ブログ

【FOX BROTHERS】チャーチルも愛した CLASSIC FLANNEL【1772】

2019年3月1日

以前、あるお客様からこう聞かれました。

「大人の男性なら一着は持っておきたいスーツ、どんなもの?」

いつもなら「濃紺のダークスーツです」と言うのですが、お客様はお洋服好きで沢山スーツもお持ちです。

 

 

Mayfair-Churchill-Karsh-2018-699x980

 

 

ちょうどその頃第二次世界大戦下の英国の本を読んでいた私は、度々登場するチャーチル首相の姿が脳裏に浮かびました。

 

 

10

 

 

季節が冬だったこともあり、「フランネル生地のスリーピース、色はチャコールグレーで、出来ればチョークストライプが入ってると良いですね」なんてお話になりました。

 

 

1

 

 

 
チョークストライプのフランネルスーツはまさに紳士の服装だと思います。

ちなみに、ベース色のおすすめはチャコールグレー、ダークネイヴィーの順です。

 

 

2

 
このスーツを着ると体型が締まって見えるし、チョークストライプが主張し過ず、抑えたエレガンス(優雅さ)を生み出しています。

 

 

9

 

 

今回オーダーいただいたスーツは、まさにこのクラシックな「チャコールグレーのフランネルにチョークストライプが刻まれた」スリーピースです。

 

 

 

4

 

 

生地はフォックス・ブラザーズ(FOX BROTHERS)社のクラシックフランネルです。この会社は1772年(和暦では明和9年)英国西部のサマセット州、ウェリントンで創業された老舗のミル(織物工場)です。

 

 

3

 

 

 

ここのミルで織られた、390g/m 100%Super Fine Merino。ややへヴィーウェイトの温かいフランネルです。

 

 

 12

 

 

ウィンストン・チャーチル首相が愛用していた、フランネルのスリーピースもフォックス・ブラザーズの生地を使い、サヴィルロウの高級テーラー、ヘンリー・プール(HENRY POOL)で仕立てていました。

 

 

11

 

 

※下の本は「Savile Row and America」という英国のテーラー、ハンツマン社が出版した写真集の1ページです。

チャーチルを特集した一小節に、このスーツがヘンリープールにより2007年にレプリカとしてリメイクされた事、その際にFOX BROTHERSに生地を織らせたことなどが記載されています。

 

 

 

IMG_0955

 

 

「チャーチル首相」&「SAVILLE RWO AND AMERICA」関連記事はコチラ

 

 

①【映画】ウィンストン・チャーチル(DARKEST HOUR)

 

 

②【SAVILE ROW】紳士服の聖地で購入した「サヴィル・ロウ」の本

 

 

 

 

 

ジャケットのデザインは3つボタン。チェンジポケット付き、サイドベンツ。

まさにチャーチル流の英国的雰囲気が溢れています。

パンツは今風に少し細身で裾はターンナップ。丈も短めに上げています。

 

 

3

 

 

 

 

5

 

 

ウェストコート(ベスト)は6個ボタン。

3つボタンのジャケットとバランスを考えて製図しました。

 

 

 

6

 

 

 

 

ライニングはこちらもメタリックなシルバーがまぶしい、英国LBD社から取り寄せました。

ボタンは本水牛のブラウンベースの艶消しです。

 

 

 

8

 

 

7

 

 

 

完成したスリーピースをご試着いただきました。

 

お客様はTPOに合わせて、BESPOKEやパターンオーダーを使い分けてオーダーをされています。今回は昨夏にお仕立された、英国ウィリアム・ハルステッド社のモヘアウールのスリーピースの型紙を使って「プレ・ビスポーク」でお仕立いただきました。

 

 

 

10

 

 

ご会合やご出張に、このスリーピースを着ると気分も上がると思います。

皆様もワードローブの中にこの手のスーツを一着揃えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

13

 

 

FOX BROTHERS 100%Super Fine Merino 390g/m 

 

スリーピーススーツ・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー・仮縫い付きハンドメイド)・・¥283000

プレ・ビスポーク(仮縫い付き・マシンメイド)・・¥204460

パターンオーダーメイド・・・¥144600