ブログ

【新作品】ワイルドなBESPOKEデニムジャケット!

2017年9月13日

デニム(Denim)生地の名称の由来は有名です。

 

フランス南部の古都ニーム地方で織られていた生地であった為に、地域の名称が訛り、そのままデニムと呼ばれるようになりました。

 

 

14

 

 

 

デニム生地をよく見ると、右上から左下に向かって斜めに織り線が入っている、「右綾デニム(Z織り)」と、その逆で左上から右下に斜め織り線が刻まれる「左綾デニム(S織り)」という2種類の織り方が存在する事がわかります。

 

 

12

 

 

右綾デニムはざっくり感がでるので、リーバイスなどのジーンズメーカーが自社製品の原材料として、主に取り入れています。

 

それに対して左綾デニムは表面がフラットになり、光沢感やソフト感が生まれます。したがって我々のようなテーラーがお客様にご提案するデニム生地の多くが左綾デニムになります。

 

今日ご紹介するデニムジャケットも左綾デニム生地を使っています。

 

しかもライクラ繊維を2%混紡させ、ストレッチが効くように織り上げました。

 

 

 

2

 

 

 

ジャケットのデザインは、

シングルブレスト2個ボタン、サイドベンツ。3パッチポケット、襟にタブを付けてあります。

 

 

1

 

 

 

また、端から7mmのポイントにジーンズステッチ糸をミシンで刻んでいます。

このミシンステッチがジャケットをよりスポーティーな雰囲気にしています。

 

 

4

 

 

 

3

 

 

 

カラータブもスポーティーでカジュアルな印象を深めます。

もともと、シューティングジャケット(狩猟用)の機能的なデザインで、右身頃の衿の裏には、左身頃のカラータブを止める為の釦が隠されていました。ただし今は形骸化して、このジャケットのカラータブにも機能性はありません。

 

 

 

5

 

 

ボタンは本水牛の皮付黒ボタンです。

黒というよりグレーに近いこのボタン、当店ではアウタージャケットの釦として人気があります。

 

7

 

 

 

デニム生地はそれ自体が430g/mと結構重いので、出来上がると厚みと同時に重みを感じます。従って一枚仕立てにして、裏地類をなるべく省きました。

 

 

9

 

 

 

8

 

 

 

 

6

 

 

 

グレイシュネイヴィーのデニムですから、シャツにネクタイを付けてもよし、ノータイでももちろん、タートルのセーターなども相性良くコーディネート出来ます。

 

 

11

 

 

この秋お客様のご旅行やお散歩、ちょっとしたお出かけのお伴にしていただけるとありがたいですね!

 

 

Denim Jacket LARUSMIANI (ITALY) 430g/m 98%COTTON & 2%Rycla

 

ジャケットお仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥148,000から

 

SARORIA(パターンオーダーメイド)・・・¥72,000から