ブログ

【チーフ】ポケットチーフの華麗な差し方「ピーク」

2017年6月25日

ブログでも紹介いたしましたが、先日フェアファクスの大判チーフが入荷しました。

 

 

1

 

 

 

その後来店されるお客様からチーフの差し方を紹介して欲しいとのご依頼がありましたので、「ピーク」(本当ならピークス(peaks)なんでしょうが・・・)の手順を公開いたします。

 

 

 

a

 

①まず、テーブルの上に広げてください。

 

 

 

b

 

②対角線で2つ折にします。

 

 

 

c

 

③②の状態からさらに2つ折りにします。

 

 

 

d

 

 

④③からさらに2つ折りにします。

 

 

 

 

e

 

⑤④の下に集まった3辺(ピーク)を写真のように上に折ります。

 

 

f

 

⑥ピークが4つ集まった状態でポケットに入れて、カタチを整えると出来上がり。

 

華やかな印象の「ピーク」は結婚式やパーティーなどでぜひ試して下さい。

派手過ぎると感じたら、チーフを深めに入れて、ピーク部分の露出を控えます。

 

 

 

g

 

⑦ 「ピーク」から派生、「ゼニア巻き(?)」。

⑤の状態の一番左端の折山ピーク部分を、2回ほどねじります。

 

 

 

 

h

 

 

⑧その状態でポケットに入れます。向かって左の折山ピークがねじれ、立体感が出てきます。

 

先日も触れましたが、昔からあるピークの派生形ですが、ゼニア社の担当者が、「うちの差し方で名前も付いている。」と主張していました。

 

 

 

他にフラワー、やパフもございます。

 

 

 

k

 

 

 

j

 

 

フェアファクスの大判シルクチーフは、一枚¥4,500(税別)です。

 

ご来店を心よりお待ちしております!