ブログ

【エッセイ】ドラマ「BG・身辺警護人」キムタクのスーツに誤差あり?

2018年3月15日

元SMAPの「キムタク」こと木村拓哉さんが主演しているドラマ「BG・身辺警護人」が本日最終回を迎えます。

 

ご批判を承知で書きますと(笑)、「BG」は視聴率の高いドラマです。そして脚本、舞台設定、助演陣、すべてがキムタクを中心に押しているドラマだと毎週観るたびに思います。

 

そして観終わった後に、いつも微妙な違和感を持ってしまいます。 

 

最も違和感を感じるポイントは、「現職の大臣なのにやたらとキムタクにまとわりつく石田ゆり子・・・」でしょうか?

 

 

nst

 

 

 ドラマでキムタクが着用しているスーツやシャツ、ネクタイのブランドは、フランスのブランド「ディオール・オム」。これがかなりモードなデザインです。

 

衿巾はおそらく5センチ位。 モードなブラックスーツに合わせる白シャツのカラー(衿)も超ショート。加えてこれも幅4センチほどの超細身のネクタイ。

 

このキムタクのスーツ姿こそ「違和感」だと感じます。

 

 

 

nst3

 

 

その原因の第一は、実はスーツが身体に合っていない、という事実です。

 

キムタクは細身で鍛えてらっしゃるのだろうけど、若干頭部が大きく、身長がそれほど高くないようです。(公称176センチと言ってはいますが・・)

 

このディオール・オムのスーツは、キムタク的体格を基準にすれば。最もフィットする身長は178センチ、体重は66kgほど。つまりとてもスリムで高身長の男性向けではないでしょうか。

 

 ・・・そうすると細身の若い世代が対象になります。もちろん40代以上でも似合う人もいるかもしれませんが。

 

ついでに若い世代ででディオール・オムのスーツを購入出来る人は、年齢の割に非常に高収入でしょう。そしてその職業は「BG」ではないのでは・・・?    

 

そこがこの違和感につながるのではないかと思います。  

 

 

 

そんな事を考えながらもドラマを見続けています(笑)。

 

 

 

nst2

 

 

バリバリに決めているはずのキムタクとは正反対に、警視庁SPの江口洋介さんと、上司の川上隆也さんのブラックスーツ姿は違和感が無く、とても安心して観ていられます。

 

お二人のスーツのブランドは不明ですが、ノーマルな衿巾、普通の肩幅と着丈、ネクタイの幅も普通です。だけどピッタリ似合っています。

 

江口さんは公務員であるSP、上川さんは民間警備会社の課長という設定です。スーツ姿が見事にその設定をビジュアルで表現しています。おそらく二人のコーディネートは衣装スタイリストもやり易かったのではないでしょうか。

 

 

9

 

 

キムタクの細身のスーツ姿は、せめてディオールオムではなく、フィット感ある中庸なモードにしていれば、違和感はなかったのではと思います。

 

・・・あるいはBESPOKEなら、ドラマの設定をいかしつつスタイリッシュかつキムタクに似合うデザインのスーツを生み出せるのではないでしょうか?

 

 

nst4

 

 

・・・・キムタクとはビジュアルで比べ物にならない人間がこのエッセイを書いています。まさに「お前が言うか!」ですね。

 

 

しかし「スーツ姿」は、私はじめ世の男性ががどのようなビジュアルであろうとも、着ている男性の信頼感と男性らしさを演出してくれます。

 

だからこそ、「BG」で衿が細すぎるモードのスーツを着る木村拓哉さんには、本当に似合っているスーツを着てもらいたいのです!

 

【新作品】15milmil15 ・ゼニア最高の生地でスリーピース!

2018年3月12日

ここ南九州の各地では山桜が咲き始めました。

 

当店にほど近い、明治16年に建てられた鹿児島県考古資料館前に、結構大きな山桜の老木が佇んでいます。戦前の発展、戦中の爆撃、戦後の復興などを経て毎春薄く淡い桜を咲かせ、近隣の私たちの心を春に誘う存在です。

 

 

12

 

 

イタリアの大手高級生地メーカー、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)は、1910年にその名と同じ、エルメネジルド・ゼニア氏によって毛織物工場として創業されました。

 

1960年代には既製スーツの分野にも進出し、現在では世界80以上の国で約550店舗を展開している総合アパレルメーカーとなっています。

 

 

10

 

 

 

11

 

 

 

戦後まもなくは自由に貿易が出来なかった日本において、当店は1950年頃から沖縄、香港や台湾経由で、このエルメネジルド・ゼニアの生地を仕入てきました。

 

江戸時代の薩摩の密貿易ではないのですが、戦後の混乱期直後でも鹿児島には沖縄航路の船舶が出入りしていて、ある程度のルートが確保できれば、洋酒や輸入タバコ、舶来生地のような贅沢品を取り寄せることが可能だったのです。

 

 

 

mil

 

 

エルメネジルド・ゼニアとの取引は、様々なルートを通して長く続いています。ゼニアのスーツ生地を長く取り扱っている当店ですが、このほどお仕立てさせていただいた、15Milmil(ミルミル)15は、ゼニアの生地の中でも屈指の高級品です。

 

 

9

 

 

15ミクロンの原毛はしなやかで長い繊維になります。Super表記ではSuper170クラス。

これを束ねて糸とし、縦横にしっかりと打ち込みされて織り上げられた15Milmil15生地は、美しく光り、艶やかで、見るからに上質品だと判ります。

 

 

1

 

 

そんな15Milmil15生地を使って仕立てた、レディース・スリーピース・スーツが完成しました。

 

スーツを毎日ご着用されている女性のお客様は、3月末から4月初旬の公式行事で着用するスーツをお探しになっていました。

 

 

2-1

 

周りの男性が公式行事でほとんど「黒」を着ているのに違和感があるとのことでした。自分らしく清潔にかつ社会的に最も信用される色のスーツを着たい、というご希望からゼニアの15Milmil15、ダークネイヴィーの無地でスリーピースをお仕立ていたしました。

 

 

2

 

 

極細番手だからこその深い濃紺。女性の身体という曲線をスーツという滑らかな立体で覆う際に、上質な生地なら、より魅力的により上品に見せることが可能です。

 

 

3

 

 

 

5

 

 

 

ボタンはゼニアオフィシャルの本水牛。

ライニングもロゴ入りのオフィシャルです。

 

 

 

6

 

 

 

7

 

 

 

レディースジャケットの裏は、男性の台場仕立てとは異なり、表に響かないようバストにペンポケット、タバコポケットの位置にも小ぶりな小物入れを配置しています。

 

既製品なら、総裏でポケットは基本的に付けないのですが、BESPOKE(フルオーダー)は、使うお客様のお仕事や機能的な使い易さを取り入れる事も可能です。

 

 

8

 

 

ということで、レディースながらスリーピースで仕立てたスーツは、これからどのようなオフィシャルな会議や式典、行事でもお役に立てる事と思います。

 

すべてのBESPOKEスーツと同じく、お客様のご愛用される事を心より願ってやみません。

 

 

 

4

 

 

 

Ermenegildo Zegna 15Milmil15 230g/m Superfine Australian Wool

スーツS上下 三洲堂テーラー創業10周年記念プライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・¥300,000 (通常40万円~)

 

 

 

 

 

 

【新作品】流行のチェックをシックに取り入れたスーツ登場!

2018年3月10日

今日は朝から雲ひとつない晴天になりました。

風は冷たく強く吹き付けていますが、いよいよ本格的な春の訪れを感じます。

 

 

12

 

 

西郷銅像前の中央公園南端のケヤキの新緑の芽が遂に開き始めました。昨年も3月10日頃でしたが、今年もほぼ同じ日になりました。

自然の営みは正確です。少々冬が寒かったりしただけでは狂わないものですね。

 

 

 

1

 

 

そんな春のひととき、新しいスリーピーススーツが完成しました。

生地は英国の老舗ダロウ・デイル(DARROW DALE)。290g/mのスリーシーズンウールで仕立てました。

 

 

2

 

 

一見ネイヴィーの無地に見えるこのスーツ生地、実は大きめのウィンドウ・チェックがほぼ同系色と透かし柄で入っています。

 

 

3

 

 

この春夏もウィンドウペンやチェックは流行の柄です。

 

インポート生地バンチブックを紐解いてみると、最初の数ページはチェック柄で埋め尽くされています。各生地ブランドも様々なチェックをクラシックウェアの中で展開しようと考えているようです。

 

 

IMG_4578

 

 

オーダーされたお客様はご身長が177センチですが、とてもスリムなご体格です。はじめての本格的なBESPOKE(フルオーダーメイド)ということで、シャープでスタイリッシュな雰囲気をスーツで表現されました。

 

 

4

 

 

腰ポケットは斜めに配置し、チェンジポケットで並べると、とてもシックでスマートです。

 

 

5

 

 

ラペル(下襟)のロールも立ち上がり、立体的な手作り感を出しています。既製品では中々表現できないポイントが、このロール感です。

 

サイドベンツもいスマートな雰囲気を出している要素の一つです。

 

 

 

7

 

 

普段は見えないのですが、ジャケットは背中にぴったりと吸い付いています。

その下にサイドベンツが刻まれています。

 

 

6

 

 

ボタンは本水牛、ライニングは美しい明るめのベージュをお選びいただきました。

 

 

10

 

 

 

9

 

 

 

ご試着をいただいたスーツは、スリムなご体格にとてもお似合いになっていました。

ウェストコート(ベスト)は、スリムすぎて、ボディに着せる事が出来ませんでしたので、ご試着で仕上がりの雰囲気が判りました。

 

 

11

 

 

 

英国生地らしい、しっかりとした打ち込みと風合いの良さが感じられる、ダロウ・デイルのスーツ。別ネームで展開するジョン・フォスター(John Foster)とともに、今シーズンも以下の様なプライスでオーダーを受け付けています。

 

 

13

 

 

 

DARROW DALE / John Foster  220/230g/m pure wool

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー)・・・¥178,000から

 

パターンオーダーメイド・・・¥71,000から

 

 

 SPRING STARTER FAIR も好評開催中!

 

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております!

 

 

 

 

 

【オプション】表生地・裏地・ボタンで統一感あるスーツを!

2018年3月9日

オーダースーツを初めてお仕立てされるお客様が驚かれるのは、スーツを作るには選ばなくてはならない項目が沢山ある、という点です。

 

 

11

 

 

 

まず、生地を選びます。次にジャケットとパンツの基本デザインを決め、ベントの種類や袖の釦の個数といった細部のディテールをお決めいただきます。

 

 

uti

 

 

デザインのディテールをお決めいただいた後、「洋服の眼」というべきボタンと、影の主役である裏地をお選びいただきます。

 

 

IMG_4301 IMG_4300

 

 

 

最近は表生地ブランドに合わせて、ライニング(裏地)やボタンをお選びいただけるブランドが多くなりました。

 

代表格はイタリアのゼニア、英国のスキャバル、フランスのランバンといったブランドです。

 

 

 

ゼニアは、実にボタン20種類、ライニングも20種類用意しています。

 

ボタンもライニングも色柄の選択幅が広いので、選んでいくだけでも楽しくなります。ボタンひとつで服の表情ががらりと変化する事もあります。

 

※ゼニア・・・スーツS上下なら、セットでボタン¥5,000、ライニング¥7,000。

 

 

14

 

 

15

 

 

 

スキャバルの釦とライニングも個性的です。特にボタンは18種類用意されていて、その中にはオニキス、七宝焼きなどもあります。ハイクラスなジャケットなど、オニキスの釦がとても似合います。

 

※スキャバル・・・スーツS上下なら、セットでボタン¥5,000、ライニング¥10,000。

 

 

12

 

 

13

 

 

 

ランバンもボタン、ライニングを数種類ずつ用意しています。

 

人気のシェル(貝)ボタンは、縁をプラスティックでコーティングしてあり、中にLANVINのロゴが刻まれているにもかかわらず、ランバン以外の生地にこのシェルボタンを付けるお客様もいらっしゃいます。

 

※ランバン・・・スーツS上下なら、セットでボタン¥5,000、ライニング¥10,000。

 

 

16

 

 

17

 

 

 

今回仕上がったランバン(LANVIN)のスリーピーススーツも表生地、ライニング、ボタンをランバンで統一させて頂きました。

 

 

IMG_4465

 

 

ダークネイヴィーに美しいブルーのストライプが刻まれたシックな表生地は、ルックをスマートに知的に見せてくれます。

 

IMG_4464

 

 

 

SARTORIAパターンオーダーでお仕立てしましたが、衿の昇りと吸い付き感は凡百のパターンオーダーを凌ぐフィット感が得られます。

 

 

IMG_4469

 

 

お客様はお身体を鍛えてらっしゃり、バストも大きく張り出していますが、うまく包み込んでバランス良く収まっています。

 

 

 

4

 

 

立体的な肩周りの仕上がり、胸ポケットは美しいバルカ(船底)型でボディに沿って切りあがっています。

 

 

IMG_4465

 

 

ウエストコート(ベスト、チョッキの事)は6個釦の5個掛け。

一番下のボタンは飾りになります。

 

 

IMG_4473

 

 

IMG_4474

 

 

 

ボタンは、ランバンの本水牛のブラウンをお選びいただきました。

ライニングは表生地に合わせて、ネイヴィーの織りチェックです。

 

 

IMG_4468

 

 

 

IMG_4470

 

 

 

上記以外の複数のブランドも自社表生地に合わせて、エレガントなボタンやライニングをラインナップしています。

 

 

スーツをお仕立て頂く際のプラスアルファの愉しみ。

各ブランドのボタンやライニングが無料になる、

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「スプリング・スタートアップフェア」開催中です!

 

 

 

IMG_4463

 

※2018SS LANVIN スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

パターンオーダー・・・¥104,600~

フルオーダーメイド・・・¥218,000~

 

 

 

皆さまもこの春、スーツやジャケットをお考えでしたら、このようなトータルコーディネート出来る生地ブランドをお試しになってはいかがでしょうか?