ブログ

【エルメネジルド・ゼニア】熱を反射するスーツってどういう事?

2014年6月8日

当ブログをいつも読んで頂いている方はクールビズが浸透してきたとしても、立場や職業、場所に応じてスーツを着る機会が多いと思います。

 

 

夏のスーツには出来るだけ涼しいスーツを求めて200g/m以下のすごく薄い生地もありますし、フレスコ織り等の通気性の良い生地もあります。

 

しかし薄く織りあげた生地は涼しく軽いのですが、あえてウィークポイントをあげると

①上着の背中からシャツが透けて見える。

 涼しげに見えるという方もいらっしゃいますし、あまり好きではないという方に分かれます。

②耐久性が弱い。

 糸が細くなるのでどうしても耐久性は比較的弱くなります。あまり身体にピタピタに作るのは避けた方がいいでしょう。

 

 

その中で、ゼニア社が出しているクールエフェクトは少し考え方が違い、そもそも熱(光)を反射してしまおうというものです。

 

「生地の染めと仕上げの段階で特殊なトリートメント加工を施すことによって、太陽光を80%反射。スーツの表面温度を約10度(ゼニア社実験により算出)下げることを可能にしました。
他メーカーの機能性をうたう生地にありがちな人工的な風合いはまったく感じられず、良質な原毛ならではのしなやかな風合いを堪能できます。」

 

200g/mと軽い生地ですが、目を詰めて織りあげていますので上のウィークポイントを解消しています。

 

 

こちらがZegnaのクールエフェクトで仕立てたスーツです。

 

P1030830

P1030838

 

ミドルグレーに清潔感のあるブルーのオルタネイトストライプが入った抜群にセンスの良い生地です。

裏地・ボタンにもゼニアのものを使用しております。

商品詳細はこちら

 

 

ゼニア社らしく色柄も豊富でネイビー・グレーの定番はもちろん、センスの良い明るいトーンのベージュやピンクベージュもあります。ジャケット生地も揃っております。

暑さのピークに向けて今から準備されるスーツには、ゼニア社のクールエフェクトはいかがでしょうか?

 

下のご来店予約フォームよりご予約お待ちしております。