ブログ

【フルオーダー】ハーディ・エイミスのシックなダークスーツ  

2018年1月14日

ハーディー・エイミス卿 (Sir Hardy Amies)は英国のデザイナーでした。1909生まれで2003年に93歳で亡くなりました。サヴィル・ロウに店舗を構え、紳士服。婦人服のオーダーからレディメイド(既製品)まで扱うブランドの創立者です。

 

※写真は80歳ころのエイミス卿。

 

 he3

 

戦前は英国陸軍情報部に所属し、対ナチスドイツのパルチザン運動を地下で指揮していました。その頃からファッションに興味を持っていたようです。

戦後すぐに自分のブランドを立ち上げ、サヴィルロウに自分の名前を冠した店舗を出店しました。後にエリザベス女王お抱えの仕立屋として英国王室御用達店の称号ももらっていました。

 

she 

 

 

私にとってハーディー・エイミス卿は、英国起源であるスーツの学術的な先生として尊敬する存在です。著書「イギリスの紳士服(The Englishman’s Suit)」は、スーツがいかにして今のスタイルになったのか、エレガントな装いの基本的な条件とは、サヴィルロウとは・・などなどとても面白くためになる本です。店頭でしゃべっているほとんどの豆知識はエイミス卿の受け売りだったりします(笑)。

 

 

HE1

 

 

また、亡くなる少し前にMensEx誌に掲載されたインタヴューでも印象に残るこんなフレーズがありました。

 

問・・・英国では、3つボタンスーツの釦は、普通どこを留めればいいのですか?

 

卿の答え・・・普通にスーツを着て生活する際に、スーツのボタンはどれを留めても大仰だね。特に座っているときは基本的にボタンは外します。どうしても礼儀正しくしなくてはならない場合は、ようやく真ん中1つ掛ける、というのがいいと思います。つまり、スーツを着るならいつも周囲に堅苦しいイメージを持たれない事が大切なのです・・・

 

 

1

 

 

ということで、エイミス卿の名前が由来の、英国製「HARDY AMIES」のスーツが完成しました。ハーディー・エイミスがミル(織物工場)に依頼して織った生地は、英国製のしっかりした打ち込み(310g/m)です。

 

 

3

 

 

ダークネイヴィーに3センチ間隔の濃いめのベージュの縞が入り、その間にはヘリンボーンの細やかな織りが入る、昔からの英国の凝った作りのダークスーツ生地です。

 

 

4

 

 

お身体が大きいお客様なので、肩周りバスト周りはある程度のゆとりを持たせて着心地良いようにお仕立てしました。

 

 

6

 

 

ボタンもやや大きめのサイズの練ボタン。ライニングは少し紫の入ったネイヴィーのペイズリー柄です。表生地がシックならばライニングはお洒落に・・・。英国的な考えですが、羽織の裏地に凝る日本人も気質が似ています。

 

7

 

 

ハーディーエイミスの生地は取り扱いが終わり、今は入荷しておりません。貴重な一着となりました。

久しぶりに卿の「イギリスの紳士服」を手に取ると、宝石の様な紳士服のスピリットがあふれ出るようです。ご興味のある皆さま、ご一読されてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

【フルオーダー】Zegna・ELECTA スリーピース・スーツ

2018年1月7日

10th Anniversary SALE  開催中!

 

 

期間:1月21日・日曜日まで

 

sale2017AW

 

 

内容: フルオーダー、パターンオーダーともに

 

ストック生地のオーダー = 20%OFF!

 

 

生地バンチブック(見本帳)オーダー=10%OFF!

 

 

sansyudo Tailor 店舗 (12)

 

 

超お買い得な10周年記念生地もございます!

 

詳しくはコチラのページをどうぞ!

 

 

美しい冬生地、イタリア、エルメネジルド・ゼニアのエレクタ(ELECTA)生地で仕立てたスリーピース・スーツが完成しました。

 

 

1

 

 

「エレクタ」=ELECTA はゼニアを代表する冬生地になります。

生地の厚さを図る指標数値の「目付き」は、320~340g/m。Super120相当の細番手の糸をたっぷりと使い、しっかりとした織でボリュームを出しています。

やや明るめの紺は、冬のスーツながら明るく軽やかなイメージです。

 

 

2

 

 

 

お客様は最近冬服はすべてスリーピースです。じかも紺無地が多く体型もあまり変化がないので、周囲からはいつも同じイメージでみられるらしいのですが、それが良いとのことでした。

 

 

5

 

 

肩の下がりが左右で大幅に違うために、裁断士・伊達の補正も毎回緊張いたします。型紙がある程度合っているのですが、お客様も毎回微妙にコンディションが違いますし、生地も毎度それぞれのクセが有りますから、補正が大切です。

 

 

 

3

 

 

 

今回はラペルのロール感をたっぷりと出しました。

 

アイロンなどなくても、こまやかな「ハ刺し」を施すことで、衿が美しく弧を描きます。胸にボリューム感が出て、ウェストにかけてシェイプするドレープと相乗効果もあって、スーツに優美な男性美が出現します。英国ロンドンのサヴィル・ロウではぐくまれた技術は、この極東の仕立職人にも受け継がれているようです。

 

 

4

 

 

ラペルのロール感とともに、大切なポイントは袖付けです。袖はたまご型のアームホールを包み込み、イセ込まれながら付きます。袖はお客様の腕と同じ方向に付かなくてはなりません。

 

 

6

 

 

ウェストコート(チョッキ)はボディにほぼジャストフィットで作ります。チョッキの背中はジャケットのライニングと同じ裏地を使います。

 

 

7

 

 

ライニングとボタンはゼニアのオフィシャルをお選びいただきました。生地となじみいい雰囲気になります。

 

 

8

 

 

 

9

 

 

厳しい冬の寒さが続いています。仕事で着用するスーツも肉厚な冬生地、例えばこのエレクタのような少々ヘヴィーウェイトなものや、フランネルやツイードなどのが増えています。

そしてスリーピースやダブルブレストの出番となります。

 

 

10

 

 

三洲堂テーラーでは、冬のSALE中です。ぜひ皆様もクラシックで防寒も兼ねるスリーピース・スーツにご挑戦されてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

Ermenegildo Zegna ELECTA 320-340g/m

 

スリーピース・スーツ お仕立て上がりプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー)・・・・¥248,000から

 

SARTORIA(パターンオーダー)・・・¥124,000から

 

 

 

9

【謹賀新年】春はSCABAL。スリーピースが素敵です!

2018年1月4日

2018年、明けましておめでとうございます。

 

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

三洲堂テーラーでは、移転10周年を記念しまして、

 

10th Anniversary SALE 開催中です!

 

 

sale2017AW

 

※詳しくはコチラをご覧ください!

 

 

 

この秋冬は気温が低く、朝晩の冷え込みも厳しい日が続いています。
例年夏に気温が高いと冬は寒くなるといわれます。
お洋服のオーダーも、厚みを表現する1メートル辺りのグラム数すなわち「目付き」が300g/mを超える冬物生地の注文が多くなっています。
ちなみに目付き250g/mがオールシーズンの合服地となります。この数字が250より小さければ、春夏物になります。逆に多ければ秋冬物になるわけです。

 

 

01

 

また、スリーピーススーツのオーダーも多く頂いています。
ウェストコート(ベスト)が一枚ある事で防寒になります。
また、風合いの良い冬生地なら身体を生地ですっぽり覆いたいものです。そうなるとスリーピースやダブルブレストスーツ(ダブルのスーツ)が有効です。

 

 

1

 

 

年末に納品したスーツもスリーピースでした。生地はスキャバルの冬物320g/mウールです。お客様はスリーピース初めてでしたが、このところの寒さからウェストコートが必要となりました。

 

 

10

 


やや細身のスポーツマン体系のお客様は手足が長く、バランスを考えて3つボタン中一個掛けの段返りジャケットをオーダーされました。

 

 

2

 

 

生地の色合いはやや明るいグレー地にブルーとチャコールグレーのストライプが交互に入り、織柄も入っている「オルタネートストライプ」です。
やや幅広のオルタネートストライプは目立つ訳では無いですが、存在感があります。まさに「紳士服」という言葉を絵で描いたようなクラシックな仕上がりとなりました。

 

 

3-2

 

 

生地にしっかりとした目付きがあり、張りと腰もありますので、肩入れや袖付けの仕上がりに立体感が生まれます。
担当裁縫師の水迫がクラシックなスクエアショルダーを作ってくれました。

 

 

4

 

 

ライニングとボタンはスキャバルのロゴ入りオフィシャル。
グレーの表生地に裏地のネイヴィーが対照的です。

 

 

7

 

 

 

9

 

 


もちろんウェストコートの背中もジャケットと同じネイヴィーのロゴ入りです。

ウェストコートがとてもお似合いでしたので、思わず写真を頂きました(笑)!

 

 

5

 

 

6

 

 

 

同時にオーダーされた、トーマスメイソン(THOMAS MASON )のブルーストライプのシャツをご着用されてスリーピースをご試着されました。

 

 

11

 

 


この冬にこのスリーピーススーツは、お仕事のお打ち合わせや懇親会、ご出張などにお役に立てる事と思います。

 

 

 

12

 

 

SCABAL 320g/m Super 100’s wool


スーツS上下お仕立て上がりプライス


フルオーダー(仮縫付きハンドメイド)・・・¥212000〜


パターンオーダーメイド・・・¥110000〜

 

 

10周年記念SALE開催中です!

1月21日・日曜日まで。

この冬のスリーピース、このSALEでお仕立てしませんか?

 

年末年始の営業スケジュールご案内

2017年12月29日

年末年始の営業スケジュールは以下の通りです。

 

12月30日・土曜日 午後3時閉店

 

12月31日~1月3日 店休日

 

1月4日・木曜日 正午開店

 

以下通常営業です

 

 

scabal

 

 

皆さまのご来店をお待ちしております!