ブログ

【レディス】英国製ダブルフェイス生地のラップスカート(巻スカート)

2017年11月19日

下は表がグレンチェック、裏が千鳥(ハウンドトウース・チェック)の英国製のやや厚手のダブルフェイス生地。ずいぶん前から当店のストックヤードに巻きで保管してあり、コートやジャケット、ケープ等に使われてきました。

 

 

 

1

 

 

 

そのストックもついに残りが1.5mを切ってしまい、お客様のジャケットを作る要尺(=2m)にも満たなくなってしまいました。

そこで、ラップスカート(WRAP SKIRT)、すなわち巻きスカートを作ってみました。

 

 

3

 

 

 

ファスナーと釦を使わず、基本的にすべてスナップ止めにしました。

また、立体感を出す為に、巻きにも少し余裕をもたせました。

 

 

4

 

 

このダブルフェイス生地、肉厚なのに柔らかく、意外に生地が伸びてしまします。仕立てる際は縫い目に沿って伸び止めテープを入れました。

生地の性質によって見えない場所にも気を使わなくいてはいけません。

 

 

7

 

 

ウェストの中にはインサイダーべルトが隠されていて、ウェストを締め付けなくてもスカートが下がってこないようにしました。

 

 

5

 

 

共生地で肩から下げるための帯を作りました。

 

 

2

 

 

帯幅が比較的広くなり、視覚効果はワンピースを着ているような感覚です。

 

 

 

5

 

 

 

 

6

 

 

 

8

 

 

片方だけ帯を付けた状態でもOKです。

少しモードな感じが出ています。

 

 

9

 

 

 

三洲堂テーラーのスカートは、仮縫い付きハンドメイドで、¥40,000から。

 

皆さまのリクエストにお応えいたします!

 

まずは、ご相談でも結構です。

 

TEL 099-224-6255 、お待ちしております! 

 

 

 

【パターンオーダー】暖かい・・カノニコのフランネルジャケット

2017年11月18日

本日より、英国王室御用達シャツ生地メーカー、

 

トーマスメイソン・リミテッド・ノベルティフェア

 

開催いたします!

 

詳細はコチラ!!

 

 

8

 

 

通常2万円~3万円のトーマスメイソン生地で作るオーダーシャツが、

 

1枚・¥16,000! ロゴ入り白蝶貝釦付きです!!

 

 

8

 

 

わたしも本日3点オーダーをいたしました。

白のストライプ、サックスストライプでクレリック、オレンジストライプでイタリアンカラー・・・

慢性的にシャツが不足気味なので、仕上がりが待ち遠しいです。

 

 

1

 

 

さて、いよいよ冬型の気圧配置となり、今日から名実ともに「冬」の到来になりました!

仕事にプライベートに、どうしても暖かいジャケットが欲しくなりますね。

 

・・・・ということで、イタリアの大手生地メーカー、カノニコ(CANONICO)のハウンドトウース・チェック柄、フラノ生地のジャケットが完成しました!

 

 

 

2

 

 

 

Super110 Wool 360g/mのフランネル生地は、手触りがソフトで温かく身体を包みます。重さをさほど感じさせないのは、空気を含みつつ織っているからでしょうか。

 

 

3

 

 

シンプルなシングルブレスト2個釦、サイドベンツ、ポケットはノーマルなフラップ付きをお選びいただきました。ポケットが普通なので生地が風合いの良いジャケット向きでも、それほどカジュアル感はありません。

 

 

4

 

 

通称ナポリスタイルの袖付け、すなわちふらし袖にしてあります。肩はノーパッド、毛芯のみ使っています。従ってとてもコンフォートな着心地になります。

 

 

5-1

 

 

5

 

 

 

ボタンは本水牛の艶消し、ライニングはやや明るめのブラウンをお選びいただきました。

 

 

6

 

 

写真のようにシャツにネクタイでもエレガントなでクラシックですが、セーターを着たり、タートルネックを合わせると、とても素敵なカジュアルジャケットになります。

様々なご用途でご愛用いただけますとありがたいです!

 

 

 

7

 

 

 

CANONICO(ITALY) Wool Super110`s 360g/m

 

ジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

 

パターンオーダー・SARTORIA ・・・¥53,000~

 

フルオーダー・BESPOKE・・・・¥133,000~

【パターンオーダー】赤いストライプ、艶のあるダークスーツ登場

2017年11月16日

いよいよ11月18日・土曜日より、

 

トーマス・メイソン リミテッドノヴェルティフェア

 

開催いたします! 12月10日まで。

 

 

8

 

オーダー記念品もいいのですが、何より通常2万円を下らない、どころか3万円程もする英国王室御用達シャツ生地メーカー、トーマスメイソンのオーダーシャツが、

 

なんと、1枚=¥16,000(税別)!! です。

 

そして、年内にご納品をお約束いたします。

 

 

 

「赤」という色は人間の歴史や文化において、特別な色です。

私たちの身体を流れる血の色である赤は、生命を表す色です。人間の眼の色彩把握は、赤、緑、黒の三原色の内、赤を最も強く認識します。

 

 

14

 

 

・・・実は牛は赤色を認識していません。闘牛は、この競技の象徴である赤い布が揺れていることに反応して突進していきます。人間には闘牛士の赤い布と身のこなしが命を賭けつつ優雅に振舞っている姿が脳裏に焼きつくことになります。

 

 

9

 

 

「赤」は闘志の色でもあります。

 

先日、アメリカのトランプ大統領が来日しましたが、米国の国益に関わる貿易交渉の場では、それまで付けていたブルーのネクタイを、真赤に取り替えて登場しました。すかさず安部首相もエンジのネクタイで応じていたので、ホッとしました(笑)。

 

18

 

 

赤は国旗にも使われます。我が日本国の日の丸

 

 

 

12

 

十字軍の旗印にもなったイングランド国旗

 

 

 

11

 

旧ソビエト連邦の特長的な赤い国旗などなど。特に共産主義国は革命を象徴する赤色を必ず取り入れているようです。

 

 

3

 

 

ということで、赤色は人間の生活全般で象徴的な色です。

ただしmメンズファッションの中で、特にクラシックな紳士の装いの中では、ネクタイかチーフに使われる事しか赤の出番はないようです。

そんな赤色をきっちりと使ったスーツが完成しました。

 

 

2

 

 

ロロ・ピアーナのSuper150ウール濃紺生地に、シックに美しく刻まれたピンストライプ。これこそはロロ・ピアーナが得意とするエレガントな赤のストライプ生地です。

 

 

 

5

 

 

 

生地のウェイトは250g/m。完全なオールシーズンですが、生地の打ち込みの良さとキメの細かさもあり、冬中心のスリーシーズン向きと言えます。

 

 

4

 

 

ご身長が高くスマートなお客様は、ラペル幅も少し細くされました。

モードな雰囲気も出てきますね!

 

 

6

 

 

 

ボタンは本水牛、ライニングはロロピアーナのオフィシャルの茶の入ったグレーです。

 

 

 

7

 

 

8

 

 

 

エレガントかつシックな赤い縞が刻まれたスーツ。

ぜひビジネスに日常にお使いいただきたい一着です!

 

 

1

 

 

Loro Piana Pure Wool 250g/m 

 

スーツS上下・お仕立て上り

 

パターンオーダーメイド・・・¥85,400~

 

フルオーダーメイド・・・・・¥185,000~ 

 

 

 

【レディース】エレガントなインヴァネス・ケープコート!

2017年11月15日

当店でケープやマントをお仕立ていただくお客様におススメしているデザインが、「インヴァネスコート」のスタイルです。

 

このインヴァネスは、もともとスコットランド北部のインヴァネスという街で着られていたケープ付きコートがルーツです。

 

 

00

 

※スコットランドのインヴァネス市・・・冬は寒そうですね~。

 

 

コート本体のアームホールを大きく取り、腕の動きを自由にした上で、防寒のための温かいケープを肩に乗せるカタチです。

 

スコットランドで流行った訳は、このコートなら彼らの伝統楽器「バグパイプ」を比較的自由に演奏できるから・・・らしいです。

 

 

 

2

 

 

 

このインヴァネスコートは、日本では「とんび」や「二重回し」という名称を得て、明治の終わりごろから昭和初期まで日本で大流行しました。

 

理由としては、その頃は洋服と和服が混在して着用されていて、和服の袖も自由に通せるインヴァネスは当時の日本人にとっても都合が良いコートだったからです。

 

 

4

 

 

このほどこのインヴァネスを基本に、ケープコートをお仕立ていたしました。

 

オーダーされたお客様は先日このHPでもご紹介した、大島紬で成人式用のワンピース・ドレスをお仕立てになられたお嬢様です。

 

 

1

 

 

生地はイタリア、ナポリの生地マーチャント「カチョポリ(Caccioppoli)」社の目付き600g/mのヘビーウェイトの起毛ウールです。ただしこの生地は空気を織り込んでいて、着用感はとても軽やかになります。

 

 

5

 

 

 

本体のコートの上にケープをかぶせ、襟はスタンドカラーにされました。コート本体はフライフロント(比翼)で、釦を隠しています。

 

 

 

3

 

 

お客様は大島紬のワンピースドレスの上に、このエレガントなケープコートを着用されます。

 

 

6-1

 

 

お客様に実際にご着用していただきました!

 

不思議なエレガント感とエキゾチックな雰囲気が漂います。

 

 

6

 

 

大島紬にプラスしてこちらのケープコートで成人式にご出席されますと、極彩色の振袖姿の中で異彩を放ち、逆にとても目立つ事と思います!

 

 

6-2

 

 

具体的な商品説明はこのページから・・!

 

 

成人式のみならず、今後ともこのインヴァネス風ケープコートをご愛用いただけますと、ありがたいですね!