ブログ

【イベント】OVER COAT FAIR 開催!

2017年12月13日

OVER COAT FAIR 開催!

 

 

気象庁長期予報では3月まで平均気温が低いとの事。

 

ということで、オーヴァーコートフェアを開催いたします。

 

 

811

 

 

期間:12月30日まで

 

各種オーヴァーコート

 

BESPOKE(フルオーダー)

 

10~20%OFF!

 

 

 

c3

 

 

 

①現物生地=ピュアカシミア、ウール&カシミア、

コート用ウールでオーダーの場合、

 

・・・20%OFF!

 

(コートお仕立て上り定価18~48万円まで揃えております)

 

 

9

 

 

 

 

②生地見本帳 ゼニア&ピアチェンツア

ピュアカシミア、ウール&カシミア生地使用

 

・・・10%OFF!

 

 

c1

 

 

 

c3

 

 

今回の目玉はエルメネジルド・ゼニアのピュアカシミア。

コート・お仕立て上りプライス(税別)・・・¥380,000

 

 

 

1

 

 

 

3

 

 

同じくピアチェンツア(PIACENZA)ピュアカシミア

コート・お仕立て上りプライス(税別)・・¥303,000

 

 

 

4

 

 

ピアチェンツア(PIACENZA)、ウール&カシミア

コート・お仕立て上りプライス(税別)・・¥199,000

 

 

a1

 

 

 コートをご検討なら、この機会をぜひご利用下さい! 

 

【新作品】ロロピアーナのフラッグシップ「ウィンター・タスアニアン」スーツ

2017年12月10日

オーストラリア最南部、タスマニア島は我が日本の北海道よりもやや小さい面積の島です。南極海に面した気候と風土は北海道に似ているようです。夏は最高気温24度、冬は雪が多く5度。

 

 

230px-Tasmania_in_Australia_svg

 

 

 

10

 

 

 

ただし、雨が多く電力は全て水力発電でまかなわれています。

1642年、オランダ人タスマンにより発見された島は、その後英国の流刑地として開発され、今では風光明媚な観光地であり、農業と牧畜で有名な州となりました。

 

学生時代の最後の年、私はオーストラリア一周旅行をしていましたが、調整がつかずタスマニア島には渡れませんでした。旅の途中でオーストラリアの人たちからタスマニアは我が国の最後の楽園だよ、と言われていたので残念でした。

 

 

11

 

 

そのタスマニア島で飼育されているメリノ羊から採取される最高級のウールは、本土の羊毛に比べて柔らかく、しなやかで繊維の細さで有名です。

 

 

12

 

 

なかでも、スーパーファインウールと呼ばれるSuper100‘s(18.5マイクロン)以上の細さのウールは非常に評価が高く、本日ご紹介するウィンター・タスマニアン(Winter Tasmanian)のスーツをご覧いただけますとその上質感が判ります。

 

ウィンタータスアニアンについて詳しく表記したページはコチラ!

 

表題にロロ・ピアーナのウィンター・タスマニアンは同社のフラッグシップ(旗艦)と私が勝手に表記しています。というのも、この20年BESPOKE TAILORとして、数々の冬物生地に触れてきましたが、この生地ほど立体的に仕立て上り完成度が高く、しなやかで艶のある生地はなかなかお目にかかれません。

 

 

9

 

 

ということで、写真のスリーピース・スーツはウィンター・タスアニアンのオルタネート・ストライプでお仕立てしました。

 

 

8

 

 

シングルブレスト2個ボタンですが、お客様のリクエストで腰ポケットはやや斜めのスラントポケットにしています。背中はサイドベンツを切りました。

 

 

IMG_3570

 

 

毛芯がベースになっている張りのある生地は、肩からバスト、そしてウェストへ美しいドレープを描いてくれます。

 

 

2

 

 

やや小さめのアームホールに付く袖は、十分にイセ込まれて円やかで立体的な曲線を描きます。着心地を左右する大切なポイントでもあります。

 

 

4

 

 

上質な生地はたっぷりと贅沢に使い、身体を覆いたくなるのがテーラーの性(さが)です。今回もウェストコートをおすすめし、スリーピースでお仕立てしました。

 

 

5

 

 

ウェストコートの背中にはジャケットと同じライニングが付きます。

今回はロロ・ピアーナのオフィシャルロゴ入りネイヴィーのキュプラをお選びいただきました。

 

 

6

 

 

ボタンは貴重なバッファローホーンを使いました。表生地が上質なので、とても高級感がある釦を使わないとバランスがとれません。

 

 

IMG_3563

 

 

 

7

 

 

年の瀬が近づいて、いよいよ寒くなってきました。忘年会はじめ行事も目白押しです。

ウィンタータスマニアンのスーツは、普段のお仕事から大切な会議や式典などでご活躍いただけるものと思います。

 

 

 

1

 

 

 

Loro Piana WINTER TASMANIAN Super150`s WOOL 340g/m

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー・仮縫い付きハンドメイド)・・・¥374,000

 

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・¥213,000

【イベント】英王室御用達シャツ生地メーカー「トーマス・メイソン」フェア 開催!

2017年11月13日

2

 

 

トーマスメイソン・リミテッド・ノベルティ・フェア

 

期間: 11月18日・土曜日~12月10日・日曜日

 

特典: 

 

①定価2~3万円が、一着¥16,000!!

 

②トーマスメイソン、ロゴ刻印白蝶貝釦付き!

 

③トーマスメイソン、ミニノートをノベルティで差し上げます

 

 

 

7

 

 

 

1976年英国創業の老舗シャツ生地メーカー「トーマス・メイソン(THOMAS MASON)」。

 

三洲堂テーラーでは、下記期間限定で、シャツ生地の至宝と呼ばれるその生地を限定30点、通常価格の50~70%程度の、一枚¥16,000(税別)でオーダーシャツをお仕立てします。

 

 

 

9

 

 

 

それでは、どのような生地があるのでしょうか・・・?

 

簡単にご紹介いたしましょう!

 

 

3

 

 

無地系生地×10点 白、濃紺、ピンクなどに加え、サックス(薄いブルー系)のバリエーションが4点もあります。特にDOWNING(86504)、CAMBRIDGE(86508)といった名称のサックスは美しく人気沸騰間違い無しでしょう。

 

 

4

 

 

 

 

白の柄物、ストライプ、生成りで構成される10点。白柄物は光沢があり高級感満点です。ストライプならサックスのヘアラインのSILVER(86516)は色気すら感じます。生成りのROYAL OXFORD(86510)は個人的に好きです。自分のシャツを作ろうと考えています。

 

 

5

 

 

 

 

やや太めのストライプやチェックで構成される10点。少しカジュアルな雰囲気も感じられます。パープルの太めの交互ストライプが素敵なREGENT(86524)、2色使いのタッタ―ソールチェックが英国風なROYAL OXFORD(86528)など、既にご予約をいただいています。

 

6

 

 

 

 

・・・ということで、シャツ業界でも最も評価の高い「トーマス・メイソン」シャツ生地を、一着あたり¥16,000でお仕立て出来る機会も少ないです!

 

納期は約2週間プラス。最終オーダーでも年内納品いたします!

 

みなさまのご来店を心よりお待ちしております!

【オーダーシャツ】オプションフェアは続くよどこまでも(13日まで)♪

2017年10月30日

オーダーシャツを中心としたオプションフェア開催中です!

 

 

 OPハガキ

 

シャツは有料オプション×3個まで、最大¥7700無料です。

 

 

ここ数日仕上がったシャツをご紹介いたします。

まず、ビジネス向けのシャツから・・・

 

 

 2017OP (4)

 

 

サックスブルーのシャツ、生地は100番手のロイヤルカリビアン・コットン。

 

カラーはショートレギュラーのスナップダウン(スナップ止め)。オプションは茶蝶貝釦とネームです。ネームは系の色糸ラヴェンダーで入れました。

 

2017OP (5)

 

 

 

 

次に英国王室ご用達のシャツ生地メーカー、トーマスメイソン(Thomas Mason)の、交互に色違いのストライプを配置した、「オルタネートストライプ」柄のシャツです。

 

2017OP (2)

 

 

カラーは同じくショートレギュラー、ボタンは白蝶貝です。ネームはオレンジで入れました。

 

2017OP (3)

 

 

続いて同じトーマス・メイソンのチェックのシャツ。

 

2017OP (6)

 

 

カラーはドレスボタンダウン、カフスはノーブル型。ボタンは茶蝶貝。

 

2017OP (7)

 

 

 

アルビニの珍しいチェックのネルシャツ。

 

2017OP (1)

 

 

カラーはショートレギュラー、ボタンは茶蝶貝釦、ボタンホール糸色はブルー、ポケットチーフを付けました。

 

 

2017OP (10)

 

 

カラーとカフスのインナーに別布パーツを用いたシャツです。

 

 

IMG_2891

 

表生地はイタリアのレッジウーノ、別布はモダンな幾何学模様。カラーはトラディショナルボタンダウン、ボタンはパープル。

 

 

 

IMG_2892

 

 

表生地はアルビニ、別布はペイズリーです。カラーはホリゾンタルワイド、ボタンはプラスティックのフラワータイプ。

 

 

 

IMG_2893

 

 

IMG_2894

 

 

表生地はカンクリーニ、別布は黒字にドット。こちらもカラーはホリゾンタルワイドです。ボタンはポリエステルのネイヴィー。

 

 

OPハガキ

 

 

オプションフェアは、11月13日・月曜日まで!!

 

 

別布パーツは¥1000、貝釦は¥500~1000、ポケットチーフは¥1000・・・等々、多数の楽しいオプションもご用意して、みなさまのオーダーをお待ちしております。