ブログ

【今日のスタイル】THINK PINK ファンドレイジングパーティーにて

2014年7月6日

昨日7月5日夜は、THINK PINK Foundraising Party が開催されました。

乳がんを考えるボランティア団体、「ピンクリボンの会」の活動により、

日本国内でも「乳がん」について、広く認知されるようになりました。

日本人女性の14人に一人が罹病する「乳がん」について、

パーティーの華やかさだけではなく、より深く考えるきっかけとなる場でもありました。

 

__ 3

 

パーティー冒頭で、ゲストのAHN MIKAさん、司会の竪山博之さんが壇上に。

竪山さんは舞台演出や脚本のベテランで、ブラックのタキシードがお似合いです。

ご着用の「ピンクのウェストコート」は、この日の為にお仕立てさせていただきました。

パープルピンクの生地は、Holland & Sherryのウールギャバジン。

英国王室の近衛兵もこの生地で作った軍服を着用しています。

 

4

 

私の装いは、コットン・コードレーンのジャケットに、白いコットンのパンツ。

ネクタイはブラック地にピンクの小さな花があしらわれたもの。ピンクのチーフ、

ピンクストライプのシャツでした。靴はタイのブラックに合わせて、ブラックです。

ただし、バックスキンでカジュアル感を入れて、コットン系の上下に合わせてみました。

 

__ 1

 

パーティーのホスト役、相良正子様は薄く上品なピンクのカシミアのスーツ。

さすがです。若々しく美しく、しかも控えめなコーディネートですね。

コサージュが女性らしく華やかに、シックなスーツをドレスアップしていました。

 

 

最後に、このジャケットは、普段こんな感じで着用しています。

リゾート感あるデザインですが、着用するのは街中ということで、

ダブルブレストのショールカラー。フロントカットはラウンドにして、

柔らかく、ボタンは白蝶貝です。ネイヴィーパンツに合わせました。

 

5

 

夏のパーティーなら、ブラックがマストとならないので、

カジュアルな素材でも、コーディネート次第でパーティウェアになるものです。

【今日のスタイル】三寒四温の春・・ダブルのスーツもいい雰囲気です!

2014年4月20日

一週間前の陽気がうそのように、ここ南九州も肌寒い日が続いています。

 

春夏服に衣替えした、私のワードロープですが、しばらく「合い服」を着用しています。

 

m-f-suit2-001-e1365383152293

 

このスーツは、メンズ商品一覧の中で2番目にご紹介しています。

 

生地はサマーウールの薄手ですが、

ダブルブレストでスリーピースという変わり種ですので、今日あたり着用するには最適です。

 

1

 

ダブルブレストの魅力は、何といっても、クラシック感があふれていて、

着る人の気持ちを高めてくれる効果が抜群なところです。

 

3

 

生地は、古典柄のグレンチェック+ブルーのオーバーブレイドが入っています。

 

ライニングは、ブルー。夏向きに、「背抜き」にしています。

ベストのみ単品でご着用できるように、襟付きにしました。

 

m-f-suit2-007

 

腰にはチェンジポケットが付き、カフスは本切羽+ボタンホールの糸色も変化させています。

こんな遊びも、職人たちと語らいながら進めていけます。

BESPOKEの楽しみは様々です。

【今日のスタイル】新しい靴は、濃紺でした・・・。

2014年4月9日

 最近入手した、新しい革靴です。

 

 __ 1

 

 

ちょっと斬新なので、ご紹介したいと思いました(笑)。

 

何といっても、色が濃紺です。

写真ではちょっとうまく表現できないのですが・・・。

 

陽光の下では、おお、ネイヴィーだ!と、ひとり悦にいったりしています。

しかも、内羽根式、セミブローグ。 すこし肩の力を抜きつつも、スーツにも履けるかな、

という、「境界線」を狙っっているのです。

 

実はここ数年、革靴自体、購入していませんでした。

 

茶の靴が多くなりすぎて、黒の本格革靴を揃えていこうと、一年前から計画していました。

揃え初めて、半年前に黒いスウエードのチャッカーブーツを入手。

次がこれです。

 

・・・どうにも、王道の黒の革靴に行き着きませんね。

 

__ 2

 

・・・しかし、ネイヴィーの靴は、ご覧のように明るいネイヴィーのコットンコードレーンのジャケットに、デニム、白いスタンドカラーのシャツなどに、とても相性がよく、ちょっと満足でした。 

 

5

さて、この靴に合わせて、どんな服作ろうかな・・・

と考えているひと時が、テーラーの愉しみです。

 

【今日のスタイル】早春の東京、オーバーコートも今年最後?

2014年2月26日

 

先週末は、パターンの勉強で、恵比寿のESMOD JAPONにいました。

東京もかなり陽光がまぶしくなり、路傍の残雪も少なくなりました。

 

1395873_224655594367878_73579623_n

 

当店の基本パターンはいわば英国クラシックなのですが、そこに様々なエッセンスを入れてブラッシュアップしています。

 

しかし、現代のライフスタイルにマッチした、「クラシックかつ艶のある」服を目指すために、半年間にわたってジャケットのパターンメイキングの講習を受けて参りました。

 

先日の最終回では、終了証が渡されました。写真は指導の柴山先生と私です。(ちょっと頭の形がおかしくなっています・・・)

 

__ 1

 

柴山先生はイタリアのセコリ式のパターンメイキングも熟知している、

今、日本で最もすぐれた指導者です。

 

今回も深く学ばせていただきました。

 

 

服づくりコースも同時併設していました。

講師の西山先生のご指導のもと、生徒による手作りのジャケットが披露されました。

パターンとハンドの技術がマッチして、とても素敵な服が仕上がっていました。

 

__ 3__ 2

 

 

新しいパターンで仕立てたジャケットは、仮縫いと型紙補正が終わり、

 

これから仕立てに入ります。

 

出来上がりましたら、またこの場で披露させていただきます。

 

 

 __ 5

 

翌日は表参道あたりを散策しました。

 

風は冷たかったのですが、街のディスプレイには早春の気配が漂っていました。

 

__ 4

 

子供からもらった誕生日プレゼントのGiraffのツインタイを付けて、歩いていました。

 

ここではPoter&HardingのThorn Proofのツイードスーツに合わせましたが、

 

ネクタイ自体は春夏ものです。

麻やコットンのジャケットやスーツに、このネクタイ締めて過ごしてみたいです。

手前みそですが、センスいいプレゼントでした(笑)。

 

 

6__

 

 

森美術館の「アンディ・ウォーホル展」。

 

シルクスクリーンのポップアートはもちろん、ブレークする前の

商業デザイナー時代の作品は、見る人の心を魅了する温かみと描写が驚きです。

 

 

ああ、しかしオーバーコートの季節もおしまいですね・・・。

 

 

来週からはスプリングコートに切り替える予定です。