ブログ

【オプション】表生地・裏地・ボタンで統一感あるスーツを!

2018年3月9日

オーダースーツを初めてお仕立てされるお客様が驚かれるのは、スーツを作るには選ばなくてはならない項目が沢山ある、という点です。

 

 

11

 

 

 

まず、生地を選びます。次にジャケットとパンツの基本デザインを決め、ベントの種類や袖の釦の個数といった細部のディテールをお決めいただきます。

 

 

uti

 

 

デザインのディテールをお決めいただいた後、「洋服の眼」というべきボタンと、影の主役である裏地をお選びいただきます。

 

 

IMG_4301 IMG_4300

 

 

 

最近は表生地ブランドに合わせて、ライニング(裏地)やボタンをお選びいただけるブランドが多くなりました。

 

代表格はイタリアのゼニア、英国のスキャバル、フランスのランバンといったブランドです。

 

 

 

ゼニアは、実にボタン20種類、ライニングも20種類用意しています。

 

ボタンもライニングも色柄の選択幅が広いので、選んでいくだけでも楽しくなります。ボタンひとつで服の表情ががらりと変化する事もあります。

 

※ゼニア・・・スーツS上下なら、セットでボタン¥5,000、ライニング¥7,000。

 

 

14

 

 

15

 

 

 

スキャバルの釦とライニングも個性的です。特にボタンは18種類用意されていて、その中にはオニキス、七宝焼きなどもあります。ハイクラスなジャケットなど、オニキスの釦がとても似合います。

 

※スキャバル・・・スーツS上下なら、セットでボタン¥5,000、ライニング¥10,000。

 

 

12

 

 

13

 

 

 

ランバンもボタン、ライニングを数種類ずつ用意しています。

 

人気のシェル(貝)ボタンは、縁をプラスティックでコーティングしてあり、中にLANVINのロゴが刻まれているにもかかわらず、ランバン以外の生地にこのシェルボタンを付けるお客様もいらっしゃいます。

 

※ランバン・・・スーツS上下なら、セットでボタン¥5,000、ライニング¥10,000。

 

 

16

 

 

17

 

 

 

今回仕上がったランバン(LANVIN)のスリーピーススーツも表生地、ライニング、ボタンをランバンで統一させて頂きました。

 

 

IMG_4465

 

 

ダークネイヴィーに美しいブルーのストライプが刻まれたシックな表生地は、ルックをスマートに知的に見せてくれます。

 

IMG_4464

 

 

 

SARTORIAパターンオーダーでお仕立てしましたが、衿の昇りと吸い付き感は凡百のパターンオーダーを凌ぐフィット感が得られます。

 

 

IMG_4469

 

 

お客様はお身体を鍛えてらっしゃり、バストも大きく張り出していますが、うまく包み込んでバランス良く収まっています。

 

 

 

4

 

 

立体的な肩周りの仕上がり、胸ポケットは美しいバルカ(船底)型でボディに沿って切りあがっています。

 

 

IMG_4465

 

 

ウエストコート(ベスト、チョッキの事)は6個釦の5個掛け。

一番下のボタンは飾りになります。

 

 

IMG_4473

 

 

IMG_4474

 

 

 

ボタンは、ランバンの本水牛のブラウンをお選びいただきました。

ライニングは表生地に合わせて、ネイヴィーの織りチェックです。

 

 

IMG_4468

 

 

 

IMG_4470

 

 

 

上記以外の複数のブランドも自社表生地に合わせて、エレガントなボタンやライニングをラインナップしています。

 

 

スーツをお仕立て頂く際のプラスアルファの愉しみ。

各ブランドのボタンやライニングが無料になる、

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「スプリング・スタートアップフェア」開催中です!

 

 

 

IMG_4463

 

※2018SS LANVIN スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

パターンオーダー・・・¥104,600~

フルオーダーメイド・・・¥218,000~

 

 

 

皆さまもこの春、スーツやジャケットをお考えでしたら、このようなトータルコーディネート出来る生地ブランドをお試しになってはいかがでしょうか?