ブログ

【新作品】美しいレディース・スリーピーススーツ登場!

2016年6月9日

レディーススーツのオーダーが年々増えています。

 

以前は当店でスーツを仕立てている男性のお客様の奥様が、ご旅行やご会合用にフェミニンなシャネルスーツらしきシルエットのお洋服をお仕立ていただく程度。月に一着オーダーが来る位のものでした。

 

 

a1

 

 

ところが本格的に仕事に取り組む女性の方々も増え、スーツ姿の同僚の男性とともに働くとなると、どうしてもフェミニンなスタイルのスーツ姿では職場で浮いてしまいます。

 

 

a4

 

 

したがって、最近のレディススーツのオーダー、しっかりとしたウールのクラシックなスタイル、たまにはウェストコート(=ベスト)も付いたスリーピーススーツ(三揃)がとても多くなってきたのも、時代の流れでしょう。

 

 

a2

 

 

今回お仕立ていただいたスーツは、生地がイタリア、カノニコ(CANONICO)のウール&モヘア(16%)、260g/mの合夏物になります。

 

仕立て担当職人は加治木でしたが、モヘア混紡なのでピュアウールとはまた違うポイントに気を付けなくてはならなかったようです・・・。

 

 

a5

 

 

この260g/mのカノニコ、ウール&モヘア生地は非常に光沢があり、着用して動いているときのドレープがとても美しく表現されます。

 

 

001

 

 

ラペルの2つのホールは、2個のピンバッチを付けなくてはならない為に開けました。フラワーホールより目立たないこちらの形式にいたしました。

 

 

a3

 

 

昨日ご試着していただきました。

ご姿勢がいいので、スーツの着映えがしますね。

 

 

a6

 

 

a7

 

 

ジャケットのフロントボタンをはずしてリラックスした雰囲気もいいです。

しかし、ウェストコート(ベスト)もあるので締まります。

 

 

a8

 

 

ご試着いただいたお客様を中心に、お姉様とスタッフ福留理恵子と3人で記念写真を撮りました。

 

 

a9

 

 

明日から東京にご出張との事、このスーツが少しでもお客様のお仕事のお役にたてれば・・・ありがたいことです!

 

参考プライス・・・・

 

CANONICO/ITALY  260g/m Wool&Mohair(16%)

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)

※メンズのBESPOKEと同じ金額です

レディススーツS上下・お仕立て上り(税別)・・・・¥180,000

レディススーツ三揃・お仕立て上り(税別)・・・・¥210,000

【新作品】極上の着心地、ピュアコットンのレディス・ジャケット

2016年6月6日

まさに極上の着心地を実現したかのような、コットンジャケットが仕立て上りました。

仕立てた職人は、「にじいろミラクルチェンジ」で鹿児島の有名人になった(笑)加治木です。

 

 

lo2

 

 

このジャケットの生地はイタリア、ドラッパーズ(DRAPERS)のピュアコットンです。

コットンで240g/mというとかなり軽く薄いウェイトです。生地が薄くなると当然仕立ても難しくなります。

 

 

1

 

 

御客様からのオーダーは、通常の「一枚仕立て」よりもさらに着心地を追求して、羽のようにふわりと羽織るような極軽の一着にしてほしい、という条件です。

ちなみに通常の一枚仕立てはこのようになります。↓↓↓↓

 

 

001

 

 

今回はこのような仕立て上りになりました。

 

 

2

 

 

担当職人の加治木は、一枚仕立てを基本にして、唯一ライニングで付いていた背裏を取り除きました。

また、肩パッドを無くし袖裏も外しました。

 

 

5

 

 

通常のメンズの仕立てなら、将来の体形変化に備えて縫い代をたっぷり確保するのが、英国伝来の仕様になります。しかしお客様は女性で今現在の最高の着心地とシルエットを欲してらっしゃいます。加治木はなるべく余分な縫い代を取り除き、パイピング自体も細く仕上げました。

 

 

6

 

 

しなやかな一枚芯だけで作られたジャケットは、裁断士・伊達が描く合理的なダーツと展開により、二次元の生地が立体的に立ち上がります。

 

 

IMG_6932

 

 

最終的にはシンプルなフォルムと、何よりもごく軽く羽織れる最上の着心地を実現したことと思います。この夏活躍してくれる一着になりそうです!

 

 

3

 

 

DRAPERS(ITALY)

PURE COTTON(250g/m)

レディスジャケット・お仕立て上り

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥170,000~

 

 

 

【商品追加】「LADY`S (レディス)」コーナーに指揮者のスーツ追加

2016年6月2日

全国の吹奏楽部や合唱部を指揮する、女性指揮者の皆さまからオーダーを頂いている、「指揮者のレディス・スーツ」。

 

最近も県外からはるばる訪ねてこられたお客様からご注文をいただきました。

 

 

siki (5)

 

これまで商品の詳細なご説明をしておりませんでしたので、

こちらをご覧ください。

 

 

この指揮者のレディス・スーツは、楽団に向かって指揮をする指揮者の背中が

観客席から見て、最も美しく映えるように仕立ててあります。

 

 

siki (4)

 

 

三洲堂テーラーでは、このような指揮者向けのスーツをメンズ、レディスともにお客様と向き合って、最も素敵なお洋服となるようにお仕立てさせていただきます。

 

 

P1070384

 

 

生地は英国とイタリアの上質ウールを使います。

英国伝来の技を継承した若き職人達が一針入魂でお仕立てします。

 

 

a8

 

 

ご要望のあれこれをお聞かせ下さい!

一緒に考えながら(BESPOKE)、ベストな「指揮者のスーツ」をお仕立ていたします。

 

 

参考プライス

 

スーツS上下・お仕立て上り代金(税別)

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥180,000から

 

ジャケット・お仕立て上り代金(税別)

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥130,000から

 

【エッセイ】大好きなパンツスタイルと靴について想う事(雨の静かな日に)

2016年5月28日

今朝は雨。店までの通勤…とは言っても天文館の徒歩5分。

 

アーケードが伸びたお陰で傘をさして歩く所もわずかなのですが、先ずは、今日の靴は何を履きますかね? とコーディネートを考え出します。

 

それは、靴が好きだから?…

 

 

ptessey (1)

 

 

季節が変わって衣替えをする時、靴の入れ替えもする事になりますが、秋を前にはそろそろブーツかなと靴を出し、夏を前にはサンダルを出し、梅雨を前には少し傷んだ汚れてもいい靴を出し、おもむろに玄関で磨き出します。

(勿論、シーズンを終えた時も磨いてはいますが、たまに湿気でかびていたり、ヒールの滑り止めが削れていたり…久し振りに見る相棒たちのご機嫌をみます。)

 

下駄箱に手入れが済んだ靴を並べて眺め、箪笥の洋服を整頓したら新しい季節の始まりです。

 

 

ptessey (4)

 

 

洋服のコンディションもみます。

 

今朝は雨なので、靴は、ずーと前に買った焦げ茶のウエッジサンダルに、昨年作った茶チェックの麻シャツ。このシャツは、太ってウェストがきついのでいつも背中に横シワがよって、食事後は胃の前のボタンが開く事になっていました(泣)。

 

背中のダーツを解かなければと…おもむろに裁縫箱を出し、アイロンで仕上げて作業終了。折角だから今日着るぞー・・・

 

 

ptessey (2)

 

 

そのシャツにベージュのタイタン(真夏には暑い)のストレートのオジサンぽいパンツにバックルの大きいヌバックのベルトをして…。サンダルの季節に備えてフットジェルネイルだけは、先日して頂きました(良かったー)。

 

足の爪の色は、これまた濃いラメベージュ色。

 

あれ?色が被り過ぎました(まあいいっか)。(ハンドネイルは針を持つし、短い爪に自分でマニキュアをぬります。)ある日のコーディネートがこうして決まります。

 

 

ptessey (3)

 

 

また、実用性ばかりじゃなく、靴はアクセサリーの様でもあります。

洋服を引き立たせてくれるのも、靴のように思います。同じ洋服でも靴を替えるだけで雰囲気が変わります。

 

ちょっと気分を変えたいなと、ピアスかインパクトのあるネックレスを買おうと決めて2か月。

なかなか選べなかったのは、靴が一挙に傷んで履けなくなり靴を入れてのコーディネートがマンネリ化して、アクセサリーだけでは代わり映えせず面白くないように思ったからです。

女性らしい華奢なアクセサリーを付けるのも素敵ですが、どうも私には似合わないみたいです。

 

ところが、昨今風のレースアップ・プラットフォームシューズを新調して気分が上がりました。

 

今まで持っているパンツにも合い、最近作っサルエルパンツにも合うので、これは重宝です。アクセサリーはまた今度になりました(アクセサリー屋さんごめんなさい)。

 

 

ptessey (8)

 

 

ptessey (6)

 

 

三洲堂テーラーメイドのパンツあれこれに、それぞれの日の靴。

 

合わせて体型カバー効果を狙います。長めのパンツには、ヒールの高さが大事になるので、合わせて履かれる靴の高さを想定して仮縫いしたいものです。

 

 

ptessey (5)

 

 

短い丈のパンツには、思いっきり靴を目立たせたコーディネートでアクセサリー要らずです。アクセサリーも欲しいですが何でも買うことは出来ませんので要検討ですね。

 

 

ptessey (7)

 

 

靴のコーディネートで、あなたはどんな雰囲気のパンツ美人になりますか・・・