ブログ

【映画】ウィンストン・チャーチル(DARKEST HOUR)

2018年6月9日

映画、邦題「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」

 

原題「DARKEST HOUR」

 

 

1

 

 

 

鹿児島での公開が先日終わりました。

 

このアカデミー主演男優賞および、日本人の辻一弘氏がメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞したこの作品は、ここ鹿児島の地では全国より遅れること一カ月強、5月7日からようやく公開されました。

 

当店向かいの映画館、天文館シネマパラダイスに感謝です。

鹿児島の他の大手シネコンがこの作品を上映しなかった中で、よく興業してくれました!

 

 

 

 DARKEST HOUR

 

 

 

原作のDARKEST HOURは、「暗黒の日々」とでも訳せばいいのかもしれません。

この映画はチャーチルの生涯全体を描いたものではなく、あらすじとしては、第二次世界大戦中の5月の一か月だけのストーリーです。

 

 

5

 

 

ドイツのポーランド侵攻から約8か月、当初は「静かな戦争」と呼ばれた第二次世界大戦でしたが、ドイツ軍が突如北欧へ侵攻し英国軍が敗れると、責任を取ってチェンバレン首相が退陣します。

 

首相候補が消去法によって選ばれ、遂にチャーチルが首相に就任したその日、ドイツ軍の西部戦線への電撃戦によって、あっという間にオランダ、ベルギー、フランスが敗北していきました。

 

英国の内閣や有力議員の間では、ヒトラーとの一時的和平を望む声が多く、イタリアのムッソリーニを仲介役として講和条約を結ばざるをえない情勢になります。しかし講和は実質的な「降伏」であると主張するチャーチルはこの流れを覆し、大陸のダンケルクで包囲されている連合軍30万人を救わなくてはなりません。

緊迫する1940年5月がどうなるのか・・・という内容でした。

 

 

12

 

 

歴史好きな私でも、英国内で戦争初期に「講和止むなし」という声が強かったとは知りませんでした。

犠牲の少ない講和を望む内閣や保守党の重鎮たち・・・。

その流れを主人公のチャーチルともう一人の重要な登場人物、ジョージ6世のバックアップにより、議会と世論をドイツへの徹底抗戦に持っていったその苦難の工程がリアリティ豊かに描かれています。

 

実際にチャーチルが述べた発言や膨大な演説と言動を、チャーチルに成り切り演じた俳優ゲイリー・オールドマンは、文句なしに主演男優賞の演技だと感じました。

 

さて、チャーチルが実際に愛用していて、作品中でもいつも着ているスーツが、チョークストライプのスリーピーススーツです。

 

 

15

 

彼はサヴィル・ロウの老舗テーラー、ヘンリー・プール(Henry Pool)でこのスーツを仕立てていました。白いロングのタブカラーのような襟のシャツに、濃紺にドットの蝶ネクタイを締めて、葉巻をくわえている姿は、シルエットだけでもチャーチルだと判ります。

 

 

16

 

 

 

約2.5センチ間隔はあると思われる幅広チョークストライプ柄のスリーピースは、太った身体をスリムに魅せています。

 

 

4

 

 

映画「英国王のスピーチ」以来、吃音に悩む内気な英国王のイメージが先行しがちなジョージ6世。

この映画では見事なダブルブレストスーツを着て、当初はチャーチルと対立しながらもその人間性を認め、ともに困難なドイツとの闘いの道を考える重要な役割で登場します。

 

 

kgv6

 

 

英国王は代々海軍士官を兼務する事も多く、映画の中でも英国海軍のダブルブレストの制服を着用しているシーンもありました。

 

 

 

2

 

 

ヒトラーに融和的な態度を取り続けた前首相、ネヴィル・チェンバレン役の俳優ロナルド・ピックアップも印象的でした。

チェンバレン保守党の重鎮で元首相ながらチャーチルの内閣に入ります。

彼はそこでもドイツと和平交渉すべきだという立場を崩していません。癌で体調がすぐれない中、モルヒネを服用しつつチャーチルに和平の道を説くチェンバレンの服装は、スリーピースにウィングカラーシャツに蝶ネクタイという、チャーチルよりもクラシック然とした雰囲気です。大陸で孤立した英国の若者たちの命を大切にしたい、という悲痛な気持ちも伝わります。これも従来の弱腰で日和見なチェンバレン首相のイメージを覆す好演でした。

 

 

 

6

 

 

国王ジョージ6世から、国会だけではなく国民の声を直接聴いてみてはどうか、という指摘を受けたチャーチルが生まれて初めて地下鉄に乗るシーン。

そこに居合わせた乗客たちは男女を問わず当時の服装です。

しかし彼らの気持ちは現代人と変わらないものだと感じさせます。ドイツの脅威に対し敢然と立ち向かう勇気を最も持っていたのが、老若男女を問わず彼ら庶民だった、という印象的なシーンでした。

 

 

9

 

 

 

最後に、日本人の辻一弘氏がメイクアップ&ヘアスタイリング部門でアカデミー賞を受賞しましたが、当然だと思います。ゲイリー・オールドマンをここまで変身させて、観る側に違和感なく感情移入させることのできるメイクアップを、日本人がやり遂げた事に誇りを感じます。

 

 

 

12

 

 

 

余談ですが・・・

 

映画を観て最も感じたことがありました。

それは英国が日本、アメリカと同じく、民主主義国であるということです。国民の選挙により選ばれた議会により、組閣が行われ政府が政治を行っていく。

その過程では様々な意見が飛び交い、首相といえども 独断で政策を決めるわけにはいかない。自分の信念に従い政治を行うためには、議論と駆け引きが必要です。マスコミも口を挟みます。しかし、その煩雑さが民主主義なのだと再認識しました。

 

作品中で、ヒトラーは何でも自分の思うように決めて実行できる、うらやましい。とチャーチルがぼやくシーンがあります。チャーチルの伝記を見ると、ヒトラーやスターリンといった独裁者をとても嫌っていた事が判ります。また、戦争の敵国となった日本に対しては、かつて日英同盟を推していた事もあり、心底の憎しみを感じてはいなかったようです。むしろ同じ立憲君主制なので、親近感があっようです。

 

日本は中国や北朝鮮などの国と違い、選挙権もあるしブログで自由に発言できる。そんな民主主義国です。経済的に厳しい世の中ですが、GDPを少しでも押し上げていくために(笑、一市民としても出来ることもあります。そんなことを考えさせられた映画でした。

 

いつかDVDがリリースされたら、持っておきたい作品の一つになりました。

 

 

 

 

 

 

 

【エッセイ】ドラマ「BG・身辺警護人」キムタクのスーツに誤差あり?

2018年3月15日

元SMAPの「キムタク」こと木村拓哉さんが主演しているドラマ「BG・身辺警護人」が本日最終回を迎えます。

 

ご批判を承知で書きますと(笑)、「BG」は視聴率の高いドラマです。そして脚本、舞台設定、助演陣、すべてがキムタクを中心に押しているドラマだと毎週観るたびに思います。

 

そして観終わった後に、いつも微妙な違和感を持ってしまいます。 

 

最も違和感を感じるポイントは、「現職の大臣なのにやたらとキムタクにまとわりつく石田ゆり子・・・」でしょうか?

 

 

nst

 

 

 ドラマでキムタクが着用しているスーツやシャツ、ネクタイのブランドは、フランスのブランド「ディオール・オム」。これがかなりモードなデザインです。

 

衿巾はおそらく5センチ位。 モードなブラックスーツに合わせる白シャツのカラー(衿)も超ショート。加えてこれも幅4センチほどの超細身のネクタイ。

 

このキムタクのスーツ姿こそ「違和感」だと感じます。

 

 

 

nst3

 

 

その原因の第一は、実はスーツが身体に合っていない、という事実です。

 

キムタクは細身で鍛えてらっしゃるのだろうけど、若干頭部が大きく、身長がそれほど高くないようです。(公称176センチと言ってはいますが・・)

 

このディオール・オムのスーツは、キムタク的体格を基準にすれば。最もフィットする身長は178センチ、体重は66kgほど。つまりとてもスリムで高身長の男性向けではないでしょうか。

 

 ・・・そうすると細身の若い世代が対象になります。もちろん40代以上でも似合う人もいるかもしれませんが。

 

ついでに若い世代ででディオール・オムのスーツを購入出来る人は、年齢の割に非常に高収入でしょう。そしてその職業は「BG」ではないのでは・・・?    

 

そこがこの違和感につながるのではないかと思います。  

 

 

 

そんな事を考えながらもドラマを見続けています(笑)。

 

 

 

nst2

 

 

バリバリに決めているはずのキムタクとは正反対に、警視庁SPの江口洋介さんと、上司の川上隆也さんのブラックスーツ姿は違和感が無く、とても安心して観ていられます。

 

お二人のスーツのブランドは不明ですが、ノーマルな衿巾、普通の肩幅と着丈、ネクタイの幅も普通です。だけどピッタリ似合っています。

 

江口さんは公務員であるSP、上川さんは民間警備会社の課長という設定です。スーツ姿が見事にその設定をビジュアルで表現しています。おそらく二人のコーディネートは衣装スタイリストもやり易かったのではないでしょうか。

 

 

9

 

 

キムタクの細身のスーツ姿は、せめてディオールオムではなく、フィット感ある中庸なモードにしていれば、違和感はなかったのではと思います。

 

・・・あるいはBESPOKEなら、ドラマの設定をいかしつつスタイリッシュかつキムタクに似合うデザインのスーツを生み出せるのではないでしょうか?

 

 

nst4

 

 

・・・・キムタクとはビジュアルで比べ物にならない人間がこのエッセイを書いています。まさに「お前が言うか!」ですね。

 

 

しかし「スーツ姿」は、私はじめ世の男性ががどのようなビジュアルであろうとも、着ている男性の信頼感と男性らしさを演出してくれます。

 

だからこそ、「BG」で衿が細すぎるモードのスーツを着る木村拓哉さんには、本当に似合っているスーツを着てもらいたいのです!

 

【パターンオーダー】グレンチェックのイメージは俳優グレゴリー・ペック!

2018年2月7日

グレゴリー・ペック(1916-2003)は、アメリカを代表する映画俳優です。代表作は「アラバマ物語」、「ローマの休日」、「ナヴァロンの要塞」など数多く、特に「アラバマ物語」では米国南部の良心的弁護士役でアカデミー主演男優賞受賞を受賞しています。

 

 

gp (1)

 

 

 

gp

 

 

亡くなった2003年の「アメリカ映画100年オールタイムベストヒーロー」では、「アラバマ物語」の主役アティカス弁護士が、ジェームズ・ボンドやインディー・ジョーンズを抑えて、No1ヒーローに選出されています。

 

 

tkm

 

 

「アメリカの良心」的な役ではナンバーワンのグレゴリー・ペックは、大の洋服好きでした。時間があればロンドンのサヴィル・ロウに脚を運び、お気に入りのテーラー「ハンツマン(HUNTSMAN&SONS)」で、スーツやジャケット、コートなど様々な服をオーダーしていました。この様子は、サヴィルロウ・ビスポーク・アソシエーションが出版した「サヴィルロウ&アメリカ(Savile Row and America)」という本に詳しく載っています。

 

 

sra (1)

 

 

sra (2)

 

 

私の持っている俳優グレゴリー・ペックのイメージは、グレーのジャケットやスリーピースです。ポートレート写真でもグレーのヘリンボーン柄のジャケットを着ています。

 

今回仕上がったグレンチェックのスーツは、英国製サキソニーの重量感ある生地を使いました。同じサキソニー生地の色違いのチャコールグレーのウェストコート(ベスト)も合わせてお仕立てされました。

 

出来上がったスーツをボディに着せて、偶然手元近くにあった手結びのボウ・タイを合わせてみるといい雰囲気です。その瞬間に俳優グレゴリー・ペックのイメージだと想ったのです。

 

 

9

 

 

シングル2個ボタン、サイドベンツは英国製の背広のイメージです。生地はバルマー&ラム(BULMER & LUMB)の380g/mウール。しっかりとした打ち込みと重みのあるいかにも英国らしいサキソニー生地です。

 

 

8

 

 

2

 

 

お客様は昨夏アイリッシュ・リネンのスーツをお仕立ていただきました。硬めで肉厚のネイヴィーのアイリシュ・リネンはお仕事のお役に立てたようでした。そしてこの冬も英国製生地でオーダーをいただいたのです。

 

 

3

 

 

張りがあり存在感ある英国生地なら、スーツのカタチを立体的に保ちます。肩周りやバスト周辺がすっきり立体的に仕上がりました。

 

 

4

 

 

ウェストコートは、表生地と反対色であるチャコールグレーにされました。

この組み合わせは、ともすればややカジュアルになりがちなグレンチェックのスーツに、味わい深いクラシック感を追加してくれました。

 

 

5

 

 

 

ボタンは本水牛の艶消しのダークグレー。

ライニングは冬物ということもあり、エンジをチョイスされました。

 

 

6

 

 

7

 

 

 

このスリーピースは、お客様がすごされる、ご会合、お仕事、ご出張などで、なくてはならない存在になると思います。

 

お客様と一緒に活躍してくれるスリーピースであれば幸いです!

 

 

1

 

 

 

BULMER&LUMB(英国)380g/m Wool 

 

スーツS上下・お仕立て上り金額(税別)

 

パターンオーダー・・・・・¥81,200~

 

フルオーダー(仮縫付・ハンドメイド)・・・¥185,000~

 

 

 

 

【SAVILE ROW】紳士服の聖地で購入した「サヴィル・ロウ」の本

2018年1月6日

昨年末のクリスマスに、私の長女が英国ロンドンの仕立屋街、サヴィル・ロウ(Savile Row)にある老舗テーラーの「ハンツマン(Huntsman&sons)」を訪ねました。

 

 

 IMG_0934

 

 

目的は「洋服の仕立」ではなくクリスマスギフトだったのですが、ハンツマンのスタッフの皆さんは快く見知らぬ東洋人の小娘を接客していただき、お店の様子や仕事、裁断士やアトリエの説明をしていただきました。

 

 

IMG_0949

 

 

IMG_0939

 

 

長女が実家もテーラーをしている話をしましたら、親近感を持たれたのか写真もOKと言われましたので、このようにご紹介しています。

 

 

 IMG_0935

 

 

前にもご紹介した本日公開の映画「キングスマン(Kingsman Golden Circle)」の秘密基地こそ、この老舗テーラー「ハンツマン」という設定です。当然観光客も結構群がっていて、店内を覗こうとするのですが、もちろん勝手に入ったり写真は当然NGとことでしたから、長女の妙な度胸に感謝しなくてはなりません(笑)。

 

 

映画「キングスマン ゴールデンサークル」公式サイトはコチラ

 

 

2

 

 

※公開初日、私も観てきましたが・・・前作を凌駕する面白さでした。サヴィル・ロウのスーツスタイルも楽しめました! 明日はダブルブレストのストライプスーツを着て店頭に立とうと思います。

 

 

 6

 

 

 

ハンツマンに対する長女の感想は、ハイブランドの高級店よりも温かく、テーラーらしくある程度雑然としていて、スタッフも落ち着いている。接客はとても丁寧で自分のような若い人間にもきちんと敬称を付けて応対してくれる。「品格」とは何か考えさせてくれる店、とのことです。

(おお、こちらも頑張らなくてはなりません!)

 

 

IMG_3818

 

 

そのハンツマンで購入した本が「SAVILE ROW AND AMERICA」です。これは2015年5月にアメリカ、ワシントンDCの英国大使館公邸で開催された、同名の展示会の詳細をまとめた本です。

 

 

sva

 

 

サヴィル・ロウで活動しているテーラーやアパレルメーカーの団体「Savile Row Bespoke Association」は、サヴィル・ロウという仕立街の概念とそこで生み出される服を、アメリカの中心地で披露したいと考え、このような催しを開催しました。

この本には展示会のコンセプトから、実際に展示した洋服の写真や担当仕立店、そして生地の詳細まで明記されています。

 

 

sva2

 

 

特に面白いのは、展示カテゴリーです。一番最初は「THE MILITARY」、すなわち「軍服」で始まります。サヴィル・ロウは当初、英国軍の将官たちの軍服を仕立てる仕立店街としてスタートしました。したがってこの軍服分野は彼らの起源として外すことは出来ないのでしょう。

 

 

 sva3

 

 

「Formal Wear(礼装服)」、「Daywear(普段着=スーツ)」といったコーナーに追加して、「Sir Winston Churchill(サー・ウィンストン・チャーチル)」、「Gregory Peck and Huntsman(俳優グレゴリー・ペックとハンツマン)」といったサヴィル・ロウがお得意様とした人物達の服が展示されていることです。

 

 

 IMG_3827

 

 

ちなみに「ミリタリー」分野では1800年代の近衛兵の軍服、王族や従僕たちの制服が展示されています。各軍服にはキャプションが付けられています。例えばグルカ兵の服には、「臆病に生きるなら死ぬほうがいい」など。

 

 

sva4

 

 

「フォーマル」コーナーでは、テーブルセッティングとともに、タキシードが飾られています。有名なテーラーの仕立てた夜会服とともに、団体に所属する「アレクサンダー・マックイーン」のディナージャケットも展示されています。クラシックながらモードな香りのあるアヴァンギャルドな夜会服が素敵です。

 

 

sva6

 

 

IMG_3830

 

 

「サー・ウィンストン・チャーチル」コナーには、老舗ヘンリープールが複製したチャーチルお気に入りのフランネルのストライプスーツとならび、ヤルタ会談で着用したウオームコートが展示されています。

 

 

ya 

 

 

実際にヤルタで着用された型紙を元に復元したコートです。ダブルのアルスターカラーのコートの肩には、軍服の影響もうかがえるエポレット(肩章)が付いています。

 

 

IMG_3828

 

 

面白いのは俳優「グレゴリーペックとハンツマン」コーナーです。グレゴリーペックはハンツマンの上顧客でした。彼のご子息から特別に借り受けた実物のスーツやコートは、上衿と下衿を結ぶ線のゴージラインは高く、ウェストも絞られ肩幅もジャスト。全体のバランスから見て現代風なことに驚きです。

 

 

IMG_3824

 

 

「 デイウェア」のいわゆる仕事着としてのスーツ、「ザ・ベントレー・コミッション」のドライヴィング・ジャケット、カー・コートは秀逸です。車の運転にもこんな服でどうぞ!というサヴィル・ロウのスピリットを感じました。

 

 

IMG_3826

 

 

IMG_3829

 

 

・・・ということで、正月早々長々と述べてしまいましたが、紳士たるものやはり「紳士服」が必要なのだと痛感します。

 

Manners maketh  man (マナーは人をつくる)!

 

 

8

 

 

映画「キングスマン」でも主人公のエグジーが、カジュアルな動けるジャージを脱ぎ捨て、ダブルブレストスーツを着て「これじゃないとダメだ!」と、大暴れします。

 

 

1

 

 

永い時間をかけて積み重ねた男性の服装文化の先端はいつも「背広」です。その背広の語源となったと云われる「サヴィル・ロウ」から日本まで伝わった、伝統的な技術と思想の積み重ね。このスピリットを受け継いで、今に生きる私達はスタイリッシュでクラシックなお洋服を作り続けていきたいと思います。