ブログ

【ご報告】ドレメ・サマーセミナーに参加してきました!

2018年7月26日

7月24日・杉野服飾学園、ドレスメーカー学院において開催された、「ドレメ サマーセミナー」に参加しました。

 

1970年代の杉野芳子博物館所蔵のドレスを対象に、オートクチュールの技法やデザインを解説。

 

70年代のファッションが若者たちに流行している今、タイムリーな演題となり大変勉強になりました。

 

現代の素材に新しい技法を置き換えながら、新たに先生方が製作されたドレスは、どれも力強く美しかった!!です。

 

 

 

 

IMG_8873

 

プリーツのひだ奥と山に1mmのコバステッチがかかっていました!

何百本あるのかしら。

 

 

 

 

 

IMG_8874

 

 

 

 

 

 

IMG_8875

生地はポリエステル100%

 

 

 

 

 

IMG_8927

峯岸先生の作品。尾洲のコットン&ナイロン。シャネルが使いそうな素材です。

切り替え無しでタックだけでシルエットを表現しています。

 

 

 

 

 

IMG_8928

 

 

 

 

 

 

IMG_8929

背中ファスナー。綺麗なドレープ。

 

 

 

 

 

IMG_8925

渡邉先生のシャツワンピースとジレ。

オーガンジーの背中のシャーリングをミシンで印、手作業で。

 

 

 

 

 

IMG_8924

透ける素材の縫代の始末が模様になって見えます。

 

 

 

 

 

IMG_8922

 

須澤先生のBIGトレンチ。ワイドパンツとインナーは箔プリントを

あしらっています。

 

 

 

 

 

IMG_8921

一枚仕立てのトレンチコート。

2枚になっているのは、台襟とポケットの一部だけです。

ポリエステルシャンタンの生地の分量が多いけど、大変軽い仕立てです。

 

 

 

 

 

IMG_8923

モデルさんに蛍光オレンジが良く似合っていました。

 

 

 

 

 

IMG_8930

75年のドレスのモチーフを水玉模様にプリント。

 

 

 

 

 

IMG_8932

曲り斜文織で織った布で、リボンをノッキング。

ポリエステルオーガンジーで表地を裏打ちしています。

 

 

 

 

IMG_8934

メッセージ書も、店でのレディースオーダーの参考になります。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8935

75年のドレスはモチーフだけのシンプルAライン。

Illustratorでモチーフの水玉模様に切り替えワンピースのパターンに。

 

 

 

 

 

 

IMG_8896

須澤先生(向かって左)と渡邉先生。

私は大島紬のスーツ。

 

 

 

 

IMG_8894

峯岸先生(右隣)は私が養成科野の時の担任をされていました。

左は、mannequins japon デザイナーの阪口英明さん。

 

 

 

 

 

IMG_7438

中央の担任教授はその頃の私には別世界の方のようでした。

若い同級生と 懐かしい一枚。

 

 

20数年前 卒業した私を、当時 教えて下さった先生方(皆様 偉い先生方になっていらっしゃる)にお会い出来 感激でした。

 

多分同世代?の先生方に巡り会えて 写真をパチリ。

ありがとうございました。。。

 

紳士服に+α が活きるように、綺麗なレディースがプロデュース出来るようになります。

 

 

by  Rieko Fukudome

【エッセイ】ズボン、スラックス、トラウザーズ、パンツ。違いは何?

2018年7月25日

世界最古の「ズボン」は、中国タリム盆地の墳墓から見つかった3,300年前のもので、遊牧民が馬に騎乗する際に着用していたものと考えられています。

 

同様のズボンは、イラン人やスキタイ人のようなユーラシア大陸の放牧民が着用し、さらにトルコ人からハンガリー人などに伝わりました。主に馬に乗る際に便利なので遊牧民とともに、ズボンは世界中に広まりました。

 

 

TTs

※ドイツ北部の遺跡から発掘されたズボン、4世紀ごろ。

 

 

 

日本語の「ズボン」は便利な言葉です。両足を入れる下衣の総称です。

前回のエッセイで、ズボンの語源をこのように書きました。

 

 

・・・一説によれば、フランス語の「JUPON」(スカートの下に履くペチコート)からきているそうです。しかし、日本人らしい発想で、「ずぼん!と足を入れる」から来たという説もあります。

 

日本語の「ズボン」という呼称は江戸時代末期に広がりましたが、日本での正式な当て字は「洋袴」です。日本では既に「股引」というズボンの形状に似た下衣もありました。ズボンが一気に広まったのは、幕末の長州戦争や戊辰戦争に多数の兵士が参加してからです。素早く動けて、生地も暗い色なら相手の銃が狙いにくい。明治維新から後、ズボンは一挙に広まりました。

 

 

 

bosin

※戊辰戦争の庄内藩兵士たち。

 

 

 

それでは、英語の「トラウザーズ(Trousers)」とは・・・

 

トラウザーズという呼称は、主に英国で使われます。ズボンの総称と言っても差し支えないのですが、何故複数形かといえば、その昔男性はショーツの様な短いズボンと、タイツを付けていました。近代になりこれが合体しトラウザーズになりました。

 

今ではスーツのジャケットと対になったズボンをトラウザーズと呼ぶ事が多いです。

 

 

Sans-culotte1

※19世紀フランスの庶民がはいた「サンキュロット」。

 

 

2

※スーツの対のズボン=トラウザーズ

 

 

「パンツ(Pants)」は米語です。ズボンの総称になります。しかしあまりにもメジャーな呼称なってきたので、ついに最近では英国内の洋服店でもパンツという言葉を使うようになりました。

 

ただし、アメリカではともかく英国では下着のパンツと誤解され易いので、ご注意ください。

 

 

IMG_6782

 

 

 

「スラックス(slacks)」のslackとは、「ゆるい」という意味です。

 

腰回りからヒザ、裾にかけてゆとりを持たせたズボンの総称でしたが、時代が下がるにつれて、「替ズボン」すなわちジャケットとは別に着用するズボンの事をスラックスと呼ぶようになりました。

また女性用の制服や就活等に使われるズボンの事を「スラックス」と呼びます。

 

 

 

f2

 

 

 

厳密にいえば、上記のようにズボン、トラウザーズ、パンツ、スラックスは本来の意味があるようですが、現代ではあいまいに使われています。

また、英語圏でも英国と米国では使われ方も違うのでちょっと頭の隅にいれておくといいでしょう。

 

 

三洲堂テーラーでは、スラックス、トラウザーズ、デニムやコットンなどのパンツ、すなわちズボン単品のオーダーも歓迎です!

 

夏はズボンも痛みがちです。

 

ぜひ数を持っておきたいです。

 

ちょうど今、Summer SALE 開催中です!

 

ぜひオーダーメイドで理想的なズボンを作ってみてはいかがでしょうか・・・?

 

【SALE】BESPOKE 20%OFF!おススメ生地16着分ご紹介!

2018年7月24日

10th Anniversary SUMMER SALE

 

開催中! 29日・日曜日まで

 

 

毎日暑い日が続きます!

今年は桜も早かったのですが、猛暑もあっという間にやって来ました!

 

さて、当店はサマーセール開催中です!

 

ストック生地でオーダーすると、定価の2割引き!

 

まだまだいい感じの、おススメ生地をご紹介します!

表示はBESPOKE・スーツS上下またはジャケットのプライスです(税別)。

 

 

 

engbroth

① 英国Brothers (笑)いかにも!英国製、シャリ感とハリが特長

上: ジョンフォスター 230g/m サマーウール ¥178000 ⇒ ¥142400

下: ウィリアム・ハルステッド 250/g Kid Mohair 60%、Wool40%

¥220000 ⇒ ¥176000

 

 

ce

② ゼニアの盛夏用高級ビジネススーツ=COOLEFFECT

¥250000 ⇒ ¥195000 (スペシャル・プライス)

右上:明るい紺、中:濃紺、左下:ブラック

 

 

s&M

③夏に着るミドルグレー 真のお洒落をめざして!

右:スキャバル 250g/m合夏ウール ¥290000 ⇒ 232000

左:バレンチノ 240g/mサマーウール ¥200000 ⇒ 160000

 

 

S&Z

④紺&グレーと違う、一歩前を行くスーツ!

右:スキャバル・淡いグリーングレー AIR RACE 230g/mサマーツイスト

¥250000 ⇒ 200000

左:ゼニア・ダークブラウン サマーウール&カシミア ¥200000 ⇒ 160000

 

 

 

S&C

⑤男なら(女でも)一度は着たい白スーツ&米沢シルクサッカー

白: カチョポリ(ナポリ)ピュアコットン290g/m ¥220000 ⇒ 1760000

濃紺: 米沢シルクサッカー(ジャケット)¥180000⇒ 144000

 

 

c

特に・・・オフホワイトのピュアコットン・スーツ

すばらしい仕上がりになります。リゾートのお伴にぜひ!

 

 

 

 

lpoj

⑥ロロピアーナ、渾身のプロポステ・ジャケット

右:ウール&シルク SILK AIR 250g/m

左:ウール&シルク&リネン Suumer Time 230g/m

どちらも、ジャケット・お仕立て上り ¥220000⇒ 1760000

 

 

 

lpj

⑦ロロ・ピアーナ ジャケット×3枚

すべて ¥180000 ⇒ 144000

上&中 ウール&シルク 250g/m合夏ジャケット

下 ウール&シルク&リネン 220g/m 夏のジャケット

 

 

お電話でのご予約も承ります!

TEL 099-224-6255

ご来店とご注文、心よりお待ちしております!

 

 

 

【エッセイ】サイズ感、ズボンの裾巾と丈、どうする?

2018年7月22日

一口に「ズボン」といっても、なぜボトムズの中でもこの両足を入れる筒状の衣類が「ズボン」と呼ばれるようになったのでしょうか?

 

 

4

 

 

一説によれば、フランス語の「jupon」(スカートの下に履くペチコート)からきているそうです。しかし、日本人らしい発想で、「ずぼん!と足を入れる」から来たという説もあります。

 

私は案外、「ずぼん!と足を入れる」が真相かと思います。

これはロンドンの仕立街「Savile Row(サヴィル・ロウ)」が「背広」の語源になった、という擬音説と似ています。

また、その昔ヤンキーの皆さんが履いていた「ボンタン」や「ドカン」も音感がそのままズボンの名称になってると思われます。日本人の服に対する感性の一端がうかがえます。

起源をたどると面白い発見がたくさんあるものです!

 

さて、今日は最近のズボンの丈と裾巾のことについて述べていきます。

 

 

ambrosi (1)

 

 

またまたインスタグラムの写真で申し訳ありませんが、このズボンはイタリア、ナポリの有名なズボン専門メーカー「アンブローシ(Ambrosi Napoli)のサイトにUPされていました。

 

コメントはシンプルに「Our home style」。

彼らの基本スタイルは1タックのストレートのようです。股上もしっかり取ってあります。裾巾は約18センチほど、ただしほぼノークッションですね。

今はやりの「つんつるてん」の若い人向けズボンとは、少し違う大人の「スラックス」というところでしょうか。

 

・・・何故「スラックス」という名称かと言えば、英語の「トラウザーズ」がスーツと対のズボンを意味しているのと反対に、替えズボンなどのややカジュアルなズボンを「スラックス」と呼ぶからです。

 

 

 

f1

 

 

今日の私のズボンスタイルです。これはウール&モヘアの替ズボンをはいています。生地がしっかりとシャープなので、ノータック、裾巾18センチ、折り返し付き(以下ダブル)です。

 

 

 

f2

 

 

Ambrosi に比べると、ズボン丈が長くなります。どちらかといえば、替ズボンでもネイヴィーブレザーに合わせる為に仕立てたので、「つんつるてん」にならぬよう、靴下がおおっぴらに見えない丈に仕上げています。クッションもしっかりついています。

 

ブレイシズ(サスペンダー)で吊るのは、股上が安定するからです。常に一定のズボン丈を保ちたい方には、こちらがおススメです。

 

 

 

d1

 

 

こちらは30歳のスタッフ、伊達のトラウザーです。

股上はそれほど深くはない2本タック、ダブルにした裾巾は17.5センチです。丈は短くノークッション、完全にくるぶしが見えています。

 

 

d2

 

 

2本タックは、慣れてくると着心地もいいのですが、スーツやジャケットを着用すると、カタチが良く見えて好きだといっています。

 

 

d3

 

 

 

先週私が行った(笑)市場調査では、タック入りのズボンが増えてきたようです。ただし、裾巾だけは相変わらず18センチ位まで。丈もノークッションで仕上げているようでした。

 

少しずつタック入りのズボンが増えてくると、股上も必然的に深くなってくると思われます。

もともと「タック」はウェストとヒップの差を埋める為に考案された「折り曲げ技法」です。従って最近のヒップハングや股上浅のズボンとは、製図上うまく線がつながらないのです。

 

 

ambrosi (2)

 

 

例のナポリのAmbrosiは、タック入りのズボンが「正解」と述べています。

写真は2本タック入りズボンの股上です。

 

クラシックなスーツスタイルのトラウザーにはタックは相性が良いので、これからは皆さまも1本タック、2本タック、と入れていかれてもいいのではないでしょうか?

 

 

ズボン、トラウザーズ、スラックス、パンツ、パンタローネ・・・

 

同じズボンを意味する名詞なのに、表記がなぜ違うのでしょうか?

こちらは、次回のエッセイで述べていきたいと思います!