ブログ

【新作品】夏の愉しみ・・ゼニアのスタンドカラージャケット

2018年6月2日

梅雨の合間に、さわやかな晴天が広がりました。

 

・・・・・と、思っていたら鹿児島を象徴する山から、またもモクモクとうす茶色の憎っくき火山灰が降ってきました。ただでさえ中国大陸に近いここ鹿児島は、PM2.5の影響で薄曇りの日が多くなっているのに、最近は随分火山活動が活発です。観光にいらした方は面白いのでしょうけど・・・。

 

 

01

 

 

この店舗がある繁華街、天文館には今日も多くの中国系の観光客の皆さんでいっぱいです。自撮棒片手に賑やかです。たまに来店されますが、オーダーは時間がかかるので皆さんあきらめてお帰りになります。しかし、「メイド・イン・ジャパン・スーツ」には関心があるみたいですね。

 

 

02

 

 

 

さて、かつての中国の最高指導者、毛沢東がよく着用していたスタンドカラースーツの襟型から、「マオ・カラー」とよばれている襟型のジャケットがあります。

 

 

11

 

 

 

今回オーダーをいただいたマオカラージャケットは、お客様のリクエストで夏用のカジュアルな雰囲気になりました。

 

 

9

 

 

生地はゼニアの夏の人気物、「クロス・プライ(CROSS PLY)」。ウール50%、シルク30%、麻20%の三者混紡です。

 

 

1

 

 

CROSS PLYはジャケットにも使われますが、ゼニアでは今シーズンはスーツやトラウザーにも推しています。しっかりとした織りでヒザが出ないように工夫しています。

 

 

2

 

 

サマーウールにシルクと麻を加えると、ザックリ感と光沢、麻の持つカジュアルな雰囲気が混ざり合い、とてもいい感じの夏生地コレクションです。

 

 

3

 

 

ジャケットのデザインのご希望は、胸と腰に合計4個の玉ブチポケットを付けて、例えばサングラスやちょっとした小物を入れて、Tシャツやポロシャツの上に羽織りたい、とのことでした。

 

 

8

 

 

 

仕立職人はベテランの黒木です。

 

フロントは5つボタンですが、真ん中の2個くらいを掛ける位で着ていただきます。大柄なお客様ですから、肩はナチュラルな雰囲気でパッドも少なめにしました。毛芯は基本的に一枚です。

 

 

7

 

 

 

仕上げの最大ポイントはマオカラーの立ち具合です。

ここがうまくいかないとジャケットの感じが今一つになります。

 

ボタンは本水牛の皮付ホワイトが馴染みました。

ライニングは同系色の明るめのベージュです。

 

 

5

 

 

 

しっかりとした台場を無くし、わざと既製品の様なストレートな裏仕様にしました。あくまでも柔らかい着心地の良さを重視した作りです。

 

 

6

 

 

仕上がったジャケット、お客様はご旅行や普段使いの服として、早速着てみるとのことでした。この夏の愉しみになるゼニアのCROSS PLYジャケット。

 

皆様もぜひご検討下さい!

 

 

4

 

 

 

Ermenegildo Zegna CROSS-PLY 210g~230g/m。

(生地によりウール・シルク・リネンの配分率が違います)

 

ジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダー/仮縫付・ハンドメイド)・¥168,000~

パターンオーダーメイド・・・¥86,800~