ブログ

【新作品】「我が名はジュリー(笑)」パンツ編!

2017年10月10日

1977年頃のジュリー(沢田研二)のスーツにインスパイアされて2タックのワイドパンツを仕立ててみました。樹木希林の「ジュリーッ!」が今になって判ります(笑)!

 

 1

 

 

2

 

 

 

葛利毛織のウールフランネル、420g/mというしっかりした打ち込みの生地を使いました。

 

 

3

 

 

4

 

 

いい感じに仕上がったのですが、フロントの股上が浅く感じてしまします。このシルエットなら前の股上を1.5センチ深くすればよかった・・・・と感じました。

 

 

5

 

 

約2ヶ月前にテレビで昭和のヒット曲という安住アナウンサーの司会する番組がありました。安住アナの一番心に残った曲というのが番組最後に演奏され、それが沢田研二の「カサブランカ・ダンディ」でした。

 

 

s3

 

 

この曲は、1979年に大ヒットした曲でまあまあ記憶に残っていたのですが、その当時私の一番印象に残っていた沢田研二の曲は「勝手にしやがれ」でした。

 

 

s0

 

 

これは1977~1978年にヒットした曲で、その年のレコード大賞やその他の賞にも輝きました。当時の私は13才。中学生で運動部に熱中し暗くなるまで活動してたので、思ったよりテレビを見ていなかったかもしれません。。。が「夜のヒットスタジオ」や「ザ・ベストテン」は見ていました。当時、部屋にポスターを貼っていたのは「郷ひろみ」でした(笑)なので、沢田研二の事は、あまり興味がなかったです。もちろんGS時代も知りませんでした。ただ、ジュリーのヒット曲の数々は耳で聴いていて歌えますしとっても懐かしいです。

 

 

s8

 

 

「勝手にしやがれ」やそれ以降のヒットも曲覚えていますが、衣装が派手になりメイクが目立つようになったな~、と感じた事もありました。

1982~1991年の10年間シングルレコード売り上げはトップだったようです。当時子供だった私は、魅力はわからなかったのでしょう。

 

しかし、そのテレビの「カサブランカ・ダンディ」を歌うジュリーは、カッコイイ。歌のうまさはもちろん、髪型 洋服 片耳ピアスに始まるアクセサリー 帽子のかぶり方 表情。。。全てが今見ると素敵でした。当時の年齢は29才。今のタレントさんより大人っぽいのに驚きます。あれから、ユーチューブで当時のジュリーの動画を見まくりました。

 

「サムライ」の素肌に革ジャン、短剣をかざす印象的なシーン

 

s4

 

 

「勝手にしやがれ」の黄色の三揃い。股上の深いタック入りワイドパンツとベスト、長めの上着に細い袖から覗くシャツのダブルカフスの袖口。

 

 

s14

 

 

「憎み切れないろくでなし」の紫色タキシード姿で一つ釦を外してカマーバンド見せ、ズボンのポケットに手を入れて蝶ネクタイの結んだタイを外して、歌うシーン。

 

 

s7

 

 

 

「ダーリング」のセーラー風Tシャツに白のバギーパンツ。

 

 

s2

 

 

「時の過ぎゆくままに」でサスペンダーの片方をたらして、大きなハットを深めに被るシーン。

その頃のお洒落なこと。ロングヘアーも全然不潔ではなく、今の誰が真似しても違う気がします。今 あんな歌手がいたら。。。どうでしょう

 

 

97E445E7-055B-4CD0-AF1E-00315CF74E7E

 

 

ジュリーのそのころのスタイルは ある漫画家の方が考えてくれたと言っています。ジュリーが演じる3分間のドラマには、あのファッションが必需品でした。

ユニセックスな感じもするジュリーのファッションは、今でもお洒落で美しい。

 

 

s9

 

 

 最後に私の憧れのお二人が並んでいる写真をUPいたします。

 

鶴田浩二とジュリー・・・対談をリアルタイムで観たかったなあ・・・

 

私が男ならこのダブルのスーツを着、コンビの靴を履こうかな?

 

By Rieko Fukudome