだけでもワクワクしてしまいます。

 

 

10

 

 

劇中では” Manners maketh man”(「礼儀が人を作る」)という格言が出てきます。”maketh”はmakeの三人称単数現在の古い形で、この格言は14世紀後半のオックスフォード大学ニュー・カレッジの創設者、ウィカムのウイリアムの言葉です。

 

 

8

 

 

この Manners maketh man”フレーズは印象的で英国では結構ウケたらしく、追随してポスターも作られました。後ろに「HARRY」とか(笑)。

 

 

7

 

 

2017年クリスマスのビスポークテーラー「ハンツマン」訪問の模様はコチラです。

 

当店の外壁にも掲げている、`Tailor makes the man`もそっくりの格言です。こちらは「紳士服が人を作る」になるのですが、英和辞書の日本語訳では「馬子にも衣装」となっています。ちょっと意味が違うのではないか、と昔から思っているのですが、どうでしょうか?

 

IMG_3657

 

 

ということで、またも英国の老舗ミル「ジョン・フォスター(John Foster)」のスーツが登場です。

 

 

IMG_3659

 

 

ベースはネイヴィー。ハウンドツースの様な柄が織りこまれ、その織り柄が自然光に反射して複雑な光沢と、モード感を漂わせる英国らしい生地です。

 

 

IMG_3660

 

 

カリッとしたドライな手触りで、流行りの艶やかな細番手生地と違う雰囲気です。パターンメイドながら立体感がある仕上がりです。

 

 

IMG_3661

 

 

IMG_3653

 

 

 

ボタンは同系色の本ナット、ライニングはメリハリを考えてライトグレイッシュ・ブルーをお選びいただきました。

 

 

IMG_3654

 

 

英国生地の良さは、しっかりとした打ち込みと、最小限の織りや柄でシックに抑えた紳士趣味を発揮するところでしょうか。まさにテーラーが仕立て易く、ジェントルマンを形作るためには必需品だと感じます。

 

 

12

 

 

ジョンフォスター(=ダロウ・デイル)は、2冊の生地バンチブックからお選びいただけます。

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイドのフルオーダー)・・・¥178,000~

 

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・・・¥69,100~

 

 

 

11

 

英国を代表する高級ミルブランド、テイラー&ロッジも2冊のバンチブックをご用意いたしました!

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイドのフルオーダー)・・・¥222,000~

 

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・・・¥106,800~

 

 

 

5

 

 

英国製生地を使って、ブリティッシュなスタイルに仕上げることは、当店の最も得意な分野になります。

 

 

9

 

 

クールでスタイリッシュなスーツを英国製生地でオーダーすれば、気分はジェントルマンですね!

 

 

 

 

 

【コート】いよいよ冬本番、コートの出番です!

2017年12月2日

寒くなってきました!

 

今日の最低気温は鹿児島でも8度、東京は5度でした。加えて、北風が吹くので余計寒さが増すようです。

 

街を歩く人々も防寒用にコートやダウンを着ています。

 

しかし・・当店はクラシックな紳士服飾の牙城(笑)です。私はゆめゆめダウンを着るわけにはいかないのです。いかに若手スタッフやベテランまでが軽く暖かいダウンを通勤着に着ていたりしても、ひたすらオーバーコートで過ごします。

 

 

5

 

 

オフィシャルなシーンで、カシミアやウールで仕立てられたオーバーコートはとても大切な存在です。米国トランプ大統領のカシミアのチェスターコート姿は印象に残る服装です。

 

 

 

2

 

先月の中国訪問の際には、すっかり寒くなっていた日本で着ていなかったチェスターコートを着用するシーンが目立ちました。

 

 

アングル:訪中のトランプ氏、貿易不均衡問題で中国を「称賛」

 

空港に降り立ったトランプ大統領が着る黒のチェスターコートは、正統派の3つ釦フライフロントになっています。並んで歩く中国の習近平主席は色は黒でも残念ながら釦がブチ抜きです。

 

紫禁城でもトランプ大統領は同じチェスターコート姿でした。

さすがドナルド・トランプ。コートも素晴らしい仕立です。

 

習近平主席はグレーのチェスターコートでしたがこちらも釦ブチ抜きです。ずいぶん軽い印象になってしまいます。

 

 

3

 

 

チェスターコートはスーツの上に着用する服装として、最も品格のある装いだと思います。正統派シングルのチェスターコートは、フライフロント(比翼)仕立てです。

 

 

6

 

 

 

8

 

 

生地はブラックのピュアカシミアが重宝されます。ただ、厚手のウールまたはウール&カシミア混紡でもいい雰囲気になります。

 

 

9

 

 

当店では英国サヴィル・クリフォードのブラックとチャコールグレーのウール&カシミア&アンゴラのコート生地、英国ハーディーエイミスのキャメルのウール&カシミア、ロロピアーナのピュアカシミアなどの魅力的なコート素材を揃えております。

 

 

 

10

 

 

また、最近映画やドラマでよく見かけるアルスターコートは、ダブルブレストの正統派チェスターコートに比べて、少しアクティブな雰囲気もあり魅力的です。

 

 

 LINK:英国ドラマ「シャーロック」での、俳優ベネディクト・カンバーバッチのコート

 

 

 

11

 

 

IMG_2714

 

 

「アルスターカラー」と呼ばれる上下の幅が同じサイズの襟が付いたコートを一般にアルスターコートといいます。

 

 

12

 

 

正統派チェスターと違い、フラップ付きのアウトポケット、袖はダブルカフス。

背中には深いアクションプリーツが刻まれ、背中央に帯が付いています。

 

 

13

 

 

一見カジュアルに見えますが、着てみるとなかなかドレッシーです。

こちらのサンプルコートはサイズ48です。ぜひご試着して下さい!

 

 

 

14

 

 

 

長く暑い夏の記憶はどこにいったのか、すっかり忘れていましたが、「暑い夏の冬は寒い」と言われています。

ということで・・・コートのご準備はぜひ三洲堂テーラーにお任せ下さい!

 

 

気になるお仕立て上りプライス(税別)は・・

 

チェスターコート

 

BESPOKE(フルオーダー、仮縫い付きハンドメイド)でお仕立てします。

 

ウール生地でのお仕立て上り・・¥150,000より。

 

 

アルスターコート

 

同じく、BESPOKEお仕立て上り・・¥180,000より。

 

ご納期は約一か月です。

 

 

寒い冬こそ温かいオーバーコートを、ぜひご検討下さい!

 

 

 

【ダークスーツ】仕事でもパーティーでも着たい服は?

2017年11月30日

 

1

 

 

ジェームスボンドも愛した英国王室御用達シャツメーカー

 

 

 

トーマスメイソン・リミテッドノベルティフェア 

 

 

 

~12月10日まで開催中です!!

 

 

 

 

2

 

 

フェア詳細はコチラ!

 

 

男性も20代後半になると、様々なシーンで「ちゃんとしたスーツ」を着なくてはならなくなります。自分自身も結婚したり、友人知人の披露宴や会社のパーティーなど、社会的に信頼感のおける服装が求められます。

 

 

9

 

 

ビスポークテーラーへのご相談で多い物は、仕事上の大切なシーンで着用しつつ、パーティーなどにも着ていく服はどのようなものがいいですか、という問い合わせです。

今日ご紹介するスーツは、まさにそのようなシーンで着ていただきたい服です。

 

 

t2

 

 

イタリアの高級生地メーカー、「エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)」がビジネススーツの代表格としてコレクションしている「トラヴェラー(TRAVELLER)」生地を使ったスーツです。

 

 

t3

 

 

ダークネイヴィーに織りストライプがおよそ1センチ間隔で刻まれている、とてもドレッシーな素材をシングルブレスト2個ボタン、センターベントの非常にオーソドックスなスタイルにまとめました。

 

 

t1

 

 

ビジネスでは真意感あるダークネイヴィースーツは、夜のパーティーなどで着用してrも色気のある服になります。

 

 

t4

 

 

t5

 

 

ボタンはゼニアのオフィシャルナット釦、ライニングは特別にペイズリー柄にしてみました。

 

 

t7

 

 

このゼニアのトラヴェラー生地で仕立てたスーツは、BESPOKE(フルオーダー)のお仕立て上り、¥224,000からのプライスになります。パターンオーダーは、¥106,400から。

 

 

 

IMG_3482

 

当店では他に、イタリアの大手生地メーカー、カノニコ(CANONICO)の光沢あるSuper110ウール生地もおすすめいたします。

BESPOKE(フルオーダー)・・・¥178,000

SARTORIA(パターンオーダー)・・¥72,600。

 

 

 

 

IMG_3484

 

 

また、光沢を追求するなら英国の老舗「テイラー&ロッジ(Taylor & Lodge)」のSuper160ウールブレンド生地は、胸からウェストにかけて素晴らしいドレープ(陰影)を出してくれます。

スーツS上下のプライスは・・・

BESPOKE(フルオーダー)・・¥222,000

SARTORIA(パターンオーダー)・・¥104,800

 

 

 

2

 

 

最後にダークスーツと言えばこの人を忘れてはいけません。

現在のジェームス・ボンド、俳優ダニエル・クレイグが着るスーツは、信頼感もあり男の艶感もある美しいシルエットを描きます。

 

 

3

 

 

 

みなさまもぜひ、あんな要望、こんな願望(笑)を私たちテーラーに「ぶつけて」ほしいです! きっとご満足のいくお洋服に巡り合えます!

 

三洲堂テーラーのドアーは、皆さまのご来店をお待ちしております。

 

 

夜警

 

 

 

まずはお気軽にご相談からどうぞ!

 

TEL 099-224-6255

 

ネットでのお問い合わせはコチラです!