ブログ

【パターンオーダー】ウィンターコットンのスーツはいかが?

2017年12月29日

「ウィンターコットン」と呼ばれる生地があります。

基本的に生地のウェイトが340g/m以上のコットンで、ある程度厚みがある綿生地をウィンターコットンと呼んで差し支えありません。

 

無地物が多いのですがツイルというバイアスに細かい畝が入ったものや、コーデュロイもウィンターコットンの一種です。色はアースカラー的なものがほとんどで、一言でいえばシックで風合いがいいお洒落生地、ということになります。

 

 

16 (2)

 

 

イタリアを代表する生地メーカー、エルメネジルド・ゼニアとロロ・ピアーナにはそれぞれウィンターコットンのコレクションバンチブック(生地見本帳)があります。

ウェイトも340g/mほどのものから、510g/mという厚いものまで揃えています。

 

ただし、今までの経験でいえばあまり分厚い生地は「もこもこ」してしまいます。また、見た目とタッチ(感触)から保温性がありそうなのですが、あくまでもコットンですからやや寒く感じます。

 

 

2

 

 

このほど仕上がったウィンターコットンのスーツは、イタリアのラルスミアーニ(LARUSMIANI)の生地です。

日本ではあまり有名ではないのですが、1922年にミラノで生地メーカーとしてスタートし、事業を多角化、プレタポルテ(既製品)にも進出し、現在はミラノファッションの中心地、モンテナポレオーネ通りに高級ブティックも構えている北イタリアでは大手のアパレル企業です。

 

 

 

12

 

15

 

 

 

そのラルスミアーニは、イタリアならではの軽やかなタッチと色使いのコットン生地コレクションで有名です。コットン98%、ライクラというストレッチ素材を2%混紡させたコットン・ストレッチ生地は当店でもジャケットやパンツとしてよくオーダーをいただきます。

 

 

6

 

 

 

 

4

 

 

 

 

コットン・ベルベットに分類される、グレイッシュなブルーのスエード風な生地のスーツ。カジュアルでスポーティーなのですが、上下で着用するとややクリエイティブなお仕事の際などで活用できそうです。オーダーされたお客様はあくまでカジュアルウェアとして使うとのことです。

 

 

3

 

 

 

写真の様な小紋柄のランバンのネクタイと合わせてもシックでフォーマル感がありますし、ニットやポロシャツなどと合わせていただいても素敵です。

 

 

7

 

 

 

8

 

 

ボタンは本水牛の艶消しです。このジャケットのハイライトは隠れたところに潜んでいます。赤いライニングは表のシックな艶消しブルーと対照的に、眼が覚めるような効果をもたらします。

 

 

1

 

 

本日ご納品させていただきましたが、オーダーされたお客様もスエード的な感触と、思った以上の上品なカジュアル感にご満足いただけたようでした。

 

 

 

16 (1)

 

 

 

LARUSMINANI ITALY  390g/m 98%Cotton +Elastane2%

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

パターンオーダー・・・¥74,800~

フルオーダー(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥178,000~