ブログ

BESPOKE・・・大人の世界、第二回「補正・仮縫い」

2019年6月12日

当店は1930年から続くBESPOKE TAILORです。

 

店の棚に高く積まれたヨーロッパ製の生地、バンチと呼ばれる見本帳のライブラリーの中から、気に入ったものを選び、お打ち合わせし、採寸し、仮縫いと補正をして、職人が仕立てる、という工程を踏んで一着のスーツが出来上がります。

 

その服を着て何をするのか、どう過ごすのか、という事が重要になります。お客様が自分の楽しみのために誂える・・・テーラーの役割を伝承して参ります。
伝統のテーラーリング技術を進化させ、よりスタイリッシュかつ
最上級の服を御仕立ていたします。

 

 

 

 

①店内外観5

 

 

 

①店内外観 (2)

 

 

 

【BESPOKE・・・大人の世界 第二回】お洋服の補正

 

前回は裁断士(カッター)についての話題でした。引き続きアトリエのキーとなる「補正・仮縫い」担当職人の薄窪をご紹介いたします。

 

 

③アトリエ (6)

 

 

薄窪は今年73歳。15歳で私の祖父が経営していた当店に丁稚で入店しました。以来58年、私の代に至るまで熟練職人として在籍しています。

 

ズボンに始まり、チョッキ、ジャケットの職人として活躍、高度成長の多忙なアトリエを支えてもらいました。

 

 

③アトリエ (4)

 

 

現在はお客様からのお預かりするお洋服の補正、BESPOKEやプレ・ビスポークのお客様の仮縫いを準備しています。

 

オーダー専門店、特に当店の様な「BESPOKE TAILOR」となりますと、納品したお客様が10年、20年とご着用されます。

永い期間ご愛用いただくには、都度補修を加えたり、お客様の体型の変化や、流行の推移によりお仕立てした「服」のサイズやデザインを変えていく必要があります。

 

 

W直し

 

 

このズボンは最近ウェストを5センチ出しました。よく見るとその「跡」が判ります。

BESPOKEのズボンは通常7~8センチウェストを出す事が出来ます。

 

 

 

半胴直し

 

 

ジャケットもウェスト中心に身幅を4センチ出しました。

ちなみに肩幅も1センチ出す事ができます。

 

 

 

NKN

 

※お直しの「仮縫い」

大規模直しの場合、当店では仮縫いフィッティングは必須です。

お客様にお直し後のイメージを確認していただきながら補正をします。

 

 

 

英国伝来の縫製技術と仕様には、ウールが大変貴重品であった時代の名残があります。スーツは仕立て代、生地代とも高額でした。200年前の英国の質屋は軍服を高い金額で下取りしていました。

 

当時から戦後に至るまで、スーツは父親から息子へ補正を施して受け継がれる服であり、場合によっては祖父様の服を着ているお孫さんもいらっしゃいます。

随所に余裕分の縫い代が取られているのはそのためです。

レディメイドと違い、同じ生地でもBESPOKE TAILORの服は手で持つとやや重く感じます。

 

 

直し依頼

 

 

私たちは、お洋服を納品してからお客様とのお付き合いが始まります。

街のテーラーとはそのような存在です。

そこには薄窪のようなベテラン職人が存在するのです。

 

 

 

③アトリエ (5)

 

 

 

 

 

 

 

【BESPOKE・・・大人の世界第一回】

BESPOKE TAILORという仕事の中で、最も大切な「裁断士」の仕事をご紹介いたします。

 

裁断士(英語でCUTTER/カッター)の役割はひとえに、「お客様とアトリエのかけ橋」で、主に3つの大切な工程に携わっています。

 

①「型起こし」と「裁断」

②仮縫いフィッティング

③アトリエの裁縫士への指示

 

 

①「型起こし」と「生地の裁断」

 

お客様とお打ち合わせをし、採寸をしたデータをもとにお客様お一人づつ「型紙」を起こします。

採寸と製図は、三洲堂テーラーが提供するハウスメイドスーツの「基本」です。

体型はもちろん、年齢、ご職業、お役職、過去のスポーツ体験などの情報、お客様のご希望など、型紙を起こすには沢山の情報が必要になります。

 

 

②裁断士 (5)

 

 

 

②裁断士 (6)

 

 

リタイアしたベテラン裁断士によれば、生地の裁断はいつも最も緊張する仕事だとのことです。

 

ウールだけではなくカシミア、シルク、リネン、コットン・・生地にはそれぞれ「地の目」があり、カットする方向があります。

しかもチェックやストライプなどの柄物は「柄あわせ」が必要になります。

 

 

 

4

 

 

 

「仮縫い・フィッティング」

 

裁断された生地を、ベテランの補正職人がしつけ糸で仮止めし、「仮縫い」服が出来ます。

お客様に仮縫いのお洋服を着ていただき、イメージ通りなのか、バランスはいいのか、デザインは想定通りなのか、ミリ単位で多数のポイントをチェックします。

大変重要な工程なので、お客様にもカッターシャツや靴を必ずご用意いただき、フィッティングをいたします。補正が必要な項目が出ると、型紙と生地を補正します。

 

 

195F8F56-B88B-4794-A9FE-B2BF002FFC45

 

 

「裁縫士への指示とチェック、検品」

 

ジャケット、パンツ各部門の専門の裁縫士に本縫いの指示をします。チャコ(チョーク)で引いたラインを縫い上げるだけではなく、お客様の実像、全体のイメージ、ディテールなどを的確に裁縫士に伝えます。

 

 

⑤打ち合わせ2 (2)

 

 

 

裁断士は、自分が服好きでしかも服を作った経験があり、なにより一着一着に責任を持って型起こしと裁断、フィッティングや補正が楽しくなくては出来ない仕事です。

 

 

 

⑤打ち合わせ2 (1)

 

 

 

また、フィッティングしながらの接客も大切な仕事の一つです。

まさにBESPOKE TAILORという仕事の中核を担う存在です。

 

スタッフ紹介ページはコチラです

 

 

裁断士は皆様からのオーダーによって、さらにスキルが鍛えられます!

 

オーダーを心からお待ちしております。

 

 

三洲堂テーラー

鹿児島市東千石町18-8BIGIビル2F

099-224-6255

ご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ!

http://sansyudo.co.jp/booking-visit/

https://www.facebook.com/sansyudo/

https://www.instagram.com/sansyudo1930/?hl=ja