ブログ

【パターンオーダー】ゼニアのエレクタ登場!冬のスーツ生地御三家?

2017年12月5日

最近は暖冬傾向にある・・・とはいえ今日も北風が強く朝晩は冷え込みが厳しくなっています。

 

洋服生地の世界では、西暦2000年頃まで秋冬物の生地と言っても、今の様なスリーシーズン物はあまり出回っておらず、打ち込みのしっかりした目付き300g/m以上の「冬生地」の出番でした。

ミユキ毛織やダイドーなどの国産一流生地も軒並み肉厚でした。

 

 

sansyudo Tailor 店舗 (12)

 

 

あれから17年が経ち、今では秋冬物でも260g/m~290g/mほどの冬を中心としたスリーシーズン生地、しかもSuper100以上の細番手で織り上げた柔らかく艶のある素材が人気となっています。

カノニコ、フィンテス、デルフィノ、REDA,、トレーニョ等のイタリア大手ミル(織物工場)ブランドは軒並みその方向性で生地を量産しています。

 

 

IMG_7682

 

 

その反動からか、最近は英国製品にみられるような、Super80程度の太い糸を2本から3本撚り合わせた糸を縦横に織りこんだ、2PLYや3PLYなどのざっくりとした手触り感のある艶消し生地も増えてきました。流行に敏感なカノニコなどは、今シーズンのコレクションにも取り入れています。

 

 

kano (2)

 

 

 

9

 

 

さて、ビジネスで使う上質な「冬のスーツ」を考える際には、条件がいくつかあります。

①ある程度の肉厚がある。少なくとも目付き310g/m以上のウェイトが必要。

②生地に光沢があり、ドレッシーな雰囲気も醸し出すこと。

この2つの条件を満たせる生地があれば、冬に着るクラシックな服になります。

 

 

 

9

 

 

寒い冬に贈る当店のおすすめ生地は三種類です。

写真向かって右から、

①ロロ・ピアーナ(イタリア)、「ウィンター・タスマニアン」Super150ウール 340g/m

②エルメネジルド・ゼニア(イタリア)、「エレクタ」Superfine Australian Wool 310~360g/m

③テイラー&ロッジ(英国) LUMBS GOLDEN BALE 340g/m

 

 

 

 

この三種類の冬生地を選んでおけば、まず間違いなくクラシックかつ上質、とても高級感があります。

今回は中央のエルメネジルド・ゼニアのエレクタ生地で仕立てたスーツをご紹介いたします。

 

 

2

 

 

濃紺に一見マイクロヘリンボーンの様な織り縞がはいっている、シックなエレクタ生地で仕立てました。

 

 

4-1

 

 

シンプルにシングルブレスト2個ボタン、センターベントでお仕立てしました。50代後半のお客様は今までデパートの紳士服コーナーなどで、特にデザインも考えることなくスーツをご購入されてらっしゃいました。

 

 

4

 

 

当店のパターンオーダー「SARTORIA」を着用するようになってから、「お洒落ですね~」「若いですね!」と言われるようになってきたとの事です。

 

 

 

5

 

 

短めの着丈、ジャケットのジャストフィット感とフロントのラウンドカット、パンツも裾幅狭く丈もやや短かくして、お裾はダブル(カブラ)にされました。

 

 

7

 

 

ただ流行を追うだけではなく、クラシックな雰囲気、立体的な仕立て、背広姿の男性美を感じるところなど、このSARTORIAの特長です。

 

 

6

 

 

ボタンはナット型、ライニングは表生地よりやや明るいネイヴィーをお選びいただきました。

 

 

8

 

 

ゼニアの冬生地、エレクタが持つ高級感あふれる仕上がりになりました!

この冬ぜひご愛用いただきたいものです!

 

 

3

 

 

Ermenegildo Zegna ELECTA 310g/m Superfine Austaralian Wool

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

パターンオーダーメイド・・・¥104,800から。

フルオーダーメイド・・・・・¥224,000から。

 

 

 

 

 

 

【冬の装い】暖かいヘリンボーンのカシミアジャケット

2017年12月4日

ヘリンボーン・・・・ herringbone

 

 

n6

 

 

日本語のすぎ綾にあたる斜文織変化組織の織物,および柄の名称。

herringはニシン,boneは骨の意で,織模様がニシンの骨の形状に類似していることによる。

ほかにフィッシュボーン fishbone,アローヘッド arrowheadなどともいう。

 

 

n5

 

 

h8

 

 

日本では杉綾(すぎあや)ともいいいます。スギの葉を並べたような形からこの名がつけられました。組織は変り綾織で,綾目が部分的に反対方向に走るので山形になる。

毛織の紳士・婦人オーバーおよびスーツ地をはじめ,綿,絹,人造繊維にも用いられる。

(出典:ブリタニカ百科事典)

 

 

n8

 

 

 英仏海峡から北海のあたりでは、ニシンがよく獲れます。

 

ちなみに英国の伝統料理、「Stargazy pie(星を見るパイ)」は、パイ生地の表面からニシンの頭が飛び出していて、上の写真のように、なかなか見た目厳しいのですが(笑)、とても美味しいらしいです。

 

 

n9

 

 

 また、非常に美味しいニシン料理の代表格として知られるのがキッパーです。黄金色に燻製されたニシン(ヘリンとは云わず「キッパー」と呼びます)にバターを溶かせばトーストとの相性も抜群。魚の産地や薫製方法によってキッパーにもランクがあるらしいです。ホテルによっては「Manx Kipper」(マン島産)など、産地にこだわるところもあります。

 

 

話がだいぶヘリンボーン柄から逸れましたが、・・・もう少し脱線いたします。

ちなみに私が載っている写真のシトロエンという車のエンブレムもこのヘリンボーンと似ています。

 

 

n7

 

 

このメーカーの創始者、アンドレ・シトロエンがまず手がけたのは自動車ではなく、V字型のミゾを持つ歯車(ヘリカルギヤ)の生産でした。 この事業で基礎を築き、1919年、最初のシトロエンの名を冠した自動車が誕生。シトロエンのシンボル「ダブル・シェブロン」は、この独特の形をしたギヤの形状から生まれました。でも、なんとなくヘリンボーンに似ています。

 

余談ですが・・・私は36歳の時にシトロエンの「エグザンティア」に初めて乗りました。途中で「C5」に乗り換え10年が経ちました。「ハイドロニューマティック」という何とも面白いメカにはまってシトロエンに乗り続けています・・・・。

 

 

n0

 

 

ということで、冬になるとよく使われるヘリンボーン柄。スーツにもこの柄は多いのですが、暖かいカシミアやツイード系のジャケットには、とくに好まれる古典柄です。

 

 

n2

 

 

 

今回ご紹介するジャケッはやや大きめヘリンボーン柄です。イタリアの生地マーチャント(問屋)、ドラッパーズ(DRAPERS)社のピュアカシミア、420g/m。こげ茶の濃淡で構成されたヘリンボーンジャケットは、身体を優しく暖かく包み込みます。

 

 

n3

 

 

冬のお出かけならハイネックやタートルネックのセーターを合わせてもいいし、シャツにネクタイ姿でもクラシックに決まります。

 

 

n1

 

 

合わせるトラウザーはベージュ系のものをお選びになりました。

この冬、大いにご愛用いただきたいお洋服ですね!

 

 

DRAPERS PURO CASHMERE 420g/m

ジャケット・お仕立て上り(税別)

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥440,000~

SARTORIA(パターンオーダー)・・・・¥198,000~

 

 

 

 

 

 

 

【コート】いよいよ冬本番、コートの出番です!

2017年12月2日

寒くなってきました!

 

今日の最低気温は鹿児島でも8度、東京は5度でした。加えて、北風が吹くので余計寒さが増すようです。

 

街を歩く人々も防寒用にコートやダウンを着ています。

 

しかし・・当店はクラシックな紳士服飾の牙城(笑)です。私はゆめゆめダウンを着るわけにはいかないのです。いかに若手スタッフやベテランまでが軽く暖かいダウンを通勤着に着ていたりしても、ひたすらオーバーコートで過ごします。

 

 

5

 

 

オフィシャルなシーンで、カシミアやウールで仕立てられたオーバーコートはとても大切な存在です。米国トランプ大統領のカシミアのチェスターコート姿は印象に残る服装です。

 

 

 

2

 

先月の中国訪問の際には、すっかり寒くなっていた日本で着ていなかったチェスターコートを着用するシーンが目立ちました。

 

 

アングル:訪中のトランプ氏、貿易不均衡問題で中国を「称賛」

 

空港に降り立ったトランプ大統領が着る黒のチェスターコートは、正統派の3つ釦フライフロントになっています。並んで歩く中国の習近平主席は色は黒でも残念ながら釦がブチ抜きです。

 

紫禁城でもトランプ大統領は同じチェスターコート姿でした。

さすがドナルド・トランプ。コートも素晴らしい仕立です。

 

習近平主席はグレーのチェスターコートでしたがこちらも釦ブチ抜きです。ずいぶん軽い印象になってしまいます。

 

 

3

 

 

チェスターコートはスーツの上に着用する服装として、最も品格のある装いだと思います。正統派シングルのチェスターコートは、フライフロント(比翼)仕立てです。

 

 

6

 

 

 

8

 

 

生地はブラックのピュアカシミアが重宝されます。ただ、厚手のウールまたはウール&カシミア混紡でもいい雰囲気になります。

 

 

9

 

 

当店では英国サヴィル・クリフォードのブラックとチャコールグレーのウール&カシミア&アンゴラのコート生地、英国ハーディーエイミスのキャメルのウール&カシミア、ロロピアーナのピュアカシミアなどの魅力的なコート素材を揃えております。

 

 

 

10

 

 

また、最近映画やドラマでよく見かけるアルスターコートは、ダブルブレストの正統派チェスターコートに比べて、少しアクティブな雰囲気もあり魅力的です。

 

 

 LINK:英国ドラマ「シャーロック」での、俳優ベネディクト・カンバーバッチのコート

 

 

 

11

 

 

IMG_2714

 

 

「アルスターカラー」と呼ばれる上下の幅が同じサイズの襟が付いたコートを一般にアルスターコートといいます。

 

 

12

 

 

正統派チェスターと違い、フラップ付きのアウトポケット、袖はダブルカフス。

背中には深いアクションプリーツが刻まれ、背中央に帯が付いています。

 

 

13

 

 

一見カジュアルに見えますが、着てみるとなかなかドレッシーです。

こちらのサンプルコートはサイズ48です。ぜひご試着して下さい!

 

 

 

14

 

 

 

長く暑い夏の記憶はどこにいったのか、すっかり忘れていましたが、「暑い夏の冬は寒い」と言われています。

ということで・・・コートのご準備はぜひ三洲堂テーラーにお任せ下さい!

 

 

気になるお仕立て上りプライス(税別)は・・

 

チェスターコート

 

BESPOKE(フルオーダー、仮縫い付きハンドメイド)でお仕立てします。

 

ウール生地でのお仕立て上り・・¥150,000より。

 

 

アルスターコート

 

同じく、BESPOKEお仕立て上り・・¥180,000より。

 

ご納期は約一か月です。

 

 

寒い冬こそ温かいオーバーコートを、ぜひご検討下さい!

 

 

 

【ダークスーツ】仕事でもパーティーでも着たい服は?

2017年11月30日

 

1

 

 

ジェームスボンドも愛した英国王室御用達シャツメーカー

 

 

 

トーマスメイソン・リミテッドノベルティフェア 

 

 

 

~12月10日まで開催中です!!

 

 

 

 

2

 

 

フェア詳細はコチラ!

 

 

男性も20代後半になると、様々なシーンで「ちゃんとしたスーツ」を着なくてはならなくなります。自分自身も結婚したり、友人知人の披露宴や会社のパーティーなど、社会的に信頼感のおける服装が求められます。

 

 

9

 

 

ビスポークテーラーへのご相談で多い物は、仕事上の大切なシーンで着用しつつ、パーティーなどにも着ていく服はどのようなものがいいですか、という問い合わせです。

今日ご紹介するスーツは、まさにそのようなシーンで着ていただきたい服です。

 

 

t2

 

 

イタリアの高級生地メーカー、「エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)」がビジネススーツの代表格としてコレクションしている「トラヴェラー(TRAVELLER)」生地を使ったスーツです。

 

 

t3

 

 

ダークネイヴィーに織りストライプがおよそ1センチ間隔で刻まれている、とてもドレッシーな素材をシングルブレスト2個ボタン、センターベントの非常にオーソドックスなスタイルにまとめました。

 

 

t1

 

 

ビジネスでは真意感あるダークネイヴィースーツは、夜のパーティーなどで着用してrも色気のある服になります。

 

 

t4

 

 

t5

 

 

ボタンはゼニアのオフィシャルナット釦、ライニングは特別にペイズリー柄にしてみました。

 

 

t7

 

 

このゼニアのトラヴェラー生地で仕立てたスーツは、BESPOKE(フルオーダー)のお仕立て上り、¥224,000からのプライスになります。パターンオーダーは、¥106,400から。

 

 

 

IMG_3482

 

当店では他に、イタリアの大手生地メーカー、カノニコ(CANONICO)の光沢あるSuper110ウール生地もおすすめいたします。

BESPOKE(フルオーダー)・・・¥178,000

SARTORIA(パターンオーダー)・・¥72,600。

 

 

 

 

IMG_3484

 

 

また、光沢を追求するなら英国の老舗「テイラー&ロッジ(Taylor & Lodge)」のSuper160ウールブレンド生地は、胸からウェストにかけて素晴らしいドレープ(陰影)を出してくれます。

スーツS上下のプライスは・・・

BESPOKE(フルオーダー)・・¥222,000

SARTORIA(パターンオーダー)・・¥104,800

 

 

 

2

 

 

最後にダークスーツと言えばこの人を忘れてはいけません。

現在のジェームス・ボンド、俳優ダニエル・クレイグが着るスーツは、信頼感もあり男の艶感もある美しいシルエットを描きます。

 

 

3

 

 

 

みなさまもぜひ、あんな要望、こんな願望(笑)を私たちテーラーに「ぶつけて」ほしいです! きっとご満足のいくお洋服に巡り合えます!

 

三洲堂テーラーのドアーは、皆さまのご来店をお待ちしております。

 

 

夜警

 

 

 

まずはお気軽にご相談からどうぞ!

 

TEL 099-224-6255

 

ネットでのお問い合わせはコチラです!