ブログ

【BESPOKE】伝統的なアイリッシュリネンを手縫いで素敵なジャケットに!

2018年7月1日

こちらの2着は、ともにアイリッシュリネンで仕立てたメンズとレディースのジャケットです。

 

右は約9年前に、当時の職人、故吉元が仕立てたレディース。左は日本国内では珍しい女性仕立職人、加治木が仕立てたメンズです。

 

 

1

 

 

アイリッシュリネンについては、一昨年詳しくブログに書いたことがあります。

 

↓↓↓

こちらのページです

 

 

右のレディースジャケットの方が、少し光沢が感じられるのは、アイリッシュリネンの特長です。経年によりアイリッシュリネンのの繊維は輝きを増してきます。

 

最初は、巷で云われるアイリッシュリネンのこの特長の事を、眉つばものだと思っていました。

しかし、実際に洗濯も何度か繰り返すうちにとてもいい感じに柔らかくなり、見た目の光沢も出てきましたので、とても驚きました。

 

 

2

 

 

メンズジャケットは、シングル2個ボタンサイドベンツ、チェンジポケット付き一枚仕立てになります、

 

 

6-1

 

 

4

 

 

フェイスの特長は職人の手による「真のハンドステッチ(笑)」がフロントにいれてあることです。

 

 

5

 

 

装飾的なハンドステッチは、このような夏のリネンジャケットなどにほどこされると、服の表情に深みがもたらされ、細やかな手作業で仕立てられた工芸品としての服の価値を高めてくれます。

チェンジポケットは、アイリッシュリネンということで、お付けする事になりました。

 

 

7-1

 

 

ボタンはゼニアのナットを使いました。生地のブランドが違うのに・・・、と思われる方もいらっしゃるでしょうが、釦自体の色と質感の良さがあり、このブルーのジャケットに似合っていました。お客様も納得の上でのチョイスです。

 

 

11

 

 

ちなみにネクタイはフェアファクスの麻+シルクのドット柄です。

アイリッシュリネンと素材もマッチしていて、合う組み合わせだと思います。

 

 

7

 

 

ジャケットの価値は「裏」の作りにも現れます。

余分な裏地を省いた一枚仕立ては、普通に背抜きや総裏の服を作るより、はるかに時間がかかります。手仕事によるパイピングはジャケットの裏の表情をより一層豊かに感じさせます。

 

 

9

 

 

涼しげな表情ですが、実際に私も着ていて裏地が無い分、涼しく感じます。

 

10

 

 

オーダーされたお客様は、このジャケットをご旅行のお伴にされるようです。

 

 

 

8

 

 

合わせて仕立てられたゼニアのコットンのトラウザーは、ウオッチポケット付き、ワンプリーツ入りのクラシックなスタイル。

 

 

13

 

 

 

12

 

 

 

シャツもアイリッシュリネンです。

バンドカラーにして涼しげな夏のシャツがジャケット上下にお似合いです。

 

 

14

 

 

使うほどに味わいの深まるピュアリネンの服。

末永くご愛用いただけますと、ありがたく存じます!

 

 

3

 

 

 

Spence Bryson Pure Irish Linen 320g/m

ジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)…¥180,000

※一枚仕立て・・・・・¥20000

※ハンドステッチ・・・¥10000

※本切羽・・・・・・・¥10000

(※全て手作業になります)