ブログ

【旬のデザイン】こだわりのクラシック・トラウザー

2019年10月19日

cl2

 

キャッシュレスMAX5%還元対象店舗です!

 

 

 

パンツの流行が劇的に変化してきました。

今日ご紹介するパンツには、その流行の「全て」が入っています。

 

 

 8

 

 

生地はイタリアの大手生地メーカー、カノニコ(CANNONICO)のカバート・クロス、440g/mのピュアウールです。

 

カバート・クロス(COVERT CLOTH)は、バイアス(斜め)に織り畝が入った比較的厚めの生地で、英国では伝統的に合コートで使われてきました。

 

 

 

IMG_5928

 

 

お客様はいわゆる「替ズボン」として使う生地に、この弾力性があり着用したときの、生地のウェイトによる張りと「落ち感」の良さが出るだろうと期待してカバートクロスをお選びになられましたが、そのチョイスは正解でした。 

 

 

旬のディテールその1、 ツータック

 

約15年ほど、ズボンはノータック、あるいは入れても1本タックの時代が続いてきました。遂に流行は2タックに変わりました。

ただし、昔と違い、腰まわりからヒザ、裾にかけてはスリムにスッキリとしたラインを描く、旬の2本タックが主流です。こちらのパンツはインタックという内向きに向かっている仕様ですが、一般的には外向きのタックになります。

 

 

 

3

 

 

 

その2「ベルトレス(=ベルトループ無)」

 

ベルトレスのパンツは、ベルトで締めないのでループ(ベルト通し)がありません。

その代わり、帯部分の持ち出しを長く伸ばしてボタン止めします。

腰回りがすっきり見えます。

 

 

5

 

 

 

その3 サイドアジャスタ

 

両脇にサイドアジャスタを付けて、伸縮が出来るようにします。落ちそうになればアジャスタをきつめに締めます。ベルトの穴代わりです。

 

 

IMG_5732

 

 

その4 ウォッチ・ポケット

 

もともとは懐中時計を入れておく場所でした。昔からのお客様の中には、このウォッチ・ポケットに実際に時計を入れて、金鎖でベルトループに止め付けている方々もいらっしゃいました。

ジャケットのチェンジポケットのように小銭をいれたり小物を入れるのに便利なポケットです。

 

 

4

 

 

 

その5 フライフロント

 

フロントをファスナーでは無く比翼=フライフロントにして、ボタンで止める。

ここは「旬」というよりもお客様のクラシックなモノに対する「こだわり」でしょうか。実際に使うとボタン止めで時間がかかることもあり、使い勝手は悪いのですが、その昔ファスナーもない時代はこれのみでした。昔の紳士たちの気持ちがわかる?仕立てですね。

 

 

6

 

 

 

仕上がったパンツはとてもクラシックな雰囲気満載で、お客様にもご満足いただけました。

 

 

8

 

 

クラシックトラウザー・・・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)

パンツ本体お仕立て上りプライス・・¥54000~

オプション料金

①ベルトレス仕様・・・・¥5000

②ウォッチポケット・・・¥5000

③サイドアジャスタ・・・¥10000

④フライフロント・・・・¥10000

 

MTM(パターンオーダー)、プレ・ビスポークの場合、

パンツ本体お仕立て上りプライス・・¥26000~

オプション料金

①ベルトレス仕様・・・・¥3000

②ウォッチポケット・・・¥2000

③サイドアジャスタ・・・¥5000

④フライフロント・・・・¥2000

 

 

少し手間暇と、若干のプラス工賃がかかりますが、このような「クラシック・トラウザー」、ぜひご検討されてはいかがでしょうか?

 

 

 

生地コレクションも最も充実しているこの期間、

 

皆様のオーダーをお待ちしています!!

 

 

 

 

 

①店内外観 (4)

 

 

三洲堂テーラー

 

鹿児島市東千石町18-8BIGIビル2F

099-224-6255

 

ご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ

 

WEBサイト

 

http://sansyudo.co.jp/booking-visit/

 

 

 

FACEBOOK

 

https://www.facebook.com/sansyudo/

 

 

 

INSTAGRAM

 

https://www.instagram.com/sansyudo1930/?hl=ja