ブログ

【お直し】衣替えの季節・・・最近の「お直し事情」について

2015年9月21日

ご愛用いただいたスーツやジャケット、コートなども、購入後10年ほども経ちますと、少々古さを感じるようになってきます。最も、20~30年位経ちますと、何故か「時代の流れ」を通り越して、とても良い風格が漂うお洋服になることも多々経験があります。そこは時間のスケールは違いますが、古い建物などの評価とも似ています。

 

 

直しビフォー (3)

 

 

私が20年前に仕立てた、ロロ・ピアーナのウール&カシミア生地のジャケットは、それこそ母国イタリアへも旅し長年愛用していましたが、サイズとデザインがかなり古く感じられるようになりました。

着丈が長く、サイズも大きく、どうにもダブダブ感がありました。1996年製ですからバブル後のゆったり感の影響が残っていたのでしょう。

 

直し仮縫 (4)

 

 

しかし、いきなり大幅にサイズ変更をするのは、ちょっと心配でしたから、「お直しの仮縫い」をいたしました。余談ですが、仮縫いをしている当時のスタッフ満留と、着用している私の人相が悪いですね(笑)。お見逃しください・・。

 

出来上がったジャケットは、着丈が72cmから68cmに短くなり、見幅と肩幅も詰めました。

ずいぶんすっきりとなり、今でも冬の散歩着として重宝しています。

(これまた、ドヤ顔でスミマセン・・・)

 

CIMG8244

 

 

こちらのジャケットは、モードなブランド、イタリアの「ドルチェ&ガッパーナ」のブラックジャケットです。

デザインは、一個ボタンのシングルですが、ご購入されたお客様には、少しジャケット丈が長すぎて、しかも釦位置が非常に低く感じられましたので、なんとかならないだろうか、とのご相談でした。

 

1

 

 

そこで、一個ボタンを2個ボタンのフロントに作り変え、ジャケット丈も詰めることにしました。

 

3

 

最終的には、このようなスリムなモードのジャケットに変わりました。

 

 

4

 

 

数年前までの「お直し」はどちらかといいますと、ご体型が太られて、ウェストのサイズが合わなくなり、しかたなくなく、ウェストを出したり、ジャケットの肩幅を出したりと、「大きくする」方向でした。

しかし、最近のお直しのご相談のほぼ7割は、「小さくする」方向です。

「小さくする」には、お洋服の構造とバランスが判っていないと作業ができません。デパートのお直しコーナーや「街のお直し屋さん」では、そこが難しいところです。

そこで、私たちテーラーの出番が増えているのだと思います。

 

 

アトリエのベテラン

 

 

ということで、大切なお洋服の「お直し」や「デザイン変更」は、ぜひ三洲堂テーラーにお任せいただきたいと思います。

 

これからの衣替えの季節、お直しがありましたら、お気軽にご相談下さいませ!

 

【お直し】ダブルスーツをシングルスーツへお直し!

2015年7月2日

  テーラーならではの、「お直し」の一つに、ダブルブレストスーツ(いわゆるダブル)をシングルブレストにデザイン変更してしまう、というものがあります。

 

今回、県外のお客様からご依頼のあったスーツは、生地はTaylor&Lodgeの上質ウール、仕立てもしっかりしているものでした。しかし、デザインがダブルだと、あまり着なくなってしまい、「もったいない」のですが、ずっと保管していらしたそうです。

 

 WtoS (2)

 

どうにかしなくては・・・とネットでそんなお直しを出来るお店をさがしているうちに、この当店のサイトに行き当たった、ということでした。

 

さっそく、昔ながらのダブルのスーツと、最近ご自身が好んで着用されているシングルのスーツを、当店まで送ってこられました。ダブルをシングルになるべく近づけて欲しい、とのご依頼です。

 

ということで、こちらが「シングル」にお直ししたスーツです。

 

 WtoS (5)

 

どうしてもラペルの形が変わってしまう事をご了承いただき、お直ししました。

 

結果、とてもシャープで個性的なシングルスーツに生まれ変わりました。

 

 WtoS (6)

 

ラペルの変化は、以下の通りです。

 

もともとのダブルの「ピークトラペル」を生かすこともできます。

 

WtoS (4)

 

 

 WtoS (1)

 

気になるお直し料金は・・・・

①ダブル → シングルへ デザイン変更・・・・¥26000

②肩幅の詰め・・・¥6,000

③ウェストの詰め・・・・¥4,000

④着丈の詰め・・・・¥5,000

合計・・・・¥41,000  となりました。

 

ということで、このような大規模なお直しは、お持ちのお洋服に価値をもってらっしゃる皆様に、ぜひ一度ご検討いただきたいおもっています!

【お直し】W(ダブル)のスーツやコートをシングルにお直し!

2015年5月19日

 最近全国からお問い合わせが多いのが、ダブルブレスト(W)のスーツやコートを、シングルブレストにお直し出来ないか、というご依頼です。

 

たしかに、ダブルのスーツが流行した時期がありました。

しかも、高額なブランド品も多く、みなさん捨てられずにいます。

制約はありますが、ダブル⇒シングルスーツへお直しは可能です。

下の写真をご覧ください。

 

SBF

 

          ↓↓↓↓↓

 

SAF

 

このように、襟のフラワーホールなどもあるために、襟の形に制約が出ます。

また、デザインを変えるだけでなく、着丈や身幅をタイトにするご依頼も同時にいただきます。

 

 

こちらはジバンシーのダブルのコートです。

シングルにカットした上で、着丈の調整もいたしました。

 

BF

         

         ↓↓↓↓↓

 

AF

 

このように、大切なダブルのスーツやコートがクローゼットに眠っていたら、

気分を変えて、シングルに作り変えてみてはいかがでしょうか?

 

なお、当店では大規模なお直しの場合、仮縫いによる着せ付けと補正を行います。

お直し後のイメージをご確認いただけますので、安心です!

 

NKN

 

ダブル(W)→シングル へお直し基本作業料金・・・¥26,000から。

 

他のお直し料金としては、

 

ウェスト詰め・・・¥3,000から

肩幅・袖・ウェストを同時に詰める・・・・¥13,000

袖丈詰め・・・・¥3,500から 

着丈詰め・・・・¥6,000

※お見積りさせていただいた上で、作業いたします。

【お直し】大切なお洋服のお直しなら、三洲堂テーラーに!

2015年3月15日

「お洋服のお直し」という言葉から連想される内容は、

「最近身体が太ってきたので、ウェスト周りを大きくして欲しい・・・」

というものだと思います。

 

 

意外に思われるかもしれませんが、お直しでご依頼される内容の7割は

「大きな服を、小さくして欲しい」 というご相談です。

 

c0168223_1371017

 

皆様、思い出のあるスーツやジャケットを大切に保管されてらっしゃいます。

 

ところが、いざ着て出かけようとすると、今の時代に合わず、着丈が長かったり、ぶかぶかだったり。

 

レディスですと、すごい肩パットが入っていて驚いたり。

 

当時ご購入されたお洋服のデザインが、「今」に合わなくなっている訳です。

 

 

 

今回お持ちいただいたお洋服は、ドルチェ&ガッパーナのスーツです。

 

具体的には写真の通り、ジャケットの着丈に対して、釦位置が低くなっていて、着用した時のVゾーンがあまりにも下過ぎて似合わなくなった、ということでした。

 

 1

 

最初は着丈の調節も考えましたが、釦ホールとポケットの位置から、あまり着丈をカットするとバランスが悪くなります。お客様のご要望では着丈5cmカットでしたが、3cmが限界でした。

 

そこで、思い切って2個ボタンのジャケットにすることを提案しまして、一週間後に仮縫いをしました。

 

 3

 

もともと肩幅も広く、袖丈も長かったので、調整しました。さらに、第一ボタンを追加し、フロントカットをややカッタウェイに逃がしました。ポケットフラップが外に出ていると、寸詰まりに見えますので、フラップは外して両玉縁にしました。

 

 2

 

最終的には、このようなジャケットに生まれ変わりました。

これでようやく活用できると、お喜びいただけました。

 

 4

 

この作業でかかった費用は、

 

着丈カット代金・・・・¥5,500

釦穴作りと、フロント返り線調整・・・・¥3,000

肩幅調整・・・・¥6,000

袖丈調整・・・¥3,500

 

計¥18,000 です。仮縫い代金も含んでいます。

 

 

皆様も、思い入れのあるお洋服をお持ちのことと思います。

ふたたび着て楽しみたい・・・・というお洋服が甦ります。

 

お捨てになる前に・・・・ぜひ、三洲堂テーラーにご相談ください!

 

丁寧にお見積りさせていただいてから、お直しいたします。