ブログ

【新商品】浴衣(ゆかた)感覚・・・プリント柄「シャツ・ジャケット」!

2017年6月26日

お客様からオーダーをいただいていた、シャツジャケットが仕上がってきました。

 

当店のパターンオーダーシャツジャケットは、専用のバンチブックから生地をお選びいただけると同時に、¥20,000追加すれば普通のシャツ生地をジャケットにお仕立てすることも可能です。

 

 

108

 

 

 

まず一着目のシャツ生地は、イタリアの高級シャツ生地メーカー、カンクリーニ(CANCLINI)の「ANTIBES(アンティーブ)」と銘打たれたライン。

 

 

clsj (2)

 

 

フランス南部リヴィエラ地方のリゾートタウン、アンティーブをイメージしたシャツは、80番双糸の薄手のピュアコットンに美しいプリントを施した、大変カラフルかつ開放感あふれる生地です。

 

 

ant

 

 

 

clsj (3)

 

 

 

シングル一個釦、ピークトラペル、ノーベントでお仕立てしました。

 

 

clsj (1)

 

 

背中に裏地(ライニング)をオプションで取り付ける事も可能ですが、このジャケットはなるべく「さらり」と着て楽しみたいとの事で、裏は全くありません。

 

 

 

clsj

 

 

 

袖のボタンも2個だけにして、本当に着流し風に身に付けるシンプルなデザインになっています。

 

 

IMG_1314

 

 

 

カンクリーニ・シャツジャケットお仕立て上り(税別)

シャツ代¥26,000+ジャケット加工賃¥20,000

=合計¥46,000(税別)です

 

 

 

IMG_1313

 

 

 

次に英国を代表するプリント柄、「リバティ・プリント(LIBERTY PRINT)」を使ったシャツジャケットです。

 

 

ltsj (3)

 

 

 

こちらはリバティ・プリントならではの、薄いベージュをベースとしたコットンに唐草模様が施された素敵な柄です。

 

 

ltsj (1)

 

 

シングル3個釦、センターベント、袖は3個釦の本切羽です。

 

 

 

ltsj (4)

 

 

 

リバティプリントの専門ブックには、このシャツ生地以外にも多数の楽しく美しいピュアコットンやリネン(麻)のプリント生地がコレクションされています。

 

 

 

ltsj (6)

 

 

リバティ・プリント(LIBERTY PRINT)

 

シャツ・ジャケットお仕立て上り(税別)

 

¥19,000++¥20,000=¥39,000

 

 

皆さまもこの夏、浴衣感覚で楽しめるプリント柄のシャツジャケットを、一枚お仕立てになってはいかがでしょうか?

 

【シャツ】何よりも快適なシャツをあなたに!

2017年6月9日

今日は梅雨の合間のすばらしく快適な気候の一日でした。

 

さて・・・・クールビズの主役「シャツ」。

今日は実際に仕立てたシャツの画像を皆さまにご紹介いたします。

 

 

JUN2017 (1) 

 

 

一番人気のホリゾンタルワイドは、タイドアップするのにちょうどいい開きです。ネクタイの結び方はダブルノットあるいはセミウィンザーでバランスがいいです。

 

 jun20172

 

私はノーネクタイですが、ホリゾンタルワイドならジャケット着用だとクールビズスタイルで雰囲気良くまとまります。

 

 

 

JUN2017 (6)

 

 

これからの本格的な夏を迎えて、ノーネクタイ専用カラー、イタリアンスタンドカラーはオススメです。

シームレスにバストからネックに昇るスタンドカラーは、開き加減を調整出来ます。少しセクシーなスタイルですね。

 

 JUN201706 (1)

 

ピュアリネンのシャツも夏の定番品です。涼しく程よいカジュアル感をもたらす麻シャツには、ヨーロッパで珍重されてきた高級品の雰囲気も漂う大人のお洒落ですね。

 

 JUN201706 (5)

 

レディースの麻もオススメです。

漂白感のある白のピュアリネンはキリッとしつつ大人の雰囲気で着用したいシャツです。

 

JUN201706 (3) 

 

 

英国王室御用達のシャツ生地メーカー「トーマスメイソン」のブルーのシャツはこの春一番人気でした。

 

 

JUN201706 (4)

 

 

バンドカラー(スタンドカラー)にダブルカフスのレディースシャツ。

深い ブルーが効いて、肌の色合いと相性が良くとてもノーブルな雰囲気になりました。

 

 

JUN2017 (5)

 

 

最後に個性的な生地デザインのシャツが仕上がってきました。

黒ベースの生地にドットとハート柄が並んだカワイイ、クールなシャツです。

アクセントはボタンホールの糸色がエンジ、レディースシャツオプションの共生地ストールをお付けしました。

 

 

JUN2017 (4)

 

 

 

お客様に実際に着用していただき、記念ショットです。

これまで当店のパターンオーダーシャツを定期的にオーダーして頂いたお客様ですが、今回のシャツもお似合いになってらしいました。

 

 

JUN2017 (3)

 

 

パターンオーダーシャツ

お仕立て上がりプライス(税別)

メンズ・・・¥9500~

レディース・・・¥14000~

納期は約20日間です

 

皆様のスペシャルなオーダーをお待ちしております!

【新商品】OPフェア作品集&イタリア製春夏ダークブラウン・スーツ。

2017年5月19日

今日はここ日本の深南部(ディープ・サウス)鹿児島では気温25度をこえ、初夏の日差しが降り注いでいます。夏服が欲しくなる気節になりました。

 

 

9

 

 

ご好評いただいている、

 

オーダーメイド・オプションフェア

 

5月28日・日曜日まで開催中です!

 

 

1

 

 

おかげさまでスーツ、シャツともに沢山のご注文をいただきまして、誠にありがとうございます。

いよいよシャツの最初のロットが続々と仕上がってきました。

 

 

IMG_0864

 

 

IMG_0865

 

 

夏素材のピュアリネンの白シャツは、紳士ならぜひとも持っておきたい定番品です。カジュアルなシーンでとても使えるリネンのシャツですが、仕事にもぜひお使いいただきたいものです。ニットタイなどとの相性もいいですね。

 

 

 

IMG_0867

 

 

IMG_0866

 

 

ピンクのカリビアン・コットンはカリブ海周辺で採取された最高級の綿100番手の糸を使っています。光沢と深みのある色合いです。

 

 

 

IMG_0850

 

 

レディスシャツも人気です。

 

当店のスタッフ、福留理恵子も英国王室御用達シャツ生地メーカー「トーマスメイソン(Thomas Mason)」の深みあるブルーのコットンで自分のシャツを作りました。

 

 

IMG_0861

 

 

最近流行のバンドカラー(スタンドカラー)のシャツは比翼仕立て、ダブルカフスにしました。毎日着ていたくなるシャツです。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

さて、パターンオーダーメイド・SARTORIAのスーツも次々に仕上がっています。

ご紹介するのは、イタリアの大手ミル(織物工場)カノニコ(CANONICO)のSuper120ウール(230g/m)、ダークブラウンのスーツです。

 

 

4

 

 

 

深いこげ茶色の生地は、春夏では珍しい色合いです。しかし、意外にもダークブラウンという色は春夏生地でもよくオーダーをいただきます。茶色のスーツには一定のファンが必ずいらっしゃいます。

 

 

3

 

 

シンプルなシングルブレスト2個釦のデザインですが、実はこの服の内側にオーダーされたお客様にしか判らない魅力が隠されています。

 

 

7

 

 

それは背中に隠されています。

今回はライニングが明るいベージュでした。背中の仕様を「背抜き」にしてサイドベンツで指定をいたしますと、表生地のダークブラウンを美しく縁取ってくれました。この仕立てを「額縁仕立て」と呼びます。

 

 

6

 

 

着用するたびにこの涼しげな額縁仕立てがちらりとのぞく・・・いくばくかの楽しい気分になりますね。

 

 

5

 

 

ボタンは本水牛の明るめの艶消しをお選びいただきました。ライニングはご覧のとおりです。

 

 

8

 

 

茶色のスーツはコーディネートを考えるのが楽しみです。

シャツは白やブルーどちらでもいい感じです。ネクタイはせっかくなのでベージュやブラウン系、淡いグリーンも相性がいいです。

なんといっても茶色やバーガンティー系の靴を履けるのが楽しみですね。

 

 

 

2

 

 

カノニコ(CANONICO) Super120`s Wool 230g/m

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

SARTORIA(パターンメイド)・・¥71,000~

 

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥178,000~

 

 

みなさまからの「ブラウンのお洋服」のオーダー、お待ちしております!

【実着用モデル】ネイヴィーブレザーがお似合いになるお三方!

2017年4月30日

GW(春の大型連休)2日目、鹿児島は穏やかな晴天です。

 

 

1

 

 

昨日から先行開始いたしましたスーツ&シャツ

 

2017春夏オーダーメイド・ オプションフェア

 

ですが、早速シャツやスーツ、ジャケットのご注文が入っております。

 

シャツメーカーもこのフェアに合わせて、夏の快適なシャツ生地を沢山追加してきました。また、今シーズンはリネン(麻)がとても人気で、昨日もシャツやジャケット、パンツ等のオーダーをいただいています。

 

 

7

 

 

アンジェリコ(ANGELICO・ITALY)のピュアリネンコレクションは、270g/mの盛夏用でとても軽く涼しい生地です。色柄も豊富です。ジャケットやスーツでぜひお試しください。

ジャケットお仕立て上り・BESPOKE仮縫付・ハンドメイド=¥160,000(一枚仕立)

SARTORIAパターンメイド・・¥63,000

 

 

 

8

 

イタリアを代表する高級シャツ生地メーカー、カンクリーニ(CANCLINI)のピュアリネンシャツは私が経験した麻シャツの中でも着心地、見た目ともに最高峰です!各色揃えています。

CANCLINIオーダーシャツ・・¥21,000

 

 

170415VIP (4)

 

 

ということで、ピュアリネンに限らずサマーウールのスーツやジャケット生地、シャツなら盛夏用クールマックスシャツ生地まで揃えています。ぜひこのオプションフェアをご活用下さい!

 

 

今日ご紹介するのは、最近三洲堂テーラーでパターンメイドSARTORIAでジャケット+パンツをお仕立ていただいたお客様のポートレートを、公開可ということでご紹介いたします。

 

最初のお客様は、ゼニアの三者混紡(ウール&リネン&シルク)ジャケット生地、CROSS-PLY(クロス・プライ)のジャケットと、合わせて同じくゼニアのトラヴェラーのパンツをお仕立て頂きました。

 

 

1

 

 

長身で引き締まったボディのお客様ですが、早速ジャケットをフル活用されているとのことです。ビジネスでもプライベートでもこのクロス・プライの雰囲気ならOKです。

 

 

2

 

 

 

次にご紹介するお客様は海外でご活躍中のビジネスマンでらっしゃいます。亜熱帯地方でのご勤務なので、スーツでお仕事をするよりノーネクタイのジャケット+パンツスタイルが現地でもスタンダードなビジネススタイルとのことです。

 

 

5

 

 

ジャケットは、イタリアのカルロ・バルベラ(CARLO BARBERA)、英国ウィリアム・ハルステッド社が得意とするモヘア60%+ウールのシャープなパンツを合わせていただきました。

 

 

6

 

 

 

 

最後は優しい雰囲気のお客様登場です。

日々建設関係で多忙なお客様もスーツよりジャケット+パンツのほうがお仕事に向いているとのことで、英国ダロウ・デイル(DARROW DALE)社のウィンドウペン柄ジャケット+グレーのパンツをお仕立ていただきました。

 

 

4

 

 

ダロウデイル生地は英国製らしい色柄に加え、シワになりにくく通気性のいい織りが特長です。同じ時期に作ったシャツも合わせてビジネスにフル活用いただいています。

 

 

3

 

 

いうことで「SARTORIAパターンメイド」なら、ジャケット+パンツで約七万円位からのご予算でお仕立ていただけます。

 

ぜひこの春の良いお天気に、三洲堂テーラーがお送りする

 

2017春夏オーダーメイド・オプションフェア

 

※詳しくはコチラ

 

をご利用いただいて、新しいお洋服を揃えてはいかがでしょうか?