ブログ

【ご報告】ドレメ・サマーセミナーに参加してきました!

2018年7月26日

7月24日・杉野服飾学園、ドレスメーカー学院において開催された、「ドレメ サマーセミナー」に参加しました。

 

1970年代の杉野芳子博物館所蔵のドレスを対象に、オートクチュールの技法やデザインを解説。

 

70年代のファッションが若者たちに流行している今、タイムリーな演題となり大変勉強になりました。

 

現代の素材に新しい技法を置き換えながら、新たに先生方が製作されたドレスは、どれも力強く美しかった!!です。

 

 

 

 

IMG_8873

 

プリーツのひだ奥と山に1mmのコバステッチがかかっていました!

何百本あるのかしら。

 

 

 

 

 

IMG_8874

 

 

 

 

 

 

IMG_8875

生地はポリエステル100%

 

 

 

 

 

IMG_8927

峯岸先生の作品。尾洲のコットン&ナイロン。シャネルが使いそうな素材です。

切り替え無しでタックだけでシルエットを表現しています。

 

 

 

 

 

IMG_8928

 

 

 

 

 

 

IMG_8929

背中ファスナー。綺麗なドレープ。

 

 

 

 

 

IMG_8925

渡邉先生のシャツワンピースとジレ。

オーガンジーの背中のシャーリングをミシンで印、手作業で。

 

 

 

 

 

IMG_8924

透ける素材の縫代の始末が模様になって見えます。

 

 

 

 

 

IMG_8922

 

須澤先生のBIGトレンチ。ワイドパンツとインナーは箔プリントを

あしらっています。

 

 

 

 

 

IMG_8921

一枚仕立てのトレンチコート。

2枚になっているのは、台襟とポケットの一部だけです。

ポリエステルシャンタンの生地の分量が多いけど、大変軽い仕立てです。

 

 

 

 

 

IMG_8923

モデルさんに蛍光オレンジが良く似合っていました。

 

 

 

 

 

IMG_8930

75年のドレスのモチーフを水玉模様にプリント。

 

 

 

 

 

IMG_8932

曲り斜文織で織った布で、リボンをノッキング。

ポリエステルオーガンジーで表地を裏打ちしています。

 

 

 

 

IMG_8934

メッセージ書も、店でのレディースオーダーの参考になります。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8935

75年のドレスはモチーフだけのシンプルAライン。

Illustratorでモチーフの水玉模様に切り替えワンピースのパターンに。

 

 

 

 

 

 

IMG_8896

須澤先生(向かって左)と渡邉先生。

私は大島紬のスーツ。

 

 

 

 

IMG_8894

峯岸先生(右隣)は私が養成科野の時の担任をされていました。

左は、mannequins japon デザイナーの阪口英明さん。

 

 

 

 

 

IMG_7438

中央の担任教授はその頃の私には別世界の方のようでした。

若い同級生と 懐かしい一枚。

 

 

20数年前 卒業した私を、当時 教えて下さった先生方(皆様 偉い先生方になっていらっしゃる)にお会い出来 感激でした。

 

多分同世代?の先生方に巡り会えて 写真をパチリ。

ありがとうございました。。。

 

紳士服に+α が活きるように、綺麗なレディースがプロデュース出来るようになります。

 

 

by  Rieko Fukudome

【エッセイ】ズボン、スラックス、トラウザーズ、パンツ。違いは何?

2018年7月25日

世界最古の「ズボン」は、中国タリム盆地の墳墓から見つかった3,300年前のもので、遊牧民が馬に騎乗する際に着用していたものと考えられています。

 

同様のズボンは、イラン人やスキタイ人のようなユーラシア大陸の放牧民が着用し、さらにトルコ人からハンガリー人などに伝わりました。主に馬に乗る際に便利なので遊牧民とともに、ズボンは世界中に広まりました。

 

 

TTs

※ドイツ北部の遺跡から発掘されたズボン、4世紀ごろ。

 

 

 

日本語の「ズボン」は便利な言葉です。両足を入れる下衣の総称です。

前回のエッセイで、ズボンの語源をこのように書きました。

 

 

・・・一説によれば、フランス語の「JUPON」(スカートの下に履くペチコート)からきているそうです。しかし、日本人らしい発想で、「ずぼん!と足を入れる」から来たという説もあります。

 

日本語の「ズボン」という呼称は江戸時代末期に広がりましたが、日本での正式な当て字は「洋袴」です。日本では既に「股引」というズボンの形状に似た下衣もありました。ズボンが一気に広まったのは、幕末の長州戦争や戊辰戦争に多数の兵士が参加してからです。素早く動けて、生地も暗い色なら相手の銃が狙いにくい。明治維新から後、ズボンは一挙に広まりました。

 

 

 

bosin

※戊辰戦争の庄内藩兵士たち。

 

 

 

それでは、英語の「トラウザーズ(Trousers)」とは・・・

 

トラウザーズという呼称は、主に英国で使われます。ズボンの総称と言っても差し支えないのですが、何故複数形かといえば、その昔男性はショーツの様な短いズボンと、タイツを付けていました。近代になりこれが合体しトラウザーズになりました。

 

今ではスーツのジャケットと対になったズボンをトラウザーズと呼ぶ事が多いです。

 

 

Sans-culotte1

※19世紀フランスの庶民がはいた「サンキュロット」。

 

 

2

※スーツの対のズボン=トラウザーズ

 

 

「パンツ(Pants)」は米語です。ズボンの総称になります。しかしあまりにもメジャーな呼称なってきたので、ついに最近では英国内の洋服店でもパンツという言葉を使うようになりました。

 

ただし、アメリカではともかく英国では下着のパンツと誤解され易いので、ご注意ください。

 

 

IMG_6782

 

 

 

「スラックス(slacks)」のslackとは、「ゆるい」という意味です。

 

腰回りからヒザ、裾にかけてゆとりを持たせたズボンの総称でしたが、時代が下がるにつれて、「替ズボン」すなわちジャケットとは別に着用するズボンの事をスラックスと呼ぶようになりました。

また女性用の制服や就活等に使われるズボンの事を「スラックス」と呼びます。

 

 

 

f2

 

 

 

厳密にいえば、上記のようにズボン、トラウザーズ、パンツ、スラックスは本来の意味があるようですが、現代ではあいまいに使われています。

また、英語圏でも英国と米国では使われ方も違うのでちょっと頭の隅にいれておくといいでしょう。

 

 

三洲堂テーラーでは、スラックス、トラウザーズ、デニムやコットンなどのパンツ、すなわちズボン単品のオーダーも歓迎です!

 

夏はズボンも痛みがちです。

 

ぜひ数を持っておきたいです。

 

ちょうど今、Summer SALE 開催中です!

 

ぜひオーダーメイドで理想的なズボンを作ってみてはいかがでしょうか・・・?

 

【夏スーツ】「トロピカル」ウールでサマースーツ

2018年6月29日

メンズスーツ業界では、210~240m/gほどのノーマルな織りの夏向けスーツ生地のことを昔から「トロピカル(TROPICAL)」と称します。

 

業界での略称は単なる「トロ」。

 

トロピカルは語感からも「熱帯の」という意味がストレートに伝わります。

 

 

10

 

 

 

10-2

 

 

 

しかし、今では英国のエア・ウール(AIRWOOL)や、ゼニアのクールエフェクト(COOL EFFECT)、REDAの「アイス・センス(ICE SENCE」、Taylor & Lodgeの「アイス・モヘア(ICE MOHAIR)」、ミユキ毛織の「シャリック(SHALICK)」など、夏用スーツ生地が多数開発されました。

 

 

12

 

 

 

現在では業界の「トロ」は本来の「TOROPICAL」とは違い、合服の次にウェイトが軽い春生地の総称となっています。

 

ゼニアの夏向けライトウェイトウール、その名も「トロピカル(TROPICAL)」は、230g/mの上質サマーウールを使った生地です。ゼニアの生地コレクションでは「エレクタ」や「ハイ・パフォーマンス」「トロフェオ」とならび、最も古くからあるコレクションラインです。

 

 

8

 

 

このほどトロピカル生地で仕立てたスーツは、BESPOKE(フルオーダー:仮縫い付きハンドメイド)のレディーススーツです。

 

 

2

 

 

 

7

 

 

ここ九州の熱帯性気候の中で着用できる夏服をご検討されてらっしゃったお客様の目に留まった生地がこのトロピカルのグレーストライプでした。

 

夏服らしく「背抜き」仕立てにさせていただきました。

 

 

 

3

 

 

パンツスーツでお仕事をされるお客様から、当店のパンツ(トラウザー)はスッキリとしたデザインであり、かつとても着心地が良い、とのご評価をいただきました。ありがたい事です!

 

 

5

 

 

フロントカットもあえて英国風にラウンドを少なめにして、余裕を持ったデザインでご着用頂いています。既製品のレディスジャケットのほとんどがウェストを過度に絞りすぎて、やや窮屈な作りです。

 

 

1

 

 

BESPOKEはそこが自由に出来るので、女性のお客様の人気があるのも当然と思います。

 

 

6

 

 

お客様と記念写真を一枚。

残念ながらお顔はNGとのことでしたが、

明日からでも早速お仕事にご着用されるとの事でした!

 

 

 

4

 

 

Ermenegildo Zegna TROPICAL 230g/m Superfine Australian Wool

スーツS上下・お仕立て上り金額(税込)

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥214000~

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・¥99800~

【新オーダーシステム】 Pre BESPOKE (プレ・ビスポーク)スタート!

2018年6月16日

三洲堂テーラーでは、従来の2つのオーダーシステム、

 

 

①BESPOKE(フルオーダー:仮縫い付き・ハンドメイド)

 

 

②SARTORIA(パターンオーダーメイド)に加え、

 

 

中間的な新しいオーダーシステム

 

 

③「プレ・ビスポーク」(Pre. BESPOKE)

 

 

のオーダーを開始いたします!

 

 

 

「プレ・ビスポーク」は、以下の工程でスーツを仕立てます。

 

①当店で、採寸、型起こし、仮縫いフィッティングまで行います。

 

デザインと補正は、三洲堂テーラーオリジナルになります。

 

 

IMG_4681

 

 

 

kata

 

 

 

②補正が終わった後の本縫いは、協力工場にてマシンメイドで仕立てます。

 

協力工場は当店パターンオーダーメイドの縫製を依頼しています。

 また、当店の技術指導をしていただいてる、日本紳士服界No.1 モデリスト・柴山登光先生がその協力工場の監修をされています。型紙や補正の概念が近い事もあり、この新オーダーシステムが実現しました。

 

 

insta (16)

 

 

 

この「プレ・ビスポーク」システムのメリットは2つ

 

①オーダープライスが安価。

 

パターンオーダープライス +6万円でお仕立てします

 
各種オプションもパターンオーダーと同じ料金なので、割安です。

 

 

7

 

 

 

②パターンオーダーでは不可能だった体型補正やデザイン指定が、当店型紙での仮縫により可能になります。

 

既製品やパターン&イージーオーダーではご満足いただけないお客様に、フルオーダーの感覚をご体感いただきます。

 

 

fitting (2)

 

 

 

料金設定は以下の例をご参考下さい。

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)
カノニコ(イタリア) Super110ウール240g/m を使用

 

 

7

 

 

 

 

SARTORIAパターンオーダーメイド・・¥71400

 

 

Pre BESPOKE (仮縫い付き 協力工場で仕立)・・¥131400

 

 

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・¥189000

 

 

※プレ・ビスポークで一度オーダーをいただきますと、型紙が保管されますので以後フィッティング無しでもオーダー可能になります。

 

その場合はパターンオーダープライス+¥40000になります。

 

 

 

fz (7)

 

 

 

既製品、パターン、イージーオーダーでは満足できない方、

 

仮縫いとフィッティングを未経験の方、

 

本格オーダースーツをお考えの方、

 

 

ぜひ三洲堂テーラーの「プレ・ビスポーク」のオーダーをお待ちしています!