ブログ

【英国生地】ジョンフォスター生地でBESPOKE SUITS!

2017年12月14日

英国王室御用達シャツメーカー、トーマス・メイソン社のオーダーシャツが次々に仕上がってきました。私も3着オーダーしましたが、そのうち一点「タッタ―ソールチェック」のシャツをご紹介します。

 

 

10 (2)

 

 

襟型は「ナポリ・カッタウェイ」カフス型は「ラウンド」です。

 

 

10 (1)

 

 

トーマスメイソンフェアは終了しましたが、三洲堂テーラーには豊富なメイソン生地見本がございます。引き続きメイソン生地のオーダーシャツをご愛用くださいませ!

 

 

12

 

 

約200年前、1819年にジョン・フォスター社は同名の経営者により、イングランド北部の毛織物生産業の中心地、ウェスト・ヨークシャー州で創業されました。

 

 

20

 

 

14

 

 

ジョン・フォスター社のWEBサイトはこちら

 

以来200年紆余曲折、経営者の幾多の交替を経て現在毛織物工場(ミル)として、その名のブランド生地を世界に供給しています。

 

 

9

 

 

私達テーラーの間では、しっかりとした英国生地を安定供給してくれるミルブランドとしてよく使われています。最近の流行の艶やかな細番手生地と違い、あくまでも英国生地らしい中番手に紡がれた糸を、しっかりと縦横に織り上げています、

 

 

8

 

 

このほどオーダーをいただいたスーツは295g/m。しっかりと織り上げられたグレーのヘリンボーン柄の生地は、立体感があり生地の柔軟性も良く、仕立て映えする素材です。

 

 

3

 

 

シングルブレスト2個ボタン、センターベント。

シンプルで飽きのこないデザインは、10年以上着用されても色あせません。

 

 

4

 

 

仕立てた水迫によると、ジョンフォスターの生地は手に馴染み仕立て易い生地だったとの事です。

肩からウェスト、ヒップ周辺にかけて美しいドレープを描きます。

 

 

5

 

 

ラペル(下襟)の美しいロールを作るのに、どれだけの手間と時間がかかるのでしょうか?大量生産品なら接着芯を高圧プレスで張りつけるだけです。一方、仕立職人の水迫は自身の手でひとつづつ身頃と毛芯に「八刺し」を施し、厳しい着用を重ねても美しいラペルロールが崩れないように仕立てていきます。

 

 

2

 

 

 

15

 

 

ボタンは本水牛の艶消し釦をお選びいただきました。

ライニングはグレーと相性の良いネイヴィーをチョイス。色の対比が美しく映えています。

 

6

 

 

・・・・ということで、英国生地を使って伝統的な英国縫製の技術で仕上げられた、グレーのビスポークスーツ。この服を遠い英国のジョンフォスター社のスタッフの方々や、200年前の創業者にささげたいと思います。

 

 

7

 

 

1

 

 

JOHN FOSTER 295g/m PureWool

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー:仮縫い付きハンドメイド)・・・¥178,000

 

SARTORIA(パターンオーダー)・・・¥74,800

 

 

【イベント】OVER COAT FAIR 開催!

2017年12月13日

OVER COAT FAIR 開催!

 

 

気象庁長期予報では3月まで平均気温が低いとの事。

 

ということで、オーヴァーコートフェアを開催いたします。

 

 

811

 

 

期間:12月30日まで

 

各種オーヴァーコート

 

BESPOKE(フルオーダー)

 

10~20%OFF!

 

 

 

c3

 

 

 

①現物生地=ピュアカシミア、ウール&カシミア、

コート用ウールでオーダーの場合、

 

・・・20%OFF!

 

(コートお仕立て上り定価18~48万円まで揃えております)

 

 

9

 

 

 

 

②生地見本帳 ゼニア&ピアチェンツア

ピュアカシミア、ウール&カシミア生地使用

 

・・・10%OFF!

 

 

c1

 

 

 

c3

 

 

今回の目玉はエルメネジルド・ゼニアのピュアカシミア。

コート・お仕立て上りプライス(税別)・・・¥380,000

 

 

 

1

 

 

 

3

 

 

同じくピアチェンツア(PIACENZA)ピュアカシミア

コート・お仕立て上りプライス(税別)・・¥303,000

 

 

 

4

 

 

ピアチェンツア(PIACENZA)、ウール&カシミア

コート・お仕立て上りプライス(税別)・・¥199,000

 

 

a1

 

 

 コートをご検討なら、この機会をぜひご利用下さい! 

 

【新作品】ロロピアーナのフラッグシップ「ウィンター・タスアニアン」スーツ

2017年12月10日

オーストラリア最南部、タスマニア島は我が日本の北海道よりもやや小さい面積の島です。南極海に面した気候と風土は北海道に似ているようです。夏は最高気温24度、冬は雪が多く5度。

 

 

230px-Tasmania_in_Australia_svg

 

 

 

10

 

 

 

ただし、雨が多く電力は全て水力発電でまかなわれています。

1642年、オランダ人タスマンにより発見された島は、その後英国の流刑地として開発され、今では風光明媚な観光地であり、農業と牧畜で有名な州となりました。

 

学生時代の最後の年、私はオーストラリア一周旅行をしていましたが、調整がつかずタスマニア島には渡れませんでした。旅の途中でオーストラリアの人たちからタスマニアは我が国の最後の楽園だよ、と言われていたので残念でした。

 

 

11

 

 

そのタスマニア島で飼育されているメリノ羊から採取される最高級のウールは、本土の羊毛に比べて柔らかく、しなやかで繊維の細さで有名です。

 

 

12

 

 

なかでも、スーパーファインウールと呼ばれるSuper100‘s(18.5マイクロン)以上の細さのウールは非常に評価が高く、本日ご紹介するウィンター・タスマニアン(Winter Tasmanian)のスーツをご覧いただけますとその上質感が判ります。

 

ウィンタータスアニアンについて詳しく表記したページはコチラ!

 

表題にロロ・ピアーナのウィンター・タスマニアンは同社のフラッグシップ(旗艦)と私が勝手に表記しています。というのも、この20年BESPOKE TAILORとして、数々の冬物生地に触れてきましたが、この生地ほど立体的に仕立て上り完成度が高く、しなやかで艶のある生地はなかなかお目にかかれません。

 

 

9

 

 

ということで、写真のスリーピース・スーツはウィンター・タスアニアンのオルタネート・ストライプでお仕立てしました。

 

 

8

 

 

シングルブレスト2個ボタンですが、お客様のリクエストで腰ポケットはやや斜めのスラントポケットにしています。背中はサイドベンツを切りました。

 

 

IMG_3570

 

 

毛芯がベースになっている張りのある生地は、肩からバスト、そしてウェストへ美しいドレープを描いてくれます。

 

 

2

 

 

やや小さめのアームホールに付く袖は、十分にイセ込まれて円やかで立体的な曲線を描きます。着心地を左右する大切なポイントでもあります。

 

 

4

 

 

上質な生地はたっぷりと贅沢に使い、身体を覆いたくなるのがテーラーの性(さが)です。今回もウェストコートをおすすめし、スリーピースでお仕立てしました。

 

 

5

 

 

ウェストコートの背中にはジャケットと同じライニングが付きます。

今回はロロ・ピアーナのオフィシャルロゴ入りネイヴィーのキュプラをお選びいただきました。

 

 

6

 

 

ボタンは貴重なバッファローホーンを使いました。表生地が上質なので、とても高級感がある釦を使わないとバランスがとれません。

 

 

IMG_3563

 

 

 

7

 

 

年の瀬が近づいて、いよいよ寒くなってきました。忘年会はじめ行事も目白押しです。

ウィンタータスマニアンのスーツは、普段のお仕事から大切な会議や式典などでご活躍いただけるものと思います。

 

 

 

1

 

 

 

Loro Piana WINTER TASMANIAN Super150`s WOOL 340g/m

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー・仮縫い付きハンドメイド)・・・¥374,000

 

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・¥213,000

【イベント】年内納品OK!トーマスメイソンフェアは10日・日曜日まで!!

2017年12月7日

英国王室御用達・トーマスメイソンフェア

 

12月10日・日曜日まで開催中!

 

年内中のご納品もOKです!

 

 

 

1

 

 

一枚定価2万~2.8万円のTメイソンシャツオーダーが、

 

白蝶貝釦&ミニノート付き ¥16,000!

 

 

18

 

 

ミニノートは、上の写真をご参考下さい。

サイズは、19.5×12.5×1.0 肉厚のしっかりとしたミニノートです。

中にカレンダーとプレーンなページが入っています。

ノベルティの割にしっかりした作りです。お仕事のお伴におススメです。

 

 

 

19

 

 

 

ということで、11月18日からスタートしたフェアのオーダー分第一陣が仕上がって参りました。そのうち数点をご紹介いたします。

 

 

 

10-1

 

 

 

まず、一番人気のシャツからご紹介しましょう。

メイソンのシャツは全てに生地ネームが付きます。

 

 

3

 

 

こちらは白地に織りストライプ、「CANTERBURY」No.86514のメイソン。

カラーはイタリアンボタンダウン、カフスはミラノカフス。

生地の質感と張りがもたらす立体感、メイソンロゴ入り白蝶貝釦が良い雰囲気です。

 

 

 

10

 

 

 

11

 

 

 

 

 

次にライトベージュ「ROYAL OXFORD」No.86510。

カラーはワイド、カフスはノーブル型です。

とても柔らかい表情です。茶やグレーのスーツに合わせてみたいものです。

 

 

16

 

 

17

 

 

 

 

 

代表的なサックス、英国の首相官邸にちなんだ「DOWNING」生地No86504

カラーはワイド、カフスはノーブル型です。

サックスのシャツは白の次に揃えたいシャツの基本色です。

 

 

14

 

 

13

 

 

 

 

 

美しいブルーのストライプは「SILVER」。生地No86516

カラーはワイド、カフスはノーブル型です。

ブルーというよりシックな濃いめのサックスです。

 

 

 

20

 

 

15

 

 

 

ということで出来上がりの一部をご紹介いたしましたが、この大変お買い得なフェアも、本日を含めて残り4日間限りです。

 

 

2

 

 

2017年最後に、トーマスメイソンオーダーシャツをご検討頂きたく、ご来店を心よりお待ちしております。