ブログ

【パターンオーダー】グレーのスーツを着て「北北西に進路を取れ!」

2018年6月21日

皆様はグレーのスーツのイメージを、どのようにお持ちでしょうか?

 

私の幼少期の頃は、グレーのスーツ姿のサラリーマンを「どぶねずみルック」と揶揄する風潮がありました。私はテーラーの倅として、いやな言葉だなぁ、と思っていました。

 

 

4

 

 

私にとってグレーのスーツは、たびたびTV映画の中でお目にかかった、俳優ケーリー・グラントがのイメージが最も記憶に残っています。

 

映画「北北西に進路を取れ」(原題:North by NorthWest )は、1959年公開のアメリカ映画です。監督はアルフレッド・ヒッチコック、主演は「英国出身の」ケーリー・グラントです。

 

 

11

 

 

映画はこれまで何度もTV放映されているので、観た事のある方も多いと思います。下の写真は、有名な平原で複葉機に襲われるシーンです。

 

 

 

9

 

 

主演のケーリー・グラントが着ているグレーのスーツは、ロンドンのサヴィル・ロウのビスポークテーラー、「スタンバレー(現在はキルガーという店名に変更)」で仕立てたものです。

 

映画用にスタンバレーで同じスーツを5着仕立てたグラントは、シャツやネクタイ、靴まですべて自分で選び、コーディネートしています。スタイリストが出始めた時代でしたが、グラントは映画の中で「ニューヨークの広告代理店の重役」というイメージを演技と服装でとても上手く演じています。

 

 

10

 

 

 

今回仕上がったグレーのスーツは、エルメネジルド・ゼニアの夏服「クール・エフェクト(COOL EFFECT)」生地を使いました。

 

 

2

 

3

 

 

デザインは非常にシンプルな、シングルブレスト2個ボタン、センターベントになります。

夏服らしく背中は裏地を抜いて「背抜き」にしました。

 

 

7

 

 

ゼニアのクールエフェクトは、夏服と言えどもウェイトが220g/mとしっかりとした打ち込みであり、生地自体もそれほどシワにならず、型崩れしないのでとても使いやすいスーツが仕上がります。

 

 

5

 

 

ボタンとライニングもゼニアのオフィシャルを使っています。

 

 

6

 

 

 

8

 

 

グレーにはネイヴィーやブルーが相性の良い色になります。

写真のランバンのネクタイのような、ネイヴィーにドット柄などとてもいい雰囲気になります。

また、グレーのスーツにはぜひ茶色の靴を合わせていただきたいですね。夏らしいいい雰囲気になること請け合いです!

 

 

1

 

 

かつての高度成長期のモーレツサラリーマンは、バブルと昭和の終わりとともに消えていき、今は「ゆとり世代」が若者の中心となりました。

 

せっかくゆとりが出来たのなら、ネイヴィーやブラックだけではなく、ぜひ風合い豊かなグレーのスーツにトライしてみてはいかがかな?と思います。

 

 

Ermenegildo Zegna COOL EFFECT 220g/m SuperfineWool

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

パターンオーダーメイド・・・¥108,400~

フルオーダーメイド(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥219,000~

 

 

 

【勝ち虫】「トンボ柄」ライニングが眩しいグレンチェックのスーツ!

2018年6月17日

.日本では古来トンボ(蜻蛉)の事を、「勝ち虫」としてきました。

トンボは前にしか飛ばず、後ろへ飛ばないために、武士により「不退転、決して退かない」勇気のある存在として尊重されてきました。

 

武将たちは好んで鎧や刀の鍔、衣服に「トンボ柄」を取り入れていました。

 

 

7 

 

 

 

この「トンボ柄」を甲州(山梨県)の裏地織元に依頼し、デザインしてもらいました。パターンオーダーのジャケットの裏地に取り付ける「甲州裏地」としてコレクションされています。

 

 

 3

 

 

このほど仕上がったスーツは、英国のジョン・フォスター製、230g/mの夏服生地を使いました。

 

 

2

 

 

 

 

明るめのグレンチェックにブルーのウィンドウペンがオーバーブレイドして、とても涼しい夏服らしさを感じさせるスーツです。

 

 

 4

 

 

 

お客様は年々お身体が締まってきており、ウェストをシェイプしたクラシックな夏服の生地を、明るめにされてみました。結果は大成功。明るいグレンチェックがとても素敵に似合いました。

 

 

6

 

 

夏スーツなので、背中は裏を貼らない「背抜き」で清涼感を出しました。

 

 

 

5

 

 

ボタンは風合いのいいグレンチェックに合わせて、本水牛の艶消しのミドルブラウンをお選びいただきました。

 

 

1

 

 

 

「甲州裏地」には、勝ち虫=トンボ柄の他にも、鶴や波をモチーフにした様々な色柄を取り揃えました。オプションプライス=¥3800でお付けいたします

 

 

 

lining (4)lining (3)

 

 

lining (2)lining (1)

 

 

 

John Foster pure wool 230g/m

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

SARTORIA(パターンメイド)・・・・・・¥71000

Pre BESPOKE(仮縫い付き・マシンメイド)・・¥121000

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥178000

 

 

 

【新オーダーシステム】 Pre BESPOKE (プレ・ビスポーク)スタート!

2018年6月16日

三洲堂テーラーでは、従来の2つのオーダーシステム、

 

 

①BESPOKE(フルオーダー:仮縫い付き・ハンドメイド)

 

 

②SARTORIA(パターンオーダーメイド)に加え、

 

 

中間的な新しいオーダーシステム

 

 

③「プレ・ビスポーク」(Pre. BESPOKE)

 

 

のオーダーを開始いたします!

 

 

 

「プレ・ビスポーク」は、以下の工程でスーツを仕立てます。

 

①当店で、採寸、型起こし、仮縫いフィッティングまで行います。

 

デザインと補正は、三洲堂テーラーオリジナルになります。

 

 

IMG_4681

 

 

 

kata

 

 

 

②補正が終わった後の本縫いは、協力工場にてマシンメイドで仕立てます。

 

協力工場は当店パターンオーダーメイドの縫製を依頼しています。

 また、当店の技術指導をしていただいてる、日本紳士服界No.1 モデリスト・柴山登光先生がその協力工場の監修をされています。型紙や補正の概念が近い事もあり、この新オーダーシステムが実現しました。

 

 

insta (16)

 

 

 

この「プレ・ビスポーク」システムのメリットは2つ

 

①オーダープライスが安価。パターンプライス+5万円でお仕立てします。
各種オプションもパターンオーダーと同じ料金なので、割安です。

 

 

7

 

 

 

②パターンオーダーでは不可能だった体型補正やデザイン指定が、当店型紙での仮縫により可能になります。

 

既製品やパターン&イージーオーダーではご満足いただけないお客様に、フルオーダーの感覚をご体感いただきます。

 

 

fitting (2)

 

 

 

料金設定は以下の例をご参考下さい。

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)
カノニコ(イタリア) Super110ウール240g/m を使用

 

 

7

 

 

 

 

SARTORIAパターンオーダーメイド・・¥71400

 

 

Pre BESPOKE (仮縫い付き 協力工場で仕立)・・¥121400

 

 

BESPOKE(フルオーダーメイド)・・・¥178000

 

 

※プレ・ビスポークで一度オーダーをいただきますと、型紙が保管されますので以後フィッティング無しでもオーダー可能になります。

 

その場合はパターンオーダープライス+¥40000になります。

 

 

 

fz (7)

 

 

 

既製品、パターン、イージーオーダーでは満足できない方、

 

仮縫いとフィッティングを未経験の方、

 

本格オーダースーツをお考えの方、

 

 

ぜひ三洲堂テーラーの「プレ・ビスポーク」のオーダーをお待ちしています!

 

 

 

 

 

 

【BESPOKE】誰でも一度はSILVER GHOST(シルヴァーゴースト)!

2018年6月15日

「素敵!」といわれる色・・・この季節ならさわやかなブルーネイヴィーは外せないでしょう。

 

濃い目のネイヴィーもいいのですが、6月も中旬になり湿度も気温も上がってくると、より明るいブルー系の紺が見た目も着心地もさわやかです。

 

 

tcc

 

 

トム・クルーズも大好きなブルーネイヴィー。

 

今日ご紹介するスーツは、ベルギーに本社を持つ高級生地マーチャント(問屋)、SCABAL(スキャバル)のSILVER GHOST(シルヴァー・ゴースト)240g/m、Superfine merino wool を使いました。

 

 

SG (2)

 

 

 

「Silver Ghost」というワードがピンとくる人は、よほどの車好きの方でしょう。

 

ロールス・ロイス社初期の名車シルヴァー・ゴーストは、1906年に発売されました。最初は高額過ぎて売れなかったのですが、ある有名な広告がきっかけとなり、全世界のVIPの間で大流行するようになりました。

 

それが下記キャッチコピーです。

 

 

「シルヴァーゴーストの車内は静粛。聞こえてくるのは、あなたの時計の秒針の音だけです」

 

 

コピーライターによると、販売に困ったロールス・ロイスに「売れる」キャッチコピーを頼まれたが、いろいろ考えてもいい案が出来ない。困ったあげく工場に行ってみたら、作業員らが雑談でそんな話をしてくれた、とのこと。身近に知恵は眠っているものです。

 

 

SG (1)

 

 

 もうひとつ。

 

 

シルヴァーゴーストは、生産終了になってからも堅牢で、めったに修理が必要になることがなかった為、ボディを替えて病院車や霊柩車になって使われ続けました。そこで英国では有名なブラックジョークが生まれました。

 

 

「英国では、誰でも一生に一度はロールス・ロイスに乗れる。」

 

 

 

 

 シルヴァーゴーストについて詳しくはコチラ

 

 

 

ロールス・ロイスと違い、スキャバルの「シルバーゴースト」は、誰でもスーツに仕立てることが可能です。

 

こちらはオーソドックスなシングルブレスト2個ボタン、サイドベンツのデザイン。

 

 

9

 

 

 生地の表面は複雑な織りが、深く複雑なブルーの光沢を放っています。

この拡大すると「鱗」の様な文様がスーツの外見に深みを与えます。

 

 

3

 

 

 

2

 

 

240g/mのスーパーファインメリノを使っていますが、この生地の特長はしなやかで艶がありながら、芯がしっかりとした打ち込みになっている事です。

 

 

4

 

 

バストやショルダーを立体的に包むような着心地は、芯もさりながら生地のレジリエンス(強靭性)から生まれています。

 

 

5

 

 

ボタンはスキャバルのオフィシャルロゴ入り。

ライニングもスキャバルの同系色です。

 

 

6

 

 

7

 

 

 

コーナーにひっそりとたたずむ、シルヴァーゴースト生地のスーツ。

 

お客様によると非常に使いやすく、季節にもピッタリで重宝しているよ、とのことでした。ありがたいものです。

 

 

 

8

 

 

SCABAL SILVER GHOST 240g/m Superfine merino wool

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダー仮縫い付きハンドメイド)・・¥224000~

SARTORIA・パターンオーダーメイド・・・¥109900~