ブログ

【充実!】カノニコ(CANONICO)、今シーズンも豊富なラインナップ!

2018年8月30日

イタリアでも最大手のミル(織物工場)ブランド、ヴィタール・バルベリス・カノニコ(V.B.CANONICO)の秋冬生地バンチブックが揃いました。

 

 

 

bunch

 

 

 

カノニコは自社生地をサプライするだけではなく、他社ブランドへ生地をOEM供給したり、「マーチャント」と呼ばれる生地問屋が独自のコレクションを展開するのをサポートしています。

 

 

 

fac

 

 

dr

 

 

今シーズンの特色は今までも人気の艶のある細番手のSuper120クラスのスリーシーズン物に加えて、「原点回帰」ともいうべき、厚みがありウェイトの重めな生地を積極的に展開していることです。

 

フランネルや3PLY、Super60~70クラスの適度な厚みがある生地は、少し重さを感じますがスーツに仕立て上った際の立体感が違います。

 

 

 

IMG_7548

 

 

こちらは定番のSuper110ウール・260g/mの艶のあるウーステッド生地。リーズナブルですがクオリティが高く、人気あるコレクションです。

 

 

 

s110W

 

 

 

昨シーズンはダブルブレストのスーツのオーダーも増えてきました。

艶のあるダブルでタイトなスーツならカノニコのSuper110は外せません。

 

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダー:仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥178000

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・¥74600

 

 

 

 

 

IMG_7544

 

 

こちらのグレンチェックはSuper100‘s Wool 360g/mのフランネル。スーツ生地ですがジャケットとしてお使いになれます。

 

 

 

IMG_7545

 

 

また、定番のチョークストライプ系のフランネルも多く揃えています。冬のスーツには最適です。

 

 

sflan

 

 

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダー:仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥185000

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・¥79000

 

 

 

 

最近はオールシーズンでラインナップしている、3PLY(スリー・プライ)、360g/mの「Super Bio」。仕上がった際の立体感、生地本来のクラシックテイストが人気です。

 

 

 

IMG_7547

 

 

グレンチェックのスーツに、ネイヴィーのウェストコート(べスト)を合わせると、とても愉しいスリーピースになりました。

 

 

 

sglenn

 

 

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダー:仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥178000

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・¥74600

 

 

 

その他に、スペアパンツやトレンチコートに使われる、「カバート・クロス(COVERT CLOTH)」と呼ばれるバイアス彩織生地も揃いました。

 

 

 

IMG_7546

 

 

 

 

BESPOKE(フルオーダー)もパターンメイドスーツも、今オーダーを頂ければ10月の衣替えシーズンにタイミング良く間に合います。

 

豊富なカノニコ生地のラインナップ、ぜひご検討して下さい!

【新入荷!】ロロ・ピアーナの芸術的な秋冬生地。

2018年8月23日

ロロ・ピアーナ & エルメネジルド・ゼニア

 

新作秋冬生地オーダー・10%OFF!

 

プレセール開催中!

 

9月5日・水曜日まで!

 

 

 

スーツ、ジャケット、コート、ズボン、ウェストコートなど

 

定価の10%OFFでお仕立いたします!

 

 

 

 

 IMG_7327

 

 

 

ということで、今回はロロ・ピアーナ(Loro Piana)の新作生地をご紹介いたします!

 

ロロ・ピアーナをはじめ、ゼニアなどイタリアや英国の大手ミル(織物工場)やマーチャント(問屋)がリリースしている生地バンチブック(見本帳)は、毎年更新するシーズナルなバンチと、2~3シーズン連続して使用できる定番的なバンチの2種類を用意しています。

 

 

 

prop

 

 

 

ロロ・ピアーナの「プロポステ」シリーズは、毎シーズン更新するバンチブックです。

 

PROPOSTE ABITI(アビッティ)と、GIACCHE(ジャッケ)の2つは、まさに世界の高級オーダー服からハイブランド服のシーズンの流行が把握できるバンチブックです。

 

※・・・ちなみに、ロロ・ピアーナは3年前からLVMHグループ傘下になり、ルイ・ヴィトンやグッチなどハイブランドに生地を供給しています。またディオールやジバンシー、エルメス等のプレタポルテ(既製服)にもロロ・ピアーナが愛用されています。

 

 

プロポステ・アビティ(スーツ)から・・・

 

ロロ・ピアーナのイメージはしなやかで光沢のる細番手スーツ生地のイメージですが、現在のシーズナルコレクションは真逆です。ツイーディーでメランジ調、チェックやストライプも一見ファジーにかけてありますが、そのクオリティはまさに「芸術品」です。

 

ウールやシルクも色合いや径の違う糸をふんだんに使用しています。ち密な計算で織り上げられた生地は、奥深い完成度に驚かされます。

 

 

pa1

 

 

ウール&シルクのライトツイード・スーツは、300g/mウール65%&シルク35%。メランジ調ベース生地に、様々な色糸がちりばめられた「ネップ」の入った素敵な風合いの生地です。

 

シャドウストライプが思いの外効いているので、ツイーディーな割にシャープで切れのあるスーツになります。

 

 

 

pa2

 

 

 

こちらもプロポステ・アビティから、320g/mのSuperfine wool。

驚きました。写真では表現しづらいのですが、生地の表面に右上から左下のバイアスに波のように「木の節」のような畝が下りていくように見えます。まさに「織の芸術品」。しかも所謂一点物の着物地とは違い、全世界にサプライするように織り上げている態勢に驚きです。

 

 

pa3

 

 

三色用意されたこのウール生地、私ならこの深いグレイシュグリーンの生地でスリーピースを作ろうと思います。合わせるシャツやネクタイを悩みそうです。グリーン系生地のスーツは私も持っていないし、オーダーするお客様も少ないので、コーディネートを真剣に考えなくてなりません!

 

 

 

pa4

 

 

PRPOSTE ABITI スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・・¥324000~

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・¥170000~

 

 

 

 

 

ロロ・ピアーナのハイクラス・ビジネススーツ生地、

WINTER TASMANIAN Super150`s 320g/m  、WISH Super170‘s 270g/m

 

 

 

WT

 

 

 

ここ20年以上「ハイクラスのスタンダード」となった、光沢と艶のあるSuper120sウールブームの先駆けを作ったロロピアーナ。現在はSuper150、170クラスの高級ビジネス生地の主役といえる生地バンチブックを揃えています。

 

 

WINTER TASMANIAN は防寒性を保ちつつ着用時の重さを感じさせません。生地重量の33%までの水分を吸収し持続的な発散作用により、水分を大気中に放出することが可能な生地です。つまり人間の活動や環境を通じて湿気を吸収放出することで、常に快適な着心地を実現し、皴やヨレから生地自体が守られ、高級感を保ち続けます。

 

 

WT2 

 

 

IMG_2547

 

 

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・・¥391000~

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・¥215000~

 

 

 

WISH

 

 

WISH Super170は、ニュージーランド産の最高級メリノウールを極限の15マイクロンという原毛から織り上げます。エレガントで洗練された色柄。カシミア以上のこの上なく滑らかな肌触り。

 

 

w3 

 

 

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・・¥406000~

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・¥235000~

 

 

 

 

 

PROPOSTE GIACCHE シーズナル・ジャケット生地

 

ロロピアーナのジャケットでは定番品となる、ウール&カシミア、シルクをふんだんに使った、温かみのあるファッション性の高いジャケット生地が今シーズンも勢揃いです。

 

特にALPACA Boucle Jacketは、41%アルパカ、39%ウール、20%ポリアミドのコンポジション。

トレンド色の強い立体感のあるブークレ生地は、リング糸という特殊な糸を使用し、立体的かつ温かみのある、カラーバリエーション豊富なコレクションです。

 

 

pg1

 

 

 

pg2

 

 

 

ライトグレー地にブラウンのチェック。ふわりとした手触り、何故か透明感を感じる生地です。ため息が出る色合の絶妙なバランス。

 

 

pg3

 

 

オレンジの中にグレーやブラックが見え隠れしています。

オーダーを頂いたら、仕立てるのがとても楽しみになるジャケット生地です。

 

 

3

 

 

ジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・・¥223000~

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・¥122600~

 

 

 

 

 

Jacket & Trousers 

 

ロロ・ピアーナの新しい定番商品である、ウール&カシミア素材「FAVOLA」。

カシミア本来のしなやかさ、ぬめり感を残しつつウールの暖かさを最大限に表現しています。ロロ・ピアーナが「エヴァーグリーン」と表現するデザイン&カラーが豊富に揃います。起毛仕上げにより、さらに暖かさを感じるジャケットです。

 

 

 

J&T (2)

 

 

 

トラウザーズ生地は、コットンツイルと、コーデュロイ。コーデュロイはウール10%にエラスティックを加えて伸縮性を持たせました。

 

 

 

J&T (1)

 

 

 

2

 

 

 

ジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・・¥232000~

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・¥129000~

 

トラウザーズ・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・・¥101000~

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・¥62200~

 

 

・・・・ということで、ここにご紹介したロロ・ピアーナ生地は、当店コレクションのほんのわずかです。

 

ロロ・ピアーナ社とのお付き合いは、九州でも当店が最も長く親密にいたしております。ご希望の生地やイメージするお洋服をお探しでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

9月5日までは、プレ・セールで10%OFFになります!

【新入荷!】今秋冬シーズンのエルメネジルド・ゼニア

2018年8月22日

ゼニア&ロロ・ピアーナ

 

2018AW プレ・セール好評開催中!

 

 

8月中、フル&パターンオーダーともに10%OFF

 

 

詳しくはコチラ!

 

 

 

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)の今シーズン秋冬新作バンチブック(生地見本帳)が入荷、続々とオーダーを頂いております。

 

ゼニア直営プレタショップが地元のデパートから撤退して以来、鹿児島で最も多いゼニア生地のオーダーを頂いている当店。

正規コレクションに加え、平行品、在庫品など多数のゼニア生地を揃えて皆さまのご来店をおまちしております。

 

 

 

zegna2018AW (3)

 

 

 

それでは、エルメネジルド・ゼニア2018年AWシーズンの主要生地コレクションを解説して参ります。

 

 

 

まず、一番人気のトラヴェラー(TRAVELLER)から。

 

「トラヴェラー」従来のハイツイスト(強撚)糸をタテヨコ2本増しにしてツイストさせ、生地を織りあげています。さらに高度な防シワ、摩擦加工を加えています。ご出張などの際に出来たスーツのシワも一晩のハンガーで回復しやすくなります。

ライトバージョン(250g/m)と、風合いの良い起毛感を持たせた280g/mの二種類をラインナップ。

機能性に加えて光沢と艶を備え、着心地と高級感をさらにアップさせています。

 

 

 

TRVELLER (1)

 

 

 

TRVELLER (2)

 

 

TRAVELLER スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・・¥266000~

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・¥132000~

 

 

 

 

トラヴェラーはジャケットコレクションも用意しています。

 

ウール+シルクを混紡したファンシーなジャケットは、オン&オフご愛用いただけます。シワになり難い加工をほどこしてありますので、使い勝手がとても良いです。

 

 

 

tj2

 

 

 

TRO CASH (2)

 

 

TRAVELLER ジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・・¥187000~

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・¥95200~

 

 

 

 

 

晩秋~冬の定番スーツ生地「エレクタ(ELECTA)」

 

しなやかな質感と優れた耐久性を兼ね備えたゼニアの冬物スーツ生地。

310g/mと380g/mという2種のウェイトを用意しています。特に380g/mは起毛されたスリープライ生地で、冬のスーツやパンツに最適です。

 

 

ELECTA (1)

 

 

ELECTA (2)

 

 

ELECTA スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・・¥252000~

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・¥123000~

 

 

 

 

 

ゼニアのTOPライン「トロフェオ(TROFEO)」

 

ゼニア独自のトロフィー制度で買い取られた細番手のウール素材です。少し起毛をかけてありますが230~240g/mとオールシーズン向けのスーツ素材です。

正式公表していませんが、Super150‘sレベルの超細番手生地はしなやかさと素晴らしい光沢を兼ね備えています。

 

 

TROFEO (1)

 

 

TROFEO (2)

 

 

TROFEO スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・・¥327000~

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・¥172000~

 

 

 

 

 

トロフェオ・デニム(TROFEO DENIM)

 

ウール100%のデニム素材。一般的なコットンデニムと比べ、タッチはあくまでもソフト。見た目はウールとはとても思えない仕上がりです。また色止め加工もしてありますから、コットンパンツのように色落ちが少なく、まさに一段上のカジュアルです。

 

 

TROFEO DENIM (2)

 

 

TROFEO DENIM (1)

 

 

TROFEO DENIM スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・・¥286000~

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・¥146000~

 

 

 

 

 

トロフェオ・カシミア(TROFEO CASHMERE)

 

トロフェオはゼニアを代表するファイン素材。その素材にカシミアをブレンドさせた贅沢なジャケット生地です。軽く温かい素晴らしい着心地です!

 

 

TRO CASH (1)

 

 

 

WOOLCASH(3)

 

 

TROFEO-CASHMERE ジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・・¥191000~

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・¥98400~

 

 

 

 

 

14Milmil14 (14ミルミル14) 230g/m

 

カシミアに引けを取らない超細番手のウールは、触っただけでカシミアと間違えそうなほどのクオリティです。ゼニアのコレクションでは最も細番手の高級スーツ生地です。

 

 

 

MILMIL14 (1)

 

 

 

MILMIL14 (3)

 

 

 

MILMIL14 (2)

 

 

 

14Milmil14s スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・・¥491000~

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・¥294000~

 

 

 

 

 

ヘリテージ(HERITAGE) ウール&カシミア・コート生地

 

1930年代のモードを手本に、織りと色使いを再現したコレクションです。

肉厚で見た目の起毛感もいい雰囲気のコート生地は、今シーズンゼニアのイチオシとなりました。

 

 

WOOLCASH(0)

 

 

 

WOOLCASH (1)

 

 

 

HERITAGE コート・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・・¥297000~

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・¥174000

 

 

ということで、足早ですが

 

ゼニアの秋冬シーズンコレクションをご紹介しました。

 

 

そして8月中は、プレ・セール開催中です!

 

お仕立て上りから10%OFFになります!

 

ぜひこの機会をご利用下さい!

 

ご来店をお待ちしております!

 

 

 

 

 

【下町ロケット】財前部長、あのスーツ姿とともに再び!

2018年8月20日

10月期のTBS日曜日にあの人気ドラマ「下町ロケット」が再登場、

帝国重工のロケット開発本部、財前部長役の吉川晃司さんも再登板することが決まったようです。

 

吉川晃司が再び財前部長役で「下町ロケット」出演・・・日刊スポーツ

 

ということで、3年前の放映の際、吉川晃司さんのスーツについての話題が多かったので、当時UPしたブログを加筆修正の上、再掲載いたしました!

 

 

以下本文です!

 

 ——————————————————————————

 

TBSのテレビドラマ「下町ロケット」の視聴率が良いようです。技術立国日本と、それを支える様々な人達の人間模様は見ていて面白いですね。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

最近はこのドラマの登場人物の中でも、最も個性的なキャラクター、俳優吉川晃司さんが演ずる「財前部長」のスーツについて、お客様と話題になることが多くなってきました。吉川晃司さんは、一昨年の大河ドラマ「八重の桜」で、西郷隆盛役を演じていて、その自然な演技と雰囲気が魅力的でした。

 

 

8

 

 

話題となる内容は、財前部長の顔色と髪の白っぽさに加え、もっぱら着用しているジャケットのウェストが絞りすぎではないか、そして肩幅が広すぎるのでは、の2点です。

 

財前部長のスーツはとても細身です。ラペルの細い感じとウェストの絞り感は、ディオール・オムやドルチェ&ガッパーナのスーツに似ています。また、襟のデザインも目を引きます。下襟のゴージラインがセミピークトラペルのように上がり、上衿との間がとても狭くなっています。

 

 

01

 

 

このスーツは、「日本を代表するメーカーの開発部長」という責任感と、ストイックな姿勢をうまく表現していると思います。

 

肩幅の広さとウェストは、吉川晃司さんの体型そのものです。別にスーツのデザインが好んでこの姿勢をとっているわけではなく、若いころは水球の選手でならし、現在も自分に厳しくトレーニングを課していなければ、この体形は維持できません。

 

最近のインタヴューでは、ご本人のスーツはすべて「オーダーメイド」ということです。確かにこのスーツ、BESPOKEならではの雰囲気が感じられます。

 

また、吉川晃司さんはこのドラマのために、立ち姿用タイトスーツと、座るシーンのための少しゆとりのあるスーツの2着をオーダーメイドで用意したそうです。

役柄にこだわる吉川さんらしいエピソードですね!

 

 

2

 

 

前半の最大の見どころ、帝国重工の役員会議のシーンは、緊迫する役員会議で、スーツが効果的に使われるシーンがありました。TV画面の切り取りで、画像が悪く申し訳ないのですが、写真は帝国重工の藤間社長(杉良太郎)に対し、財前部長がプレゼンをするシーンです。

 

 

3

 

 

当初にべもなく財前部長の調達案を否定した藤間社長ですが、財前部長の説明が深くなるにつれ、まず背広を脱ぎ始めます。

ウェストコート(ベスト)姿の社長は質疑を繰り返しつつ、脱いだ上着を会議のテーブルの上にドンと置きます。

 

 

4

 

 

この「上着を脱いで話を聞く」という姿を、居並ぶ役員の少し驚く表情とともに、カメラは収めています。「・・・・あの社長が財前部長の話を聞いてやってる・・・・」。

「胸襟を開く」という言葉がありますが、まさにこれでしょう。

 

 

5

 

 

こうした企業ドラマは役柄に応じたスーツスタイルが必要とされます。作り手の方々の手の入れ具合はスーツの使われ方ですぐ判ります。

 

 

関連リンク・映画やマスメディア、スーツの話題

 

 

① 007・・ダニエル・クレイグ・ボンドの衣装的見どころ

 

② 【新商品】旬のスーツなら、「半沢直樹」風SARTORIAパターンメイドスーツで!

 

③【西郷どん】西郷さん陸軍大将軍服レプリカを延岡市に納品しました

 

④【エッセイ】ドラマ「BG・身辺警護人」キムタクのスーツに誤差あり?

 

⑤ベネディクト・カンバーバッチの「シャーロック」アルスターコート

 

 

企業にお勤めの皆さんは、スーツ姿を様々なシーンで見かけることでしょう。

役職、人柄によって着るものは違ってきます。注意深く観察していただき、ここぞという時は、三洲堂テーラーまでお声をおかけ下さい!

 

BESPOKE・・・。 対話をしながら皆様の為のスーツをお仕立てします!!