ブログ

【いよいよ】ダブルブレステッドスーツ復活?

2018年1月10日

10th Anniversary SALE  開催中!

 

期間:1月21日・日曜日まで

 

毎週火曜日定休日です。

ただし、1月15日・月曜日だけは店休日になります。

 

 

sale2017AW

 

 

 

内容: フルオーダー、パターンオーダーともに

 

ストック生地のオーダー = 20%OFF!

 

sansyudo Tailor 店舗 (12)

 

 

 

生地バンチブック(見本帳)オーダー=10%OFF!

 

2

 

 

オーダーがとてもお買い得なこの期間、

 

皆さまのご来店お待ちしております!

 

 

 

ダブルブレステッドスーツ(以下「ダブル」)は、日本人にあまりなじみがないデザインなのか、ご経験のない方も多いようです。

 

 

 4

 

 

たとえば60歳以上なら、かつては礼服をダブルにすることが普通でした。また1990年頃のバブル景気に日本中が浮かれたひととき、ダブルのロングターン、フロント4×1個掛け、ノーベントのたっぷりとしたシルエットスーツが流行しました。

このバブル期のダブルは「ソフトスーツ」と呼ばれましたが、流行が去るのも早く、2000年にはシングル3つボタンサイドベンツのブリティッシュなスタイルが全盛となっています。

 

 

3 

 

 

そして2018年現在、2個ボタンのボディにジャストフィットした細身のスーツが流行っています。ダブルも姿を変え、フロントは6×2個掛け、サイドベンツを切ったジャストフィットするデザインが主流です。

 

 2

 

 

ダブルの起源は英国ならではの、海軍の軍服から発展してきました。

シングルと同じく、昔のダブルはネックから裾まで10個個以上のボタンが付いていました。

帆船時代の軍服は風と波しぶきから身体を護るため、ジャケットの左右の身頃が大きく身体を覆う様になりました。また、風向きによって前身頃の重ねを左右付け替えられる様に、どちらにもボタンとホールが付きました。

 

 

 14

 

 

時代は変わり、ダブルのスーツはいつしか陸上でも着用される様になります。そうすると数多くのボタンが付く必要も無くなりました。ボタンの数は次第に減っていき、20世紀初頭には6個ボタンに落ち着きました。

 

 

 15

 

 

バブルの頃にはそのボタンも4個となり、2個のデザインも登場しましたが、バブル期に大流行し過ぎたダブルは急速に人気が無くなったのは、当事者として私も驚きました。

 

しかし、いよいよダブル復活の兆しが見えてきました。

まず、ダブルブレストのコートのオーダーが増えてきました。下のアルスターコートはその典型的な例です。

 

 

3

 

 

また、映画やメディアでもダブルのスーツをかっこよく着るシーンが増えています。

現在公開中の映画「キングスマン ゴールデン・サークル」は、英国のスパイ組織の本拠地がサヴィルロウのテーラーです。映画では組織のエージェント達は全てダブルのスーツを着ています。

 

 

6-1

 

 

007シリーズ並みに、正統派クラシックスーツを着て暴れまくるキングスマンのメンバー達。その中でも「ハリー」演じるコリン・ファースは、正々堂々としたダブルブレストが本当に似合います。

 

 

5-2

 

 

 

5

 

 

 

また、主人公の「エグジー」演じるタロン・エガートンは実年齢28歳ですが、劇中ではさらに若い役です。作品ではピタピタのダブルブレストを着て、あらゆるシーンで動き回るのですが、スーツが激しい動きに付いていってるのがさすがです。

 

 

6-0

 

 

6 

 

 

ダブルブレストは、フルオーダーメイド(BESPOKE)なら、通常のシングル・スーツに+1万円加工賃がかかります。

 

パターンオーダーでは+6000円です。

 

 

現在秋冬物はSALE中です。ぜひ皆さまも素敵なダブルブレストスーツをオーダーしてはいかがでしょうか?