ブログ

【BESPOKE】ご家族のお祝いに着るスリーピース

2019年2月23日

日本の三月は様々なお式が目白押しです。

 

卒業式、入学式、入社式、などの公式な「お式」から身内で催すプライベートなモノまで、誰でも経験がある一連の行事が三月に集中します。

 

 

 15

 

 

今回オーダーをいただいたスリーピーススーツは、お客様のお嬢様の学校のご卒業式に主席される方がお仕立ていただいたお洋服です。

 

 

13

 

 

【お客様】ご自身で会社を経営している40代の方です。技術的なお仕事で現場も多く、おつきあいのご宴会も多いものの、スリムなご体型をKEEPされてらっしゃいます。

 

昔はバレーボールの選手だった事もあり、手足が非常に長く、既製品で探すのも大変とのことです。

 

 

 7

 

 

【ご要望】…普段はワークウェアですが、会合や打ち合わせなどではスーツスタイルが求められています。

 

今回はお嬢様の学校の卒業式に隣席される目的と、秋冬シーズンのお洋服を補強されたいとのことでした。

 

 

2-2

 

 

【生地選び】・・・スキャバルが取り扱っているドレッシーな英国生地がお好みとのことで、スキャバルのコレクション生地ブック「トルネード(TORNADO)」からシャドウストライプの美しいヘリンボーン柄をお選びいただきました。

 

 

IMG_0739

 

 

【デザイン】・・・・・ご卒業式に着用とのことで、やはり格式の高いスリーピースをご希望です。

 

 手足が長くスリムなご体格を生かして、シングル3つボタンのジャケットにチェンジポケットを付け、サイドベンツを切りました。ラペルやポケットのエッジはなるべくシャープな角を作りました。

 

 

 

3

 

 

 

 

5

 

 

 

・・・・通常はエッジは小丸にします。実は小丸の方が職人技でハンドメイドでは難しいので、職人としては「角」は楽だよ・・とのこと。

 

 

 

 11

 

 

ウェストコート(ベスト)もジャケットの3つボタンに合わせて、丈を長めにし、Vゾーン位置を上げています。

 

 パンツは定番のノータックでお裾はダブルのスリムなタイプです。

 

 

 

12

 

 

 

【お仕立て方法とポイント】・・・これまでも身体にフィットして気持ち良く着用してらっしゃる、とのことでBESPOKE でオーダー頂きました。

 

ご姿勢が良くて、胸が張ってらっしゃるので、ジャケットの襟が抜け加減になります。しかもイカリ肩で背中にツキが出やすいご体格です。

 

 

 

6

 

 

 

ネックに吸い付き、背中も綺麗に納めるには、型紙の補正と裁縫士との連携が必要になります。

 

 

 4

 

 

 
【オプション】 スキャバル生地にはオフィシャルライニング(裏地)とボタンが豊富にラインナップされています。ライニングは眼に鮮やかなエンジのロゴ、ボタンは本水牛をお選びいただきました。

 

 

 9

 

 

 

 

8

 

 

【まとめ】・・・・ベルギーのブリュッセルに本部を置き、主に英国のドレッシーな高級品を扱うスキャバル(SCABAL)生地ならではの、楽しさ溢れるスリーピース・スーツが完成しました。

 

 

1

 

 

お客様はご卒業式以外にも、ご会合や懇親会など幅広くこのスリーピースを活用してみたいとの事でした。ご愛用いただけますとありがたいですね!

 

 

IMG_0741

 

 

 

SCABAL TORNADO 320g/m purewool(2PLY)

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー・仮縫付ハンドメイド)・・・¥241000

 

プレ・ビスポーク(仮縫い付き・マシンメイド)・・¥171000

 

パターンオーダーメイド・・・¥111000

 

 

 

三洲堂テーラーBESPOKEのスキャバル関連記事はコチラ!

 

 

①【BESPOKE】誰でも一度はSILVER GHOST(シルヴァーゴースト)!

 

 

②【BESPOKE】SCABAL GOLDEN RIBBONのスーツ登場!

 

 

③【謹賀新年】春はSCABAL。スリーピースが素敵です!