ブログ

【LANVIN】ホワイト・スリーピース・スーツ!

2018年8月4日

暑中お見舞い申し上げます!

 

 

夏季休暇のご案内

 

8月13日(月)、14日(火)、15日(水) 店休日です。

 

 

 

こちらは、モア・セールのご案内です!

 

春夏スーツは基本的に在庫生地のオーダー⇒ 20%

 

生地バンチブック(見本帳)からのオーダー⇒ 10%

 

対象:BESPOKE(フルオーダー)、SARTORIA(パターンオーダー)

 

秋から着用できる合服スーツ&ジャケットもいい生地が残っています!

皆さまのオーダーをお待ちしております。

 

 

 

ce

 

 

 

テーラーという仕事柄、よく新郎様のご結婚式服のオーダーをお受けしています。

 

また、最近はドレスをオーダーされる花嫁様も増えているようです。

 

鹿児島でも例えば、オーダーメイドドレスのお店「おはりこ」さんでは、

 

(おはりこさんWEBサイトはこちら)

 

ウェディングドレスからカクテルドレスまで、想い出に残るドレスをお仕立てされています。

 

 

2

 

 

 

今日ご紹介するスーツは、花婿様の白のスリーピース・スーツです。ちなみに服飾専門学校の卒業正である花嫁様は、ご自身の手でドレスをお仕立てされています、すごい(!)

 

 

 

3

 

 

 

6

 

 

 

 

生地はランバンのピュアウールSuper100`s  280g/m。

 

ホワイトの生地は結構あるのですが、ウェイトの軽い薄手の生地は透ける事もおおく、下着なども透けてしまいます。

 

 

5

 

 

 

こちらのランバンは英国製の打ち込みのしっかりした透けない素材です。定番的に生地をサプライしていますから、私どもBESPOKE TAILORにとっては扱いやすい高級品のスタンダードという位置付になります。

 

 

4

 

 

お客様からのリクエストは、「今風ではないクラシックな」3つ釦のスリーピース・スーツということでした。

 

パターンオーダーがご希望でしたが、仮縫いでシルエットが確認できる、Pre BESPOKE(プレ・ビスポーク)でお仕立てしました。

 

 

1

 

 

「今風ではないクラシック」のデザインのポイントですが、ジャケットではウェストを絞りすぎないようにして、着丈を総丈の1/2という英国背広の基本形に従順に従ったことです。

 

 

10

 

 

ウェストコート(=ベスト)は、Vゾーンを高い位置に設定しました。1950年ほどまでのウェストコートは、身体をすっぽりとおおうデザインでしたから、そのイメージを踏襲しました。

 

また、フロントをLカット(水平)にしたことで、トータルなイメージを古風な雰囲気に持っていけたと思います。

 

 

 

IMG_6987

 

 

 

袖は本水牛釦の明るい艶有を4個、並列で付けています。

サイドベンツを切り英国テイストに近づけています。

 

 

8

 

 

7

 

 

 

ライニングは同系色の乳白色をお選びいただきました。

 

 

 

9

 

 

 

納品時にご試着いただきました。

さらりといい雰囲気です。

 

 

 

IMG_6986

 

 

 

来月のご結婚式に向けて、お嫁様はドレス作りの最終週に入ってらっしゃることでしょう。

 

お客様はお式でご着用された後も、白のスリーピースを着用して楽しみたい、とのことでした。きっといい感じでドレスアップできることと思います。

 

 

LANVIN BASIC BLACK LINE COLLECTION

WOOL Super100‘s 280g/m

スリーピース・お仕立て上りプライス(税別)

Pre.BESPOKE(仮縫い付き・協力工場縫製)・・¥200,000

 

 

 

 

【新作品】英国製幅広ストライプスーツ登場!

2018年8月3日

いよいよ2018年秋冬生地バンチブックが本格的に入荷してきました。

 

これまでに揃った主なメーカー、マーチャントは・・・

 

 

 ss

 

 

CANONICO , CERRUTI , TOLLEGNO , RIABERA

TRABALDO TOGNA , PIACENZA

CARLO BARBERA , FINTES , TALLIA DELFINO

TAYLOR&LODGE , DARROW DALE (John Foster) , FOX BROTHERS

JACKET COLLECTIONS などなど

 

来週にはLoro Piana、SCABAL、Ermenegildo Zegna などが入荷する予定です。

 

 

10

 

 

さて、太幅ストライプ、広幅ストライプ・・・といえば、英国生地の得意分野です。

 

英国生地はクラシックでスタンダードなものが多い・・・これは正解ですが、強烈な個性を放つ様々な色柄の生地&裏地を供給しているのも、同じ英国の生地メーカーやマーチャント(問屋)です。

 

 

 

IMG_6638

 

 

 

今回オーダーを頂いたスーツは、巾3.5センチ、ストライプ自体の幅も約3ミリ、という広幅ストライプの生地で仕立てました。

 

 

 IMG_6637

 

 

写真は生地の裁断と、仮縫い補正の場面です。

ストライプの幅が広いほど、柄合わせが難しくなります。これはチェックも同様です。

 

IMG_6636 

 

 

 

実際に仕立てる裁縫士は、さらに気を使います。

ストライプが上から下まで分断されないように組み立てなくてはなりません。

 

 

 

s2

 

 

 

シングルブレスト2個ボタン、サイドベンツのジャケットは、チェンジポケットが付き、ハンドステッチも入ります。

 

 

s7 

 

 

s8

 

 

ボタンは本水牛の皮付ホワイト。雰囲気のあるカジュアルな釦です。

 

 

s9

 

 

s10

 

 

強烈な個性を放つライニングは、英国LBD社のコレクションから。

この面白いイラストライニング、不思議に表生地のストロングストライプと似合います。

 

 

 

s11

 

 

 

lbd (2)

 

 

 

オーダーされたお客様にご試着いただきました。

デニムとも相性が良い事が判ります。

 

 

 

s1

 

 

 

お客様はドレッシーなストライプジャケットをお探しでした。

最終的にこの英国DARROW DALEの生地をお選びいただきました。

 

 

 

s6

 

 

 

個性的ですが、夏服として様々にお使いいただける一着です。

ご愛用いただけますと、ありがたいです!

 

 

s3

 

 

 

DARROW DALE 230g/m Pure Wool

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE (フルオーダー・ハンドメイド)・・・¥178000

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・¥74200

 

 

 

 

【イベント】真夏のフランネル&ツイード スタートアップフェア!

2018年8月2日

FLANNEL & TWEED 

 

Custom Made Clothes  Start Up Fair

 

: During This August 

 

 

 

9月TOP画

 

 

英国、アイルランド、スコットランド、イタリアから

魅力的なフランネル&ツイード、カシミアなどが早くも入荷しました!

 

三洲堂テーラーでは、この8月中秋冬を代表する素材で仕立てる

スーツ、ジャケット、コート、ズボン、ウェストコートなどを、

 

定価の10%OFFでお仕立いたします!

 

 

 

 

ラインナップは・・・

 

 

 

FOX BROTHERS (フォックスブラザーズ)/ ENGLAND

 

「英国フランネルの代名詞」、フォックスブラザーズは1772年にイングランドの南西部サマセットでトーマス・フォックスにより創業されました。

当初はクエーカー教徒の家内制手工業として始り、その高いクオリティーと量産体制が確立されると堅牢なサージ地を王立陸軍に納入するまでになりました。

そして、1950年頃まで商標として保有していたことでも知られる「フランネル」は群を抜く高い評価を誇り、サヴィル・ロウを始め世界中の名門テーラーで扱われてきました。

ウィンザー公、ウィンストン・チャーチル、そしてケーリー・グラントなどが愛した肉厚で滑らかなフランネルは今でも紳士達の憧れの生地。着込むほど増す味わいも魅力の一つです。

 

 

fb (2)

 

 

 

fb (3)

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE・¥253,000  Pattern Order ¥123,300

 

 

 

W.BILL (ウィリアム・ビル)IRELAND

 

150年前からツイードや毛織物ブランケットなどの専門商社として知られていたW.BILL社の本拠地は北ウェールズでした。地の利を生かし、アイルランド産ドニゴールツイードやイングリッシュ・メルトンを中心とした取扱商品は、全世界に供給されています。

 

w13

 

ツイードジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE・¥161000  Pattern Order ¥85200

 

 

 

 

Harris Tweed (ハリス・ツイード)/ SCOTLAND

 

世界中のファッション好き達から愛され続けているハリス・ツイードは、スコットランドのアウターヘブリディーズ群島に属するハリス&ルイス島で、現在も昔ながらの製法で熟練職人が織り上げています。

スコットランド原産ウール100%のピュアな繊維素材で、復元力と耐久性に優れている為10年以上の長きに亘り着用することも可能で、着続けることで出てくる風合いも人気の理由の一つです。

全ての服地はハリス・ツイード協会により厳しくチェックされ、協会の品質基準を満たした服地にのみ、有名なオーブマークとシリアルナンバーが入った織ネームが与えられます。

 

harris (12)

 

ツイードジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE・¥152000  Pattern Order ¥68500

 

 

 

 

Porter & Harding (ポーター&ハーディング)/ SCOTLAND

 

質実剛健でありながら、英国紳士のカントリーライフを彩るスーツ、ジャケット地として、英国本国は勿論のことそんなカントリーライフに共感を持つ世界中の紳士から愛されています。

厳しい気候のムーア(荒野)で鍛えられたポーター&ハーディングのツイード地は、強くそして暖かく、まさに”男の為の1着”に相応しいストーリー性溢れる服地です。

 

 

IMG_7617

 

 

4

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE・¥225000  Pattern Order ¥113200

 

 

 

t3

 

 

上記以外にも、ゼニア、ロロピアーナ、フェルラ等、各メーカーの風合い豊かなミルド生地を揃えております!皆様のご来店をお待ちしております!

 

【サファリジャケット】BESPOKEならではの造形とバランス!

2018年7月28日

10th Anniversary SUMMER SALE 開催中です!

 

詳細はコチラです!

 

 

 

 

 

当店は1930年創業以来、戦前は軍服専門のテーラーとして、戦後は男性の背広やコートなどお仕立し続けて参りました。

 

 

 IMG_6973

1928年開業直前、早稲田の修業先にて

 

 

 

IMG_6974

1956年全日本紳士服コンクール・受賞作のスーツ

 

 

1970年頃より、多種多様な洋服を手掛ける様になりました。

 

例えば、アウターでは今日ご紹介するサファリジャケット、ノーフォークジャケットなどの英国伝来の様式があるジャケット類。

タキシード、モーニングコート、フロックコートなどのお式にご着用するための服。

アルスターやピーコートなどの外套の類。

そして最近はレディースのスーツやジャケット、ワンピースなどもよくご注文をいただきます。

 

 

 1

 

 

私たちは、それだけのオーダーをこなしきれるだけのアーカイブの型紙、職人の世代にわたる技術の伝承、何よりもオーダーを頂いたら「まず作ってしまおう!」という意欲あるBESPOKE TAILORです。

 

上の写真はまさに当店の多様性が判ります。

 

右から、真白のご結婚式のスリーピース・スーツ、中央が超太巾ストライプのスーツ、そして左がサファリジャケットになります。

 

 

 

IMG_6976

 

 

既製品店やパターンオーダーショップでは対応できないお洋服も、きっちりお仕立していたしますので、ぜひ三洲堂テーラーにおまかせください!

 

 

3

 

 

 

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)のピュアリネン生地を使ったサファリジャケットが仕上がりました。

 

 

 

2

 

 

サファリジャケットの基本はシャツカラーまたはバルカラー、袖にカフスが付き、フロントはL字型ですが、このジャケットはモダンなお洒落着としてのサファリスタイルになります。

 

特徴としては・・・

 

 

 

3つボタン・中一個掛け

 

正統サファリは釦が5個なのですが、このモダンなジャケットはその雰囲気を残しつつ、3つボタンにしました。フロントもラウンドさせましたが、クラシックな小丸にしました。 

 

 

 

4

 

 

 

肩はふらし袖

 

極薄の肩パッドを入れて、身頃の下に袖が入るふらし袖。軽い着心地と腕がとても動き易いのでご旅行等にはとても重宝します。

 

 

 

8

 

 

 

サイドベンツ、フロント、袖、背中のステッチ。

これは、サファリジャケットをはじめとするアウターに必須の飾りです。ステッチを入れる事で、服にメリハリとカジュアル&スポーティーな雰囲気がもたらされました。

 

 

 

 5

 

 

 

胸&腰のフラップ、アクションプリーツ付きパッチポケット。

サファリジャケットといえば、このポケットです。胸のやや大きめのフラップが、着る人の魅力を引き立ててくれます。

 

 

 

9

 

 

 

10

 

 

 

 ボタンは、ゼニアの水牛釦。一番明るい色合いのものです。

袖はあえて3個釦にしてカジュアルな雰囲気を出しました。

 

 

 

11

 

 

 

夏らしい、麻らしい一枚仕立

 

ピュアリネンの一枚仕立ては涼しさももちろんですが、職人技による造形美が素敵です。丁寧にパイピングされたジャケットは、まさに一生物と言えますね!

 

 

13

 

 

7

 

 

 

ちなみにライニングは、ゼニアのロゴ入りオフィシャルのグリーンです。

表生地のベージュと裏地のグリーンが対照的です!

 

 

6

 

 

 

夏のご旅行のお伴に、このサファリジャケットに合わせて、麻のパンツ、麻のシャツ、パナマ帽子など合わせてみたいものです。

 

コロニアルなホテルの古いBARで、サファリジャケットを着て帽子をカウンターに置いて、ちょっとシンガポールスリングを傾けてみる・・・なんて楽しそうですね!

 

 

 

6-2

 

 

 

Ermenegildo Zegna Pure Linen 270g/m

サファリジャケット・お仕立て上り・・・¥210000(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)仮縫付き・ハンドメイド。