ブログ

【パターンオーダー】ゼニアのエレクタ登場!冬のスーツ生地御三家?

2017年12月5日

最近は暖冬傾向にある・・・とはいえ今日も北風が強く朝晩は冷え込みが厳しくなっています。

 

洋服生地の世界では、西暦2000年頃まで秋冬物の生地と言っても、今の様なスリーシーズン物はあまり出回っておらず、打ち込みのしっかりした目付き300g/m以上の「冬生地」の出番でした。

ミユキ毛織やダイドーなどの国産一流生地も軒並み肉厚でした。

 

 

sansyudo Tailor 店舗 (12)

 

 

あれから17年が経ち、今では秋冬物でも260g/m~290g/mほどの冬を中心としたスリーシーズン生地、しかもSuper100以上の細番手で織り上げた柔らかく艶のある素材が人気となっています。

カノニコ、フィンテス、デルフィノ、REDA,、トレーニョ等のイタリア大手ミル(織物工場)ブランドは軒並みその方向性で生地を量産しています。

 

 

IMG_7682

 

 

その反動からか、最近は英国製品にみられるような、Super80程度の太い糸を2本から3本撚り合わせた糸を縦横に織りこんだ、2PLYや3PLYなどのざっくりとした手触り感のある艶消し生地も増えてきました。流行に敏感なカノニコなどは、今シーズンのコレクションにも取り入れています。

 

 

kano (2)

 

 

 

9

 

 

さて、ビジネスで使う上質な「冬のスーツ」を考える際には、条件がいくつかあります。

①ある程度の肉厚がある。少なくとも目付き310g/m以上のウェイトが必要。

②生地に光沢があり、ドレッシーな雰囲気も醸し出すこと。

この2つの条件を満たせる生地があれば、冬に着るクラシックな服になります。

 

 

 

9

 

 

寒い冬に贈る当店のおすすめ生地は三種類です。

写真向かって右から、

①ロロ・ピアーナ(イタリア)、「ウィンター・タスマニアン」Super150ウール 340g/m

②エルメネジルド・ゼニア(イタリア)、「エレクタ」Superfine Australian Wool 310~360g/m

③テイラー&ロッジ(英国) LUMBS GOLDEN BALE 340g/m

 

 

 

 

この三種類の冬生地を選んでおけば、まず間違いなくクラシックかつ上質、とても高級感があります。

今回は中央のエルメネジルド・ゼニアのエレクタ生地で仕立てたスーツをご紹介いたします。

 

 

2

 

 

濃紺に一見マイクロヘリンボーンの様な織り縞がはいっている、シックなエレクタ生地で仕立てました。

 

 

4-1

 

 

シンプルにシングルブレスト2個ボタン、センターベントでお仕立てしました。50代後半のお客様は今までデパートの紳士服コーナーなどで、特にデザインも考えることなくスーツをご購入されてらっしゃいました。

 

 

4

 

 

当店のパターンオーダー「SARTORIA」を着用するようになってから、「お洒落ですね~」「若いですね!」と言われるようになってきたとの事です。

 

 

 

5

 

 

短めの着丈、ジャケットのジャストフィット感とフロントのラウンドカット、パンツも裾幅狭く丈もやや短かくして、お裾はダブル(カブラ)にされました。

 

 

7

 

 

ただ流行を追うだけではなく、クラシックな雰囲気、立体的な仕立て、背広姿の男性美を感じるところなど、このSARTORIAの特長です。

 

 

6

 

 

ボタンはナット型、ライニングは表生地よりやや明るいネイヴィーをお選びいただきました。

 

 

8

 

 

ゼニアの冬生地、エレクタが持つ高級感あふれる仕上がりになりました!

この冬ぜひご愛用いただきたいものです!

 

 

3

 

 

Ermenegildo Zegna ELECTA 310g/m Superfine Austaralian Wool

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

パターンオーダーメイド・・・¥104,800から。

フルオーダーメイド・・・・・¥224,000から。