ブログ

【インスタ】ネクタイについて・・・

2018年6月3日

当店スタッフ、福留理恵子のインスタグラムをご紹介いたします。

 

よろしければのぞいて見て下さい!

 

 

アカウント名:

 

rieko_bespoke_tailor

 

 

 

IMG_8084

 

 

中学生の頃、父が紫色のネクタイの付いている からし色のシャツを買ってくれて、締める 練習をしました。

 

そんなシャツを、子供の頃は気恥ずかしく思っていました。でも父は私に似合うと思って 買ってくれたのかな・・・。それが今は嬉しいことです。.

 

 

IMG_8014

 

 

最近オーダーした、台襟の高いシャツを着たら ネクタイが締めてみたくなりました。

 

 

IMG_8074

 

 

その昔 クロアチア兵が首に巻いていたスカーフが起源のクラバット=ネクタイ。ルイ14世を守る戦場で士気を高める赤いクラバットを見てみたい・・・。

 

今に至るまでネクタイは、男性のシックな服のトーンに 唯一色柄の遊びの出来るポイントです。

 

 

 

IMG_8013

 

 

私的には、クールビズは ちと つまらない。

 

今週は新しい夏のネクタイが入荷します!

SCABAL&FAIRFAX、どちらも素敵です。

 

暑い夏、シャツにネクタイを締めている男性の姿・・・。

 

ネクタイは男性美の一つだと思いませんか?

 

 

【新作品】夏の愉しみ・・ゼニアのスタンドカラージャケット

2018年6月2日

梅雨の合間に、さわやかな晴天が広がりました。

 

・・・・・と、思っていたら鹿児島を象徴する山から、またもモクモクとうす茶色の憎っくき火山灰が降ってきました。ただでさえ中国大陸に近いここ鹿児島は、PM2.5の影響で薄曇りの日が多くなっているのに、最近は随分火山活動が活発です。観光にいらした方は面白いのでしょうけど・・・。

 

 

01

 

 

この店舗がある繁華街、天文館には今日も多くの中国系の観光客の皆さんでいっぱいです。自撮棒片手に賑やかです。たまに来店されますが、オーダーは時間がかかるので皆さんあきらめてお帰りになります。しかし、「メイド・イン・ジャパン・スーツ」には関心があるみたいですね。

 

 

02

 

 

 

さて、かつての中国の最高指導者、毛沢東がよく着用していたスタンドカラースーツの襟型から、「マオ・カラー」とよばれている襟型のジャケットがあります。

 

 

11

 

 

 

今回オーダーをいただいたマオカラージャケットは、お客様のリクエストで夏用のカジュアルな雰囲気になりました。

 

 

9

 

 

生地はゼニアの夏の人気物、「クロス・プライ(CROSS PLY)」。ウール50%、シルク30%、麻20%の三者混紡です。

 

 

1

 

 

CROSS PLYはジャケットにも使われますが、ゼニアでは今シーズンはスーツやトラウザーにも推しています。しっかりとした織りでヒザが出ないように工夫しています。

 

 

2

 

 

サマーウールにシルクと麻を加えると、ザックリ感と光沢、麻の持つカジュアルな雰囲気が混ざり合い、とてもいい感じの夏生地コレクションです。

 

 

3

 

 

ジャケットのデザインのご希望は、胸と腰に合計4個の玉ブチポケットを付けて、例えばサングラスやちょっとした小物を入れて、Tシャツやポロシャツの上に羽織りたい、とのことでした。

 

 

8

 

 

 

仕立職人はベテランの黒木です。

 

フロントは5つボタンですが、真ん中の2個くらいを掛ける位で着ていただきます。大柄なお客様ですから、肩はナチュラルな雰囲気でパッドも少なめにしました。毛芯は基本的に一枚です。

 

 

7

 

 

 

仕上げの最大ポイントはマオカラーの立ち具合です。

ここがうまくいかないとジャケットの感じが今一つになります。

 

ボタンは本水牛の皮付ホワイトが馴染みました。

ライニングは同系色の明るめのベージュです。

 

 

5

 

 

 

しっかりとした台場を無くし、わざと既製品の様なストレートな裏仕様にしました。あくまでも柔らかい着心地の良さを重視した作りです。

 

 

6

 

 

仕上がったジャケット、お客様はご旅行や普段使いの服として、早速着てみるとのことでした。この夏の愉しみになるゼニアのCROSS PLYジャケット。

 

皆様もぜひご検討下さい!

 

 

4

 

 

 

Ermenegildo Zegna CROSS-PLY 210g~230g/m。

(生地によりウール・シルク・リネンの配分率が違います)

 

ジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダー/仮縫付・ハンドメイド)・¥168,000~

パターンオーダーメイド・・・¥86,800~

 

【イベント】サマー・リネン・フェア 開催!

2018年5月31日

サマー・リネン・フェア

 

 

6月1日・金曜日~6月25日・月曜日

 

 

 

夏のカジュアル&リラックスウェアのご準備はいかがでしょうか?洋の東西を問わず、夏に涼しげな上質カジュアル素材は、「麻」が定番となります!

 

三洲堂テーラーでは上記期間中、「麻」関連のオーダーにスペシャルギフトをご用意いたしました!

 

 

 

麻フェア4

 

 

 

①ピュアリネン(麻)やリネン混紡生地を使用した、

スーツ&ジャケットをBESPOKE(フルオーダー)の場合

 

 

 

linen-jkt

 

 

 

ハードマンズリネン(Herdman`s Linen)の、

オーダーシャツをプレゼントいたします!

 

 

麻フェア用

 

 

 

line麻フェア用2

 

 

 

 

 

 

②インポート・ピュアリネン生地でシャツをオーダーの場合・・

 

 

line (1)

 

 

 

 1.ロンドンストライプ

 

 

 

共生地のポケットチーフ、あるいは

大判ホワイトリネンチーフ をプレゼントいたします!

 

 

IMG_5967

 

 

IMG_5968

 

 

 

 

 

麻はシワが気になるので・・・というお声もいただきます。しかし古代から人類は涼しげな素材として「麻」を使って夏を凌いできました。

 

また、ピュアリネンの厚手の生地は、装飾品として母から娘へ、孫へと貴重な嫁入り道具の一つとして重宝されてきました。

 

着れば着るほどに身体に馴染み着心地が良くなり、お洒落な大人として認識される服。

リネンはそんな存在です。この夏はピュアリネンで「スマートな大人の夏」をお楽しみ下さい!

 

 

7

 

 

 

人気のリネン生地といえば・・・

 

1.スペンス・ブライソン(SPENCE BRYSON)

 

ピュア・アイリッシュ・リネン・・・

 

 

IMG_5965

 

 

リネン生地のハイクオリティトップブランドが、アイルランドで生産される「アイリッシュ・リネン(Irish Linen)」です。

 

 

 

1

 

 

艶やかな光沢のある繊維で構成されるアイリッシュリネンは、天然繊維の中で、最もしなやかで肌に優しい質感を持っています。ほかの繊維にはない優雅で奥深い光沢があり、高級感あふれる素材のひとつです。

 

 

12

 

 

また、アイリッシュリネンは天然繊維の中で最も丈夫で、使い込むほど柔らかくなり10年~20年は使えると言われているほどです。一般的なリネンに比べて、より肌触りがソフトなのが特徴。

 

丈夫な素材なので、毎日ざぶざぶ洗っても安心。洗濯するほどに柔らかさや風合いが増していきます。

 

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥200,000~

ジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥160,000~

 

 

 

 

2.エルメネジルド・ゼニア (Ermenegildo Zegna)

Pure Linen Cloth Selected by Zegna

 

 

 

IMG_5966

 

 

 

イタリアの高級生地メーカー、ゼニアは夏のコレクションに欠かさずピュアリネン生地をラインナップしてききました。

今シーズンは、目付き260g/mと280g/mの二種類のピュアリネンを用意しています。

 

ネイヴィーや生成りのピュアリネンスーツやジャケット、ワンピースは、紳士淑女の夏の定番品です。

 

 

 

1

 

 

 

IMG_5308 

 

 

 

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥251,000~

ジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥178,800~

【新作品】ゼニア「トロフェオ」、ツヤ感ある極上グレースーツ

2018年5月28日

いよいよ梅雨に入った模様です。先週末から雨が降ったり止んだりの日々です。

 

そんな梅雨空を吹き飛ばすような、明るいスーツが仕上がりました。

 

 

1

 

 

ライトグレーの艶やかなスーツは、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)の看板高級生地「トロフェオ(TROFEO)」でお仕立てしました。

 

 

3

 

 

「トロフェオ」という名前の由来は、オーストラリアの数ある羊毛牧場の中でも、その年最もクオリティの高い羊毛を生産した牧場に対し、ゼニアが「トロフィー」を渡し、羊毛を買い取っていた、という歴史に基づいて付けられました。

 

 

 

4

 

 

 

「トロフェオ」は16ミクロンという極細の原毛を使っています。1ミクロンは、1ミリの1000分の1ですから、16ミクロンがいかに極細であるかが判ります。

16ミクロンは、国際羊毛基準では、「Super150`s」と規定されます。

※ちなみに、15ミクロンなら「Super170`s」です。

 

 

5

 

 

 生地自体に光沢と艶やかさがあり、かつ手ざわりも全く滑らかです。

着用すればその質の良さが、さらに理解できます。

 

 

7

 

 

 

ふわりと軽く、羽毛を羽織るように肩を包みます。

それにもかかわわらず、毛芯とともに仕立てると立体感が出ます。

 

 

 

6

 

 

ボタンは本水牛のロゴ入り艶消しをお付けしました。

ライニングはオフィシャルロゴ入のシルバードットです。

 

 

 

8

 

 

 

どんよりとした梅雨空の下でも、美しいトロフェオのスーツを着ていれば、元気が湧いてきます。

 

 

 

2

 

 

三洲堂テーラーでは、サンプルと実物のトロフェオ生地を揃えまして、皆様のご来店をお待ちしております!

 

 

 

9

 

 

 

Ermenegildo Zegna TROFEO 230g/m Superfine Australian Wool

スーツS上下・お仕立て上り(税別)

パターンオーダーメイド・・・¥170,000~

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・¥314,000~