ブログ

【夏服】驚きの軽さ!シルクモールジャケット【軽涼】

2019年5月31日

気温もいよいよ上昇して、梅雨前に初夏の陽気になりました。
夏服の準備はお済みでしょうか?
今回はとっておきの「軽涼」ジャケットをご紹介いたします。

 

 

11

 

 

 

見ただけでも涼しげなジャケットの生地は「米沢シルク」。
そのルーツは江戸時代、秋田県米沢の地で有名な上杉鷹山の藩政改革から生まれた絹織物生産に始まります。

 

15

 

 

13

 

 

 

以来、着物や帯だけではなく現代ではこのような上質、軽涼なシルクサッカーのコレクションが揃いました。

 

 

10

 

 

9

 

 

特にこのシルクモールは通気性も良く、驚きの軽さです。

 

 

16

 

 

 

3

 

 

実は私もこのジャケットを愛用しています。

 

 

 

2

 

 

 

5
シングル3個ボタンセンターベント、ミシンステッチを入れて黒蝶貝ボタンを付けたネイヴィーブレザーです。

 

 

7

 

 

一枚仕立て、一枚芯、肩パッドもなるべく薄くしました。

 

 

 

8
オーダーされたお客様は、スーツを着るほどでは無い、ちょっとした会議やお出掛けに着用する予定です。

 

 

 

1
皆様もこの驚くほど軽く涼しいシルクモールやシルクサッカーのジャケットで、この夏の猛暑を乗り切ってはいかがでしょうか?

 

 

米沢シルク SILK100% 150g/m

ジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー/仮縫い付き・ハンドメイド)・・¥189,000~

 

プレ・ビスポーク(仮縫い付きマシンメイド)・・・¥123000~

 

パターンオーダーメイド・・・・・・・・・・・・¥83000~

 

 

 
夏服フェア 開催!

 

 

ce

 

 

期間:6月1日・土曜日 〜 24日・月曜日

 

クールエフェクトやエアウールなどの「夏生地」

でのスーツやオーダーは、

 

スペシャルプライスでオーダー承ります!

 

 

皆様のクローゼットにも素敵な「夏服」をお揃えください!

 

 

代表的な夏服コレクション・・・・
人気No1. ゼニア、クールエフェクト 
イタリアの有名ブランドエルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)の盛夏用生地コレクション。
美しい光沢と上質なルックスに加え「クールエフェクト」仕様で体感華氏9度の涼しさを実感いただけます。

 

 

cel

 

 

 

9

 

 

 

No.2 英国製のクラシックテイストなら、エア・ウール(AIR WOOL)

 

英国のフォックス・ブラザーズや、ブルマー&ラム などの

フレスコメッシュ織りの通気性がある夏スーツコレクション

 

 

fox

 

 

6

 

 

その他、多数の夏服生地コレクションがございます。

 

高温多湿な日本の夏に備えて・・・・

 

皆さまのオーダーをお待ちしております!

 

 

 

【紺ブレ】清く正しく美しい?ネイヴィーブレザー【BESPOKE】

2019年5月23日

少し前にご案内させていただきました、バストにボリュームを付けた「マニプレーション」スーツのお客様に、納品の際ご試着をいただきました。

 

記念写真もいただきました。

 

102

 

 

 

 

 

3.共地カフリンクス

 

 

現在、店頭ではオーダーメイド・オプションフェア が最終週です。

 

 

内容、詳しくはコチラから!!

 

 

banner1

 

 

27日・月曜日が最終日です。

 

みなさまのオーダーをお待ちしております。

 

 

 

 

 

11

 

 

 

英国のウィリアム・ハルステッド社のウール&モヘア、ミドルウエイト2PLY生地でブレザーをお仕立てしました。写真はその際の仮縫い風景です。

 

 

 

2

 

 

シングルブレスト2個ボタン、サイドベンツ、背抜きのオーソドックスなデザイン。

 

 

3

 

 

4

 

 

330g/m、30%のモヘア混紡のザックリとした質感のある素材は、多少手荒く扱ってもへこたれないへヴィーデューティーもOK。

 

 

6

 

 

服に仕立て上れば、立体的でお身体を包み込むような雰囲気になります。

 

 

5

 

 

ボタンはメタル系ではなく本水牛をお選びいただきました。

 

 

7

 

 

ライニングはイタリア製のペイズリーです。

 

 

8

 

 

9

 

 

 

梅雨前の爽やかな初夏の気候には最適です。

お客様は今週からオフィスに着ていくとのことです。

ご愛用いただけますとありがたいです!

 

 

 

1

 

 

 

WILLIAM HALSTEAD WOOL&MOHAIR(30%)

ブレザー・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー/仮縫い付き・ハンドメイド)・・¥159,000

 

プレ・ビスポーク(仮縫い付きマシンメイド)・・・¥108500

 

パターンオーダーメイド・・・・・・・・・・・・¥68500

 

 

【オプションフェア】久々に良いお天気です【27日まで】

2019年5月22日

好天に恵まれたGWから一転、雨模様だったお天気がようやく回復しました!

 

 

梅雨前の爽やかな青空が広がりました。

 

 

IMG_1884

 

 

 

この季節は、明るい色合いのお洋服のオーダーが多くなります。

 

 

 

IMG_1921

 

 

写真はゼニアのクールエフェクト(COOL EFFECT)生地。

 

一番明るい生地でスーツを作って欲しいとのオーダーです。

 

 

IMG_1919

 

 

生地が明るいと裁断する際のチャコ(チョーク)のラインが見えにくく、カッター(裁断士)伊達も慎重に裁断していきます。

 

 

3,4月で開催した「VIPフェア」でご注文をいただいたオーダーシャツが仕上がって来ました。

 

 

2019ssVIP&OP (2)

 

 

2019ssVIP&OP (4)

 

 

 

写真はトーマス・メイソンのストライプ地で仕立てたシャツです。ボタンダウンのカラー(衿)の内側には、表とは別生地を貼りました。カフスの裏にもこの別生地が入ります。チラリと見えるこだわりポイントがイイ感じです。

 

 

ws2

 

 

映画 WALL STREET MONEY NEVER SLEEPS のポスターでは、マイケル・ダグラスがストライプのシャツでキメています。

 

Thomas Mason オーダーシャツ・税別仕立て上りプライス、¥24,000

 

 

2019ssVIP&OP (7)

 

 

 

2019ssVIP&OP (9)

 

 

 

2019ssVIP

 

 

リバティ・プリントのシャツは、生地のイメージと違った、意外にシックな雰囲気になります。タイトなスーツの中に着ていると、気分は1966年ヤードバーズ時代のギタリスト、ジェフ・ベック。

税別仕立て上りプライス、¥19,000

 

 

 

2019ssVIP&OP (6)

 

 

2019ssVIP&OP (5)

 

 

こちらはイタリアのMONTI(モンティ)の小紋柄の半袖シャツ。

 

 

napoli

 

 

この開放的なシャツを着ると、ナポリのホテルのテラスで海の向こうのベスビオ山でも眺めながらアペリティフでもチビチビやっていそうな気分になりますね~!

税別仕立て上りプライス、¥20,000

 

 

ということで、オーダーメイド・オプションフェアは

 

5月27日・月曜日まで!!

 

 

banner

 

 

オーダーシャツからスーツまで・・・

 

各種有料オプションがサービスされます!

 

 

詳しくはコチラをご覧ください!

 

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております!!

 

 

 

 

 

【ゴルフ】ニッカボッカなら三洲堂テーラーへ!!【GOLF】

2019年5月19日

「英国発祥の紳士のスポーツ」といえば、話題のラグビー始め、テニス、乗馬、ポロ、フライフィッシングなど多岐にわたりますが、何といっても人気はゴルフでしょう。

 

写真は19世紀末のゴルフスタイルです。トップスは一様にVネックのセーターの下にはシャツを着てネクタイを締めています。ズボンは3人が「プラスフォアーズ」と呼ばれるニッカボッカをはいています。

 

 

g1

 

 

最近は首都圏のゴルフ場では「ニッカボッカ」をはいてプレイしているゴルファーを見かけることもあります。それにしても「ニッカボッカ」という名前の由来は何なのでしょう?

 

通称「ニッカボッカ」は「ニッカポッカ」あるいは「ニッカーズ」とも呼ばれますが、正式名称は「ニッカーボッカーズ(Knickerbockers)」になります。

 

もともと、この「ニッカーボッカーズ」というズボンの原型は17世紀にアメリカ大陸に移住してきたヨーロッパ人が好んではいていた「ブリーチズ(breeches)」という半ズボンです。

 

 

15

 

 

1809年にオランダ系アメリカ人のワシントン・アーヴィング氏は、『ニューヨークの歴史』というニューヨークに住むオランダ人移民者についての本を出版しました。この時、アーヴィング氏はオランダ系の名前である、「ディートリヒ・ニッカーボッカー (Diedrich Knickerbocker) 」というペンネームを用いました。

 

 

8

 

 

この本が人気を博してくると、次第にニューヨークのオランダ人移民とその子孫のことを「ニッカーボッカー」と呼ぶようになり、さらにこの本の挿絵で彼らが穿いていた短ズボンが「ニッカーボッカーズ」という名前で呼ばれるようになったのです。

 

アメリカでは現在でも「Knickerbocker」というとオランダ人移民のことを指しています。

 

 

og

 

 

これがニッカーボッカーズの語源の由来です。

 

19世紀中葉のヴィクトリア朝時代の英国では、紳士のスポーツウェアを代表するスタイルになりました。1860年ゴルフの第一回全英オープンでは全員がニッカーボッカーズをはいていましたし、乗馬、登山、釣りなどでも「ネクタイにニッカーボッカーズ」は正式なファッションでした。

 

1945年の第二次世界大戦終結頃から、次第にニッカボッカスタイルは衰弱していきました。

一方日本では「袴」由来のとび職の方が身につける「ニッカボッカ」は今も職人スタイルとして生き残っています。

 

 

nick 

 

 

この写真は残念ながら飛行機事故で他界された米国のプロゴルファー、ペイン・スチュワート選手です。

彼のゴルフスタイルはほぼニッカーボッカーズでした。ペイン・スチュワートの出現以来、再びニッカーボッカーズは見直されます。

 

 

 nickers (2)

 

また、人気プロゴルファーのリッキー・ファウラーもニッカーボッカーズを穿いています。

 

 nickers (4)

 

 

 

三洲堂テーラーは、このニッカボッカーズに関しては、仕立てのご縁が非常に深いアイテムの一つです。当店は1930年から1945年までの15年間、台北市にて大日本帝国陸海軍御用達店として、軍服を専門に仕立てていました。軍跨(ぐんこ)はニッカボッカスタイルも多く、オーダーを多数いただいていたようです。

 

 

 

2

 

 

以来、平和な時代になりゴルフ好きのお客様から、ニッカボッカーズのオーダーも増えて参りました。

 

 

1

 

 

 

2

 

 

今回オーダーをいただいたニッカボッカーズ、生地はスコットランドの生地マーチャント、ハリソンズ・オブ・エジンバラ(通称:Harrisons)のピュアリネンのチェック柄です。

 

 

7

 

 

 

3-1

 

 

2タック、腰ポケットは深めで、ピスポケットはボタン無し。全体的にはゆとりのある大きさで、ヒザはアジャスタが付いていて、ワンタッチで緩急付けられます。

 

 

3

 

 

 

4

 

 

注目すべきポイントは、仕立てた裁縫士、水迫の丁寧な手作業です。

基本的にボタンホールなどは手でかがります。持ち出しの力ボタン用のボタンホールも、天狗、すなわちベルト内側を支える持ち出しのボタンホールも、大変美しく芸術品です(笑)。

 

 

5

 

 

 

5-2

 

 

お客様は東京在住で、ご自身が所属するゴルフ倶楽部には、ニッカボッカを愛好する会もあるそうです。今週末はコースに出るようで、このニッカボッカーズがいいスコアにつながればイイですね!

 

 

 

nickers (1)

 

 

Harrisons of Edinbough 「MERSOLAIR」 270g/m Pure Linen

ニッカボッカーズ・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー・仮縫い付きハンドメイド)・・¥67000

※ニッカボッカーズのオーダーは現在BESPOKEのみです