ブログ

【エッセイ】タイ・ストールとともに神話の里へ!

2017年10月6日

宮崎県 高千穂・・・・。

 

有名な神話の里で7つの神社巡りをしてきました。

 

 

T5

 

 

今回の旅行は、季節の変わり目であり 日中と朝晩の気温差が大きいので、服装には悩みました。足元は、何時もはヒールが手放せないのですが、「神社巡りの旅」なので今回はスニーカー(ですが、5cmのインソールいり(^_^)a、puma とMihara Yasuhiroのコラボシューズ)です。

 

 

T1

 

 

日中は25度位あるので半袖Tシャツで涼しい山あいには、自作のネクタイストールを(!)。

シンプルなプチバトーの半袖にボトムスはアディダス。何れもネイビーにストールがアクセントです。

軽くて 丸めて鞄にぶる下げるといい感じのアクセサリーにもなり、よく重宝しました。

 

 

T3

 

 

高千穂峡のボートは、あいにく 運行できなくて残念でしたが、そそり立つ屏風岩と深いターコイズブルーの水面には 大変感動しました。

 

 

T2

 

 

 

天の岩戸神社⛩から20分 澄んだ川沿いを歩く道は、とても爽快です。辿り着いた天安河原は、天の岩戸に隠れた天照大神を誘い出す為に、八百万神が話し合った場所とされていて 願い事が叶うと 沢山の石が積まれて 神秘的な場所です。

 

 

 

 

IMG_6213

 

 

高千穂神社では伝統的な「神楽」が奉納されています。

幽玄な世界とともに懐かしさも感じられるひとときでした。

 

 

T4

 

 

 

日本の神話をもう少し勉強したくなる良い旅になりました。高速を飛ばして2時間半 ずっと運転してくれた3人のお友達に、ありがとうございます!

 

By Rieko Fukudome

 

 

 

5

 

 

6

 

 

ネクタイ・ストール・・・¥30,000-

 

8本のネクタイをヨコにつないで作ったオリジナルのストールです。

ボリューム感とシルクの様々なプリントやジャガードが織りなす彩りを楽しめます。

 

 

7

 

 

この秋冬のご旅行や、コートのインナーとしておススメです!

 

 

【新作品】英国製のメタリックライニングで光るスーツ

2017年10月1日

江戸の昔から粋な男性の羽織は表は地味でも裏地に凝っている、と言われています。まさに日本人的なお洒落の感覚です。

 

 

 6

 

 

現代でも、表生地はシックなダークネイヴィー、しかしジャケットの裏には、

個性的な美しい裏地(ライニング)が光っている・・。

当店では人気のオプションに「ご自身が好きなライニングをお付けする」というものがあります。

 

 

1

 

 

英国のLBD (LEAR BROWNR &DUNSFORD)社のライニングコレクションは、英国気分満載のアーティスティックなライニング全集というべき分厚いバンチブック(見本帳)です。

 

このブックをめくると、日本人の感性とも異なる英国人のスノッブな気質を感じる色柄がラインナップされ、好きなライニングを探し始めると終わらない位です。

 

 

2

 

 

50年代アメリカンコミック調のイラスト、POPなモダンアート、様々な色合いのペイズリー・・・

 

 

 3

 

 

その中のメタリックカラーのコレクションが圧巻です。

様々なヴィヴィッドで色合いの光沢感あるライニングは、ジャケットやコートの中に配するだけで気分がUPします!

 

 このライニングはオプション対応で、スーツS上下なら+¥10,000、三揃いは+¥15,000となります。(税別)

 

 

 

4-2 

 

 

このほど仕立てあがった英国ダロウ・デイル(DARROW DALE)のダークネイヴィーのスリーピースに合わせたライニングはこのLBD社のダークブラウン・メタリックでした。

 

 

4

 

 

インターナショナルなお仕事に携わっているお客様、今回はお仕事で着用するスーツが古くなってきたとのことで、正当派のスリーピース(三揃い)をお仕立になりました。

 

鍛えてらっしゃるボディにスリーピースがとてもお似合いでしたが、ライニングをこだわりたいとのことで、様々なサンプルブックをご覧になりこのダークブラウンをお選びいただきました。

 

 

5

 

 

ジャケットはシングルブレスト2個釦サイドベンツ。

表生地と裏地も英国製なのでデザインも英国らしさを取り入れ、チェンジポケットをお付けいたしました。

 

 

8

 

 

 

ダロウ・デイルの生地は80番手ほどのしっかりした糸で織りあげられています。

マットな色合いのダークネイヴィーは前回ご紹介した、イタリアのSuper150とは違う魅力を持っています。

 

 

6

 

 

暑がりのお客様は、この250g/mのオールシーズンウールのスーツを通年お使いになりたい、ということで背抜き仕立にしました。冬はウェストコートがあるので防寒にもなります。

 

 

10

 

 

ボタンは本水牛の艶消しのフラットなタイプです。

 

9

 

 

オール英国素材を英国伝来のカットと製法でお仕立する。

シックでクラシックな外見の中に、秘めた個性をライニングで表現する・・。

BESPOKE TAILORらしいスーツが完成いたしました。

 

 

 

11

 

 

 

DARROW DALE Pure Wool 250g/m

 

スーツS三揃・お仕立て上がりプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・¥208,000

 

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・¥91,000

【新作品】濃紺無地のスーツは大人の必需品です!

2017年9月29日

秋冬のオーダーメイドのスタートを応援する、

 

 

VIP INVITATION FAIR 開催中です!

 

 

 

1

 

 

パターンオーダーシャツならインポートなやデニムなどの高級シャツが、一枚当たり▲3000円オフとなります!

 

詳しくはコチラをご覧ください!

 

 

タイトルのように、「濃紺無地のスーツ」は男性にとって、そして社会で活躍する女性にとっても必需品です。

 

 

IMG_2547 

 

 

現在の社会に生きる人間にとって、ビジネスおよいび人づきあいで最も信頼される姿カタチは、スーツスタイルであること、加えて濃い色の生地を使っていること、そして清潔であるために無地であること、の三条件であるといえます。

ただし濃い無地だからといって、ブラックではありません。ブラックは特別な色です。チャコールグレーも信頼感がありますが、少々暑苦しいので季節を選びます。

 

 

IMG_2544 

 

 

そうなると、ダークネイヴィーすなわち濃紺無地が最適な生地になります。

清潔感と信頼感を与える濃紺は、元々公的な服に使われる色です。

特に英国では海軍の軍服の基本色であり、同様にフランス陸軍は紺色を用いています。

 

 

 mc-200x300

 

 

このほど完成した濃紺の無地は、イタリアの大手生地メーカーロロ・ピアーナ社の定番生地コレクション「ウィンター・タスマニアン(Winter Tasmanian)」のSuper150`sウール(320g/m)です。

 

 

IMG_2541

 

 

このウィンター・タスマニアンの濃紺無地はいわゆる「定番品」です。一度この生地でお仕立ていただくと、例えばウェストコート(ベスト)を追加したり、パンツを追加したりできます。

 

 

IMG_2543

 

 

また、生地に弾力性があるので立体的に仕立て上り易く、私たちテーラーには、とても頼もしい生地です。

 

 

 IMG_2542

 

 

シングルブレスト2個ボタンセンターベント、というオーソドックスなジャケットのデザインです。ウェストコートも標準の格式高い5つボタンになっています。

三揃いであれば、正にオフィシャルなスーツとして、着用される方の様々なビジネスシーンで信頼感を相手に与えます。

 

 

IMG_2565

 

 

 

IMG_2566

 

 

逆にあまりにクラシック(高品質かつ正統派)なので、着る場所を選ぶ事もあります。ドレスコードの緩やかな場面では緊張をもたらすこともあるでしょう。

ここは、スーツを着慣れてくると判る事でもあります。

 

 

IMG_2550

 

 

ラペルにはこまやかな「星」が打ってあります。

 

ハンドステッチと違い、表と裏をしっかりつなぎとめ、ラペルや衿の反り返りや変形を防ぎます。

 

 

 

IMG_2549

 

 

ボタンは本水牛の最も濃い色です。お客様のリクエストで本切羽で釦穴をかがりました。

 

 

IMG_2548

 

 

ライニングはコンサバーティブな同系色のダークネイヴィーです。

 

 

IMG_2538

 

 

明日突然トランプ大統領の前に出ることになろうが、エリザベス女王に拝謁しようが、心配要りません。このスーツさえあれば臆することなく堂々とお話しできる・・・そんな一着です。

 

 

IMG_2540

 

 

三洲堂テーラーには、このロロ・ピアーナのウィンタータスマニアンをはじめ、ゼニアやスキャバル、ランバン、ドーメルその他ほぼ有名な生地メーカーの濃紺無地を揃えまして、お客様のルクエストに最適なネイヴィーをご紹介いたします。

 

 

濃紺無地のスーツS上下お仕立て上り代金(税抜き)

 

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥178,000~

 

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・¥58,000~

 

 

三洲堂テーラーのドアーはいつも開かれています。

 

皆様のお越しをお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

【新入荷】続々入荷中 秋冬の新作スーツ&ジャケット生地!

2017年9月24日

いよいよ秋がやってきました。

夜になると虫たちが美しい音色を聞かせてくれる一方で、

目の前の中央公園のケヤキも少しづつ黄色味を帯びてきました。

 

 

J10

 

 

ただいま三洲堂テーラーでは、

 

VIP INVITATION FAIR 開催中!

 

上質な最新インポートシャツやスーツがお買い得です!

 

くわしくは、コチラをご覧ください。

 

 

 

1

 

 

木々が色づき、朝晩の空気が冷たく感じられるようになると、温かい色合いのウールやカシミアのジャケットが欲しくなります。

ジャストタイミングでイタリアからロロピアーナのジャケット生地が入荷してきました!

 

 

j1

 

 

 

今シーズンも多彩な色合いの生地が入荷しましたが、その中でも個性的なものをご紹介いたします。

 

 

j2

 

 

 

j3

 

 

まずレッドとダークグリーンのブークレ織りのジャケット生地は、「SURI ALPACA」というネーミングの、ウール&アルパカ&ポリアミドの混紡です。立体感と色の深みが魅力的です。

 

 

j7

 

 

このカテゴリーの生地でお仕立ていたしましたジャケットはこのような雰囲気です。

 

 

 

j5

 

 

次に生地本来の色が写真では表現できない、美しいネイヴィーブルーのウール生地をご紹介します。スウィートフェルト(SWEET FELT)という名称のメランジ調のネイヴィーフェルト生地は、その名称に反し、あくまでも手触りが良くソフトなタッチです。

 

 

b3

 

 

このスウィートフェルト生地でブレザーとウェストコート(ベスト)のツーピースをお仕立てしました。なかなかノーブルな雰囲気が素敵でした。

 

 

j4

 

 

 

CIMG8046

 

 

チェックのウール&カシミア生地はロロピアーナジャケットの定番品です。

 

こちらも毎シーズンオーダーをいただく人気のジャケット生地です。数年前にお仕立て頂いたのは、珍しい柿色の様なジャケットでした。

 

 

 

j8

 

 

 

pg1

 

 

ロロ・ピアーナのプロポステ・ジャケット(PROPOSTE GAICCHE)生地バンチには、素敵な素材が満載です。ぜひお手に触れて下さい!

 

 

 

j11

 

 

Loro Piana PROPOSTE GAICCHE

 

ジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥230,000~

 

SARTORIA(パターンメイド)・・・¥122,600~