ブログ

【パターンオーダー】寒い冬をゼニアのエレクタ・スーツで乗り切りたい・・

2018年1月25日

冬物・合物 SALE継続中です!

 

 

 

ストック(在庫)生地からのオーダー

 

フル&パターンオともに、定価の20%OFF

 

 

 

生地バンチブック(見本帳)からのオーダー

 

フル&パターンオともに、定価の10%OFF

 

 

 

「本日天気晴朗なれど寒風強し」。連合艦隊の参謀、秋山真之ならこう言ったでしょうか・・「温暖化」という用語はどこにいったのか、この冬の寒さは尋常ではありません。

なんといっても、日本本土のディープサウス、鹿児島でさえお昼の気温が5度。体感気温はなんと1度となっています。

 

 

 

1

 

 

今ならこんな寒い日は温かく軽いダウンコートが必需品なのでしょうが、英国発祥の正統派紳士服飾の拠点を自認する当店の私としては、フランネルのスリーピースにツイードのコートを羽織り、衿巻で頑張らせていただきます。

 

 

n2

 

 

ということで、連日フルオーダー、パターンオーダーともに冬服が仕立て上っています。今日ご紹介するパターンオーダースーツは、イタリアを代表する生地メーカー、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)の冬向け生地「エレクタ(ELECTA)」を使いました。

 

 

n1

 

 

生地の表面を正確にカメラで表現する事はとても難しいのです。このエレクタの表情は上の写真がかなり正確にとらえています。ダークネイヴィーに細めの消しストライプが刻まれた光沢のあるエレガントな生地です。

 

n4

 

 

330g/mのしっかりとしたゼニアのエレクタ生地は、仕立て映えすることでも有名です。美しい肩周り、胸のボリューム、ウェストにかけてのシェイプなど、スーツが本来持っている美しさの表現は、まさに生地の品質によります。

 

 

n5

 

 

優美なバルカポケットも当店のパターンオーダーの特徴の一つです。バストに沿って綺麗にカーブし、せり上がっていきます。

 

 

n6

 

 

ボタンはゼニアのオフィシャル本水牛釦です。

 

 

n7

 

 

n8

 

 

ライニングはこれもオフィシャル。水色にドットのイタリアらしい美しい色が特長です。

 

n10

 

 

「スーツは背中で着るもの」。背中の広さは、人物の大きさにもつながるらしいです。ジャストフィットするスーツを着用すれば、背中も美しく決まります。

 

 

n3

 

 

現在冬スーツの納期は、

 

フルオーダー(仮縫い付きハンドメイド)・・・約一か月(応相談)

パターンオーダー・SARTORIA・・約40日

 

まだまだご着用いただけます!

秋冬生地でのオーダーは、SALE期間中の2月12日までにお越しください!

冬物SALE & 「キングスマン・ゴールデンサークル」鑑賞券プレゼント!

2018年1月23日

冬物SALE  継続開催中!

 

 

 

期間:2月12日・月曜日まで

 

 

内容: フルオーダー、パターンオーダーともに

 

●ストック生地のオーダー = 20%OFF!

 

●生地ブック(見本帳)オーダー=10%OFF!

 

 

 

 

6

 

 

三洲堂テーラーは、

 

映画「キングスマン・ゴールデンサークル」を

 

応援いたします!

 

 

 

2

 

 

ということで、最新の春夏生地でオーダーを頂いたお客様に、

 

「天文館シネマパラダイス」映画ペア鑑賞券をプレゼント!

 

「キングスマン」を含む全上映作品を鑑賞いただけます!

 

 

 

【レディース】エレガントなスーツならBESPOKE(フルオーダー)で!

2018年1月15日

開店10周年記念SALE開催中!

 

 

~1月21日・日曜日まで

 

 

ストック生地オーダー・・・20%OFF!

 

見本帳からのオーダー・・・10%OFF!

 

 

 

sale2017AW

 

 

 

三洲堂テーラーでは、レディースウェアは全てBESPOKE、すなわち仮縫い付きハンドメイドのフルオーダーでお仕立ていたします。

 

美しいレディース・スーツが仕立て上りました。ジャケットはショールカラーの1個ボタン。スカートは裾にかけてフレアを出しました。

 

 

1

 

 

生地はロロピアーナのSuper150`sウール(250g/m)です。

非常に深いダークネイヴィーをベースに、シャープなペンシルストライプが刻まれたエレガントな柄です。

 

 

7

 

 

 

お客様はご子息様の卒業式に合わせて、こちらのスーツをオーダーされました。生地を決め、デザインをお打ち合わせしているうちに、このようなショールカラーのジャケットとフレアスカートの組み合わせになりました。

 

 

2

 

 

デザインを決めたら仮縫いを作り、フィッティングです。

 

裁断士・伊達に加え、レディスチームが参加し、4人でお客様の着せ付けと補正をいたします。まずはスカートから。全体的な大きさやスカート丈、フレアの状況などお客様とお打ち合わせしながらいい雰囲気になるようにフィッティングをしていきます。

 

 

9

 

 

 

8

 

 

フィッティングが終わると裁断士が生地と型紙の補正をし、仕事は裁縫士の手にわたります。今回の担当はジャケット、スカートともに職人の水迫が担当となりました。

 

 

10

 

 

入社して3年が経とうとする水迫。手前味噌で申し訳ありませんが、大変緻密ないい仕事をします。今回仕上がったお洋服をご試着いただきましたが、とてもいい雰囲気に仕上がっていました。

 

 

3

 

 

 

4

 

 

立体的なショールカラーもうまく表現できていて、肩と袖の付き具合も申し分なく仕上がっています。お客様からもご満足いただけたようでした。

 

 

 

6

 

 

最後にアトリエチーフの福留理恵子と記念写真をいただきました。これからもこのスーツが様々なシーンでお役にたってくれればありがたいです!

【お知らせ】本日1月15日・月曜日は店休日です

2018年1月15日

本日、1月15日・月曜日は

 

 

店休日となります。

 

 

よろしくお願い申し上げます!

 

 

夜警