ブログ

【新作品】新しいジャケットはナポリ・スタイル

2017年9月20日

イタリア南部のナポリ市は1950年代から鹿児島市と姉妹都市として友好関係があります。

鹿児島市内には「ナポリ通り」という中央緑地帯付きの片側3車線の立派な大通りが、鹿児島中央駅の正面から市中心部へ真っ直ぐに通っています。鹿児島市民ならナポリと姉妹都市だという事実を皆知っています。

 

 

 1

 

 

一方のナポリ市民は、鹿児島市と姉妹都市であるということはおろか、鹿児島市がどこにあるかも判らない人が圧倒的です。まあ、古代からの景勝地で有名であり世界中にその名を知られた都市ですから、いたしかたないのでしょう。

ちなみにナポリ市にも「Via Kagoshima」すなわち「鹿児島通り」という小さなカーブした坂道が存在しています。この「鹿児島通り」なかなか良い雰囲気です。

 

 

1-2

 

 

イタリア的クラシックなメンズファッションの聖地でもあるナポリは、服飾に関わる様々な手仕事が職人たちに代々受け継がれている街でもあります。

 

 

3

 

 

今回仕立てたジャケットは、ナポリ風にしました。

といっても、ナポリ的に最も手をかけたポイントは、上襟(カラー)と下襟(ラペル)を結ぶ線、すなわち「ゴージライン」の切り上り角度です。

 

 

 

2

 

 

6

 

 

全体のフォルムは、3つボタン中一個掛けです。

ラペル幅は9.5センチと幅広で、先程説明したゴージラインは首の付け根より背中の方に向かって引かれているように見えます。

 

 

8

 

 

 

12

 

 

 

このネックの高く奥深いポイントから幅広の襟を形成する「Vソーン」こそナポリスタイルの要点です。

細身のラペルが好きなモダンジャケットの愛好者からすれば、ずいぶんドメスティックな表現だと思うほどのラペル幅です。

 

 

7

 

 

 

ただし、肩の付け方はいわゆるマニカ・カミーチャというシャツ風ふらし袖ではなく、あくまでもクラシックな正統派のスクエアショルダーです。

 

 

5

 

 

生地はゼニアのエレクタ(ELECTA)です。340g/mのしっかりした打ち込みのベージュの柄物です。この生地は少し前のストックで、なかなか売れずにいたものです。

 

しかし、ヘリンボーン柄の境目に交互に色違いのストライプを入れて織っているなど、とても凝った生地です。

 

 

4

 

 

ボタンは本水牛の艶消しを選びました。

ライニングは明るめのベージュです。

 

 

9

 

 

 

10

 

 

 

試着してみました。

今回は衿芯も柔らかいものを使いました。ネックにソフトに乗り包まれる感じがします。

 

 

11

 

 

この生地をスーツとして仕立てましたが、ジャケットは替上衣としても使えそうですね。

 

 

 IMG_2451

 

 

 

IMG_2467

 

 

仕立てた水迫は今年3年目、23歳の優秀な裁縫士です。

初めてジャケットを仕立てました。

各パーツはちんと縫われ、芯据え、肩入れ、袖付け、全体の仕立ても時間をかけて丁寧にしっかりと仕事をしています。

 

 

13

 

 

これから様々なジャケットを仕立てていくと思いますが、このナポリ風デザインとともに、いつまでも記憶に残る一着となりました。

 

 

guy6

 

 

guy3

 

 

三洲堂テーラーのBESPOKスーツは、対話をしながら、お客様、店舗スタッフ、職人の三者で一着のスーツをお仕立てします。

 

三洲堂テーラーのドアーはお客様に広く開いております。

ぜひお気軽にそのドアーを押して下さい! 奥深いBESPOKEの世界へ進む一歩です・・・。

 

【お知らせ】9月17日・本日は通常営業しております!

2017年9月16日

9月17日・日曜日 本日は通常営業しております!

 

台風の余波が残っている可能性もあります。

 

お気をつけてのご来店をお待ちしております。

 

 

1

 

 

VIP INVITATION FAIR 先行開催しています!

 

期間: 9月15日~10月2日

 

 

シャツ・・・一枚¥16,000以上のオーダーシャツ

 

全品一枚あたり▲3000円OFF!

 

 

20cfce153c6dcbd30dc35695758066ae1

 

※THOMAS MASON , CANCLINI , MONTI , ALBINI 

LIBERTY PRINT etc..

 

al

 

話題のアルビアーテデニムシャツも対象です。

 

 

 

 

 

パターンオーダースーツ

 

税込¥80,000以上のスーツまたはジャケット

 

一着あたり、▲¥3,000 OFF!

 

 

3

 

2

 

 

 

2

 

 

 

 

 

なお、BESPOKE製品については期間中、

 

リンクルフリーオーダーシャツ 一枚サービス!

 

をいたします。

 

【新作品】マオカラースーツあるいはネルージャケット

2017年9月15日

スタンドカラー(立襟)の付いた背広や上衣の事を、「マオカラージャケット」または「ネルージャケット」と呼びます。

 

 

10

 

 

「マオ」は中華人民共和国の初代首席「毛沢東」の事であり、

 

「ネルー」はインド共和国の初代首相「ジャワハルラール・ネルー」の事です。

 

 

12

 

 

ただし、マオカラーと言う割には、毛沢東は普段シャツカラーのジャケット、いわゆる人民服を着用していました。マオカラーの写真が残っているのは青年時代のみです。

 

 

11

 

 

インドのネルー首相の方が、スタンドカラーのジャケットを常日頃着用していましたから、英国では「ネルージャケット」の呼び名が一般的です。

 

 

1

 

 

ということで、新しいマオカラースーツが完成しました。

 

お客様との間では「マオカラー」スーツと呼んでいましたので、この名称を使います。

 

 

1-2

 

 

大きめのラペルとカラーが付いたノーマルなジャケットに比べ、マオカラーは隠れた場所にダーツを取る事が出来ません。

 

したがって、胸幅の大きなご体格の立派なお客様には、既製品やパターンオーダーのマオカラースーツではうまく着こなす事が出来ないのです。

 

 

 

8

 

 

したがって胸幅が大きい逆三角形のご体格のお客様は、身体をすっぽりと包み込むマオカラースーツにはなかなか巡り合えない、とのことでした。

 

 

 3

 

 

BESPOKE TAILORとしては、ダーツを入れるべきポイントを製図上で展開させて、バストの高さと幅を出しました。その結果無理なくバランスの良いジャケットが出来ました。

 

 

2

 

 

 

「マオカラー」という呼称のスタンドカラー(立襟)。

すっきりとした凛々しい印象です。

 

 

4

 

 

4個ボタン、サイドベンツ、スラントポケットのシンプルなマオカラージャケット。

生地は明るいブルーのゼニア、トラヴェラー(250g/m)です。

 

 

5

 

 

ボタンは本水牛の革付白釦です。

雰囲気がある立体的な釦になります。

 

 

6 

 

 

総裏のライニングはシルバーの柄物です。

表のブルー対照的なはっきりとした色合いが美しく映えています。

 

 

7

 

 

お客様は、このスーツをご結婚式にご着用されるとのことです。

 

 

 

9

 

 

 

美しい光沢とバランスのよいマオカラースーツが、ご結婚式にまたひとつ華を添えることでしょう・・・。

 

 

マオカラースーツ・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥178,000~

 

SARTORIA(パターンメイド)・・・・¥78,000~

 

 

【新作品】ワイルドなBESPOKEデニムジャケット!

2017年9月13日

デニム(Denim)生地の名称の由来は有名です。

 

フランス南部の古都ニーム地方で織られていた生地であった為に、地域の名称が訛り、そのままデニムと呼ばれるようになりました。

 

 

14

 

 

 

デニム生地をよく見ると、右上から左下に向かって斜めに織り線が入っている、「右綾デニム(Z織り)」と、その逆で左上から右下に斜め織り線が刻まれる「左綾デニム(S織り)」という2種類の織り方が存在する事がわかります。

 

 

12

 

 

右綾デニムはざっくり感がでるので、リーバイスなどのジーンズメーカーが自社製品の原材料として、主に取り入れています。

 

それに対して左綾デニムは表面がフラットになり、光沢感やソフト感が生まれます。したがって我々のようなテーラーがお客様にご提案するデニム生地の多くが左綾デニムになります。

 

今日ご紹介するデニムジャケットも左綾デニム生地を使っています。

 

しかもライクラ繊維を2%混紡させ、ストレッチが効くように織り上げました。

 

 

 

2

 

 

 

ジャケットのデザインは、

シングルブレスト2個ボタン、サイドベンツ。3パッチポケット、襟にタブを付けてあります。

 

 

1

 

 

 

また、端から7mmのポイントにジーンズステッチ糸をミシンで刻んでいます。

このミシンステッチがジャケットをよりスポーティーな雰囲気にしています。

 

 

4

 

 

 

3

 

 

 

カラータブもスポーティーでカジュアルな印象を深めます。

もともと、シューティングジャケット(狩猟用)の機能的なデザインで、右身頃の衿の裏には、左身頃のカラータブを止める為の釦が隠されていました。ただし今は形骸化して、このジャケットのカラータブにも機能性はありません。

 

 

 

5

 

 

ボタンは本水牛の皮付黒ボタンです。

黒というよりグレーに近いこのボタン、当店ではアウタージャケットの釦として人気があります。

 

7

 

 

 

デニム生地はそれ自体が430g/mと結構重いので、出来上がると厚みと同時に重みを感じます。従って一枚仕立てにして、裏地類をなるべく省きました。

 

 

9

 

 

 

8

 

 

 

 

6

 

 

 

グレイシュネイヴィーのデニムですから、シャツにネクタイを付けてもよし、ノータイでももちろん、タートルのセーターなども相性良くコーディネート出来ます。

 

 

11

 

 

この秋お客様のご旅行やお散歩、ちょっとしたお出かけのお伴にしていただけるとありがたいですね!

 

 

Denim Jacket LARUSMIANI (ITALY) 430g/m 98%COTTON & 2%Rycla

 

ジャケットお仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥148,000から

 

SARORIA(パターンオーダーメイド)・・・¥72,000から