ブログ

【新商品】英国がEU離脱を決めた日のダークブラウンスーツ

2016年6月24日

本日、英国民はEUからの離脱を国民投票によって決めました。

さきほど日本時間午後4時に、キャメロン首相は辞意を発表。

 

 

※紳士服発祥の地であり、紳士服飾の総本山である英国で起こったことを無視するわけにいかないので、本日も英国製品のご紹介となります・・・。

 

 

eurocrisis

 

※グレーが深まるほど離脱派優勢。逆にブルーは残留派ですから。スコットランドのEUへの親近感は同じ国家とは思えないほど意見が多様なんですね。

 

 

 

ukc

 

 

ニュースは世界を駆け巡り、英国通貨ポンドは急落。危機に強い「円」が買われ、一時期1ドル100円を下回りました。いつものことですが、急激な円高でお決まりの株価急落となり、ニュースで繰り返し報道されています。

 

・・・・それにしても・・・日本経済も失われた25年を経て株価や為替に一喜一憂されることのない、「本来の強い経済」を取り戻さなくてはなりません。常識とは違い、驚くほど貿易依存度の低い日本です。こんな危機に臨んで財務省の妨害にもめげず、大規模な財政出動で内需拡大ができるかどうか・・・安部首相の決断次第だと思います・・・。

 

 

英国民投票:BBC「離脱勝利」を予想、ポンド急落

 

 

よろこぶ離脱派の面々。面白いのはこの時期=6月末でもウェストコート着てますねぇ~。いやはやさすがです。

 

 

 

英国のEU離脱派がリード縮小、2ポイント差=TNS調査

 

 

 

おっと話がそれました。

 

英国民は、EUというシステムに象徴される「グローバル経済圏」に見切りを付けました。EUの域内での移民の流入は、地元英国の労働者の仕事を奪い、実質賃金の低下をもたらしていました。このEU離脱問題は純粋に「経済」の問題です。

日本でも単純労働で移民を増やそうという動きがありますが、英国民を見習ってほしいものです。

 

 

英国民投票:EU離脱へ、金融市場大荒れ ポンド急落・円急伸

 

ということで、ポンドが確実に易くなりそうですから、来春頃の英国生地は少々値下がりが期待できますな~。三洲堂テーラーはその分をかならずプライスとして還元いたします(笑)!

 

1

 

 

珍しい色合いのスーツが仕立て上りました。

生地は英国の老舗「テイラー&ロッジ(Taylor&Lodge)」のウール&モヘア(60%!)。

ダークブラウンすなわち「こげ茶」の逸品です。

 

 

2

 

 

夏なのにダークブラウン?と思われる事でしょうが、モヘアが60%ミックスされていますから、その光沢感や上質感はハンパない凄さです。

 

 

3

 

 

生地自体の弾力性も発揮され、しっかりとした立体的な仕上がり具合です。

 

 

4

 

 

まさにこのスーツも「身体をすっぽりと包まれる」着用感です。

 

 

5

 

 

限りなくブラックに近いダークブラウンスーツですが、ブラックよりもお洒落感が漂っています。中途半端な茶色よりここまで暗色になると、ブラウンながら華麗な雰囲気を出しています。

 

 

6

 

 

ボタンは本水牛、ライニングは綺麗なゴールド。

背抜き仕立てが美しく感じられます。

 

 

7

 

 

8

 

 

英国がEUから離脱してしばらくは騒々しいことでしょう。

しかし、ポンドが下落し輸出メリットが拡大していったら、地場産業も少しづつ拡大していくはずです。

 

英国伝統の毛織物業が発展していくことを、こんなニュースのさなかに願っててしまいました。

 

 

9

 

 

 

参考プライス

Taylor&Lodge 60%Mohair&40%Wool 240g/m

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

SARTORIA(パターンメイド)・・・¥105,800.

 

 

【エッセイ】・・・・デニムスーツが「重版出来」?

2016年6月19日

昨日からタイトルをTVドラマに因んだものにしています。

 

この春シーズンのTVドラマは面白いものが多く、楽しませていただきました。

 

 

 

yu

 

 

 

特にドラマ「ゆとりですがなにか」は、10代、20代の頃、山田太一脚本の「男たちの旅路」、「ふぞろいの林檎たち」といった人間ドラマを観て育った私でも、見ごたえのある素晴らしい作品だと感じます。

 

 

 

ju

 

 

 

ドラマ「重版出来」は週刊マンガ誌の舞台裏で動く人間模様を丁寧に描いていて、最後まで飽きずに観れました。上記ドラマ2つが終わってしまうのはちょっとさびしい気がします。

 

 

 

1

 

 

話は変わりますが、デニム生地を使ったジャケットやスーツのオーダーが増えています。デニムスーツのオーダーをいただくと、気分は70年代に逆戻りしてしまいます。

 

当時見ていたドラマでは萩原建一や松田優作、水谷豊といった俳優たちが劇中で一様にデニムの上下を着ていいました。もっともジャケットは「Gジャン」スタイルですから、かなりフラワーチルドレンな雰囲気(?)でした。

 

 

2

 

 

 

三洲堂テーラーでは70年代当時からデニムスーツを仕立てるお客様がいらっしゃったようです。写真は最近仕立てたデニムスーツです。

 

 

 

6

 

 

5

 

 

 

シンプルなシングル胸2個釦、サイドベンツのジャケットは、胸と腰にそれぞれアウトポケットを付けた、「スリーパッチ」スタイルです。

 

 

3

 

 

ショルダーはシャツ袖仕様になっています。すなわち袖が肩の下に付いているカタチです。柔らかい着心地となめらかな動きを保証してくれます。しかもスポーティーなイメージです。

 

 

4

 

 

一枚仕立てのデニムジャケットは、生地も頑丈ですからそのままゴロゴロ寝転がってもOKなへヴィーユーズ対応です。

こういうデニムジャケットは、目立つステッチも魅力の一つです。

せっかくなので、ステッチを入れて引き締めつつ、ドレッシーにしました。

 

 

11

 

 

こちらは少し前に作ったデニムジャケットのサンプルです。

フラップ付きポケットが3つ付いた、かなりカジュアル感あるデザインです。

 

 

9

 

 

こちらのジャケットにも、上襟に持ち出しのタブ飾りが付いています。

もともとはアウタージャケット用、荒天対応の防水目的の持ち出しボタン穴です。

 

 

10

 

 

こちらは、身頃の内ポケットをジッパーで開閉するタイプです。

少しワイルドな感じですね・・・!

 

 

7

 

 

こういったグレーやブルーデニムはもちろん、様々なデニム生地が入荷しています。

皆さまにもぜひ一度、デニムスーツにご挑戦ください!

 

 

デニム(ピュアコットン)

スーツS上下・お仕立て上り(税別)

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥178,000から

SARTORIA(パターンメイド)・・・・・・¥88,000から

 

【エッセイ】皺(シワ)からの解放!リンクルフリーとは・・・

2016年6月13日

夏服を悩ませる問題は結構ございます。

 

気温や湿度が高くなるのでどうしても汗をかきます。したがって生地の薄い夏スーツにも、汗染みがついたり湿気で重くなったりしますが、何といってもシワが発生し易くなります。

 

 

01 (2)

 

 

リネンのように「シワを楽しむ服」もあるのですが、ビジネスマンにとってなるたけ見た目も良くする必要がありますので、シワが少ないに越したことはありません。

 

そこで、スーツやシャツの生地メーカーは夏向けに「シワ対応」生地をコレクションしています。

 

 

01

 

 

薄手の生地を使いボディにフィットして作る現代の夏スーツ。どうしても着用するとシワになり易いのは避けて通れません。

 

 

11

 

 

しかし、シワからの回復性が良ければ問題はある程度解決します!この分野で有名なスーツ生地では、イタリアの有名生地ブランド、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)のトラヴェラー(TRAVELLER)が人気です。

 

 

3

 

 

撚りをかけて織り上げた2本の糸をさらに逆撚りをかけて1本にして、上下に生地として織りあげています。

 

1

 

 

私も着用しています。

まる一日着用したジャケットを肉厚のハンガーにかけておくと、夜間にある程度はシワがとれています。パンツは基本三洲堂テーラーでは「シロセットプレス」を施していますから、センタープレスは取れないし、シワの回復もとても良いのです。

 

 

2

 

 

また、最初からシワが寄り難いように織りあげた、3PLY、4PLYといったスーツ生地もあります。

3本、あるいは4本の糸をまとめて1本の織り糸にして、縦横で生地を織りあげます。生地の重量は重くなるのですが、シワが寄りにくい頑丈なスーツが仕上がります。この生地は主に英国で夏物として織られていますが、日本では合夏服扱いになります。

着用したままベッドに転がってもシワになりにくい剛性の強さです。

 

 

IMG_7090

 

 

また、3,4PLYまでいかなくても、メッシュ状に織りあげる「強撚糸(=ハイ・ツイスト)」生地も、普及品としてリリースされています。こちらもシワになりにくく通気性が良いので、夏服に向いています。

 

 

 

4

 

シャツ地においては、綿&ポリエステル生地ならシワになりにくく回復性もいいのですが、いかんせん夏場は着心地が悪くなります。

 

そこで、ピュアコットン(綿100%)でありながら、シワが寄りにくく、しかも家庭での洗濯後のプレスが容易な「リンクル・フリー(Wrinkle Free)」シャツ生地がリリースされました。

 

 

5

 

 

三洲堂テーラーのパターンメイドシャツにおいて、最も人気の高いシャツ生地のひとつがこの「リンクル・フリー」です。

しかも白無地系統のみならずストライプやチェック、レディス対応生地なども用意されています。

 

6

 

先月のパターンオーダー・オプションフェアにおいても沢山のリンクル・フリーシャツのオーダーをいただきました!

 

 

7

 

 

夏服の「シワ」に悩む皆さま、一度このブログに書かれている「シワ対応生地」で夏服をお仕立てになっては如何でしょうか?ご来店を心よりお待ちいたしております。

 

 

 

参考プライス(税別)

スーツS上下・お仕立て上り

 

Ermenegildo Zegna TRAVELLER 210g/m~250g/m

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥248,000より

SARTORIA(パターンメイド)・・・・・・・・・¥147,000より

 

William HALSTEAD 3PLY wool  300g/m

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥203,000より

SARTORIA(パターンメイド)・・・・・・・・・¥96,000より

 

CANONICO High Twist wool 230g/m

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥161,000より

SARTORIA(パターンメイド)・・・・・・・・・¥67,500より

 

Wrinkle Free (リンクル・フリー)オーダーシャツ

パターンオーダー・1枚あたり、¥12,000から

 

 

【エッセイ】遅くなりましたが、伊勢志摩サミットに見る各国首脳のスーツ姿は・・

2016年6月12日

5月26、27日の両日にわたって開催されたG7・伊勢志摩サミット。

初日は各国首脳が伊勢神宮に参拝したことも印象的でした。

オバマ大統領の広島訪問まで含め記憶に残る2日間になりました。

 

 

1

 

 

こちらは伊勢神宮での記念写真です。

 

 

3-1

 

 

4

 

 

首脳たちが伊勢神宮の参道を歩いていく姿とともにUPします。

 

各国首脳のスーツスタイルはほぼ予想通りでした。

基本的にダークスーツ。白シャツにブルーかエンジ系のネクタイを締めています。

 

靴は全員黒?と思いきや・・・・違う色の方がお一人。

詳細は後半で述べておきます。

 

 

 

 5

 

 

 

まず、我らが安部首相はライトネイヴィーといいますか、青いスーツが印象的でした。ネクタイは国旗のイメージを少し取り入れた明るいエンジです。

 

開催国の議長らしくクールに振舞おうという意思を感じます。同時に会議の中心人物ですから少し目立たなくてはなりません。そこまで考えての明るいネイヴィーとエンジのネクタイの組み合わせだったと思います。

 

 

 

 5-2

 

 

サミットの中心と云えば、米国のオバマ大統領。任期満了に近いせいか、開放的で明るい表情です。

190センチの高身長を生かした、第一ボタンが比較的下に付いている、スマートなシングル2個釦のスーツを着ています。

 

濃いグレーやブラックのスーツを好むオバマ大統領、サミット初日は定番のチャコールグレーのスーツ、レギュラーカラーのシャツに薄いブルーのネクタイというシンプルかつ信頼性を漂わせるコーディネートでした。

 

 

 

 

5-3

 

※ちなみにオバマ大統領が好んで仕立てるスキャバルのスーツ生地、

EATON Super130`s Wool 280g/mは、とても雰囲気の良い合服生地です。

実際にオバマ大統領がご着用している生地も入手可能です。

 

 

 

7 

 

 

英国のキャメロン首相は、ことのほかシックで控えめな印象のスタイルです。

パナマ文書問題で揺れるキャメロン首相ですが、英国人らしいネイヴィースーツにブルーのネクタイという伝統的な保守党スタイルでした。写真は25日の到着時の首相ですが、翌日のサミット初日も同じ組み合わせのコーディネートでした。

 

 

 

6

 

 

パリのテロ事件以来、厳戒態勢下のフランスのオランド大統領は、ダークネイヴィーにやはり暗めなネイヴィーのシックなネクタイの組み合わせです。

サミット期間中も同じスタイルであまり笑顔を見せませんでした。

気持ちがスーツ姿に表れているかのようでした。

 

 

 

 9

 

 

今回最も注目していたイタリアのレンツィ首相です。

 

26日朝セントレア空港到着時は濃紺のダークスーツに白いワイドスプレッドのシャツ、グレーのモード風細身のネクタイでした。

ところがお昼の伊勢神宮参拝時にはタブカラーのシャツに着替えて登場しました。

翌26日にはやはりタブカラーシャツに、エンジの細身のネクタイを付けていました。身体にフィットした動きやすそうなイタリアらしい仕立てのスーツです。

 

12 

 

 

 

この写真・・・よく見て下さい。

サミット出席者の首脳の中でただ一人、写真右端のレンツィ首相の靴の色は、ピカピカに磨き込まれたダークブラウンでした。

ポーランド出身のトゥスクEU理事会議長と何やら談笑するレンツイ首相

・・・さすがイタリア人です。

 

 

 

2 

 

 

 

27日のサミット宣言発表後の記念写真です。

相変わらず青いスーツの安部首相が目立っていますね。

 

メルケル首相の服装は基本的に毎回同じなので、感想は割愛させていただきますが、噂では26日のワーキングランチから相当ワインを飲んで良い調子だったらしいです。

安部首相の財政出動に根強い反対をおしだしてきたメルケル首相ですが、顔で笑って本当の態度は厳しく当たる・・・これが「外交」なのでしょう。

 

 

 

8

 

 

 

 

イケメンのカナダのトルドー首相のスタイル講評は今回はございません・・・。(イケメンは何を着ても似合うので・・・)

 

 

10

 

 

 

サミット後に忘れがたい出来事がありました。オバマ大統領の広島訪問です。

 

この時はネイヴィーのスーツにシックなブルーグレーの無地のネクタイ姿です。安部首相も例の青いスーツから濃紺のスーツに着替えていました。

 

 

 

11

 

 

 

世代を、国境を超えて伝わる自然な感動が広がりました。

 

被爆者の肩をそっと抱き締めるオバマ大統領。

何かと賛否両論の米国大統領ですが、人間としてのオバマさんを感じます。

 

 

13

 

 

ということで、各国首脳のスーツスタイルと表情を観察し、比較したり論評が出来るのも「ネットの時代」だからこそ。

 

そんな時代だから、なおさら現実の服装や振る舞いの一つ一つに、意味と意思を込めなくてはならない、と感じる今回のサミットでした。