ブログ

【エッセイ】映画「ワーテルロー(Waterloo)」と指揮官たちの服装

2016年10月9日

映画「ワーテルロー」は、1970年に製作されたソ連・イタリア合作の超大作戦争映画でした。

 

 

wtl

 

 

CGの技術が全くない当時、戦場の模様、軍装、兵器、1815年頃のパーティーシーンなど、せべてが手作りで作られ、アナログで撮影されています。

今でも映画を完成させるには大変な労力が必要です。そう考えると、当時の大作と云われる映画、「ベン・ハー」や「アラビアのロレンス」などはいかような熱意と手間暇をかけて製作されていたのか、想像もつきません。

 

 

fa

 

 

この映画はその名前の通り、ナポレオンが敗北した最後の会戦「ワーテルローの戦い」の一日を史実に沿って描いています。開戦前のちょっとした幕劇はあるいものの、映画のほとんどは史上まれにみる激戦を、ロシア人の監督がソ連陸軍の最大限の協力を得て撮影しています。

 

 

Christopher Plummer in Waterloo

 

 

英国軍を率いるウェリントン公爵を俳優クリストファー・プラマーが演じています。この人もキャリアが長い俳優で、私も沢山の出演作を観てきました。しかし、この作品のクリストファー・プラマーは長いキャリアの中でも、最も光り輝いています。

 

 

well

 

 

戦場に一人立つウェリントンは、目の覚めるようなブルーのシングルジャケットに白いパンツ、上襟はスタンドカラーとなっています。シャツの胸元には勲章を下げるリボンが美しいネクタイのように配されていました。

 

 

well2

 

 

凄絶な戦闘の最中、白馬に乗り指揮を取る彼の周囲は、英国伝統の赤い軍服(レッド・コート)の将校が固めていて、そのシーン自体が絵になります。

 

 

cp2

 

 

写真左の俳優ジャック・ホーキンスは勇猛なピクトン将軍を演じています。ご覧のようにピクトン将軍はダブルのフロックコートに雨傘を持つ、典型的な英国紳士姿です。

事実、戦場に軍服が届くのが遅れ、このような平服で指揮を取ったようです。彼が指揮する陸軍師団が前進する際には、バグパイプ奏者が随行し聞きなれたあのメロディーを奏でます。

不釣り合いの様で何故か戦場に響き渡るバグパイプの音色に闘争心が掻き立てられるのでしょう。

 

 

Wkihei

 

 

映画では、英国側の無謀なスコットランド騎兵の突撃の失敗と、これも効果が無かったフランス軍の近衛騎兵隊の英国方陣への攻撃なども描かれます。スコットランド騎兵は赤と金、フランス騎兵はブルーとグレーの軍服です。

 

fc

 

 

騎兵は花形だったのでしょう、両軍とも彩り豊かな軍服、サーベルを光らして突撃するその美しさは、実写ならではの映像です。

 

 

nap

 

 

忘れてはならない主役、皇帝ナポレオンを演ずるのは俳優ロッド・スタイガー。

伝説の英雄でありカリスマ指導者としての貫録を感じさせながら、中年になり少しづつ体力や判断力が鈍りつつ指揮をするナポレオンを見事に演じています。

 

 

nap3

 

 

これぞナポレオン・カラーという彼の代名詞となったコートを着て、馬形帽を昔風に横にかぶり、小太りの身体に後ろ手を組んで戦争の指揮をする。英国軍がウェリントンと幕僚たちのチームで指揮をするのと違い、すべての命令がナポレオンという権力者から発する。・・・そして負けていく。孤独が伝わってきます。

 

 

nap2

 

 

ロッド・スタイガーはナポレオンになりきって演じています。敗色濃厚な会戦の終盤、これまで皇帝に従ってきた歴戦のベテラン近衛連隊の最後の突撃と共に馬を進ませがらも、政治的な配慮で周囲から断られ、寂しく戦場を去るナポレオンを背中だけで表現していました。

 

 

fc2

 

 

nei

 

 

軍服やドレスの作製にどれほどの資金を投じたのか判りませんが、19世紀初頭の絵画でしか分からない当時の服装が甦る贅沢な映画だと思います。

 

 

 

Waterloo (1970)dvd

 

 

日本語字幕版も久々に復活したようです。よろしければ、一度ご覧になってはいかがでしょうか?

 

 

【新作品】ジョン・フォスターと伝統あるブラック・ダイク・バンド

2016年9月7日

世界を代表する高級生地マーチャントブランド、スキャバル(SCABAL)からネクタイが入荷しました。

毎シーズン全て売り切れてしまうスキャバルのネクタイ。ご来店の折にはぜひご覧ください!

 

 

tie

 

 

 

英国のジョン・フォスター社は、古く1827年創業のイングランドでも老舗のミル(織物工場)です。

 

創業者ジョン・フォスター氏は今もその跡が残る、ウェストヨークシャー州のクイーンズベリー村のブラック・ダイク・ヒルという丘陵に、ブラック・ダイク・ミルズという紡績工場を建立しました。

 

 

 bdm

 

 

このブラック・ダイク・ミルズは19世紀中葉には英国でも最大の毛織物メーカーに成長し、世界中にハイクオリティな紳士服地を輸出していました。

一方創業者ジョン・フォスターはクイーンズベリー村のブラスバンド(金管バンド)に、フレンチホルンの奏者として加わっていました。村の小さなバンドはそのうちに資金難になり、ジョン・フォスター氏の工場、ブラック・ダイク・ミルズの一部屋を借りて存続することになりました。

 

 

bdb2

 

 

そしてバンド名を「ブラック・ダイク・ミルズ・バンド」と名付け、19世紀後半から活発に演奏活動を開始、英国の全てのコンクールで金賞を獲得し、数ある英国ブラスバンドの中で最も早く「グランドスラム」を達成、1905年には英国バンド・オブ・ザ・イヤーにも選出されました。日本にも過去数回ライブに訪れたこともあります。

 

 

bdb1

 

 

ところが、バンドの母体だったジョン・フォスター社は1996年に折からの繊維不況で、工場を売却することになりました。ただし、現在も大手繊維グループの傘下で、英国らしい生地を織り続けています。

 

一方、バンドは英国中のファンや地元の企業からの支援で存続することとなり、「ブラック・ダイク・バンド」として活動し続けています。

 

 

inf_det_image_457

 

 

そんなブラック・ダイク・バンドが26年ぶりに来日公演することになりました。

私もぜひ聴きに行こうと思っております。

 

詳細はこちらの「日本公演」ページをどうぞ。

 

 

HBC

 

 

19世紀の英国の繊維産業の企業家は、このような文化的な活動を支援するパトロンとしての役割を持っていたようです。さらにジョン・フォスター氏と息子たちは英国中部の古い城を買い取り、補修改築し現代まで残したりしています。

 

 

d3

 

 

ということで、英国ジョン・フォスター社が展開する別ブランド「ダロー・デール(DARROW DALE)」の生地で仕立てたスーツが仕立て上りました。

 

2個釦、センターベント、背抜きのシンプルなデザインです。

 

 

d5

 

 

夏向けの強撚糸で織り上げられたダロウ・デイルの生地で仕立てたスーツは、通気性に優れシワからの回復性も強いです。ドレープが美しいクラシックな一着になりました。

織り柄が施された生地は、角度により織り柄が浮き立ち、深みを感じる一着になりました。

 

 

 

d4

 

 

 

英国生地の弾力性を生かし、肩やウェストラインのドレープを立体的に出せました。

また、職人のきめ細かいラペルの裏の「ハ刺し」が綺麗なロールを作り出します。

 

 

d6

 

 

 

ボタンは練り釦。凝った作りで高級感があります。

 

 

d8

 

 

ライニングは美しいネイヴィーのペイズリーです。

 

 

d7

 

 

 

d9

 

 

 

英国紳士服地の歴史を感じさせるジョン・フォスター=ダロウ・デイルのスーツ。

様々な歴史を経て、昔ながらの英国で織られた生地、加えて英国発祥の仕立て技術は極東の果てまで伝播し、今や20代の若い職人がお客様の正統派クラシックスーツを仕立てる。・・・これが文化といわずして何でしょう? 

 

 

d2

 

 

ということで、気になるプライスは

 

John Foster / Darrow Dale purewool

 

スーツS上下・お仕立て上り(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・・¥167,000より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【エッセイ】極彩色のEW&F 「SEPTEMBER」!

2016年9月5日

9月に入り、名実ともに「秋」がやって参りました。

 

9月の英単語は、セプテンバー(September)です。

 

 

9月TOP画

 

 

語源は面白い事に、ラテン語で「第7の」という意味の「septem」の語に由来しています。

 

しかし、「第7」がなぜ「第9」になってしまったかというと、ローマ共和国時代の紀元前153年に、それまで3月を年の始めとしていたのを、この年より1月を年の始めとすると改めたにもかかわらず、月の名称だけは変えなかったためということです。

 

 

 

sept1

 

 

 

個人的に「セプテンバー」というワードを耳で聴くと、アメリカのソウルバンド「アース・ウィンド・アンド・ファイヤー(Earth, Wind & Fire・・・・以下EW&F)」の1978年の大ヒット曲「セプテンバー」を思い出します。

 

 

 

sept

 

↑ YOUTUBEにアップされています

 

 

ちょうど私が高校に入ってまもなく、私の家にアメリカから交換留学生のパメラという女子学生が3か月ホームステイすることになりました。

 

私も高校一年の男子でしたから、当然ですがホームステイにやってくるアメリカの女の子にとても興味がありました。

 

パム(パメラの愛称)がホームステイに来た時に私は驚きました。ブロンドで碧い眼、チャーミングな笑顔。何より驚いたのは身長が自分より10cmほど高いことと、横幅が私の二倍ほどあったことです。私の妄想していた(笑)思いはフェードアウトしていきました・・・。

 

それはともかく、陽気なパムは我が家の一員として3か月間ホームステイし、日本にも家族にもなじみ、楽しく過ごしていました。

 

 

ewf

 

 

そのパムが毎日のように我が家のステレオで聞いていたのが、EW&Fの「セプテンバー」でした。

 

軽快なリズムとコーラスに乗って流れていくファンキーなビート・・・・アメリカのニューヨーク州からはるか何千キロも離れた鹿児島でパムは何を思っていつも「セプテンバー」を聴いてたのでしょうか?

 

ある日、この曲の歌詞の意味を教えてくれと訊いてみましたが、パムは自分で調べろと相手してくれませんでした。後から調べてみると、12月に9月の楽しかった愛の思い出を語っているようなセンチメンタルな歌詞でした。

 

鹿児島からアメリカへ帰る時、パムは立派な鹿児島弁をしゃべっていました。ちょっと歌手の「AI」さんのような感じです。35年以上過ぎて(!)パムは今はどうしていることやら。

 

しかしパムの事を思い出すと必ず「セプテンバー」のリズムが脳裏に溢れてきます。

 

 

sept3

 

 

三洲堂テーラーには極彩色の生地サンプルも沢山ございます。

この南イタリアのカチョポリのコート生地ブックには、まるでEW&Fでも着ていそうなオレンジからブルーまで揃っています。

 

私も今年はちょっと派手な色合いのスーツやジャケットに挑戦する予定です。

 

 

 

 

 

【今日のアトリエ】ベテランから若手へつなぐ技術

2016年8月27日

FALL2016 SEASON IN !!

 

8月中の秋冬オーダーには各種特典がございます!

 

 

 

アトリエでまた新しい「修行」の一ページが始まりました。

 

「修行」を始めたのは、パンツ&ウェストコート裁縫担当の宮原です。

 

 

IMG_4139

 

 

高校を卒業し英国ケンブリッジの服飾専門学校で学んだ後、パリのトルコ人の仕立屋で見習いを経験した宮原は、3年前に当店に入社しアトリエに加わりました。

 

 

宮原

 

 

 

すべての仕立て職人と同じく、修行のスタートはパンツを徹底的に仕立てる事です。

お客様にご満足いただけるパンツ仕立てをマスターした後、すぐにウェストコート(=ベスト、チョッキ)の仕立てを学びます。

 

 

 

kajiki&miya

 

 

 

先輩職人の加治木が、宮原に本格的な仕立ての初歩から指導しました。明るい性格で普段は陽気な加治木ですが指導は厳しく、宮原を「がる(怒る)」こともしばしありました。

 

 

 

くろき

 

 

 

加治木は宮原を指導すると同時に、超ベテラン職人の黒木からジャケット仕立ての技術を学び、現在ではお客様のお洋服のお仕立てで活躍しています。

 

 

 

IMG_4138

 

 

 

約3年パンツとウェストコートを作り続け、遂に宮原のジャケットの仕立て修行が始まりました。

ジャケット仕立てを指導する先輩は、もう10年活躍している大迫です。

大迫は裁縫士の故吉元から技術を伝承され、現在当店で最も難しい仕事を任されています。

 

 

 

1

 

 

 

大迫は吉元譲りの「緻密」なきめの細かい仕事が得意です。

若い宮原が、吉元から大迫へ伝承してきた「縫製の技術」を習得し、店の戦力になるまでしばらくの時間が必要です。

 

 

 

P1050125

 

 

 

裁断士の伊達も、前任者の川路からおおよその製図や裁断の手法を伝授されました。川路が辞めた後、お客様にご迷惑をかけない為にも、猛勉強して現在の「裁断士」の腕を磨きました。

 

 

 

P1050126

 

 

 

 

店の歴史は流れつつ、その粋(すい)である「技術」は伝承され、現在の若手につながれていきます。

 

 

pic2

 

 

 

001

 

 

 

代表の自分は、生地とデザインのプロフェッショナルであると同時に、彼らアトリエの職人たちが存分に腕をふるえるように仕事を創っていくことが使命です。

 

 

花

 

 

 

IMG_7806

 

 

ますます成長していく若手職人を一人前にするためにも、皆さま是非スーツをご新調される際は、「三洲堂テーラー」をよろしくご利用のほどお願い申し上げます!!