ブログ

【新作品】笑顔のお客様、エレクタのダークスーツ

2015年11月30日

先月から引き続き、英、仏、伊 三か国のハイブランド生地を特別プライスでお仕立てしています。今回ご紹介するのは、Ermenegildo Zegna (エルメネジルド・ゼニア)のELECTA(エレクタ)という、秋冬生地コレクションでお仕立てした、スリーピース・スーツです。

 

 

5

 

 

エルメネジルド・ゼニアのエレクタ生地は、330g/mのSuperfine Australian woolという、冬向けのウェイトの生地です。ただし表面は艶のある光沢があり、つるりとした感覚で着用感は「合冬服」という感じでしょうか。

今回は特別に許可をいただきまして(笑)、オーダーされたお客様のI様にご登場をいただきました。

 

 

1

 

 

IMG_5305

 

 

初めての撮影でしたので、少しご緊張されたご様子のI様ですが、こういう瞬間のお写真の方が、服の動きも分かります。お身体の動きにジャケットが付いていってますね。

 

6

 

 

仕立てた職人は、裁縫士の市来です。今年82歳ですが非常に元気です。キメの細かい手作業は若手職人たちのお手本となっています。普段は自宅で仕立てていますが、アトリエに姿を現すと技術指導にひっぱりだこになります。お手本のようなラペルの美しいロールが年季の入った「手」によって生み出されます。

 

 

8

 

 

7

 

 

ライニングとボタンはゼニアのオフィシャルをお選びいただきました。

ダークスーツに映えるシルバーのライニングと、本水牛の質感のあるボタンがマッチしています。

 

 

3

 

 

最後に、少し決めポーズをお取りいただきました。かなりリラックスされたご様子です。

 

 

4

 

 

I様、裁断士・伊達、私と3人で記念撮影。

おや、一番緊張しているのは私ではないですか。

このスリーピースが永くI様のこれからのご活躍を支えてくれる存在になればいいな、と少々おこがましい事を思っています。

ともあれ、I様本当にありがとうございました!