ブログ

【パンツ】初夏の候、パンツ(トラウザーズ)のご新調は如何?

2016年5月23日

当店舗のある、鹿児島市の照国表参道通りには商店街の努力で、多数のアジサイの植え込みが置いてあります。もうすぐ6月ということで、アジサイの花もいよいよ咲いてきました。

 

下のアジサイは、「ガクアジサイ」といいます。

 

 

mp0

 

 

アジサイの原産地は日本です。ガクアジサイは日本古来の自生しているアジサイの一種で、中央の小さな花を囲むように大きな花の額がとりまいています。

 

また、一般的なイメージのアジサイは、花が密集して咲く「ホンアジサイ」です。

密集してこんもりと咲いています。

 

 

IMG_6803

 

 

アジサイの花の色は、大きく青と赤にわかれます。花の色は土壌の性質により変化します。

土壌が酸性なら青色に、アルカリ性なら赤色になります。

アジサイの色合いを変化させるために園芸家は意図的に肥料の種類を変えています。

 

 

IMG_6834

 

 

ということで、初夏のアジサイの美しさと可憐さは何とも形容しがたいほどです。

 

さわやかな5月の内に、お散歩用の素敵なパンツがあれば・・・・ちょっと歩いてアジサイ鑑賞をゆっくり楽しめますね(笑)!

 

 

P01

 

 

このレディスパンツは、「サルエルパンツ」です。

サルエルパンツは、従来イスラム圏の民族衣装であったものが、パリコレで取り上げられて世間に広まったとのことです。股下が深く下がり、膝から下裾までかなり幅を狭く作っています。

レディスだけではなく、メンズで着用する方も多くなってきました。

 

 

P1 

 

 

こちらは、ストレートのレディスパンツです。

ズボンの裾は折り返してあり(ダブル)、丈も長めでたっぷりとしたストレートです。

パンツ単品で楽しめますね。

 

 

mp1

 

 

メンズの夏のトラウザーは、コットンシアーサッカー生地で仕立てました。

シアーサッカーはとにかく着心地が良く、ついついいつも履いてしまいます。

 

 

mp4

 

 

起伏感がある表情が夏らしく快適です。

麻のジャケットとも組み合わせてみました。

 

 

最近ではゴルフ用のニッカボッカ(ニッカーズ)のオーダーも増えてきました。

 

 

mp2

 

 

パンツはオーダーメイドの隠れたベストセラーです。

パターンオーダーでも¥25,000から。

仮縫い付きのBESPOKEなら、¥40,000からでお仕立ていたします!

 

サマーウール、麻やコットンの素敵なパンツ・・・仕立ててみませんか?

 

 

 

【新作品】立ち姿が粋なレディスのベスト(ウェストコート)!

2016年4月25日

私たちテーラーが使うイギリス英語のウェストコート(waistcoat)と、ベスト(vest)、ジレ(gilet)、チョッキ(日本語)・・・・その違いは何でしょう?

 

 

h5

 

 

基本的に、ジャケットの下に着て、シャツの上に着る袖なしの中間服のことを、

日本では「チョッキ」、英国では「ウェストコート」、アメリカでは「ベスト」、フランスでは「ジレ」と呼びます。

まず、ここが共通認識です。

 

 

h3

 

ところが、英国で「ベスト」といえば、袖なしの下着です。

また、フランスで「ベスト」は、袖の無い外套すなわちアウターウェアになります。

ここは気を付けたいところです。

 

 

L3P2

 

 

ちなみに日本語の「チョッキ」は、安土桃山時代にジャケットを表すフランス語の「jaque」やポルトガル語の「jaqueta」という言葉が入り、次第に訛ったのではないか、という説がありますが定かではありません。

ということは、本来はアウターで、フランスのベストと同じ意味だったのか・・・・何だか訳がわかわらくなりますね。

とりあえず、タイトルの如く一般的な表記の「ベスト」で統一しましょう。

 

 

1

 

 

3

 

 

店でもレディススーツをオーダーされる方も多くなってきました。

 

そして、レディススーツをオーダーされる女性の3割程の方が、同時にべストをオーダーされます。すなわち、スリーピーススーツをお仕立てされるのです。

 

 

L3P1

 

 

よく考えてみれば、女性のベスト姿は珍しくもありません。

銀行や郵便局、公共的な施設の窓口の女性は制服としてベストを着用されています。ベストを制服として着ている女性の方に話を聞くと、着用感が整っていることと、手が自由に動き仕事に便利なので大変重宝しているようです。

 

h1

 

 

普段制服を着用することのない、スーツが仕事着の女性の方でも、ベスト姿は背筋が伸びるし仕事もし易いということです。スリーピース姿は男性とともに会議をしたり、商談をしたりする際も相手に端正な印象を与えるので、仕事がし易くなるということでした。

 

 

h4

 

 

三洲堂テーラーでレディススーツを仕立てる場合、基本的にBESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)でのオーダーになります。確かにお値段は市販品と比べ高くお感じになるでしょう。しかし代えがたい価値があります。

 

男性と同じく、レディスもベストの追加は+30,000円(税別)いたします。

ベストのフロントは共生地で仕立てられていますが、背裏はジャケットと同じ裏地が貼られます。

 

IMG_6608

 

 

もちろんレディスベスト単品のオーダーも可能です。

その場合、お仕立て上り代金は約4万円からになります。

 

BESPOKEで本格レディススーツをお考えのお客様・・・・ぜひ一度ベストもご検討されては如何でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【イベント】レディスシャツもお買い得!VIPフェア開催中

2016年4月2日

久しぶりにレディスシャツを作ってみました。

 

 

レディスVIP (2)

 

 

生地は英国王室御用達のトーマス・メイソン(Thomas Mason)の美しい120番手のダークネイヴィーです。

 

カラーはショートワイド、カフスはスクエア(直角)、フライフロント(比翼)仕立てにして、スリムタイプに指定して仕上げました。

 

 

レディスVIP (3)

 

 

トーマス・メイソン生地のメタリックな光沢感が自分に合っていると感じます。

 

この春夏は活躍してくれそうです。

 

 

vip

 

 

4月17日まで開催中の、オーダーシャツ・VIP INVITATION FAIRは、このような上質のインポートシャツ生地や、「ロイヤルカリビアンコットン」と呼ばれる海島綿(シーアイランド・コットン)と同等のクオリティを持つシャツ生地でオーダーをすると、一枚当たり¥3000引きになる超お買い得フェアです。

 

 

レディスVIP (4)

 

 

レディスシャツも当然対象となっていて、専用ブックのお仕立て上り・¥18,000以上の品は、すべて▲3000円となります。

 

 

レディスシャツRW (2)

 

 

また、トーマス・メイソンとリバティ・プリントは、通常定価の+3000円でレディス対応になるのですが、これも▲3000なので、メンズと同じプライスでお仕立てが出来ます。

 

レディスVIP (6)

 

 

ボディスタイルはもちろん、カラーやカフス型の種類も多く、ボタンや刺繍などをチョイス出来ますから、まさにオリジナルな世界で一着のオーダーシャツが完成します!

 

 

レディスVIP (1)

 

 

この春夏のワードローブにシャツを増やそうか、とお考えの女性の方々、ぜひレディス・オーダーシャツをご検討下さい!

 

女性スタッフがメジャーリングも対応しますので、安心です!

 

 

Lady`s Custom Made Shirts

お仕立て上り・・・¥15,000から!

納期約15日で仕上がります。

 

皆さまのご来店を心よりお待ちしております!

【大島紬】チャーミング!ワンピースアンサンブル登場!

2016年2月7日

鹿児島県は大島紬の産地ということもあり、三洲堂テーラーでも大島紬でジャケットやコート、ワンピースなどをお仕立てする機会が多いです。

 

数年前まで「染織の匠」展という大島紬の伝統工芸士の方々の新作品展において、当店も様々な大島紬を使ったお洋服を発表していました。

 

 

 全景 

 

 

DSC_0227

 

 

 

最近は大島紬をご持参されて、お洋服にお仕立てするお客様が多く、今月も2点ほどオーダーが入っています。

 

今回オーダーをいただいたのは、女性のお客様からワンピース・アンサンブル、すなわちワンピースとセットアップのジャケットの組み合わせです。

 

 

2

 

 

シンプルなジャケットはノーカラーのフロントホックの付け合わせシングル。

 

見た目はシンプルですが、ジャケット内側にペン差しとカードポケットを備えた、ビジネス対応できる仕様になっています。

 

 

5 

 

 

 

7

 

 

ワンピースもシンプルなカタチです。スカート部分のフレアが、大島紬という完成されたピュアシルクが持つ光沢と物性的なドレープで美しい襞の陰影をもたらします。

 

 

4

 

 

洋服生地として大島紬は扱いにくく、仕立てることが難しい素材になります。

また、いわゆるお土産屋さんで販売している大島紬のお洋服は、値段とクオリティが乖離したものが多く、逆に大島紬の特徴を感じさせません。

 

しかし、大島紬にはピュアシルクの平織りならではの素晴らしい光沢があり、写真のようにひと目で判る高級感を持っています。それに加えて軽さと暖かさも兼ね備えています。

 

 

 6

 

ジャケットは上衣裁縫士の加治木、ワンピースは新人裁縫士の水迫が仕立てました。

BESPOKE TAILORならではの、しっかりとした永く着用できる仕上がりが、お客様にご満足いただけるポイントだと思います。

 

 

その他の「大島紬」作品はこちらのページをご覧ください。 

 

 1

 

 

鹿児島の家庭のタンスには、必ず大島紬が数反しまわれていたりします。

そのほとんどは、時節柄「着物」として仕立てる機会が無くなりつつあります。もったいないことです。

 

三洲堂テーラーは、そんな貴重な大島紬に光を当て、「服」としてご愛用できるようにお仕立てする技術とノウハウを豊富に持っています。

 

 

CIMG7148

 

 

CIMG7149

 

 

そのままタンスの奥底にしまい込んでいる大島紬がありましたら、ぜひ三洲堂テーラーにご相談下さい。

 

みなさまのライフスタイルに合った「大島紬」のお洋服を、お打ち合わせしながら(BESPOKE)ご愛用頂ける服のカタチにいたします!