ブログ

【初夏】ゼニアのクール・エフェクト(COOL EFFECT)で夏を乗り切ろう!

2019年4月22日

三洲堂テーラーはGW期間中も通常営業です!

 

 

 

オーダーメイド・オプションフェアも予約受付中!

 

詳しくはコチラをご覧ください!

 

 

 

banner

 

 

 

 

本日は気温24度まで上がるそうです。

 

いよいよ鹿児島も初夏の陽気です。

 

中央公園と城山も眩しい新緑です。活気がありますね~!

 

 

IMG_1884

 

 

この高温多湿の日本を乗り切る「夏服」の条件はどんなものでしょう?

 

私は主に三つの要素があると思います。
①生地そのもの、②スーツの仕様、そして③「色合い」だと考えます。

 

今日は生地の厚みと関連する、「目付け」について書いてみます。

 

 

5
まず夏服の生地については、生地自体の重さを表す「目付け」という単位で、1m当たり220g以下という数字が目安になります。

 

 

12

 

 

一般的に生地の幅は150cmという規格が統一されています。従って、この「目付け」の数値を覚えておけば、販売されているスーツがどの程度季節対応できるのか、判ります。

 

デパートでもセレクトショップでも、迷ったら「このスーツの生地の目付けは何グラム?」と質問してみましょう。スーツのプロフェッショナルなら必ず把握しているはずです。

 

 

13

 

 

 

合服と言われる生地の目付けは250g/mです。この数値が高くなると冬服になります。一般的には300g/m位から冬服になります。

 

 

夏服が220g/m以下とすれば、230g/m〜280g/mの規格は、250g/mを分岐点にして、合夏服、合冬服と呼ばれます。市場で販売されているスーツ生地はこのカテゴリーの目付けが多くなります。

 

買う側にとっても、例えば合夏服なら3月から真夏を挟み11月まで着用できるこのカテゴリーのスーツは重宝です。

 

 

15

 

 

下の写真は合夏服です。ベストセラーのカノニコ(CANONICO)社の240g/mウールで仕立てたスリーピース。冬場はウェストコート(ベスト)を付けてヒートテック下着で凌ぎます。

 

 

16

 

 

 

ということで、今日ご紹介するエルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)のクールエフェクト(COOL EFFECT)は、190~200g/mという盛夏用スーツ生地です。

 

しかも、繊維自体に発熱効果をもたせるような染料と織り具合で、ゼニアによれば華氏8度近く、すなわち摂氏2~3度、涼しさを感じさせる「涼感効果」があるとのことです。

 

 

2

 

 

ふたたび流行の気配があるシングルブレスト3個ボタン中一個掛け、センターベントの王道クラシックスタイル。

 

 

7

 

 

明るめのネイヴィーは夏らしい爽やかさに溢れ、着心地も見た目も涼やかですね。

 

 

 

6

 

 

普段はBESPOKE(フルオーダーメイド)でオーダーされているお客様ですが、夏服は痛みも早いし、着数も必要との事でPre BESPOKE(プレ・ビスポーク)にてお仕立ていたしました。

 

 

4

 

 

3

 

 

パンツはこれまた流行の気配をみせる、フロントに2本タックを入れました。

2(ツー)タックは、腰回りに余裕があり、長時間のご着用でも疲れにくい効果があります。

 

 

11

 

 

いかしバブルの昔のイメージがあり、若い方々に敬遠され続けてきました。しかしここにきて、「裾巾が狭く、丈もやや短めのパンツスタイルで2本タック入り」が、フレッシュなイメージで人気が出てきたのです。

 

 

8

 

 

ライニングとボタンはゼニアのオフィシャルです。

 

 

 

10

 

 

ライトネイヴィーのクールエフェクトで、ビジネスマンにとって試練の「日本の夏」を乗り切っていただきたいと思います!

 

 

1

 

 

 

 

参考プライス・・・・

 

Ermengildo Zegna COOL EFFECT 210-220g/m Pure Wool

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

Pre Bespoke(仮縫い付き・マシンメイド)・・・¥164600~

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・・¥235600~

パターンオーダーメイド ・・・・・・・・・・¥104600~